「良かった…」酷いつわりのなか、初めて“胎嚢”を確認した私は感極まり…【重症妊娠悪阻の話#10】

「良かった…」酷いつわりのなか、初めて“胎嚢”を確認した私は感極まり…【重症妊娠悪阻の話#10】

“つわり”を甘く見ていませんか……?

「つわりは病気ではない」そんな心無い言葉をかけられることもあるなか、日常生活に支障をきたす『重症妊娠悪阻』と診断された自身の体験を描く漫画家もしゃもぅ(@mosyamou)さん。

今回は、もしゃもぅ(@mosyamou)さんの『【#10】重症妊娠悪阻の話』を紹介します。

◀1話から読む!

【前回までのあらすじ】

3年前に『重症妊娠悪阻』になったもしゃもぅさんは自身の経験を漫画にすることに。
『少し気持ち悪い』妊娠発覚後すぐの体調不良、1週間後に“初嘔吐”。
“つわり”が酷すぎて急遽大学病院に向かうことになりました。

“つわり”のせいで“におい”に敏感に。診察する医師の“におい”が気になるが……。

初めての検査……

【重症妊娠悪阻の話】もしゃもぅ