霊柩車の最新情報

霊柩車 に関するニュース検索結果   44件

棺桶に入ってプロムに登場した女子高生「葬儀屋になるのが夢」(米)<動画あり>

棺桶に入ってプロムに登場した女子高生「葬儀屋になるのが夢」(米)<動画あり>

高校生活最後の思い出となるプロムは、参加する生徒一人一人の思い入れも強いものだろう。このほど米ジョージア州のある高校で行われた4月のプロムに、一風変わった演出で登場した女子高生が全米で話題になった。『Inside Edition』など.. 続きを読む

ソウル・フラワー・ユニオン、結成25周年記念として初期アルバム5枚を再発決定

ソウル・フラワー・ユニオン、結成25周年記念として初期アルバム5枚を再発決定

2018年で25周年を迎えるソウル・フラワー・ユニオンが、1993~1999年のキューン・ソニー期に残したオリジナルアルバム5枚を6月27日(水)に再発売することがわかった。これらのアルバムは通販限定のボックスセット『SOUL FLOWER BOX 1993.. 続きを読む

親が死んだらいくらかかる?驚きの葬儀・全費用はこうなってる

親が死んだらいくらかかる?驚きの葬儀・全費用はこうなってる

いつやってくるかわからない「親の死」。「お葬式はお金がかかる」とはよく聞きますが、何にいくらかかるのか具体的なことはよくわからないものですよね。そこで、年初に父が他界し、ワケのわからないまま葬儀をあげた経験から、親が死ん.. 続きを読む

霊柩車から遺体袋が路上に飛び出す(ニュージーランド)<動画あり>

霊柩車から遺体袋が路上に飛び出す(ニュージーランド)<動画あり>

何気なくドライブしている最中に目の前の路上に遺体らしきものが現れたら、ほとんどの人が背筋の凍る思いをすることだろう。このほどニュージーランドで走行中の霊柩車から遺体袋を載せたストレッチャーが路上に飛び出し、現場を騒然とさ.. 続きを読む

【カージャケNo.077】ヘヴィーメタルを発祥させたバンドらしいライブ盤 On Your Feet Or On Your Knees  BLUE OYSTER CULT [ブルー・オイスター・カルト]1975

【カージャケNo.077】ヘヴィーメタルを発祥させたバンドらしいライブ盤 On Your Feet Or On Your Knees BLUE OYSTER CULT [ブルー・オイスター・カルト]1975

ヘヴィーメタルの始祖とも言われるニューヨーク出身のロック・バンド。結成は67年と古く、ヒット・シングルこそ少ないものの、名盤と謳われるこのライヴ盤をはじめ、アルバムとステージでその真価を発揮してきた。それにしても不吉なジャ.. 続きを読む

宮型霊柩車が減少した二つの理由

宮型霊柩車が減少した二つの理由

「親指を隠しなさい」と言われながら、最後に霊柩車を見かけたのはいつのことだろうか。特に黒塗りの車体の上に金色の煌びやかな屋根が取り付けられた宮型霊柩車は、その非日常的な外観と相まって筆者の記憶にも色濃く残っている。しかし.. 続きを読む

7メートルストレッチのロングボディ。光岡自動車が輸入霊柩車の「リンカーンMKTセンターストレッチリムジン」を発売

7メートルストレッチのロングボディ。光岡自動車が輸入霊柩車の「リンカーンMKTセンターストレッチリムジン」を発売

2017年8月23日、光岡自動車から輸入霊柩車の「リンカーンMKTセンターストレッチリムジン」が発売されました。同モデルは、アメリカのカリフォルニア州オンタリオにある「Quality Coachworks(クオリティコーチワークス社)」が手がけた霊.. 続きを読む

光岡自動車がアルファード/ヴェルファイアをベースとした寝台霊柩車「フュージョン」発売

光岡自動車がアルファード/ヴェルファイアをベースとした寝台霊柩車「フュージョン」発売

おそらく一度は誰もがお世話になる(!?)霊柩車。海外ではロールスロイスの霊柩車もあり、地域や時代により装飾が異なるなど、お国や地域によってニーズが異なります。最近の日本では少子高齢化によって支出を抑えた家族葬など、葬儀形態.. 続きを読む

物流会社の運転手が、こっそり副業!? 中国版「Uber」で配車依頼したら救急車が登場!

物流会社の運転手が、こっそり副業!? 中国版「Uber」で配車依頼したら救急車が登場!

米アップルやソフトバンクグループも出資する、中国版Uberの配車アプリ最大手「滴滴出行」は、利用した女性がドライバーに殺害されるなどトラブルも少なくないが、先日は、浙江省杭州市で珍事が起きた。「澎湃新聞」(8月8日付)によると.. 続きを読む

夏はやっぱり怪談の季節! 江戸から現代の怪談について、小説家・高原英理さんに聞いてみた

夏はやっぱり怪談の季節! 江戸から現代の怪談について、小説家・高原英理さんに聞いてみた

夏はやっぱり怪談の季節!最近、どんどん暑くなってきましたね。もうすぐ夏本番、という気温で、クーラーが欠かせない毎日です。そんな夏の定番と言えば、やっぱり怪談! 夏の夜にみんなで集まって怖い話をした、なんて経験、ありますよ.. 続きを読む

「やすらぎの郷」第15週「夫婦はどちらが先に逝くべきか」中島みゆきの大合唱に涙を振り絞られる

「やすらぎの郷」第15週「夫婦はどちらが先に逝くべきか」中島みゆきの大合唱に涙を振り絞られる

これまで、脚本家の菊村栄(石坂浩二)と、かつてスターだった老女優たちを中心に展開してきた『やすらぎの郷』(テレビ朝日・月~金曜12:30~)だったが、「長年テレビの現場を裏から支えてきた無名の人たちも、やすらぎの郷にはいっぱ.. 続きを読む

ジム・キャリー 自殺した恋人の葬儀費用を全く払わなかったワケ

ジム・キャリー 自殺した恋人の葬儀費用を全く払わなかったワケ

数年間、アイルランド出身のキャスリオーナ・ホワイトさん(Cathriona White)と交際していた俳優ジム・キャリー。しかしホワイトさんはジムとの破局に疲れ果て、2015年にジムが偽名で入手していた薬を過剰に摂取し死亡した。ジムはその.. 続きを読む

葬儀社の車に社名がない 理由を聞いて「そんなことされてたの?」と悲しくなる

葬儀社の車に社名がない 理由を聞いて「そんなことされてたの?」と悲しくなる

年齢を重ねるほど、永遠の別れを何度も経験するようになります。お通夜や告別式に参加するだけでなく、遺族として式の手配をする側になることもあるかもしれません。亡くなってから数日で葬儀を執り行わなければならないため、混乱し、気.. 続きを読む

医学発展のために自らの遺体を…と思って献体を希望しても幾つか制約がある

医学発展のために自らの遺体を…と思って献体を希望しても幾つか制約がある

医学の発展は、人類の発展と言っても過言ではないかもしれない。では、医学の発展に貢献したものには一体何があるのだろうか。その内の一つに挙げられるものは、献体であろう。「教えて!goo」では「献体の場合の葬儀について」と題して.. 続きを読む

霊柩車を盗んだカップル、遺体を路上に捨てる(米)

霊柩車を盗んだカップル、遺体を路上に捨てる(米)

いったいどんな目的があったのだろうか。遺体を乗せた霊柩車をカップルが盗み、逮捕されるという事件がアメリカから飛び込んで来た。米『ABC News』や『KRON4』などが伝えたところによると5月19日、テキサス州ブラゾス郡ブライアンでカッ.. 続きを読む

世界初? インドで牛専用の救急車デビュー! いっぽう、牛の崇拝が強まる影で起きる問題とは

世界初? インドで牛専用の救急車デビュー! いっぽう、牛の崇拝が強まる影で起きる問題とは

立派な救急車です。サイレンだって鳴ります。でも家畜専用です。インド北部のウッタル・プラデーシュ州で、おそらく世界初と思われる家畜専用の救急車が始動したそうです。World Social Issues / YouTubeThe Telegraphによれば、ウッタル.. 続きを読む

伊野尾慧、岡田将生にも愛されまくる藤原竜也の男子力

伊野尾慧、岡田将生にも愛されまくる藤原竜也の男子力

皆さん、ごきげんよう。アツこと、秘密のアツコちゃんです!今クールのドラマで早くから注目度の高かった藤原竜也さん主演の『リバース』(TBS系)は見たかしら? 原作は“イヤミス(=読んで嫌な気分になるミステリー)の女王”こと湊か.. 続きを読む

「夜に爪を切ってはいけない」言い伝えに込められた家族の愛情とは

「夜に爪を切ってはいけない」言い伝えに込められた家族の愛情とは

日本には、昔から伝わる「言い伝え」や「迷信」が多い。なかでも「夜に爪を切ってはいけない」と家族から聞かされたことはないだろうか。爪は定期的に切れよ、夜に切んなよ、親の死に目に会えなくなるぞ— 停止 (@gamigami_teach) March 2.. 続きを読む

『SHERLOCK』シーズン4にて終了の噂が絶えないのはあの二人の不仲のせい?!

『SHERLOCK』シーズン4にて終了の噂が絶えないのはあの二人の不仲のせい?!

英BBCの大人気ミステリー『SHERLOCK/シャーロック』はかねてからシーズン4での終了が噂されていたが、そのきっかけはドラマを引っ張るあの俳優たちの不仲が原因だと英METROなどが伝えている。劇中では親友同士であるシャーロック・ホー.. 続きを読む

ポールダンサー総勢50名が出棺パレード!? 台湾地方議員の葬式がエロすぎる!!

ポールダンサー総勢50名が出棺パレード!? 台湾地方議員の葬式がエロすぎる!!

「堅苦しい」「暗い」そんなイメージを吹き飛ばす葬儀が台湾で行われ、話題となっている。昨年12月、台湾南部の嘉義県で県議会の前議長である董象氏(享年76)が亡くなった。董象氏は、地方政治で数十年にわたり活躍した人物で、人脈も広.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。