Q5.「頼られる側の心のケアは?」

Q5.「頼られる側の心のケアは?」

何気ない日常で生まれるモヤモヤ。
もしかしたら、見えていないだけで、すぐ近くに解決のドア(=選択肢)は隠れているかも?

本連載では、Blosoom the projectのメンバーが読者のモヤモヤをプラスに変換する素敵なドアを教えてくれます。

Blossom the projectとは?

Blossom the projectは、メンタルヘルスと社会問題に関する情報発信をしているメディアです。

タブーとされて取り上げにくい話題を積極的に発信して『会話のキッカケ』を作ると共に、メンタルヘルスに対する偏見をなくせるよう貢献したいと思っています。

私Emiruは、そんなプラットフォームでコンテンツクリエーターとして活動しています!
Emiru
Emiru

Q.「頼られるのは嬉しいけど…」

私はよく周りから相談をされることが多いです。
頼られるのはとても嬉しいのですが、話を聞くだけで、根本の解決には中々協力できないことに無力感を感じる事が多いです。

メンタルヘルスが安定しない友人・パートナー・同僚などに対して
「どのような言葉を第一にかけるべきなのか?」
その悩みをしっかりと
「第三者に伝えて解決を促すべきなのか、、?」

お節介とサポートの境目が分からず、結局頭の中で頓挫し、自分のメンタルヘルスも悪化してしまうことがあります。

相談される側として、どのようなマインドセットが大切なのでしょうか?

(23歳/会社員)

時には断ることも大切

編集部
編集部
今回は「悩みの相談を受ける人の悩み」というテーマですね。
Emiruさんは、誰かに相談を受けることはありますか?
私は自分の悩みをオープンに周囲に相談するのですが、同じくらいの頻度で友人から相談されます。
Emiru
Emiru
編集部
編集部
たしかに(笑)
今思い返すと、ミーティング中にも企画に関係なく、Emiruさんは悩みをオープンに相談してくれていましたね!
相談するときに心がけている事は何かございますか?

自分の相談が相手を悩ます原因になってはいけない、と考えているので誰かに相談する時は必ず、「〇〇について相談したいんだけど、今大丈夫?」と聞く様にしています。
Emiru
Emiru
私もこう聞かれると「無理やり時間を作らなくてもいいんだ」と肩の荷が降りて安心したことがあるので!
Emiru
Emiru

編集部
編集部
素敵な心掛けですね!
実際に私も相談に乗りやすかったですし、なにより相談してくださった事が嬉しかったです!
いえいえ、
私もMOREDOOR編集部の方が聞き上手だったので、つい沢山話してしまいました(笑)
逆に何か相談を受ける時に、意識していることはございますか?
Emiru
Emiru
編集部
編集部
そうですね…。
私が意識していることは、「真剣に考える」くらいかもしれません(笑)
『他人事じゃなくて、自分事にする』という事かな…?
編集部
編集部
でも私はお節介な性格なので、これを続けていると「人の悩みが自分の悩みになって」どんどん疲れていってしまいます…。
それこそまさに、今回のテーマで話すべきポイントかもしれません!
Emiru
Emiru
私の場合、何か相談された時はまず「話してくれて、ありがとう」と声をかけて、その後に
「頼ってくれて、ありがとう」と言います。
誰かに悩みを話したりするのはとても勇気のいることですし、私もこう言ってもらえると嬉しいので、必ず言う様にしています!
Emiru
Emiru
編集部
編集部
素敵ですね!
相談に乗ることで自分が疲れないように、何か意識していることはありますか?
あります!
そもそも自分が忙しかったり、気分が沈んでいたり、余裕がない時は「今は私も余裕がないから、後でいい?」と正直に伝えます!
Emiru
Emiru
編集部
編集部
なるほど…!
私の場合だと、今ここで断ったら「相手を拒絶したと捉えられてしまうのかな?」と心配になってしまうんですよね…。
その気持ちは凄く分かりますよ!
なので私は、「後回しにしたり断ったりすることは、拒絶しているのではなくて、100%の状態で相談に乗りたいから」と必ず説明をします!
Emiru
Emiru
自分の心の状態が不安定な時に他人の悩みを聞いたりすると、適切なアドバイスができなかったり、耳を傾けれない場合が出てきますから!
Emiru
Emiru
編集部
編集部
確かに…!!
なので、相談される側は自分のメンタルヘルスの状態を見極め、「時には断ることも必要」だと覚えておくことが大切だと思います。
Emiru
Emiru
編集部
編集部
本当に勉強になります…。

・相談してくれた人
・相談された自分

両方のメンタルヘルスを考慮したうえで行動しているんですね!

編集部
編集部
BlossomさんのInstagramに
「優しく断る方法」
という投稿があったので、気になる方はチェックしてみて下さい!

 

この投稿をInstagramで見る

 

@blossomtheprojectがシェアした投稿

相談にのることは簡単じゃない

編集部
編集部
では、実際に相談に乗りはじめた時に、私たちが「自分のメンタルヘルス」も考慮した上で優先すべき行動はあるのでしょうか?
編集部
編集部
例えば、「第三者に助けを求める」とかですかね…?

そうですね…。
悩みによりますが、私は相談者が第三者を必要としているかは、必ず本人に聞くようにしています!
Emiru
Emiru
「カウンセリングに行ってみるのはどう?」
「似たような経験をしている人たちがいるコミュニティーを探してみようか?」

などと聞いて、もし肯定的な反応だったら、そばでその過程をサポートします。
Emiru
Emiru
編集部
編集部
確かに!
気を付けなければいけないのは、相談者の許可なく第三者に言いふらしてしまう、「アウティング行為」です。
編集部
編集部
まず一番大切なことは、相談してくれた本人の気持ちを尊重することですね。
アウティングとは?

LGBTQ+当事者に対して、本人の了解を得ずに他の人に公にしていない性的指向等の秘密を暴露する行動のこと

その通りだと思います!
Emiru
Emiru
もし躊躇っていたり、断られたら
「わかった。でも絶対に無理はしないでね?本当に辛かったら、ちょっとでも楽になれるように、一緒に調べてみよう?」

と提案してみましょう。
Emiru
Emiru
「第三者に相談する」と言う選択肢を提示することで、一人で抱え込むことはない、と言うことを強調してあげるのは大切な事です。
Emiru
Emiru
編集部
編集部
なるほど。
普段から、こういった時に相談できるホットラインや資料を集めておくと、良いかもしれませんね!
編集部
編集部
Emiruさん、貴重な意見を本当にありがとうございました!
今日お話しを聞いて改めて思ったのは、「相談にのることは決して簡単じゃない」という事です。
確かに、悩みの種類にもよりますが、「相談にのること」は、時に自分にとってもハードになることがあります。
Emiru
Emiru
編集部
編集部
ですよね…。
今日から私も意識を変えてみたいと思いますが、上手くこなせるか少し不安です…。
いえいえ!
自分のメンタルヘルスを考慮して相談に乗れなかったり、聞くことだけしか出来なかったとしても、ネガティブに考える必要はありませんよ!
Emiru
Emiru
どの様に相談に乗ればいいか分からない時も、気に病むのではなく、どんなサポートの仕方を求めているのか相談者にしっかりと聞いてみましょう!
Emiru
Emiru
相談される側として、少しづつ心の準備や情報を集めることによって、自分のメンタルヘルスも気にかけながら誰かの相談に乗る事が出来るのではないでしょうか!
Emiru
Emiru

アバター

Emiru

Blossom the Media 編集長

アメリカ在住の23歳。大学在学中にBlossom the Projectにコンテンツクリエーターとして参加した後、Blossom the Mediaで編集長として活動。SNSを通して、メンタルヘルスや社会問題に関して情報発信をしています!