エアコンの使い方を見直して月10,000円→6,000円に!電気代の節約術2選

エアコンの使い方を見直して月10,000円→6,000円に!電気代の節約術2選

電気代の節約を考えているのなら、大物家電の使い方を見直すと良いようです。
何気なく使用していたものを、見直してみませんか?

そこで今回は、実際に寄せられた「やめたら電気代が減った!電気代の節約術」を2つ紹介します。

監修者:黒田悠介
税理士法人Bridge代表税理士
金融機関・IPO企業・富裕層コンサルティング会社を経て、税理士法人Bridge東京・静岡事務所を創設。
「お客様に幸せの架け橋を」というビジョンを掲げ、多角的な税務サービスを行っている。

▶︎税理士法人BridgeHP

▶︎lit.link

エアコンの使い方を見直す

電気代が高くなったと感じていたので、毎月の請求書を欠かさずチェックするようにしました。

そして、日中はなるべくエアコンをつけないことと、冷蔵庫を開けっぱなしにしないことを気をつけるように……。

すると、これまで10,000円近くかかっていた電気代を、6,000円まで減らせました。

(20代後半/会社員)

パソコンをつけたままにしない

パソコンをつけたままにしておくことをやめました。

パソコンの立ち上がりが遅くて業務に支障がでるため、パソコンの電源をそのままつけていて……。
しかし、電気代がかかることに気付き、やめました。

その結果、月1,000円ほどの節約ができました。

(匿名)

大物家電の使い方を見直す

エアコンとパソコンの使い方を見直して節約できた方法を2つ紹介しました。

皆さんは、節約のために見直したい大物家電はありますか?

監修者:黒田悠介(税理士法人Bridge代表税理士)


※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
※この記事は編集部に寄せられた実話ですが、すべての方が当てはまるとは限りません。
必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。
(MOREDOOR編集部)

黒田悠介

黒田悠介

税理士法人Bridge 代表税理士

金融機関・IPO企業・富裕層コンサルティング会社を経て、税理士法人Bridge東京・静岡事務所を創設。

「お客様に幸せの架け橋を」というビジョンを掲げ、多角的な税務サービスを行っている。

あなたにオススメ