WWEの最新情報

WWE に関するニュース検索結果   283件

アルティメット・ウォリアー “小説より奇なり”だった現代の神話――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第81話>

アルティメット・ウォリアー “小説より奇なり”だった現代の神話――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第81話>

子どもファンからは愛され、マニア層の男性ファンからは敬遠された1990年代を代表するスーパーヒーロー系ベビーフェース。完全なフィクションのキャラクターで、“究極の戦士”アルティメット・ウォリアーに変身したのは元“ミスター・ジョ.. 続きを読む

Oculus Goレビュー:スタンドアローンでお手頃、でも満足できないのはなぜ?

Oculus Goレビュー:スタンドアローンでお手頃、でも満足できないのはなぜ?

Image: Patrick Lucas Austin(Gizmodo US) アプリとかその中での自由度とか、中身がもうちょっと。5月2日、Oculusからお手頃VRヘッドセット「Oculus Go」が発売されました。スマホもPCもナシで使.. 続きを読む

レックス・ルーガー 裏切りの“トータル・パッケージ”――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第80話>

レックス・ルーガー 裏切りの“トータル・パッケージ”――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第80話>

ニックネームは“トータル・パッケージ”。デビューしたその日からスーパースターの座を約束されていた超大型ルーキーだった。マイアミ大、ペンシルベニア大でフットボールのスタープレーヤーとして活躍し、大学卒業後はUSFLメンフィス・シ.. 続きを読む

スティーブ・ウイリアムス 不死身のドクター・デス――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第79話>

スティーブ・ウイリアムス 不死身のドクター・デス――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第79話>

アメリカのレスリング・ポリティックスを毛嫌いし、日本のリングでその才能を開花させたエリート・アスリート。新日本プロレス、全日本プロレスの日本の2大メジャー団体で15年以上にわたりメインイベンターのポジションをキープしつづけ.. 続きを読む

スタイナー・ブラザース 仲よし兄弟の“おそろいのプロレス”――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第78話>

スタイナー・ブラザース 仲よし兄弟の“おそろいのプロレス”――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第78話>

顔はあまり似ていないけれど、体つきとレスリング・スタイルはうりふたつの正真正銘の兄弟コンビ。ごついアゴひげをたくわえて髪をクルーカットにしているほうが兄リック(身長180センチ、体重127キロ)で、背がちょっとだけ高くて髪が長.. 続きを読む

スティング “真実の瞬間”を探して――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第76話>

スティング “真実の瞬間”を探して――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第76話>

WCWの生誕からその崩壊までをいちばん近くで目撃した“ミスターWCW”である。あるときはリック・フレアーの後継者として、またあるときはハルク・ホーガン派閥とは一線を画す“隔離”されたスーパースターとして、つねにWCWの主人公を演じつ.. 続きを読む

ジ・アンダーテイカー “怪奇派キャラクター”の最高傑作――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第75話>

ジ・アンダーテイカー “怪奇派キャラクター”の最高傑作――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第75話>

WWEがプロデュースした“怪奇派”キャラクターの最高傑作である。ハルク・ホーガンからブレット・ハート、“ストーンコールド”スティーブ・オースチンとザ・ロックとトリプルHのミレニアム世代、ジョン・シーナ、ブロック・レスナー、ローマ.. 続きを読む

【uploading …】Twitterで話題の画像まとめ(5/7 早朝版)

【uploading …】Twitterで話題の画像まとめ(5/7 早朝版)

uploading this here so you guys actually understand how insane this whole thing in hawai'i is pic.twitter.com/RmZY4cJdSo — nahloo | nalu (@OGNahloo) May 5, 2018   中国で今炎上しているビックロの外国人差別的な規則。.. 続きを読む

“ヒットマン”ブレット・ハート 心のシャープシューター――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第74話>

“ヒットマン”ブレット・ハート 心のシャープシューター――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第74話>

1990年代を代表するスーパースターで、ビンス・マクマホンをぶん殴ってWWEをやめたただひとりのスーパースターだった。1984年から1997まで14年間、WWEに在籍し、リングの上の主人公であったと同時にドレッシングルームのリーダーとしてレ.. 続きを読む

リック・フレアー ザ・グレーテスト・レスラー――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第73話>

リック・フレアー ザ・グレーテスト・レスラー――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第73話>

世界ヘビー級王座を“通算17回獲得”したミスター・プロレスである。この“通算17回獲得”の公式レコードはひとつのトレードマークのようなもので、古い記録を調べてみるとNWA世界ヘビー級王座を10回、WWE世界ヘビー級王座を2回、WCW世界ヘビ.. 続きを読む

バンバン・ビガロ 頭にタトゥーを彫った職人レスラー――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第72話>

バンバン・ビガロ 頭にタトゥーを彫った職人レスラー――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第72話>

頭のてっぺんに炎のタトゥーを彫ったモンスター。身長6フィート3インチ(約190センチ)、体重325ポンド(約148キロ)の超巨漢タイプだったが、ひじょうに身が軽く運動神経のいいレスラーだった。だるまさんが転がるようなカート・ホイー.. 続きを読む

ベイダー ニッポンの“最強ガイジン”――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第71話>

ベイダー ニッポンの“最強ガイジン”――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第71話>

スタン・ハンセンと並ぶ日本のプロレス現代史における“ナンバーワン・ガイジン”である。ビートたけしのTPG(たけしプロレス軍団)の刺客として新日本プロレスのリングに登場し、デビュー戦でいきなりアントニオ猪木から完全フォール勝ち.. 続きを読む

カート・ヘニング “ミスター・パーフェクト”という生き方――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第70話>

カート・ヘニング “ミスター・パーフェクト”という生き方――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第70話>

“ミスター・パーフェクト”は単なるニックネームでもリング上のキャラクターでもなく、カート・ヘニングそのものだった。完ぺきなプロレスラー。完ぺきな夫。完ぺきな父親。完ぺきな息子。完ぺきな友だち。ヘニングは、パーフェクトとはい.. 続きを読む

サージャント・スローター “鬼軍曹”のアップダウン――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第69話>

サージャント・スローター “鬼軍曹”のアップダウン――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第69話>

WWEがプロデュースした海軍海兵隊Marine Corpsキャラクターである。6フィート3インチ(約191センチ)、280ポンド(約127キロ)の巨体とたぐいまれな運動センスを高く評価され、デビュー当時から将来のスター候補といわれたが、素顔がひじ.. 続きを読む

ジェーク“ザ・スネーク”ロバーツ ヘビと呼ばれた男――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第68話>

ジェーク“ザ・スネーク”ロバーツ ヘビと呼ばれた男――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第68話>

怪奇派というよりも、ライフ・ストーリーそのものがひじょうにミステリアスでどこか反社会的なキャラクターだった。DDTの発案者として知られ、アンダーテイカーが出現する以前のWWEの怪奇派の“大ヒット商品”だった。父親グリズリー・スミ.. 続きを読む

マイク・マイヤーズ、『オースティン・パワーズ』ミニー・ミー役ヴァーン・トロイヤーの訃報に「彼は明るさの象徴」

マイク・マイヤーズ、『オースティン・パワーズ』ミニー・ミー役ヴァーン・トロイヤーの訃報に「彼は明るさの象徴」

『オースティン・パワーズ』シリーズのミニ・ミー役として有名なヴァーン・トロイヤー。彼は、ハリー・ポッターファミリーの一員でもあり、『ハリー・ポッターと賢者の石』には、グリップフック役として登場した。週末、トロイヤーの公式.. 続きを読む

テッド・デビアス “億万長者”から神の救いへ――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第67話>

テッド・デビアス “億万長者”から神の救いへ――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第67話>

アメリカではテッド・デビアスよりも“ミリオンダラー・マン”というキャラクター・ネームのほうがはるかに知名度が高い。1980年代から1990年代にかけてのWWEの長編ドラマのもっとも重要な登場人物のひとりで、ハルク・ハーガン、ランディ.. 続きを読む

ランディ・サベージ マッチョマンの孤独――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第66話>

ランディ・サベージ マッチョマンの孤独――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第66話>

ハルク・ホーガンと長編ドラマのロングランをくり広げたスーパースターだった。“レッスルマニア1”(1985年)から“レッスルマニア3”(1987年)までが“ホーガン物語・第1章”だとすると、“レッスルマニア4”(1988年)から“レッスルマニア8”.. 続きを読む

“カウボーイ”ボブ・オートン レスラー仲間からリスペクトされたバンプ=受け身――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第65話>

“カウボーイ”ボブ・オートン レスラー仲間からリスペクトされたバンプ=受け身――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第65話>

ロディ・パイパー、ポール・オーンドーフとともに1980年代前半のWWEの大悪役トリオとして活躍した。パイパーがおしゃべりの達者なグループのリーダー格、オーンドーフが元プロ・フットボール選手の筋金入りのアスリートといった役どころ.. 続きを読む

ブルーノ・マーズ、“ブルーノ”のニックネームの由来になったプロレスラーを悼む

ブルーノ・マーズ、“ブルーノ”のニックネームの由来になったプロレスラーを悼む

米プロレス団体、ワールド・レスリング・エンターテインメント(WWE)の殿堂入りをしている元プロレスラーのブルーノ・サンマルチノの死を受け、ブルーノ・マーズ(本名ピーター・ジーン・ヘルナンデス)が、現地時間2018年4月19日に自身.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。