【冷や汗】前の住人宛に届く消費者金融の督促状。毎回返送していたら→「滞納しているので集金に来ました」と衝撃の連絡!

【冷や汗】前の住人宛に届く消費者金融の督促状。毎回返送していたら→「滞納しているので集金に来ました」と衝撃の連絡!

進学や就職によって、新しい土地で生活を始める方も多いでしょう。

しかしなかには、思わぬ出来事に困惑した方もいるようで……。

そこで今回は、実際にあった“新生活のエピソード”をご紹介します!

アパートの前にいたのは……


学生時代、初めての1人暮らしをしていたころのこと。

月に1回、前に住んでいた方宛に、消費者金融からの督促状が届いていました。
その度に、郵便局に連絡をして、返送してもらっていたのです。

ある日、大学から住んでいたアパートへ帰ったときのこと。
スーツを着た少し怖い人が2人、家の前にいました。

その人たちは私に走り寄ってきて「〇〇さんですよね。滞納していますので集金に来ました」と言ったのです。

本人ではないことを示して「すみませんでした」と言われましたが、少し肝が冷えた経験でした。

(24歳/会社員)

前の住人と間違われ……

前の住人宛に届いた消費者金融の督促状を毎回返送していたら、集金に来た方に声をかけられて、ヒヤッとした体験談……。

皆さんなら人違いされたとき、どう対応しますか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
(MOREDOOR編集部)

あなたにオススメ