AV出演強要問題の最新情報

AV出演強要問題 に関するニュース検索結果   28件

「出演強要問題」に揺れるあの業界で男優になる方法とは?

「出演強要問題」に揺れるあの業界で男優になる方法とは?

msv / PIXTA(ピクスタ)先般、若い女性の無知や困窮に乗じてアダルトビデオ(AV)に出演強要するという、いわゆる『AV出演強要問題』が取り沙汰され、大きな社会問題として扱われるようになった。多数の被害が報告される一方で、当事者の.. 続きを読む

「AV出演強要」で新たな逮捕者 「淫行勧誘容疑」が意味するものを弁護士に聞いた

「AV出演強要」で新たな逮捕者 「淫行勧誘容疑」が意味するものを弁護士に聞いた

(©ニュースサイトしらべぇ)2016年のNGO団体ヒューマンライツ・ナウによる報告書を大きなきっかけとして、注目を集めてきた「AV出演強要」問題。AV業界からは逮捕者が出る一方で、法学者による第三者委員会や、出演者の人権を守る表現者.. 続きを読む

「レンタル彼女」求人業者の摘発は“風俗・AV業界”大摘発時代の幕開け?「官房長官が直々に……」

「レンタル彼女」求人業者の摘発は“風俗・AV業界”大摘発時代の幕開け?「官房長官が直々に……」

インターネットで「レンタル彼女」と呼ばれる接客サービスの求人サイトを運営していた人材派遣業者が、応募してきた女性に風俗嬢の仕事を紹介したとして逮捕された。風俗ライターによると「この手の話は全国で横行していて、求人サイト自.. 続きを読む

AV出演強要問題の実態をノンフィクションライターの中村淳彦氏が暴露

AV出演強要問題の実態をノンフィクションライターの中村淳彦氏が暴露

11月16日放送の「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」(テレビ東京系)では、ノンフィクションライターの中村淳彦氏が登場し、AV出演強要問題の実態を暴露した。 現在では、AV女優が飽和状態に? かつて、AV業界に関わっていた.. 続きを読む

AVの販売期間を5年にして「削除できる仕組み」も 第三者委員会が新たな提言

AVの販売期間を5年にして「削除できる仕組み」も 第三者委員会が新たな提言

©sirabee.com人権団体などの報告によって社会問題となった「AV出演強要」の実態を把握し、「適正AV」のルールを確立するために今年4月に発足した『AV業界改革推進有識者委員会』。業界と利害関係のない4名の法律家による第三者委員会だが.. 続きを読む

映画化決定? 「名前のない女たち」に業界内から非難の嵐

映画化決定? 「名前のない女たち」に業界内から非難の嵐

ルポライターの中村敦彦氏が企画女優、企画単体(キカタン)のセクシー女優たちをインタビューした「名前のない女たち」(宝島新書)が炎上している。本というより中村敦彦氏が、といっても良い。中村氏は「ルポ 中年童貞」(幻冬舎新書)や「.. 続きを読む

AV親バレ問題で浮き彫りになった鈴木涼美と紗倉まなの違い...AVへの嫌悪を受け入れる鈴木と偏見に抗い続ける紗倉

AV親バレ問題で浮き彫りになった鈴木涼美と紗倉まなの違い...AVへの嫌悪を受け入れる鈴木と偏見に抗い続ける紗倉

「私はあなたが詐欺で捕まってもテロで捕まっても全力で味方するけど、AV女優になったら味方はできない」元AV女優で元日本経済新聞記者という異色の経歴をもち、現在は作家として活動している鈴木涼美は、先日出版したエッセイ集『愛と子.. 続きを読む

川奈まり子と作家・花房観音が語る「女性と性欲」の未来とは

川奈まり子と作家・花房観音が語る「女性と性欲」の未来とは

©sirabee.com「性やAVは男性が楽しむもの」といった世間の目は、日本社会においてはいまだ根強い。しかし、第1回団鬼六賞を受賞した作家の花房観音氏と作家で元AV女優の川奈まり子氏が11日に開いた『女・官能・AVを巡るクロストーク』は.. 続きを読む

吉田豪が「アイドル運営は信用できない」といった理由...枕営業や出演強要などアイドル業界の闇を暴露!

吉田豪が「アイドル運営は信用できない」といった理由...枕営業や出演強要などアイドル業界の闇を暴露!

〈これは常々言っていることで、そして年々その比率も上がってきているんですけど、ボクは地下アイドル運営の8割は信用できないと思ってます。〉5月16日、吉田豪氏がツイートしたこの投稿が波紋を呼んだ。吉田氏といえば、自身が選曲した.. 続きを読む

AV出演強要問題避けるためにスカウトが採用した「新しい手口」

AV出演強要問題避けるためにスカウトが採用した「新しい手口」

Graphs / PIXTA(ピクスタ)アダルトビデオ出演の強要が社会問題化するなか、政府は先ごろ、警察庁など関係省庁の幹部を集めて対策会議を開き、全国の警察に担当の『専門官』を配置するよう指示した。この問題が大きな関心を持たれるように.. 続きを読む

 契約書にサインしたら抜け出せない... AV出演を強要された女性たちの声なき声

契約書にサインしたら抜け出せない... AV出演を強要された女性たちの声なき声

昨年、AV(アダルトビデオ)に出演を強要された女性たちによる告発が相次ぎ、マスコミでも大きく取り上げられ、一気に社会問題化したAV出演強要問題。一体なぜ彼女たちは、AVに出演せざるを得ない状況に追い込まれてしまったのでしょうか.. 続きを読む

紗倉まなや鈴木涼美が証言するAV女優のセカンドキャリア問題...偏見は取り払えるのか?

紗倉まなや鈴木涼美が証言するAV女優のセカンドキャリア問題...偏見は取り払えるのか?

先日、無修正のわいせつ動画を配信したとして有名動画配信サイトのスタッフおよび、そのサイトの作品に出演していたAV女優とAV男優が逮捕された件は大きなニュースとなった。昨年から社会問題となり続けているAV出演強要問題も収束のメド.. 続きを読む

政府がAV出演強要問題に乗り出し! 元AV女優「権力の介入はAV業界をさらに危険な場所にする」

政府がAV出演強要問題に乗り出し! 元AV女優「権力の介入はAV業界をさらに危険な場所にする」

本日、AV出演強要問題について、政府が省庁を横断した対策会議を開き、「4月は進学や就職で生活環境が大きく変わる時期で被害に遭うリスクが高い」として、今月中に緊急の対応策を作成すると報じられた。昨年より社会問題として取り上げ.. 続きを読む

「AVは覚悟のある人がやるべき」元カリスマ男優・加藤鷹、“クリーンになった”昨今のAV業界を斬る!

「AVは覚悟のある人がやるべき」元カリスマ男優・加藤鷹、“クリーンになった”昨今のAV業界を斬る!

出演したAVは1万5,000本。AV業界で初めて「潮吹き」というジャンルを確立し、「ゴールドフィンガー」でその名をはせた、元カリスマAV男優の加藤鷹氏(57歳)。現在は株式会社加藤鷹商店を設立し、講演・セミナー・メディア出演などを行っ.. 続きを読む

『ゆゆ式』だけではない──BBCで放送された日本の児童ポルノ番組 55分間のあらすじと登場した作品

『ゆゆ式』だけではない──BBCで放送された日本の児童ポルノ番組 55分間のあらすじと登場した作品

先日、イギリスBBCが放送し注目されている、日本の児童ポルノの実態を追ったとされるドキュメンタリー。『STACEY DOOLEY INVESTIGATES:YOUNG SEX FOR SALE IN JAPAN』というタイトルと予告編。取材班が秋葉原で警察に拘束されるシーンは.. 続きを読む

紗倉まな、実体験交えAV出演強要問題語る

紗倉まな、実体験交えAV出演強要問題語る

人気セクシー女優の紗倉まな(23歳)が、2月9日に放送されたニュース番組「AbemaPrime」(AbemaTV)に出演。AV出演強要問題について、実体験を交えて語った。この日番組では、モデルやアイドルの勧誘を装ってアダルトビデオ(AV)などへ.. 続きを読む

「出演強要問題」はAVだけでなくグラビアアイドル業界でも起きている...中には事務所が強いるケースも

「出演強要問題」はAVだけでなくグラビアアイドル業界でも起きている...中には事務所が強いるケースも

公明党が政府への提言を取りまとめる作業チームを設けるなど、いまもなお社会問題となっている「AV出演強要問題」。アダルトビデオ作品への出演であることを隠しながら「グラビアモデル」として契約書にサインさせ、その後、脅しをかけて.. 続きを読む

日弁連が「懲戒審査」要求 AV出演トラブルについて弁護士に聞いた

日弁連が「懲戒審査」要求 AV出演トラブルについて弁護士に聞いた

(magicvision/iStock/Thinkstock)昨年から、注目を集めている「AV出演強要」問題。業界からは逮捕者が出る一方、元女優の川奈まり子氏が立ち上げた一般社団法人AVANのような、業界内部からの人権擁護団体も登場している。先月、AVへ.. 続きを読む

「カリビアンコム」配信の無修正AV制作会社摘発で激震! “海外なら安全”神話崩れるも……

「カリビアンコム」配信の無修正AV制作会社摘発で激震! “海外なら安全”神話崩れるも……

無修正のわいせつ動画を海外の動画配信サイトに公開していたとして、制作会社「ピエロ」社長の陳美娟(67)ら計6人がわいせつ電磁的記録等送信頒布の疑いで警視庁に逮捕された。陳容疑者は年間300本ほどの動画を制作し、9年間で約14億円.. 続きを読む

元・着エロアイドルが明かす、AVと着エロの危うい境界線「同じことをやるなら、AVのほうがいい」?

元・着エロアイドルが明かす、AVと着エロの危うい境界線「同じことをやるなら、AVのほうがいい」?

AV出演強要問題をはじめ、大手プロダクション関係者が労働者派遣法違反で逮捕されたり、キャンプ場での AV撮影をめぐり大手メーカー関係者らが摘発されるなど、大きく揺れ動いているAV業界。そんな一連のAV騒動をルポした書籍『モザイク.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。