麻婆カレーの最新情報

麻婆カレー に関するニュース検索結果   10件

熱々の「汁なしチーズ入り麻婆カレー麺」

熱々の「汁なしチーズ入り麻婆カレー麺」

12月13日放送の「朝の!さんぽ道」(テレビ東京系、午前07時35分~)では、名曲が生まれた街・高田馬場を散策した中で、「源来酒家」(東京都千代田区)が紹介された。同店は地下鉄半蔵門線神保町駅から徒歩2分ほどにある中国料理のお店だ.. 続きを読む

中川家&次長課長、強すぎるジャッキー愛が裏目に?“激辛麻婆カレー”に悶絶!

中川家&次長課長、強すぎるジャッキー愛が裏目に?“激辛麻婆カレー”に悶絶!

ジャッキー・チェン主演映画として史上最大のヒットを記録している『カンフー・ヨガ』(12月22日公開)の公開前イベントが東京・秋葉原のアキバシアターで開催され、ジャッキー・チェンの大ファンとして知られる中川家の中川剛と中川礼二、.. 続きを読む

魚料理のレパートリーがまたひとつ!ご飯がすすみすぎる「麻婆カジキ丼」【老舗魚屋の主人直伝】

魚料理のレパートリーがまたひとつ!ご飯がすすみすぎる「麻婆カジキ丼」【老舗魚屋の主人直伝】

麻婆系って好きですか? 麻婆豆腐に麻婆茄子、麻婆春雨、麻婆丼や麻婆ラーメン、あんかけ焼きそばタイプの麻婆麺などなどアレンジも結構あり、牛丼チェーン店のメニューで麻婆カレーの存在も確認。(私、何度か食べたことがあり結構好き.. 続きを読む

中華料理店でカレー?「八戒」の中華風カレーランチが本格派すぎ

中華料理店でカレー?「八戒」の中華風カレーランチが本格派すぎ

「大衆中遊華食堂 八戒」は中華料理店ながら、“カレーオタク”でもある店主によるカレーが名物。特に中華を合わせた月替りワンプレートは必食!8月は北海道から直送されるラム肉が主役のカレーにエビチリ、さらにスープカレーで味わい深し.. 続きを読む

カレーライスに入れる肉は「牛」vs「豚」どっち?地域で逆転も

カレーライスに入れる肉は「牛」vs「豚」どっち?地域で逆転も

(iplan/a.collectionRF/Thinkstock)夏になると、なぜか食べたくなるカレーライス。今月8日より松屋が発売を開始した「粗挽き肉と茄子の麻婆カレー定食」など、変わり種も発売されているが、オーソドックスなカレーなら、ビーフカレー.. 続きを読む

【謎すぎグルメ】松屋の「麻婆カレー」が麻婆なのかカレーなのか全くわからない! ウマいけど何度味わってもわからないんだ!!

【謎すぎグルメ】松屋の「麻婆カレー」が麻婆なのかカレーなのか全くわからない! ウマいけど何度味わってもわからないんだ!!

気持ち悪いけど可愛いのが、キモカワイイ。大嫌い大嫌い大嫌い大好きが、モー娘のサマーナイトタウン。世の中には「どっちやねん!」とツッコみたくなるものが多々あるが、2017年8月8日より松屋が発売を開始した『麻婆カレー定食』も、な.. 続きを読む

松屋から「粗挽き肉と茄子の麻婆カレー定食」が新登場!

松屋から「粗挽き肉と茄子の麻婆カレー定食」が新登場!

松屋フーズが「松屋」にて、「粗挽き肉と茄子の麻婆カレー定食」を8月8日(火)1より新発売する。価格は税込で590円となっており、一部店舗を除く全国の松屋で販売される。たっぷりの粗挽き肉とさっぱりとした甘みの揚げ茄子が 麻婆カレー.. 続きを読む

松屋が“本格中華”な麻婆カレー

松屋が“本格中華”な麻婆カレー

松屋は8月8日10時から、「粗挽き肉と茄子の麻婆カレー定食」の販売を開始する。価格は590円(税込み)。「粗挽き肉と茄子の麻婆カレー定食」は、たっぷりの粗挽き肉とさっぱりとした甘みの揚げ茄子が相性抜群の“麻婆カレー”。松屋の“麻婆.. 続きを読む

実食レポ!スープストックトーキョーに絶品「麻婆カレー」が新登場

実食レポ!スープストックトーキョーに絶品「麻婆カレー」が新登場

6月16日(金)、17日(土)の2日間、全国のスープストックトーキョーで、カレーづくしの「Curry Stock Tokyo」が開催。スープ専門店からスープが消え、こだわりのカレーが日替りでジャックする。同イベントでお披露目となる新商品「ぶどう山.. 続きを読む

牛丼・松屋のカツカレー専門店はプロ唸る味わい カツは分厚くジューシー、カレーは本格スパイシー

牛丼・松屋のカツカレー専門店はプロ唸る味わい カツは分厚くジューシー、カレーは本格スパイシー

松屋が運営する「マイカリー食堂」のカツカレー。 牛丼チェーン松屋などを運営する松屋フーズが運営する、カレー専門店「マイカリー食堂」が東京三鷹にひそやかな人気を誇っている。一般的な食堂などよりも100円から200円ほど安い値段で.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。