黒塗りの最新情報

黒塗り に関するニュース検索結果   226件

安倍内閣が「柳瀬元首相秘書官と愛媛県の面会確認は困難」の閣議決定! 裏で今治市の2つの証拠文書を隠ぺい

安倍内閣が「柳瀬元首相秘書官と愛媛県の面会確認は困難」の閣議決定! 裏で今治市の2つの証拠文書を隠ぺい

なんでも言い切れば許されるとでも思っているのだろうか。18日におこなわれた閣議で、政府は麻生財務相の「セクハラ罪っていう罪はない」という発言の撤回と謝罪を求めた質問主意書に対し、「現行法令において『セクハラ罪』という罪は存.. 続きを読む

堀潤氏「与野党・行政は対立を越え"公文書の問題に向き合っている"という姿勢を」

堀潤氏「与野党・行政は対立を越え"公文書の問題に向き合っている"という姿勢を」

8日、審議拒否を続けていた野党が衆議院本会議に出席。先月20日以来19日ぶりに国会は正常化した。それでも10日には衆参両院の予算委員会で柳瀬唯夫・元首相秘書官の参考人招致が行われるなど、混乱の出口は見えない。諸問題に早々に幕引.. 続きを読む

<ライブレポート>【LFJ2018】アンヌ・ケフェレックにとっての“新しい世界”とは

<ライブレポート>【LFJ2018】アンヌ・ケフェレックにとっての“新しい世界”とは

フランス発のクラシック音楽フェス【ラ・フォル・ジュルネTOKYO】でたびたび来日してきたピアニスト、アンヌ・ケフェレック。今年のステージでは18世紀の後期バロック作品ばかりを選び、じっくり求心力の強い演奏を聴かせてくれた。1948.. 続きを読む

有名ファッション誌「黒塗りメイク」の表紙に批判殺到。モデルもSNSで謝罪

有名ファッション誌「黒塗りメイク」の表紙に批判殺到。モデルもSNSで謝罪

世界的人気モデルのジジ・ハディッド(23)が、自身が飾ったイタリア版ヴォーグ誌の表紙について謝罪の意を伝えている。同誌5月号の表紙には、極度に肌を黒くし、まるで別人と見まがうほどのジジが写っている。これについて世間から、「.. 続きを読む

柳瀬元首相秘書官「面会認める」へ方針転換の裏! 官邸が姑息な"言い訳シナリオ"用意するもすでに破綻が

柳瀬元首相秘書官「面会認める」へ方針転換の裏! 官邸が姑息な"言い訳シナリオ"用意するもすでに破綻が

柳瀬唯夫・元首相秘書官が面会を認める意向を固めた──。5月2日、メディアが報じたように、柳瀬元首相秘書官が「記憶にない」と繰り返してきた加計学園幹部らとの面会の事実を認めるのだという。毎日新聞によれば、〈否定し続けるのは難し.. 続きを読む

欅坂46尾関梨香、全員でロケするなら「私は司令塔です!」

欅坂46尾関梨香、全員でロケするなら「私は司令塔です!」

4月29日深夜放送の「欅って、書けない?」(テレビ東京系)は、先週に引き続き「欅坂46企画プレゼン大会」の後半戦が行われた。メンバーそれぞれが自ら考案した企画内容に対して、番組MCの土田晃之と澤部佑がもっとこうした方が面白いので.. 続きを読む

鎌苅健太、郷本直也ら舞台役者が“男の子の本音”を語る 男性として気持ちを暴露する“オトナの男子会”も

鎌苅健太、郷本直也ら舞台役者が“男の子の本音”を語る 男性として気持ちを暴露する“オトナの男子会”も

2013年6月に初演、2014年12月に第2弾を上演した『BOYS☆TALK』シリーズの第3弾が、2018年6月6日(水)~6月17日(日)にCBGK シブゲキ!!にて開催される。本シリーズは、『男の子達が、男の子だけで集まって、何を語って、何を考えているの.. 続きを読む

安倍「ウソつき政権」に「1日5億円」血税タレ流し(3)「安倍本」を4320冊購入

安倍「ウソつき政権」に「1日5億円」血税タレ流し(3)「安倍本」を4320冊購入

ウソつき国会で1日約5億円の血税が消えていく一方、ムダ遣いは国会の外でも横行している。中堅野党議員の秘書が匿名を条件に口を開く。「目に余るのは、ムダに多い公用車。衆参両院で、毎日200台くらい黒塗りの車が止まっています。議員.. 続きを読む

「プロフィール書き換え」芸能美女の“マル秘”過去<デビュー前秘録>(1)佐々木希は秋田のタウン情報誌で…

「プロフィール書き換え」芸能美女の“マル秘”過去<デビュー前秘録>(1)佐々木希は秋田のタウン情報誌で…

芸能美女のプライベートをのぞけば赤面モノのエピソードはゴマンとある。ヤンチャな素人時代からテレビでは語れない結婚生活まで、黒塗りしたい過去をここに大公開!4月20日スタートの連ドラ「デイジー・ラック」(NHK)で主演を飾る佐々.. 続きを読む

「プロフィール書き換え」芸能美女の“マル秘”過去<黒塗り経歴>(3)吉岡里帆が「第二の綾瀬」に

「プロフィール書き換え」芸能美女の“マル秘”過去<黒塗り経歴>(3)吉岡里帆が「第二の綾瀬」に

さて、今年に入り連ドラ初主演など、現在ブレイク中の吉岡里帆(25)にも、「綾瀬化」が懸念されている。「グラドル時代は抜群のプロポーションで人気を集めていましたが、男性誌のインタビューで、水着グラビアの仕事のオファーを受けた.. 続きを読む

「プロフィール書き換え」芸能美女の“マル秘”過去<黒塗り経歴>(2)仲間由紀恵を下っ端扱いにしていたのは…

「プロフィール書き換え」芸能美女の“マル秘”過去<黒塗り経歴>(2)仲間由紀恵を下っ端扱いにしていたのは…

今年3月に第1子の妊娠を発表した仲間由紀恵(38)も、女優として大成した今ではアイドル時代のことは触れられたくない“過去”のようだ。「仲間さんは一時期、『東京パフォーマンスドール(以下・TPD)』に在籍していましたが、中心メンバ.. 続きを読む

「プロフィール書き換え」芸能美女の“マル秘”過去<黒塗り経歴>(1)「脱アイドル路線」を徹底する橋本環奈

「プロフィール書き換え」芸能美女の“マル秘”過去<黒塗り経歴>(1)「脱アイドル路線」を徹底する橋本環奈

未曾有のアイドルブームが続く中、元AKB48の前田敦子や大島優子、元乃木坂46の深川麻衣など、最近ではアイドルから女優に転身する者も多いが、徹底した「脱アイドル路線」が功を奏しているのが、橋本環奈(19)だ。福岡のアイドルグルー.. 続きを読む

自衛隊のイラク日報が文学的だと話題 RPG世界で拾い集める日記のような面白さ

自衛隊のイラク日報が文学的だと話題 RPG世界で拾い集める日記のような面白さ

防衛省は、2004年から2006年にかけてイラクに派遣されていた陸上自衛隊部隊が作成した活動報告書を公開した。現在、『朝日新聞デジタル』で読むことができるようになっている。約1万5000ページもある日報の大部分は部隊の構成人員や装備.. 続きを読む

30年経って判明した事実!『火垂るの墓』のポスターがヤバイ事がTwitterで明らかに

30年経って判明した事実!『火垂るの墓』のポスターがヤバイ事がTwitterで明らかに

情操教育の一環として学校で視聴される事も多い『火垂るの墓』、戦争実体験を元に作られた作品だけに、教科書などでは表現できない様々な戦争の実態を知る事のできる数少ない作品ですね。そんな『火垂るの墓』のポスターがあるのですが、.. 続きを読む

橋本環奈に“使用NG肩書”が!?芸能美女にも「書き換え問題」が続々浮上

橋本環奈に“使用NG肩書”が!?芸能美女にも「書き換え問題」が続々浮上

政界では森友文書の改ざんが発覚して大騒ぎになったが、もしや芸能界でも「公式文書」の書き換えが行われているのでは──。そんな疑念を抱いて徹底調査すると、恥ずかしいキャリアや私生活の“汚点”が出るわ出るわ。そんな、芸能美女にとっ.. 続きを読む

2万人リストラに涙をのんだ元パナソニック役員、甲子園出場の野球監督転身で第二の人生

2万人リストラに涙をのんだ元パナソニック役員、甲子園出場の野球監督転身で第二の人生

超高齢化社会・日本は今、「人生100年時代」を迎えている。社会保障費は2025年に150兆円を超えると試算されるなか、第二の人生の充実は、健康寿命の延伸につながり、次世代の負担を減らすことにもなる。パナソニック専務まで上り詰めた後.. 続きを読む

NHK
なぜそれを?浜田雅功が収録で「徹底検証『森友・加計事件』」を購入するハプニング

なぜそれを?浜田雅功が収録で「徹底検証『森友・加計事件』」を購入するハプニング

ダウンタウンの浜田雅功(54)が2月7日放送の『浜ちゃんが!』(日本テレビ系/よみうりテレビ制作)で購入した本のチョイスに、一部ネットSNSが騒然となった。番組では、読書家だという大野拓朗(29)に連れられ、浜田は藤井サチ(20).. 続きを読む

佐川証人喚問は"出来レース"! 補佐人は甘利明や小渕優子の弁護担当、用意された送迎車、不自然すぎる丸川珠代の質問

佐川証人喚問は"出来レース"! 補佐人は甘利明や小渕優子の弁護担当、用意された送迎車、不自然すぎる丸川珠代の質問

何という出来レース──。本日午前に参院予算委員会で開かれた佐川宣寿・前財務省理財局長の証人喚問だが、佐川氏は公文書改ざんについて、「刑事訴追の恐れがある」ことを理由に一切の証言を拒否。一方、安倍夫妻や官邸からの指示を真っ向.. 続きを読む

前田敦子、ぱるる、川栄に続く“AKBグループ発”の演技派女優が誕生?

前田敦子、ぱるる、川栄に続く“AKBグループ発”の演技派女優が誕生?

3月17日(土)に公開される映画「素敵なダイナマイトスキャンダル」など、2018年だけでも既に3本の映画への出演が決定している前田敦子をはじめ、連続テレビ小説「ひよっこ」(2017年、NHK総合ほか)では、ヒロインに嫌味っぽく毒づく“ヒール.. 続きを読む

18年ぶりの再演! 轟悠、望海風斗、真彩希帆出演の宝塚歌劇 雪組『凱旋門』制作発表レポート

18年ぶりの再演! 轟悠、望海風斗、真彩希帆出演の宝塚歌劇 雪組『凱旋門』制作発表レポート

2000年に宝塚歌劇団雪組で初演され、主演を務めた轟悠が文化庁芸術祭賞演劇部門優秀賞を受賞するなど、絶賛を博したミュージカル・プレイ『凱旋門−エリッヒ・マリア・レマルクの小説による−』が18年の時を経て、今年の夏に再演されること.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。