世帯年収530万円。共働き・息子1人家族のリアルな“貯金額と収支内訳”を大公開!【みんなの節約術】

世帯年収530万円。共働き・息子1人家族のリアルな“貯金額と収支内訳”を大公開!【みんなの節約術】

節約や貯金に興味があっても、なかなか実践するのは難しいですよね。

そこでMOREDOOR編集部では、「毎月の支出額の内訳」に関するアンケートを実施!

今回は愛知県に住むHさん家庭の収支内訳から、独自のやりくり術も含めて結果をご紹介します。

監修者:黒田悠介
税理士法人Bridge代表税理士
金融機関・IPO企業・富裕層コンサルティング会社を経て、税理士法人Bridge東京・静岡事務所を創設。
「お客様に幸せの架け橋を」というビジョンを掲げ、多角的な税務サービスを行っている。

▶︎税理士法人BridgeHP

▶︎lit.link



Hさん家庭の状況

●所在地:愛知県
●年齢:30代
●家族構成:夫婦、息子1人
●世帯年収:夫3,500,000円、妻1,800,000円
●貯金額:3,000,000円

愛知県、3人家族の収入状況と1ヶ月の主な出費内訳

家賃や食費、光熱費など、主な1ヶ月の収支内訳は以下の通りです。
●住宅ローン:70,000円
●間取り:4LDK
●食費:60,000円
●交際費:10,000円
●電気代:13,000円
●ガス代:5,000円
●水道代:3,000円
●車:ガソリン10,000円
●その他:外食15,000円、投資20,000円

Hさんの悩んでいること

「そんなに使っていないつもりでも、コンビニや近所のドラッグストアでのちょこちょこ買いの金額がかさみ、月10,000円以上使っていることが判明しました。行く回数を意識して減らしましたが、家の目の前にドラックストアがあるのでなかなか難しいです」とのことで、つい買い物をしてしまうことが悩みの種になっているようです。

Hさんの節約術はこれ!

「ポイントを効率よく集めるために使うカードを集約することと先取り貯金です」と話してくれたHさん。

ポイントの有効活用と先取り貯金で節約を実践しているようです。

ポイント取得のために、使用するカード等を吟味するのも大切なのかもしれませんね。

すぐできる節約術は?

また、編集部に寄せられた他の方の節約術もご紹介します。

「スーパーに行くのは週1回にして、まとめ買いをしています。また、そのなかでも安いスーパーをハシゴしています」(23歳/専業主婦)

「スマホの家計簿アプリをダウンロードすることです。無駄遣いへの抵抗が生まれます。使うたびにスマホに打ち込むことで、塵も積もれば山となるというように無駄遣いが可視化されます」(48歳/会社員)

家計や貯金方法を見直す際の参考にしてみてくださいね。

今回の「みんなの節約術」は、愛知県にお住まいのHさんの収支内訳と、すぐにできる節約術をお伝えしました!

監修者:黒田悠介(税理士法人Bridge代表税理士)


※この記事は編集部に寄せられた実話ですが、すべての方が当てはまるとは限りません。
必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。
(MOREDOOR編集部)
◆調査主体:MOREDOOR編集部
◆調査方法:クラウドソーシングサイト「クラウドワークス」によるアンケート調査
◆調査期間:2023年04月11日

黒田悠介

黒田悠介

税理士法人Bridge 代表税理士

金融機関・IPO企業・富裕層コンサルティング会社を経て、税理士法人Bridge東京・静岡事務所を創設。

「お客様に幸せの架け橋を」というビジョンを掲げ、多角的な税務サービスを行っている。