Q1.「女性なら体毛を剃るべき?」

Q1.「女性なら体毛を剃るべき?」

何気ない日常で生まれるモヤモヤ。
もしかしたら、見えていないだけで、すぐ近くに解決のドア(=選択肢)は隠れているかも?

本連載では、Blosoom the projectのメンバーが読者のモヤモヤをプラスに変換する素敵なドアを教えてくれます。

Blossom the projectとは?

Blossom the projectは、メンタルヘルスと社会問題に関する情報発信をしているメディアです。

タブーとされて取り上げにくい話題を積極的に発信して『会話のキッカケ』を作ると共に、メンタルヘルスに対する偏見をなくせるよう貢献したいと思っています。

私Emiruは、そんなプラットフォームでコンテンツクリエーターとして活動しています!
Emiru
Emiru

Q.「女性なら体毛は剃るべき?」

私の母は「体毛はそのままが一番」という考えの人でした。

母の方針で毛を剃ることができず、小学校の体育やプールでは恥ずかしくて手足を出来るだけ隠す毎日……。
大人になって外国ではむしろ毛を剃らないところもある、と知って世界は広いな…と感じます。

『剃りたい人は剃ればいいし、不要だと思う人はそのままでもいいのではないか』今はそう思って開き直っています。
皆さんはどう思いますか?

(20代/女性)

剃ってもいいし、剃らなくてもいい

編集部
編集部
特に女性にとって、「体毛」にまつわる悩みは深刻ですよね。
Emiruさんはどのようにお考えでしょうか?
「剃りたい人は剃ればいいし、不要だと思う人はそのままでもいい」というマインドセットって、すごく素敵ですよね!
Emiru
Emiru
私も、脇毛以外体毛の処理はしていませんが、している人に対して「剃らない方がいいのに…」と思うことはありません
実際に、体毛処理に関して1人の友人と意見が異なっていますが、それに関してお互いを否定することもありませんよ!
Emiru
Emiru
編集部
編集部
素敵な友人関係ですね!
Emiruさんが体毛処理について、そのような考えを取り入れるキッカケとなった出来事はありますか?
私も数年前までは、脇毛処理をしていない日があると、どんなに暑くても長袖や長ズボンを履いていました。

ある日、脇毛を生やしたままノースリーブを着ていた友人に「脇毛と
か体毛剃らないって恥ずかしくない?」と聞くと…

Emiru
Emiru
「恥ずかしくなんかないよ?私は自分のこのまんまの体が好きだもん!」と言われたんです。
Emiru
Emiru
編集部
編集部
自分の体とポジティブに接する、まさにボディ・ポジティブですね!
はい!それからは私も、『自分の体を受け入れて、ボディ・ポジティブな考え方を取り入れる』ことにしたんです。

最近は特にオープンになっていて、私の大学でも体毛に関して肯定的
な意見を持つ学生が多くなったように感じます!

Emiru
Emiru
Blossom the projectのSNSで「ボディ・ポジティブ」に関する投稿があるので、気になる方は是非覗いてみて下さい!
Emiru
Emiru

 

この投稿をInstagramで見る

 

@blossomtheprojectがシェアした投稿

「他人は他人、自分は自分」

編集部
編集部
とはいえ、特に日本人の方だと、急に自分の価値観をアップデートすることは難しいかもしれませんね…。
「モテるために脱毛しろ!」という広告があったくらいですから(笑)

確かにそうですよね…。私の場合だと「男性だって毛は生えているのに、なぜ女性は体毛処理をするべきだと思われているんだろう?」と頻繁に考えます。

これは体毛に限らず、アメリカで「他人は他人、自分は自分」という
価値観の中で過ごしているからかもしれません。

Emiru
Emiru
編集部
編集部
私自身もそうですが、日本人の多くは「他人の目に自分がどう映るか?」を、かなり気にしているかもしれませんね…。

周りの目を気にしすぎて、好きな洋服やメイクが出来なかったり、同調圧力に負けて除毛をしたり…。

そうした日常だと、海外の「他人と違っても、自分の好きなように生きて何が悪いの?」という考え方は、初めは衝撃を受けると思います。

Emiru
Emiru
その上で、少しずつでもいいので、周りを気にせず自分を優先することは、今日からでも取り入れられるセルフラブ(自分自身を愛すること)の方法の1つです!
Emiru
Emiru
編集部
編集部
私も今日からやってみます!!!


アバター

Emiru

Blossom the Media 編集長

アメリカ在住の23歳。大学在学中にBlossom the Projectにコンテンツクリエーターとして参加した後、Blossom the Mediaで編集長として活動。SNSを通して、メンタルヘルスや社会問題に関して情報発信をしています!