高良健吾
1987年11月12日生まれ、熊本出身、テンカラット所属。2005年、ドラマ『ごくせん第2シリーズ』の不良生徒役で俳優デビュー。2006年の映画『ハリヨの夏』で映画デビュー。2008年の映画『蛇にピアス』で話題になり、その後2010年の映画『ソラニン』に出演。2010年の映画『おにいちゃんのハナビ』で映画初主演を務め、2011年の映画『白夜行』、同年の映画『軽蔑』、2013年の映画『横道世之介』、2013年の映画『千年の愉楽』、2015年の映画『悼む人』、同年の映画『きみはいい子』、2017年の映画『月と雷』、2019年の映画『アンダー・ユア・ベッド』などで主人公を演じている。2020年夏公開の映画『夏、至るころ』に出演予定。2016年のドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、2018年のドラマ『バイバイ、ブラックバード』、2019年のドラマ『モトカレマニア』などで主演を務める。2015年の大河ドラマ『 花燃ゆ』では高杉晋作役を演じた。2011年の連続テレビ小説『おひさま』、2016年の連続テレビ小説『べっぴんさん』に出演するなど、注目の俳優。

「高良健吾」に関するニュース検索結果(493件) - めるも

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ