青年座の最新情報

青年座 に関するニュース検索結果   51件

朴璐美が舞台『死と乙女』をプロデュース 「お客様には申し訳ないけど、ちょっと嫌な思いをして帰ってほしい」~出演者&演出家に聞く

朴璐美が舞台『死と乙女』をプロデュース 「お客様には申し訳ないけど、ちょっと嫌な思いをして帰ってほしい」~出演者&演出家に聞く

声優としても絶大な人気を誇る女優・朴璐美が劇団桟敷童子の東憲司を演出に迎えアリエル・ドーフマン作『死と乙女』に挑む。緊迫の三人芝居をともにつむぐのは青年座・山路和弘、文学座・石橋徹郎という実力派。独裁政権が崩壊し、新政府.. 続きを読む

東海地区で幅広く活躍する演出家・振付家、ほりみかの関連団体による合同公演『ネジ男』が名古屋で

東海地区で幅広く活躍する演出家・振付家、ほりみかの関連団体による合同公演『ネジ男』が名古屋で

ゴミを巡って浮かび上がる、人々の暮らしや過去。またその裏に潜む想いとは…? 愛知県小牧市や知立市、三重県四日市市の市民ミュージカルなど、これまで多くのミュージカル作品の振り付けや演出を手掛けてきた、ほりみか。彼女が代表を.. 続きを読む

関根勤、「孫に2日会えないとおかしくなる」禁断症状明かす

関根勤、「孫に2日会えないとおかしくなる」禁断症状明かす

関根勤、ANZEN漫才(みやぞん、あらぽん)、野原しんのすけが、21日に都内で開催された『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』の公開アフレコに出席した。関根は物語に絡めて禁断症状を聞かれると「孫に2日会え.. 続きを読む

青年座劇場最終公演『砂塵のニケ』の演出家・宮田慶子「未来に向かって、勇気を持って砂塵にでも向かっていく気で一区切りつける」

青年座劇場最終公演『砂塵のニケ』の演出家・宮田慶子「未来に向かって、勇気を持って砂塵にでも向かっていく気で一区切りつける」

常に新しい創造の場であり続けた代々木八幡の劇団青年座「青年座劇場」が、この3月で観客を入れて公演を行う場としての歴史に幕を降ろすことになった(稽古場としての機能はしばらく継続)。劇団の稽古、作品創作、結婚式にたくさんのお.. 続きを読む

ラッパ屋『父の黒歴史』鈴木聡(脚本・演出)×松村武(主演)「人情話にくるんで何か実験的なことこっそりやっている」(鈴木)「この作品も前衛です」(松村)

ラッパ屋『父の黒歴史』鈴木聡(脚本・演出)×松村武(主演)「人情話にくるんで何か実験的なことこっそりやっている」(鈴木)「この作品も前衛です」(松村)

年が明けたばかりで恐縮だが、来年2019年には旗揚げ35年を迎える劇団ラッパ屋。すごいなあ、と思う。現代的な人情喜劇で多くの観客を楽しませてきた。その新作が1月20日に開幕した『父の黒歴史』(脚本・演出:鈴木聡。1月28日まで紀伊國.. 続きを読む

高畑裕太の現在の容姿や職業が判明、想像の斜め上だった! 芸能界復帰を画策するも“ママ離れ”はまだまだ先か!?

高畑裕太の現在の容姿や職業が判明、想像の斜め上だった! 芸能界復帰を画策するも“ママ離れ”はまだまだ先か!?

“ママ離れ”次第か――。2016年8月に強姦致傷容疑(不起訴)で逮捕された高畑裕太の近影を16日発売の写真週刊誌「フラッシュ」(光文社)がキャッチした。そこには当サイト既報通り、伸びた髪を後ろで束ねたヒゲ面“仙人顔”の高畑の姿が……。.. 続きを読む

ブラジルの衝撃作『アスファルト・キス』を日本初演 英国の演出家フランコ・フィギュレドが語る世界

ブラジルの衝撃作『アスファルト・キス』を日本初演 英国の演出家フランコ・フィギュレドが語る世界

イギリスの劇団ストーン・クラブズの芸術監督で演出家、フランコ・フィギュレドが、劇団ワンツーワークスの古城十忍と共同演出で『アスファルト・キス』を日本初演する。『アスファルト・キス』はブラジル現代演劇の先駆者、ネルソン・ロ.. 続きを読む

演技は「学ぶ」ものなのか?~銀座九劇アカデミア「アドラー・スタジオ」ロン・バラス主任講師を囲む座談会レポート

演技は「学ぶ」ものなのか?~銀座九劇アカデミア「アドラー・スタジオ」ロン・バラス主任講師を囲む座談会レポート

■ 銀座九劇アカデミアという新たなる“場” 歌舞伎座を裏手にまわり、その周辺を歩いてみると、大都会のど真ん中とは思えないほどに静かな空間が広がっている。活版印刷のお店や老舗と呼ばれる和食の名店。表通りの派手な雰囲気とは一線を.. 続きを読む

風姿花伝プロデュース『THE BEAUTY QUEEN OF LEENANE』演出・小川絵梨子に聞く「マクドナーは殺伐さとブラックな笑いの要素とのバランスが絶妙」

風姿花伝プロデュース『THE BEAUTY QUEEN OF LEENANE』演出・小川絵梨子に聞く「マクドナーは殺伐さとブラックな笑いの要素とのバランスが絶妙」

新宿区中落合にある小劇場「シアター風姿花伝」で年に一度行われている劇場制作のプロデュース公演の評判がすこぶるいい。今年2017年は、英国の気鋭マーティン・マクドナーのデビュー作『THE BEAUTY QUEEN OF LEENANE』が12月10日から上.. 続きを読む

石原さとみ4年ぶりの舞台出演作品『密やかな結晶』、森本千絵アートディレクションによるビジュアルが完成

石原さとみ4年ぶりの舞台出演作品『密やかな結晶』、森本千絵アートディレクションによるビジュアルが完成

石原さとみ、村上虹郎、鈴木浩介が複雑に絡み合う、不可思議さ美しさ恐ろしさを表現したビジュアル 石原さとみが2018年2月2日(金)~25日(日)、東京芸術劇場プレイハウス『密やかな結晶』に4年ぶり舞台出演する。本作は芥川賞作家、 .. 続きを読む

連ドラ出ずっぱりの鈴木浩介、下積み時代は「心が折れそうになった」

連ドラ出ずっぱりの鈴木浩介、下積み時代は「心が折れそうになった」

11月17日放送の「アナザースカイ」(日本テレビ系)に俳優の鈴木浩介がゲスト出演。今でこそドラマに引っ張りだこの鈴木が、苦労していた時代を振り返った。大学を休学して劇団青年座研究所に入所し、役者の道を歩み始めた鈴木。その後、ド.. 続きを読む

『斜交~昭和40年のクロスロード』主演・近藤芳正、脚本・古川健が語る

『斜交~昭和40年のクロスロード』主演・近藤芳正、脚本・古川健が語る

茨城県に所縁のある人物や題材を取り上げ、創作を行って来た水戸芸術館ACM劇場。その新作は土浦市出身の刑事・平塚八兵衛をモデルに描かれた『斜交~昭和40年のクロスロード』だ。戦後復興の象徴となる東京オリンピックの狂騒の中、昭和3.. 続きを読む

TBS
長田育恵インタビュー~てがみ座新作『風紋』「私にできるのは宮沢賢治からのバトンを受け取って、伝えていくこと」

長田育恵インタビュー~てがみ座新作『風紋』「私にできるのは宮沢賢治からのバトンを受け取って、伝えていくこと」

“評伝劇”といえば、樋口一葉、太宰治、河竹黙阿彌などなどを描いた故・井上ひさしが筆頭に挙がるだろうが、日本劇作家協会戯曲セミナー研修課を受け、その井上に個人研修生として師事したのが、てがみ座を主宰する長田育恵。後を継ぐよう.. 続きを読む

日本初の近代演劇女優・松井須磨子100回忌記念「松代町オリジナル年賀はがき」申込み受付け中

日本初の近代演劇女優・松井須磨子100回忌記念「松代町オリジナル年賀はがき」申込み受付け中

なんだかんだ、2017年も残すところ、あと2カ月になってしまった。僕はやり残したことばかり。皆さんはいかがですか?今の演劇ファンは松井須磨子をごぞんじだろうか。日本初の近代演劇女優と言われる存在だ。日本の演劇は歌舞伎に始まる.. 続きを読む

一家の父に大事件発生?!青年座『真っ赤なUFO』は人情溢れる家族コメディ

一家の父に大事件発生?!青年座『真っ赤なUFO』は人情溢れる家族コメディ

劇団青年座『真っ赤なUFO』が、2017年9月29日(金)から10月8日(日)まで東京・青年座劇場にて上演される。脚本は太田善也、演出は黒岩亮。二人は、これまでに青年座公演『つちのこ』、朋友公演『ら・ら・ら』でもタッグを組んでいる。.. 続きを読む

加藤健一事務所公演『喝采』~ 俳優・加藤健一と演出家・松本祐子に聞く

加藤健一事務所公演『喝采』~ 俳優・加藤健一と演出家・松本祐子に聞く

ジョージ・シートン監督作品『喝采』(原題は The Country Girl、1954年)は、劇作家クリフォード・オデッツが書いた舞台劇を映画化したものだ。主演の舞台俳優役はビング・クロスビー、その妻役はグレイス・ケリー、演出家役はウィリア.. 続きを読む

「中嶋しゅうさんは、シアター風姿花伝が認知されるのをすごく喜んでくれた」支配人・那須佐代子

「中嶋しゅうさんは、シアター風姿花伝が認知されるのをすごく喜んでくれた」支配人・那須佐代子

東京・新宿区中落合に「シアター風姿花伝」という小劇場がある。そこで年に一度行われている劇場のプロデュース公演の評判がすこぶるいい。公演の背景を知りたくて、女優で支配人の那須佐代子と企画に携わっている俳優・中嶋しゅうに話を.. 続きを読む

高畑裕太が年内復帰か? 高畑淳子の執念の画策と、事件に対する“本音”とは?

高畑裕太が年内復帰か? 高畑淳子の執念の画策と、事件に対する“本音”とは?

高畑裕太が強姦致傷容疑(不起訴)で逮捕されてから8月で1年。母親の高畑淳子が報道陣の前で口を開き、息子を巡る報道に文句を付けた。相変わらず親バカぶりを発揮している淳子は、いよいよ愛する息子の再起に向けて、動き出しているとい.. 続きを読む

高畑淳子に”裕太の復帰画策”で親バカ批判?二世タレントの裏事情

高畑淳子に”裕太の復帰画策”で親バカ批判?二世タレントの裏事情

“オトナの土ドラ”枠として6月3日よりスタートしたドラマ『屋根裏の恋人』(フジテレビ系)での、高畑淳子(62)の役どころが話題を集めている。石田ひかり(45)演じる主人公の夫の実家に元カレが潜んでいるという、昼ドラらしいドロドロ.. 続きを読む

強姦致傷容疑で逮捕から10カ月、高畑裕太は“引きこもり生活”ではなかった!?「インドに旅行にも……」

強姦致傷容疑で逮捕から10カ月、高畑裕太は“引きこもり生活”ではなかった!?「インドに旅行にも……」

「一部では、例の事件以降は自宅で引きこもってゲームばかりやっているという報道もありましたが、そんなことはないようですよ。けっこう外出もしているみたいですし、この前はインドに旅行へ行っていたようです」(芸能事務所関係者)昨.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。