������DeNA������������������の最新情報

������DeNA������������������ に関するニュース検索結果   1339件

"神童"那須川天心、衝撃のノックアウト!? ハマスタ始球式で思わず座り込む

"神童"那須川天心、衝撃のノックアウト!? ハマスタ始球式で思わず座り込む

5月22日に行われた横浜DeNA対中日7回戦、その始球式に天才キックボクサー・那須川天心(19)が登場。日本の格闘技界が誇る“神童”の初マウンドに大きな注目が集まった。2014年に15歳でプロデビューした那須川は、史上最年少の16歳でRISEの.. 続きを読む

ハマスタで飛び出すか、横浜DeNA筒香150号 「筒香が打つと雰囲気がぜんぜん違う」とラミレス監督も期待

ハマスタで飛び出すか、横浜DeNA筒香150号 「筒香が打つと雰囲気がぜんぜん違う」とラミレス監督も期待

横浜DeNAの筒香嘉智が13試合ぶりのホームランで目覚めると、もう手が付けられない。5月20日の巨人戦では自身初の1試合3ホーマーを叩き出した。圧巻はこの日2本目となる4回表のホームラン。本人も「どこまで飛んだかわからなかった」とい.. 続きを読む

アンコールもあり!? BENIが22日のハマスタで始球式&試合後に歌声披露

アンコールもあり!? BENIが22日のハマスタで始球式&試合後に歌声披露

横浜DeNAベイスターズは5月22日(火)~24日(木)の中日ドラゴンズ戦において、スペシャルイベント『BLUE☆LIGHT SERIES 2018』を開催。22日にはスペシャルゲストとしてBENIが登場する。当日は試合前の始球式に登場。さらに、試合後の『B.. 続きを読む

100勝100セーブの齊藤明雄氏、リリーフ転向の井納に極意「1人5球、1回15球以内で」

100勝100セーブの齊藤明雄氏、リリーフ転向の井納に極意「1人5球、1回15球以内で」

リリーフするなら早めの勝負!現役時代、先発や抑えとして活躍し128勝133セーブという「100勝100セーブ」を達成した野球解説者・齊藤明雄氏(63)が、今季からリリーフに転向した横浜DeNA井納翔一投手(32)について「1イニング15球以内.. 続きを読む

中日「松坂監督」プロジェクト進行中(1)年俸以上の効果と働き

中日「松坂監督」プロジェクト進行中(1)年俸以上の効果と働き

復活勝利をあげた中日の松坂大輔(37)が名古屋に大フィーバーを巻き起こしている。早くも周囲は将来的な「囲い込み」に動き出したというのだ。今季3度目の先発となった4月30日の横浜DeNA戦。6回を投げ1失点にまとめ、国内では実に12年ぶ.. 続きを読む

「SHOWROOM」を支えるエンジニアたち―CTO佐々木が仕掛けるイノベーション・ブーストとは

「SHOWROOM」を支えるエンジニアたち―CTO佐々木が仕掛けるイノベーション・ブーストとは

アイドルやタレント、アーティストなどが配信する番組が無料で視聴でき、ギフティングやコメントで応援ができる仮想ライブ空間「SHOWROOM」。サービス開始以来まだ4年だが、いまや登録ユーザーが150万人を超える国内有数の動画配信プラッ.. 続きを読む

横浜DeNAベイスターズ、実力派のドラ1&2コンビ・東選手と神里選手を直撃!

横浜DeNAベイスターズ、実力派のドラ1&2コンビ・東選手と神里選手を直撃!

毎年のように新人選手の活躍が話題となる横浜DeNAベイスターズ。今回はドラフト1位の東克樹選手、同2位神里和毅選手に独占インタビュー!■ 「これまで出会った人の中で、一番のイケメン」(東)、「野球でもプライベートでも堂々としている.. 続きを読む

“宿命のライバル” 斉藤和巳氏が語った松坂大輔の本当の凄さ 「這いつくばっても現役を続けられる強靭なメンタル」

“宿命のライバル” 斉藤和巳氏が語った松坂大輔の本当の凄さ 「這いつくばっても現役を続けられる強靭なメンタル」

ソフトバンクホークス(旧ダイエーホークス)で最多勝3回、沢村賞2回に輝き、現在は野球解説者として活躍する斉藤和巳氏(40)が、宿命のライバルであり、現在も中日ドラゴンズで現役を続ける松坂大輔投手(37)の凄さに言及した。斉藤氏.. 続きを読む

いまさら聞けない!VR&360度コンテンツの魅力とオススメ動画まとめ

いまさら聞けない!VR&360度コンテンツの魅力とオススメ動画まとめ

こんにちは、メディアディレクターのこやにいです。ようやくVR&360度コンテンツを日常的に見かけようになった昨今、みなさんいかがお過ごしでしょうか。「VRイベントで体験してみた」、「家にPlayStation VRがある」などすでに体験して.. 続きを読む

阿部寛 トラ柄着物姿でノーバン始球式「聖地甲子園で感無量」

阿部寛 トラ柄着物姿でノーバン始球式「聖地甲子園で感無量」

俳優の阿部寛(53)が17日、阪神甲子園球場で阪神―DeNA戦の試合前に始球式を行った。18日公開の主演映画「蚤(のみ)とり侍」(監督鶴橋康夫)で妖艶な着流し姿を披露するのにちなみ、この日は阪神のトレードカラー、黒と黄色の縦ジマ、.. 続きを読む

阿部寛 甲子園で始球式「“必死のパッチ”でやるしかないと思った」

阿部寛 甲子園で始球式「“必死のパッチ”でやるしかないと思った」

俳優の阿部寛(53)が17日、阪神甲子園球場で行われたプロ野球「阪神―DeNA」戦の試合前に始球式を行った。 主演映画「蚤とり侍」(監督鶴橋康夫、5月18日公開)で妖艶な着流し姿を披露するのにちなみ、この日は阪神のトレードカラー、黒.. 続きを読む

5/28に開催されるオンラインWebセミナーで議論される「MaaSの未来を読み解く」の意味とは?

5/28に開催されるオンラインWebセミナーで議論される「MaaSの未来を読み解く」の意味とは?

様々なモビリティサービスをつなぐ「MaaS(Mobility as a Service)」ってご存知ですか? 完全自動運転が可能となるのはまだまだ未来の話…ですが、自動車での快適な移動を提供するためのMaaSは、今、物凄い速さで開発・運用が進んでいま.. 続きを読む

アプリ『ハッカドール』公式キャラクターがバーチャルYouTuberとして本格稼働開始!

アプリ『ハッカドール』公式キャラクターがバーチャルYouTuberとして本格稼働開始!

DeNAが運営するアプリ『ハッカドール』の公式キャラクター「ハッカドール1号」「ハッカドール2号」「ハッカドール3号」が本格的にバーチャルYouTuber として動画の投稿を開始した。これまでもキャラクターとしてのハッカドールは、TVアニ.. 続きを読む

同性二人旅は一長一短? 親しくもなり疎遠にもなるようで・・・

同性二人旅は一長一短? 親しくもなり疎遠にもなるようで・・・

夫婦や恋人など、パートナーとの旅も楽しいが、同性の友達との旅もまた楽しい。おしゃべりしながらおいしいものを食べたり、同じ趣味を楽しんだりと、楽しみの幅も広い。共に数日を過ごしてより相手を理解することも多いが、一方で疎遠に.. 続きを読む

石原さとみの破局宣言に泣いてすがった山下智久

石原さとみの破局宣言に泣いてすがった山下智久

画/彩賀ゆう (C)まいじつ山下智久と結婚寸前とみられていた女優の石原さとみが、先ごろ発売された週刊誌にIT企業『SHOWROOM』社長の前田裕二氏とふたりで沖縄旅行していたと報じられた。両者が親密そうにしている写真もあったことから.. 続きを読む

地域の風吹くプロ野球 NPOと組む地域活動も

地域の風吹くプロ野球 NPOと組む地域活動も

プロ野球界で「地域密着」が言われるようになったのはいつごろか。創立時の経営難をファンの募金で乗り切った広島のような「生まれながらの市民球団」は別にして、巨人戦のテレビ中継がドル箱だった時代は、地域密着、地域貢献を口にする.. 続きを読む

石原さとみ、カリスマIT社長と“熱愛”で危惧される「キンコン西野の存在」

石原さとみ、カリスマIT社長と“熱愛”で危惧される「キンコン西野の存在」

5月9日発売の「週刊文春」で、“カリスマIT社長”として知られる前田裕二氏との沖縄旅行が報じられた石原さとみ。記事によれば、4月下旬、3泊4日の日程で現地の高級リゾートホテルなどで2人で過ごしたという。昨年秋に山下智久と破局した石.. 続きを読む

エボラブルアジア、DeNAトラベルを子会社化 DeNAと基本合意

エボラブルアジア、DeNAトラベルを子会社化 DeNAと基本合意

エボラブルアジアは、DeNAトラベルの子会社化することで、ディー・エヌ・エー(DeNA)と基本合意した。国内航空券分野で国内最大手のオンライン旅行会社(OTA)であるエボラブルアジアは、海外航空券と海外旅行に強みを持つDeNAトラベル.. 続きを読む

横浜DeNA井納に待望の第二子が誕生! 「まずはしっかりとチームのために」

横浜DeNA井納に待望の第二子が誕生! 「まずはしっかりとチームのために」

昨シーズンは先発として6勝を挙げ、今シーズン開幕前に中継ぎに転向。ここまで既に14試合に登板し、8ホールドを記録している横浜DeNA中継ぎ陣の一人・井納翔一投手に8日、第二子(女の子、2975グラム)が誕生した。12日の試合前、「ベス.. 続きを読む

「嶺井は続ける」と元木大介氏 “クセ者”視点で横浜DeNA正捕手・嶺井の配球に指摘

「嶺井は続ける」と元木大介氏 “クセ者”視点で横浜DeNA正捕手・嶺井の配球に指摘

13日に行われた対ヤクルト8回戦、現役時代に“ミスター・ジャイアンツ”こと長嶋茂雄氏に「クセ者」として重宝されて活躍した元木大介氏が、横浜DeNAの正捕手・嶺井の配球に関する鋭い指摘を口にした。5勝目を目指す2年目の京山と嶺井のバ.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。