高齢ドライバーの最新情報

高齢ドライバー に関するニュース検索結果   48件

高速道路の逆走検知など安全・安心機能搭載した2018年モデルのポータブルナビ「ゴリラ」

高速道路の逆走検知など安全・安心機能搭載した2018年モデルのポータブルナビ「ゴリラ」

三洋電機からパナソニックに会社が替わってもポータブルナビゲーションを代表するブランドである「ゴリラ」。最新モデルの3機種が2018年6月中旬より発売されます。2018年モデルには「安全・安心運転サポート」機能が新搭載され、高速道路.. 続きを読む

高速を20キロで走行→警察に見つかり137キロで逃走 意味不明な行動に憶測広がる

高速を20キロで走行→警察に見つかり137キロで逃走 意味不明な行動に憶測広がる

(HIRO/amanaimagesRF/Thinkstock)高速道路には最低速度が定められており、それを下回るスピードで走った場合は、道路交通法違反となる。多くの車が制限速度の範囲内で走るなか、極端に遅い車が紛れ込むことは追突など、重大事故に繋.. 続きを読む

幼児でも楽しく交通ルールが学べる! 赤坂サカスで交通安全ワークショップ

幼児でも楽しく交通ルールが学べる! 赤坂サカスで交通安全ワークショップ

年を重ねることは、“長寿”というように本来なら寿(ことほ)ぐべきことだが、少子化とセットになると、とたんに解決すべき「少子高齢化“問題”」になる。内閣府によると、2065年には「約2.6人に1人が65歳以上」(推計値)。お隣の昇り龍.. 続きを読む

私は父に運転免許証返納を決断させた

私は父に運転免許証返納を決断させた

「75歳以上のドライバーは認知機能検査を受ける」とする改正道路交通法が施行されたのは2017年3月。それから同年末までに、免許更新などで検査を受けた人は全国で172万5292人だった。そのうち、4万6911人が認知症のおそれがある第1分類と.. 続きを読む

【豆知識】今さら聞けない!クルマ選びの新基準「サポカー」って何?

【豆知識】今さら聞けない!クルマ選びの新基準「サポカー」って何?

最近、クルマのTV-CFなどで良く耳にする「サポカー」。これは一体どのようなクルマなのかご存じですか?「サポカー」とは、政府が高齢ドライバーの交通事故防止対策の一環として、自動ブレーキをはじめとした運転支援装備を搭載したクル.. 続きを読む

85歳男性「車の逆走」で女子高生2人が重体 「免許返納すべき」の声が相次ぐ

85歳男性「車の逆走」で女子高生2人が重体 「免許返納すべき」の声が相次ぐ

(maroke/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)新学期を迎え、気分を新たに登校する学生たち。通い慣れたいつもの通学路で、始業式に向かう途中だった女子高生2人が、逆走する乗用車にはねられる事故が起こってしまった。悲しい出.. 続きを読む

【新車】スペーシア/スペーシア カスタムがフルモデルチェンジ。搭載される軽自動車初を含む先進安全装備とは?

【新車】スペーシア/スペーシア カスタムがフルモデルチェンジ。搭載される軽自動車初を含む先進安全装備とは?

2017年12月14日に発表されたスズキの新型スペーシア/スペーシア カスタム。以前お伝えしたように、東京モーターショー2017にもコンセプトカーが出展されています。新型スペーシア/スペーシア カスタムには、軽自動車初の先進装備を4点.. 続きを読む

【新車】スズキ・スイフトの予防安全装備をプラスした特別仕様車は150万円を切ってお買い得

【新車】スズキ・スイフトの予防安全装備をプラスした特別仕様車は150万円を切ってお買い得

高齢ドライバーをはじめとするミスによる交通事故を防ぐための予防安全装備へのニーズが高まっています。スズキ・スイフトのレギュラーモデルでは予防安全装備が設定されていないXGグレードに、スズキの予防安全技術「スズキ セーフティ .. 続きを読む

バス運転手が転倒した女性に「毎回コケますね」 その行動と発言に怒りの声

バス運転手が転倒した女性に「毎回コケますね」 その行動と発言に怒りの声

(kldlife/iStock/Thinkstock)スロープや車椅子スペース、ノンステップの車両を導入するなど、誰でも使えるバリアフリー化が進んでいる路線バス。もちろん、その精神は運転手にも求められている。しかし京都で、心ない運転手によるト.. 続きを読む

【新車】マツダ・デミオが4度目となる商品改良。安全装備を充実させ「サポカーS・ワイド」に該当

【新車】マツダ・デミオが4度目となる商品改良。安全装備を充実させ「サポカーS・ワイド」に該当

11月9日、マツダ・デミオが商品改良を受けました。現行デミオが登場以来、4度目となる今回の主なメニューは、マツダが注力している「サポカーS・ワイド」への対応が主な狙いで、12月7日から発売されます。なお、「サポカーS・ワイド」と.. 続きを読む

高齢ドライバー事故防ぐには?免許返納では生活成り立たないとの声も

高齢ドライバー事故防ぐには?免許返納では生活成り立たないとの声も

(kazoka30/iStock/Thinkstock)ブレーキの踏み間違いなど、高齢ドライバーが起こす交通事故がニュースになることは多く、しらべぇでもよく取り上げている。実際に、高齢者の運転に怖い思いをした経験がある人は、どれくらいいるのだろ.. 続きを読む

MT車の購入に妻が猛反対。さて、どう説得する?

MT車の購入に妻が猛反対。さて、どう説得する?

▲ATで満足な人も最近は多いでしょうが、「シフトチェンジは自分でやりたい!」と考える守旧派男子も相変わらず多いもの。その際、たいてい反対する「妻」をどう丸め込む……じゃなかった説得すればいいのでしょうか? 妻という「抵抗勢力」.. 続きを読む

ある高齢ドライバーに追突された事故は◯◯があったからという理由とは?

ある高齢ドライバーに追突された事故は◯◯があったからという理由とは?

画像出典:写真AC 今では世界的にみても搭載が標準化する傾向にある自動車の“自動ブレーキ”だが、正式名称を『衝突被害軽減制動制御装置(被害軽減ブレーキ)』ということからもわかるように、不慮の事故に対して完全な制動性を保証する.. 続きを読む

マツダCX-5、アテンザが先進安全技術「アイ・アクティブセンス」を全車に標準装備

マツダCX-5、アテンザが先進安全技術「アイ・アクティブセンス」を全車に標準装備

今秋にも登場すると予想される新型CX-8をのぞくと、現時点でマツダの最上級モデルはSUVのCX-5と、セダンとワゴンを用意するアテンザになります。8月1日、そのCX-5とアテンザの全モデルにマツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アク.. 続きを読む

マツダ「CX-5」と「アテンザ」の全機種に先進安全技術を標準装備して発売

マツダ「CX-5」と「アテンザ」の全機種に先進安全技術を標準装備して発売

マツダは、『マツダ CX-5』、『マツダ アテンザ』の全機種に、マツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を標準装備し、全国のマツダ販売店を通じて本日8月3日より発売を開始した。マツダは運転初心者から高齢者ま.. 続きを読む

    高齢ドライバーが、ブレーキとアクセルを踏み間違えた結果・・・

高齢ドライバーが、ブレーキとアクセルを踏み間違えた結果・・・

米コロラド州で73歳の女性ドライバーがブレーキの代わりに誤ってアクセルを踏み、車がフェンスを突き抜け、シャイアン・マウンテン・リゾートのプールの中に突っ込む事故が起きたと、地元のテレビ局が伝えた。コロラドスプリングス警察署.. 続きを読む

自動車技術会 「第67回 自動車技会賞」の受賞者を発表

自動車技術会 「第67回 自動車技会賞」の受賞者を発表

2017年5月24日、自動車技術会は第67回自動車技術会賞の受賞者を決定し発表した。自動車技術会賞は、1951年に自動車工学、自動車技術の向上発展を奨励することを目的として設けられ、自動車技術における多大な貢献・功績に対し授賞してい.. 続きを読む

映画「家族はつらいよ2」風吹ジュン演じる女将・かよの最新シーンSHOTを独占先行公開!

映画「家族はつらいよ2」風吹ジュン演じる女将・かよの最新シーンSHOTを独占先行公開!

映画「男はつらいよ」シリーズの山田洋次監督が同シリーズ終了後、約20年ぶりに生み出した喜劇映画の決定版「家族はつらいよ」(‘16年)の続編「家族はつらいよ2」(5月27日公開)の最新劇中カットがザテレビジョンにて独占先行公開! .. 続きを読む

高齢者だけでなく29歳以下も多い「踏み間違い事故」へのマツダの対応は?

高齢者だけでなく29歳以下も多い「踏み間違い事故」へのマツダの対応は?

高齢ドライバーによるブレーキとアクセルペダルの踏み間違い事故が連日報道されています。ブレーキを踏んでいるつもりがアクセルを踏み続けると重大事故につながる危険性があり、国も「安全運転サポート車」の普及・啓蒙に取り組んでいま.. 続きを読む

ペダル踏み間違い事故を防ぐ!オートバックスから電子制御の急発進防止装置が発売

ペダル踏み間違い事故を防ぐ!オートバックスから電子制御の急発進防止装置が発売

今もなお、後を絶たない「ペダルの踏み間違い」による加害事故。現在主流のAT車は、運転が「安楽化」していることから、その副作用として「うっかり」や「ボンヤリ」による事故が増える傾向にあるようです。ペダルの踏み間違い事故は年間.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。