金融資産の最新情報

金融資産 に関するニュース検索結果   86件

仮想通貨バブルは終わらない!?「ビットコインはまだ伸びる」と識者たちが断言する理由

仮想通貨バブルは終わらない!?「ビットコインはまだ伸びる」と識者たちが断言する理由

右肩上がりに成長した昨年から一転、不穏な動きを見せるビットコイン市場。コインチェックショックから下げ局面はとどまるところを知らず、ついに100万円を切り、「仮想通貨バブルは終わった」という声が続出。久々に盛り上がりを見せた.. 続きを読む

急増する「生活苦老人」へ転落しないために、これだけは知っておくべき情報リスト

急増する「生活苦老人」へ転落しないために、これだけは知っておくべき情報リスト

今後、65歳を迎えて「NINJA」になる人が急増するといわれています。ここでいうNINJAとは「忍者」のことではなく、「No Income, No Job or Asset」、つまり収入も仕事も資産もないことを意味します。年金支給開始年齢も70歳引き上げ説が出.. 続きを読む

“格付け王”GACKTの仮想通貨事業が単なる集金ビジネスであることが判明!? 「周辺では不審な出来事も…」やっぱり怪しさ満点

“格付け王”GACKTの仮想通貨事業が単なる集金ビジネスであることが判明!? 「周辺では不審な出来事も…」やっぱり怪しさ満点

元旦放送のテレビ朝日系「芸能時格付けチェック」で、個人連勝記録を「55」に伸ばしたミュージシャンのGACKT。幸先良いスタートを切ったように見えるが、“本業”の方は相変わらず苦戦続きだ。ここで言う“本業”とは、広義の意味でお金儲け.. 続きを読む

普通の収入の会社員でも「資産1億円」は可能! 億超えを果たした人の傾向を分析

普通の収入の会社員でも「資産1億円」は可能! 億超えを果たした人の傾向を分析

資産1億円なんて、どうせ他人事。あまりに数字が大きすぎて、多くの人は自分に縁遠いものと思うところだが、実際に資産1億円をつくった人々は果たしてどんな人なのか。その人物像を探るべく、週刊SPA!では、働きながら資産1億円を達成し.. 続きを読む

年収1000万円超でも「劣等感しかありません」 港区おじさんの憂鬱

年収1000万円超でも「劣等感しかありません」 港区おじさんの憂鬱

厚生労働省「平成28年賃金構造基本統計調査」から算出すると、40代会社員の年収上位10%は943万円以上。このゾーンにはどんな格差があるのか、覗いてみた。「大学の友人と比べたら、恵まれてると思います。ただ、僕のいる階層では劣等感.. 続きを読む

FP、宅建、賃貸不動産経営管理士。僕(20代男性)が資格を取った理由とメリット

FP、宅建、賃貸不動産経営管理士。僕(20代男性)が資格を取った理由とメリット

CORA / PIXTA(ピクスタ)日刊住まい読者のみなさんこんにちは、フリーライターのAwaiです。プロフィール欄にも記載している通り、私は不動産関係の資格を複数(宅地建物取引士、2級ファイナンシャルプランニング技能士、賃貸不動産経営管.. 続きを読む

お金は3ステップで考えよう。将来のために知っておきたい「資産形成」についての考え方

お金は3ステップで考えよう。将来のために知っておきたい「資産形成」についての考え方

いまや、男性の4人に1人(25.6%)、女性の2人に1人(49.9%)が90歳まで生きる時代。だからこそ、「長く生きること」を前提としてマネープランを立てる必要があると説くのは『貯金ゼロ・知識ゼロ・忍耐力ゼロからの とってもやさしいお金.. 続きを読む

お小遣いの設定額は?共働き夫婦が「別財布のまま貯める」3つのコツ

お小遣いの設定額は?共働き夫婦が「別財布のまま貯める」3つのコツ

source:http://www.shutterstock.com/七五三やクリスマス、忘年会など年末にかけてお金が出ていくイベントが目白押しです。“お小遣い制”にしているご夫婦は、財布がさみしくなってくるのが早くなりそう……。ところで、やはり気になるのが.. 続きを読む

山本太郎が街頭で叫ぶ!「この政治状況でも闘う方法はある!!」改憲翼賛体制にどう抗うのか?

山本太郎が街頭で叫ぶ!「この政治状況でも闘う方法はある!!」改憲翼賛体制にどう抗うのか?

今回の総選挙の結果によっては、改憲勢力が改憲に向けた動きをさらに本格化させてゆく可能性も高い。目の前の選挙はもちろん、その先の憲法をめぐる戦いに向けて、インタビュー前編で「今から、何人仲間を増やせるか」「正解は見つかって.. 続きを読む

政府と大企業に搾取される庶民…見てはいけない搾取の構図:43人に1人の富裕層の真実

政府と大企業に搾取される庶民…見てはいけない搾取の構図:43人に1人の富裕層の真実

●何も知らない庶民が損する社会構造野村総合研究所発表の日本の富裕層推計(2015年時点)によると、保有する純金融資産(不動産資産を除外)が5億円以上の世帯は7.3万、1億円以上~5億円未満の世帯は114.4万です。一世帯の平均構成人数が.. 続きを読む

前川喜平・前文科次官が安倍政権の愛国教育、親学を痛烈批判! 室井佑月に立候補を薦められた前川氏の答えは...

前川喜平・前文科次官が安倍政権の愛国教育、親学を痛烈批判! 室井佑月に立候補を薦められた前川氏の答えは...

前川喜平・前文科事務次官をゲストに迎えた室井佑月の連載対談「アベを倒したい」。前編では、加計問題の経緯、安倍政権のお友だち優遇政治と官僚支配のやり口を改めて振り返った後、「加計問題以外に官邸から圧力を受けて教育行政が歪め.. 続きを読む

深く考えず実家を相続→毎年多額税金地獄…売却も賃貸も活用もできず方策なし

深く考えず実家を相続→毎年多額税金地獄…売却も賃貸も活用もできず方策なし

少し前に、親から相続した土地と家屋について相談を受けました。この相談を通して、空き家問題だけではなく、土地も個人にとって負の財産となりかねない怖さを垣間見ました。相談に来られたのは、東京にお住いの30代後半のご夫婦で、相談.. 続きを読む

38度線を境に向かい合う「米国と中国」…崩れる朝鮮半島と極東の軍事的均衡

38度線を境に向かい合う「米国と中国」…崩れる朝鮮半島と極東の軍事的均衡

春先以降、世界の金融市場は歴史的な低水準にまで金融資産(株式、債券、外国為替レートなど)の価格変化率(ボラティリティー)が低下してきた。このなかで、多くの投資家は、株式を中心に期待リターンが高いと考えられる資産へ投資資金.. 続きを読む

アベノミクス円安、日本に多大な恩恵…正規雇用も賃金も増、家計の金融資産150兆円増

アベノミクス円安、日本に多大な恩恵…正規雇用も賃金も増、家計の金融資産150兆円増

●10円の円安で1.2兆円の実質所得増加今回は、円安による影響や対策について考えてみたい。まず、大胆な金融緩和に伴う円安により、輸入物価が上がり、家計に悪影響をもたらすとの批判がある。実際、過去10年間のドル円レートと消費デフレ.. 続きを読む

米国、バブル絶頂期に突入…来年一気に崩壊の懸念広がる

米国、バブル絶頂期に突入…来年一気に崩壊の懸念広がる

現在、世界経済は緩やかに回復している。これを支えている主な要因が、米国と中国の景気の安定だ。ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)に注目すると、米国、中国ともに短期間で景気が悪化するとは考えづらい。米国では労働市場を中心.. 続きを読む

年収1千万でもマンションを買えない時代…もう私たちは異常な高値での購入はやめよう

年収1千万でもマンションを買えない時代…もう私たちは異常な高値での購入はやめよう

会社員にとって「年収1000万円」というのは、ひとつの目標だ。年末に渡される源泉徴収票を見て、支給総額が初めて1000万円を超えていたときの感動はひとしおのはずだ。しかし、今の東京都心では年収1000万円でもまともな住まいを購入する.. 続きを読む

「90になって老後が心配?」 麻生財務相の発言が“正論すぎる”と話題

「90になって老後が心配?」 麻生財務相の発言が“正論すぎる”と話題

麻生太郎財務相は、2016年に北海道で行われた自民党の会合で高齢者に関する発言をした。 その発言の過激さから、度々批判されることも多い麻生財務相。 今回の会合で発言した内容は、以下の通りである。   麻生閣下テレビでは失言として.. 続きを読む

平均貯金額や結婚年齢、平均体重…「オトナ女性の平均値」を調べてみた!

平均貯金額や結婚年齢、平均体重…「オトナ女性の平均値」を調べてみた!

自分は自分、他人は他人……とは思っていても、やっぱり世間の平均が気になるというのが人間の欲望。OTONA SALONEでは、知って得するさまざまな「平均」を調べてみました!平均貯蓄額は1,209万円!なんとビックリ、日本人全体の金融資産保.. 続きを読む

米国中央銀行、極めて異例の行動へ…保有資産の削減計画公表、景気回復終焉の兆候か

米国中央銀行、極めて異例の行動へ…保有資産の削減計画公表、景気回復終焉の兆候か

FRB(米連邦準備制度理事会)が、バランスシートに計上してきた資産の縮小を進めようとしている。6月13日、14日に開催されたFOMC(連邦公開市場委員会)で、0.25ポイントの利上げに加え保、有資産の削減開始から1年間のバランスシート縮.. 続きを読む

結婚・出産タイミングで見直すべき「保険」の種類とポイント

結婚・出産タイミングで見直すべき「保険」の種類とポイント

出典:https://www.shutterstock.com結婚や出産。大切な家族が増えることはとても喜ばしいことですが、大黒柱の責任もそれだけ増えます。家族構成の変化に伴い、「さて、重い腰を上げて生命保険を見直さなきゃ!」と考える人もきっといる.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。