「まだ帰らないの…?」遅くまで居着く近所の子ども…→我が家を都合よく利用する母親を一喝!

「まだ帰らないの…?」遅くまで居着く近所の子ども…→我が家を都合よく利用する母親を一喝!

実話を基にした日常エピソードをコミカルに描く、人気マンガクリエイターのライコミちゃん(@ricomichan)。
今回はライコミちゃんの漫画『うちはあなたのカフェでも託児所でもない!』の衝撃シーンをご紹介します。

ある日、娘のお遊びの一環でお菓子を手作りしていたライコミちゃん。
するとそこに”ある人”がやってきて……?

おやつに誘うと……

しかし……

それから……

その後、娘だけでなく母親にまで家に押しかけられるようになったライコミちゃん。
繰り返される非常識な行動に、堪忍袋の緒が切れたライコミちゃんは「うちはあなたのカフェでも託児所でもない!」と物申すのでした!

長居する他の家の子

同じマンションの住人で、娘の友人である子どもに居着かれてしまったライコミちゃん。
毎日来られても困る一方で、娘の友人の訪問を拒否するのも難しいですよね……。

しかしこのように、他の家の子が居着いてしまうという状況を経験したことのある人は意外に多いようです。

こんなときどうする?

今回のような場合、子どもの保護者と直接話し合いをするよう動いてみるのもひとつの方法です。

実はライコミちゃんも、子どもの母親に「家で面倒を見てほしい」と直接伝えます。
すると逆ギレされてしまうのですが、まずきちんと自分の意志を示すことは大切です。

あなただったらこんなとき、どう声をかけますか?

◎【うちはあなたのカフェでも託児所でもない!】全話
◎ライコミちゃんのInstagram
◎ライコミちゃんのブログ
◎【MOREDOORで大人気の漫画まとめ】
(MOREDOOR編集部)
(イラスト/@ricomichan)
※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。
※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。