金正男の最新情報

金正男 に関するニュース検索結果   90件

文在寅政権、北朝鮮支援の市民団体に圧力か?「5日間だけでいいから飢えてみろと大統領に言いたい」

文在寅政権、北朝鮮支援の市民団体に圧力か?「5日間だけでいいから飢えてみろと大統領に言いたい」

4月27日の南北首脳会談以降、融和ムードが一気に広がる韓国。一方、未だ厳しい生活を送る北朝鮮市民に支援の手を差し伸べようとしてきたNGOに対し、韓国政府からは不可解な圧力がかかっているという。AbemaTV『 AbemaPrime 』では、横田.. 続きを読む

本性を全暴露「金正恩の愚かなる素顔」(2)家老幹部の言葉に傷ついた

本性を全暴露「金正恩の愚かなる素顔」(2)家老幹部の言葉に傷ついた

──金正恩は、2011年12月に父・正日が急死したあと、十分な帝王学を身につけないまま20代の若さで最高指導者として君臨することになった。正日が20年をかけて最高指導者の肩書を付けたのとは対照的だ。──私の手元には、金正恩が権力を継承.. 続きを読む

報道では見えない、北朝鮮の日常を写した写真集『隣人、それから。38度線の北』 特別写真展も開催

報道では見えない、北朝鮮の日常を写した写真集『隣人、それから。38度線の北』 特別写真展も開催

写真家・初沢亜利氏による最新写真集『隣人、 それから。 38度線の北』 が、2018年5月16日(水)より全国で順次発売される。 平壌市内のカフェで囁き合う恋人同士。北朝鮮の都市部や地方で普通に暮らす人々を撮った前作から5年。核実験.. 続きを読む

南北首脳会談、北朝鮮から日本への脅威増長…「日本外し」で東アジアでの影響力消失

南北首脳会談、北朝鮮から日本への脅威増長…「日本外し」で東アジアでの影響力消失

11年ぶりに韓国と北朝鮮の首脳会談が行われたが、それはまさに出来の悪い「政治ショー」以外の何ものでもなかった。韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が恋人同士のように手をつないで、軍事境界線をまたいで北朝鮮側と.. 続きを読む

ロシア、欧米各国で選挙介入:欧米が報復措置で「新冷戦」突入…露、亡命者を次々暗殺

ロシア、欧米各国で選挙介入:欧米が報復措置で「新冷戦」突入…露、亡命者を次々暗殺

英国の南部ソールズベリーで、ロシア人元スパイが神経性毒物で襲われた奇怪な事件。「ロシアの犯行」と認識する英独仏の西欧3カ国を中心に欧米の計27カ国とNATOが3月末までに、ロシア外交官計150人を国外追放、これに対抗してロシアも同.. 続きを読む

【追悼】松方弘樹、小林麻央、功績で振り返る『今年のお別れ』~2017上半期~

【追悼】松方弘樹、小林麻央、功績で振り返る『今年のお別れ』~2017上半期~

2017年12月……今年もあとわずか。この1年も多くの有名人が亡くなりました。そのニュースが報じられると驚きと悲しさでやりきれない瞬間もあり、命の儚さに切なさを感じざるを得ません。そこで今回は今年鬼籍に入った有名人の功績や人柄を.. 続きを読む

2017年TVニュースランキング やっぱりトップはあの国のこと・・・

2017年TVニュースランキング やっぱりトップはあの国のこと・・・

今年もいろいろなニュース、出来事があったが、テレビではどんなニュースの放送時間が長かったのだろう? テレビの放送内容をテキスト化した「TVメタデータ」を提供するエム・データ(東京)は、「2017年TVニュースランキング」を発表。.. 続きを読む

【2017年】Google検索ランキングが発表される / 急上昇ワード第1位は「小林麻央」さん

【2017年】Google検索ランキングが発表される / 急上昇ワード第1位は「小林麻央」さん

2017年も半ばに突入し、残すところあと3週間を切った。日本国内では天皇陛下の生前退位や衆議院総選挙、海外に目を向ければトランプ米大統領の就任や北朝鮮のミサイル問題……などなど、実に目まぐるしい1年だったと言えるだろう。2017年12.. 続きを読む

4割超はアムロファッション経験者 “アムラー世代”の関心事はやっぱり!

4割超はアムロファッション経験者 “アムラー世代”の関心事はやっぱり!

歌手・安室奈美恵さんが突然の引退表明をした2017年。ファンでなくても衝撃を受けたという人は多いのでは? かつて、茶髪・細眉・ミニスカに厚底ブーツで「アムロちゃん」ファッションに憧れて青春時代を過ごした女性たちは、今、どんな.. 続きを読む

ネットニュース番組『AbemaPrime』が選ぶ今年の流行語は?(ガジェット通信 ネット流行語大賞2017 #アベプラ といっしょ)

ネットニュース番組『AbemaPrime』が選ぶ今年の流行語は?(ガジェット通信 ネット流行語大賞2017 #アベプラ といっしょ)

今年の“ネット流行語大賞”は、『ガジェット通信 ネット流行語大賞2017 #アベプラ といっしょ』と題し、ガジェット通信とインターネットテレビ局「AbemaTV」のNewsチャンネルで平日毎日放送中の『AbemaPrime』(アベプラ)が連動! 現在.. 続きを読む

今も届く北朝鮮の乱数放送の「暗号」を読み解く

今も届く北朝鮮の乱数放送の「暗号」を読み解く

かつて盛んに放送されていた北朝鮮の乱数放送は、2000年に廃止されました。しかし、新タイプの乱数放送が2016年に開始。平壌放送の1番組として放送していますが、ダミーまたは工作員養成教材としての放送ではないかと推測されます。今も.. 続きを読む

暗殺された金正男の父・金正日のゲスすぎる「性豪列伝」

暗殺された金正男の父・金正日のゲスすぎる「性豪列伝」

(C)Shutterstock北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の父である故・金正日総書記とのあいだに子供をもうけた女性は、正妻、愛人を含め、これまで9人が確認されている。この中で、第1夫人とされる成蕙琳(ソン・ヘリム/長男:正男=ジョン.. 続きを読む

「偉大なる将軍様」と呼ばれた故・金正日の横顔 ~その1~

「偉大なる将軍様」と呼ばれた故・金正日の横顔 ~その1~

(C)Shutterstock13年間、北朝鮮の金正日総書記のお抱え料理人として腕を振るった藤本健二氏は、著書『核と女を愛した将軍様』のなかで、金総書記の大好きな嗜好品を具体的に暴露している。酒はウイスキーなら『ジョニーウォーカー』、.. 続きを読む

殺害された金正男はいま「あの世」で何を思う ~その3~

殺害された金正男はいま「あの世」で何を思う ~その3~

画像:中国北京・ケンピンスキーホテル(C)Shutterstock(その2からの続き)金正男の正体は、“金正日から直接指示を受ける北朝鮮の対外武器販売責任者”であり、スカッドミサイルやSA-16ミサイルなどの武器を売却し、その代金を海外の利.. 続きを読む

殺害された金正男はいま「あの世」で何を思う ~その2~

殺害された金正男はいま「あの世」で何を思う ~その2~

画像:北朝鮮が売却していたと見られるスカッドミサイル同型兵器=ロシア・サンクトペテルブルク(C)Shutterstock(その1からの続き)北朝鮮の金正男の実母である成恵琳(ソン・ヘリム)は、夫の金正日が高英姫(コ・ヨンヒ)など別の配.. 続きを読む

殺害された金正男はいま「あの世」で何を思う ~その1~

殺害された金正男はいま「あの世」で何を思う ~その1~

画像:金正男氏殺害事件が起こったとされるクアラルンプール空港(C)Shutterstock北朝鮮の金正恩党委員長の異母兄である金正男が2月にマレーシアで殺害された事件で、息子の漢率はマレーシア当局に対し「父の遺体を北朝鮮に渡さないでほ.. 続きを読む

お盆に振り返る2017年に亡くなった有名人

お盆に振り返る2017年に亡くなった有名人

でじたる・らぶ / PIXTA(ピクスタ)2017年もまもなく3分の2が終わろうとしている。今年もこれまでに多くの有名人や偉人が亡くなった。この時期が新盆にあたる方々も多い。畏敬の念を込めつつ、7月までに亡くなった方を振り返ってみよう。.. 続きを読む

「中国GDP世界第2位」が嘘だとバレそうになった裁判

「中国GDP世界第2位」が嘘だとバレそうになった裁判

(C)Shutterstock「何でも嘘、ニセモノでないものはペテン師だけ」江沢民国家主席時代の朱鎔基元首相がこう言ったほど、中国はニセモノ天国だ。だから中国の公式統計はウソで塗り固められている。特に経済統計、わけてもGDP(国内総生産.. 続きを読む

金正男が愛したおでん・新橋『お多幸』に行ってみた / 目と舌で東京を感じることができる関東風おでん

金正男が愛したおでん・新橋『お多幸』に行ってみた / 目と舌で東京を感じることができる関東風おでん

2017年2月13日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄である金正男氏がマレーシアで殺害され、世界に衝撃を与えた。常識的な発言や穏やかな人柄などもあって、日本でも彼の死を悲しむ人が多かったのは記憶に新しいところだ。かの有名.. 続きを読む

北朝鮮のミサイル発射失敗、米国がサイバー攻撃で妨害成功か…中国が協力も

北朝鮮のミサイル発射失敗、米国がサイバー攻撃で妨害成功か…中国が協力も

米国が朝鮮半島海域に米原子力潜水艦「ミシガン」や原子力空母「カール・ビンソン」率いる空母打撃群を派遣するなど、朝鮮半島では一触即発の緊張感が高まっているなか、北朝鮮は29日早朝、内陸部の平安南道・北倉一帯から弾道ミサイル1.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。