しばらくして再びテントの外の足音を聞いた俺。恐る恐るテントの入り口に目をやると…【異質な森でキャンプ#8】

しばらくして再びテントの外の足音を聞いた俺。恐る恐るテントの入り口に目をやると…【異質な森でキャンプ#8】

キャンプで不気味な体験をしたら……?

今回はYomogi(@yomogi.writer)さんの『【#8】異質な森でキャンプ』を紹介します。

◀1話から読む!

前回までのあらすじ

サークル仲間とキャンプに出発した将生たち。しかし、なかなか目的地に辿りつけず……。

サークル仲間と共にテント泊をしている最中、テントの外から謎の足音を聞いた将生。
外に出ようとする仲間を引き止めるも、謎の足音はピタリと止んでしまい…

しばらくすると……

アバター

【異質な森でキャンプ】Yomogi

あなたにオススメ