雪道の最新情報

雪道 に関するニュース検索結果   748件

東出昌大&新田真剣佑のカーアクション映画「OVER DRIVE-オーバードライブ-」6月公開決定

東出昌大&新田真剣佑のカーアクション映画「OVER DRIVE-オーバードライブ-」6月公開決定

主に公道で競う自動車競技のラリーを舞台にした映画「OVER DRIVE-オーバードライブ-」の公開が決定した。6月1日公開の映画「OVER DRIVE-オーバードライブ-」は、東出昌大と新田真剣佑が出演し、「海猿」や「MOZU」で知られる羽住英一郎が.. 続きを読む

旭山動物園・色・形・出し方などウンチを知れば動物が見えてくる!?

旭山動物園・色・形・出し方などウンチを知れば動物が見えてくる!?

日本最北の動物園・旭山動物園。冬になると、もちろん園内には雪が降り積もります。雪道に慣れていない方にはちょっと歩きづらいかも知れませんが、「ペンギンの散歩」など雪があるからこそ出来るガイドや展示もいろいろ。そして、実はこ.. 続きを読む

獣医師が教える!冬の犬の足には危険がいっぱい!雪国犬の約4割が足トラブルを経験

獣医師が教える!冬の犬の足には危険がいっぱい!雪国犬の約4割が足トラブルを経験

今年の冬は記録的な豪雪と大寒波が日本を襲っています。寒さは、人間のみならずペットのワンちゃんにも影響があるようです。獣医学研究者などの専門家と共に、生活の質を上げる商品や情報を発信している犬の靴・靴下専門ECサイト「docdog.. 続きを読む

雪でも車は走り、家の中は暖かく、水道管は凍らない。北国の暮らしは「寒冷地仕様」!!

雪でも車は走り、家の中は暖かく、水道管は凍らない。北国の暮らしは「寒冷地仕様」!!

今年の冬は東京でも雪が積もり、坂を上れない車や、転ぶ人々、凍る水道管などなど、雪で混乱する都会の様子が連日ニュースで流れていました。そのたびに北国に住む人々は、雪に慣れていない人たちの様子を不思議そうに見ている、という構.. 続きを読む

【三菱・エクリプスクロス雪上試乗】ドライバーがコントロールする楽しさを残したセッティングでファンな走りを実現

【三菱・エクリプスクロス雪上試乗】ドライバーがコントロールする楽しさを残したセッティングでファンな走りを実現

RVRとアウトランダーの中間にポジショニングされた三菱自動車の新型エクリプスクロスを、北海道、新千歳空港近くのクローズドコースの圧雪路で試乗しました。エクリプスクロスを発進させた瞬間に感じるのは「おっ、軽いねー」です。4WDモ.. 続きを読む

南極最高峰「ヴィンソン・マシフ」登頂に成功 イモトアヤコとイッテQ登山部の偉業に感動

南極最高峰「ヴィンソン・マシフ」登頂に成功 イモトアヤコとイッテQ登山部の偉業に感動

(画像はInstagramのスクリーンショット)18日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で、イモトアヤコ率いる「イッテQ! 登山部」が、南極最高峰の山、ヴィンソン・マシフの登頂に成功。その偉業に感動の声が集まっている。.. 続きを読む

大事なときに限ってまさか…!急ぎたいときに覚えておきたい雪の日の心得

大事なときに限ってまさか…!急ぎたいときに覚えておきたい雪の日の心得

今冬、関東ではめずらしく記録的な積雪を記録したが、それもつかの間、明日明後日にも再び首都圏に雪が降るという。大事な打ち合わせや約束がある人にとっては、天気予報が外れてくれることを祈るばかりだが、もしも雪が降ってしまったら.. 続きを読む

“女優”北原里英、主演作で罵声!「途中から楽しく気持ち良くなっていました」

“女優”北原里英、主演作で罵声!「途中から楽しく気持ち良くなっていました」

NGT48・北原里英が拉致・監禁されることから始まる、衝撃のジェットコースタームービー「サニー/32」が2月17日に全国公開。初日舞台あいさつに北原、ピエール瀧、リリー・フランキー、門脇麦、白石和彌監督が登壇し、本作の撮影エピソー.. 続きを読む

北原里英、2018年もっともヤバい衝撃作で覚醒した”女優魂”

北原里英、2018年もっともヤバい衝撃作で覚醒した”女優魂”

現役国民的アイドル・北原里英をピエール瀧とリリー・フランキーの“凶悪”コンビが拉致・監禁することから始まる予測不能のジェットコースタームービー「サニー/32」。この日、行われた公開初日舞台挨拶にNGT48からの卒業を発表し、本作.. 続きを読む

ウン十年ぶりの東京大寒波と愛犬「チョビ」の四足駆動から考えさせられた『頼れる車』の必要性

ウン十年ぶりの東京大寒波と愛犬「チョビ」の四足駆動から考えさせられた『頼れる車』の必要性

▲いざというときに頼りになるのは“犬”のような車? 予報どおり? それとも想定外?甘く考えていたせいで危なくスタックするところだった2018年1月22日、大寒波の影響で都内を大混乱させるほどの大雪が降った。そして、あっという間に東京.. 続きを読む

【試乗】SUBARU AWDで雪国の「普通の道」を走る。XV 2.0-S EyeSight編

【試乗】SUBARU AWDで雪国の「普通の道」を走る。XV 2.0-S EyeSight編

お昼の後は、XVに乗り換えます。グレードは2.0-S EyeSightで、ボディカラーはピュアレッド。雪の中では真っ赤なボディがインスタ映えしそうです。今度は十和田湖畔で撮ろう、というカメラマンのリクエストが再び。ちょうどいい駐車場のよ.. 続きを読む

【試乗】SUBARU AWDで雪国の「普通の道」を走る。インプレッサSPORT 2.0-S EyeSight編

【試乗】SUBARU AWDで雪国の「普通の道」を走る。インプレッサSPORT 2.0-S EyeSight編

内輪の話みたいで恐縮ですが、冬の時期になると雪上あるいは氷上での試乗会が多数開催されます。けれど、その多くはテストコースやサーキット、あるいは凍った湖の上など、かなり限定された場所、環境で「当社自慢の製品を試してください.. 続きを読む

【スバル・インプレッサ雪道試乗】学級委員みたいな優等生なのに、運動会でも活躍しちゃうタイプ!?

【スバル・インプレッサ雪道試乗】学級委員みたいな優等生なのに、運動会でも活躍しちゃうタイプ!?

セダンや5ドアハッチバック、ワゴンなどはどうしても地味な存在になりがちです。とくに国産車の場合は、まるでマンガに出てくる学級委員みたいにまじめな雰囲気を持っています。スバルのインプレッサもそんな学級委員的なクルマの代表格.. 続きを読む

【スバル・インプレッサ雪道試乗】氷上の「羊の皮を被った狼」。その実力が冬の東北で花開く

【スバル・インプレッサ雪道試乗】氷上の「羊の皮を被った狼」。その実力が冬の東北で花開く

スバルのベーシックセダンであるインプレッサは、スポーツモデルのWRX系が独立したことも手伝って、どうしても地味な存在になりがちです。そんな地味なインプレッサですが、雪道を走らせるとスバル車のウリであるAWDの助けもあり、かなり.. 続きを読む

【スバル・XV雪道試乗】雪道での余裕を生む200mmの地上高とXモード

【スバル・XV雪道試乗】雪道での余裕を生む200mmの地上高とXモード

インプレッサと共通のプラットフォームを採用するスバルXVの雪道試乗を十和田湖から盛岡までの雪道で行いました。東北の雪道は除雪さえされていれば、路面はフラットでさほどクロスカントリー4WD的な性能を必要ありません。スポーツカー.. 続きを読む

過酷な条件下ほど「笑顔になれる」SUBARU車の驚異的なパフォーマンスとは?

過酷な条件下ほど「笑顔になれる」SUBARU車の驚異的なパフォーマンスとは?

昨年の4月1日に富士重工業株式会社から株式会社SUBARUへと社名を変更したスバル。「モノをつくる会社から笑顔をつくる会社へ」をキャッチフレーズに掲げましたが、具体的にどのように笑顔を作り出すのか?その答えの一つが1月に開催され.. 続きを読む

【スバル・XV雪道試乗】SUVのスタイリングは伊達じゃない。雪道で発揮されるその実力

【スバル・XV雪道試乗】SUVのスタイリングは伊達じゃない。雪道で発揮されるその実力

現行XVは、初代となる2010年に登場したインプレッサXVから数えて3代目に当たるモデルで、現行インプレッサと同じくスバル・グローバル・プラットフォームと呼ばれる最新のプラットフォームを用いています。スバル車はAWDの設定が多いモデ.. 続きを読む

おそらく震災後初、スバルが東北地方でメディア試乗会を開催

おそらく震災後初、スバルが東北地方でメディア試乗会を開催

2011年3月11日に発生した東日本大震災は、東北地方に甚大な被害を及ぼしました。今も福島第一原発は収拾がつかない状況が続いているのは周知のとおりです。東北の復興についてはさまざまなアプローチが行われていますが、なによりも大切.. 続きを読む

ニッサン・リーフ試乗記 雪道での曲がりやすさ、コーナリングの正確さはガソリン車の比ではない

ニッサン・リーフ試乗記 雪道での曲がりやすさ、コーナリングの正確さはガソリン車の比ではない

■新型リーフ テクノロジー詳細解説と魅力探訪 Vol.1この時期、毎年恒例となっている長野県・女神湖で開催される日産の氷上・雪上試乗会。今年の試乗車両にEV(電気自動車)の日産リーフが用意されていた。気温の低い地域でバッテリーの心.. 続きを読む

ロールス・ロイスの新しいハイ・ボディ・ビークルのモデル名が「ロールス・ロイス カリナン」に決定

ロールス・ロイスの新しいハイ・ボディ・ビークルのモデル名が「ロールス・ロイス カリナン」に決定

2015年、ロールス・ロイスは英フィナンシャル・タイムズ掲載の公開書簡において、豪華な旅という概念を塗り替え、どこへでも快適にでかけることのできる、まったく新しいハイ・ボディ・ビークルを作ると発表。そして2月13日、ロールス・.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。