銃社会の最新情報

銃社会 に関するニュース検索結果   115件

多くの国では公開の場で罵倒すると報復されてもおかしくない!? 「銃社会だったなら殺されている」「怒る人に甘えがある」

多くの国では公開の場で罵倒すると報復されてもおかしくない!? 「銃社会だったなら殺されている」「怒る人に甘えがある」

コンビニや飲食店、電車の車内などで、年配の人が罵倒している光景に出くわすことがありますが、『イスラーム国の衝撃』(文春新書)などで知られる池内恵東京大学先端科学技術研究センター准教授(@chutoislam)が「人様を公開の場で侮.. 続きを読む

13歳兄、祖父宅から盗んだ拳銃で11歳弟を射殺(米)

13歳兄、祖父宅から盗んだ拳銃で11歳弟を射殺(米)

このところ「世も末の銃社会」といいたくなる事件がやけに続いているアメリカ。このたびの話題はオハイオ州のストリーツボロから伝えられた。13歳の少年が祖父から奪った銃で11歳の弟を射殺したもので、動機はいまひとつ判明していない。.. 続きを読む

少年少女5名、銃を手に映画館で「手を挙げろ!」 世も末の銃社会アメリカ

少年少女5名、銃を手に映画館で「手を挙げろ!」 世も末の銃社会アメリカ

映画やドラマ、事件のニュース、そしてゲーム。アメリカの子供たちは銃撃シーンを普段からあまりにも見慣れてしまっているのだろう。「ちょっとキワドイこと」といって彼らが連想するモノは銃やドラッグ。日本の治安の良さには改めて感謝.. 続きを読む

楽しいファミリーBBQが一転、口論激化で舅が婿を射殺 世も末の銃社会アメリカ

楽しいファミリーBBQが一転、口論激化で舅が婿を射殺 世も末の銃社会アメリカ

屋外でのバーベキューがますます盛んになるこれからのシーズン、仲間や家族が集まっておおいに盛り上がることであろう。あくまでも“楽しく仲良く”やってほしいものだが、一般人が銃を持たない日本はやはり安全で、口論が起きたところで一.. 続きを読む

乱射事件が起きてるのになぜ? 米で銃規制反対の“ホントの理由”

乱射事件が起きてるのになぜ? 米で銃規制反対の“ホントの理由”

19歳の少年により、17人の高校生・教職員の命が奪われた、アメリカ・フロリダ州パークランドの銃乱射事件。同州の高校生は、デモなど、銃規制を求める抗議運動を行いましたが、これに対して猛烈な反論があり、インターネット上でのいじめ.. 続きを読む

アメリカのワシントンで銃規制に対して声を上げる民衆の規模がすごい。

アメリカのワシントンで銃規制に対して声を上げる民衆の規模がすごい。

日本は海外に比べ比較的、民衆によるストライキやデモ、権力に対する主張が少ない国だとされている。 報道がされていないものが多いのか気力がないのかは定かではないが。 こちらの動画では近年アメリカを騒がせている銃関連の事件を受け.. 続きを読む

6歳娘に銃を購入した父親「もし学校で襲われても、娘は自分の身を守れる」(米)

6歳娘に銃を購入した父親「もし学校で襲われても、娘は自分の身を守れる」(米)

銃社会アメリカでは、些細なことでの発砲や銃撃戦など銃による事件があとを絶たない。そんな中、ニューハンプシャー州に住むある父親は6歳の娘に銃を買い与え、使い方を学ばせているという。『Metro』などが伝えた。ニューハンプシャー州.. 続きを読む

世界の若者1200人の「マイルーム」。その人生まで鮮烈に。

世界の若者1200人の「マイルーム」。その人生まで鮮烈に。

私は世界じゅうの若者のベッドルームを撮影した。55カ国、1,200人。この写真集には、その中から84名の部屋を掲載している。2018年3月16日に発売された写真集、『My Room 天井から覗く世界のリアル 』は、フォトグラファーのJohn Thackwra.. 続きを読む

毎日40人。「謎の伝染病」によって、アメリカ人が殺されている。

毎日40人。「謎の伝染病」によって、アメリカ人が殺されている。

今年2月14日のフロリダ州銃乱射事件は、多くの人に衝撃を与えました。そのため、「#ArmMeWith」というソーシャルムーブメントが起こり、今でもたくさんの人がアメリカの銃社会やNRA(全米ライフル協会)を批判しています。ここで改めて紹.. 続きを読む

ゲームのコントローラーめぐって口喧嘩に 9歳弟が13歳姉を射殺(米)

ゲームのコントローラーめぐって口喧嘩に 9歳弟が13歳姉を射殺(米)

銃社会アメリカで子供による射殺事件が発生した。9歳男児がビデオゲームのコントローラーをめぐって13歳の姉と口喧嘩になり、銃を発砲したのである。米メディア『Fox News』『WTVA.com』『New York Post』などが伝えた。きょうだい仲良く.. 続きを読む

フロリダ銃乱射も!? アメリカに中国製の銃が大量に流入していた

フロリダ銃乱射も!? アメリカに中国製の銃が大量に流入していた

2月15日に起こった米フロリダ州パークランドの高校での銃乱射事件では、生徒と教師の計17人が犠牲となり、アメリカ中を震撼させた。昨年10月にはラスベガスで50人もの死者を出した銃乱射事件も起こっており、銃規制を訴える米国民の声は.. 続きを読む

背中のマッサージを婚約者に拒否されブチギレた女、彼の飼い犬を射殺(米)

背中のマッサージを婚約者に拒否されブチギレた女、彼の飼い犬を射殺(米)

自分の思い通りに事が運ばないとすぐキレる人がいるが、このほど銃社会アメリカから取るに足らないことでブチギレた女が婚約者の飼い犬を射殺するという事件が飛び込んできた。『WLFA.com』『Fox News』『Metro』などが伝えている。フロ.. 続きを読む

ドーム型屋根の大型教会に男が発砲 「エイリアンを乗せたUFOかと思った」(米)

ドーム型屋根の大型教会に男が発砲 「エイリアンを乗せたUFOかと思った」(米)

凶悪犯が強盗などを働くために銃を使用、あるいは愛憎のもつれや怨恨が背景にある射殺事件などが頻繁に起き、さらには“世も末の銃社会”と苦笑せざるを得ない、あまりにも短絡的で浅はかな動機による発砲事件も絶えないアメリカ。このたび.. 続きを読む

彼女に「よく見ておけ。俺は怒るとクレイジーになる」26歳男が無差別発砲(米)

彼女に「よく見ておけ。俺は怒るとクレイジーになる」26歳男が無差別発砲(米)

「俺を怒らせるとどうなるのか、クレイジーなところを見せて彼女をビビらせたかった」―そんな呆れた理由で道行く人めがけて次々と拳銃のトリガーを引いた男。なんとも恐ろしい話題が米ルイジアナ州ニューオーリンズから飛び込んできた。.. 続きを読む

言うことを聞かない14歳娘に拳銃を渡した父「これで自殺してくれ」(米)

言うことを聞かない14歳娘に拳銃を渡した父「これで自殺してくれ」(米)

中学生の娘はそもそも親の言うことなど素直に聞かない―それを理解していなかった父親は、拳銃を手にすると娘にあることを迫った。“世も末の銃社会アメリカ”またしてもこのフレーズを使用したくなるニュースが米アリゾナ州から伝わってき.. 続きを読む

 「クウデタア」が一人の人間の内部で起きること------戦後文学者と少年テロリストたち/『クウデタア』原作者・大塚英志さんインタビュー(前半)

「クウデタア」が一人の人間の内部で起きること------戦後文学者と少年テロリストたち/『クウデタア』原作者・大塚英志さんインタビュー(前半)

まんが原作者・批評家である大塚英志さんの最新作、『クウデタア 完全版』が発売になりました。舞台は敗戦の開放感と新時代への不安が入り混じる60年安保の前夜、三島由紀夫、大江健三郎、石原慎太郎、江藤淳という戦後文学の担い手たち.. 続きを読む

ラスベガスの銃乱射事件を受け、YouTubeがポリシー変更&銃の改造に関する動画を削除…したはずなんだけど…

ラスベガスの銃乱射事件を受け、YouTubeがポリシー変更&銃の改造に関する動画を削除…したはずなんだけど…

Image: Arina P Habich/Shutterstock.com 銃社会が持つジレンマ。コンサート会場めがけて無差別に銃火器を乱射しまくり、489人の負傷者と58人の死者を出した「2017年ラスベガス・ストリップ銃乱射.. 続きを読む

  【ポコチェ】この秋に観たい!~Culture information~

【ポコチェ】この秋に観たい!~Culture information~

Cinema僕のワンダフル・ライフ(C)2017 Storyteller Distribution Co.,LLC and Walden Media,LLC愛犬を亡くした恋人のために書いた、W・ブルース・キャメロンのベストセラー小説「野良犬トビーの愛すべき転生」を名匠ラッセ・ハルストレ.. 続きを読む

徐々に緊張感が増していく… ラスベガス銃撃事件を間近で体感した人のツイート

徐々に緊張感が増していく… ラスベガス銃撃事件を間近で体感した人のツイート

先日世間を恐怖に陥れたラスベガス銃撃事件。50人以上の死者を出し、銃社会アメリカの危険性を再認識させられる事件となった。 同事件を間近で体感した、福住遊 (@pereou) さんのツイートをいくつかご覧いただきたい。   ラスベガス、マ.. 続きを読む

ラスベガス銃乱射事件で改めて注目を集める“弾規制”案 「ブッ殺してやる! 弾が買えた時にな」

ラスベガス銃乱射事件で改めて注目を集める“弾規制”案 「ブッ殺してやる! 弾が買えた時にな」

10月1日(現地時間)の夜に発生し、50人以上が死亡、数百人が負傷したラスベガスの銃乱射事件。レディー・ガガが国会議員に対して「迅速な対応を」と呼びかけたり、アリアナ・グランデが「テロリズムだ」と非難するなど、各所で厳しい銃.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。