足利事件の最新情報

足利事件 に関するニュース検索結果   14件

Amazonプライム「チェイス」問題は『殺人犯はそこにいる』との類似だけではない、遺族心情への配慮は

Amazonプライム「チェイス」問題は『殺人犯はそこにいる』との類似だけではない、遺族心情への配慮は

既存の書籍が下敷きにあるか否か、その点についてはもはや論を俟たない。『チェイス』の共同プロデューサーを務める四宮隆史氏は、昨年12月30日にTwitterを更新。「企画の責任者」として意見を述べている。「「殺人犯はそこにいる」も出.. 続きを読む

飯塚事件、なぜ再審を行わない? DNA鑑定の捏造、警察による見込み捜査の疑いも浮上...やっぱり冤罪だ!

飯塚事件、なぜ再審を行わない? DNA鑑定の捏造、警察による見込み捜査の疑いも浮上...やっぱり冤罪だ!

死刑が確定から30年以上収監された末に2014年に再審が決定した袴田事件、逮捕から17年にして冤罪が明らかになった足利事件......。これまで数多くの冤罪事件が起こってきたが、冤罪が強く疑われながら死刑が執行されてしまったのが、1992.. 続きを読む

痴漢に間違われないための予防策はあるけど痴漢冤罪が確定した後の補償は?

痴漢に間違われないための予防策はあるけど痴漢冤罪が確定した後の補償は?

揺れる満員電車。ふとした行動があらぬ誤解を生み、そこから痴漢騒動へと瞬く間に発展するケースは、昨今よく聞く話の類である。「痴漢に間違われないためにも」という予防策はメディアなどでも報じられるが、痴漢冤罪で捕まってしまった.. 続きを読む

少年に自白強要の高井戸署は、萩原流行死亡事故でも隠蔽の過去! 児童買春、覚せい剤、裏金隠し...警察の不祥事隠蔽

少年に自白強要の高井戸署は、萩原流行死亡事故でも隠蔽の過去! 児童買春、覚せい剤、裏金隠し...警察の不祥事隠蔽

またしても警察の卑劣な取り調べ、しかも少年に対する自白の強要の実態が明らかになり、大きな波紋を呼んでいる。これは今月10日、東京弁護士会と少年の父親らが「重大な人権侵害があった」として会見を開いたことで明らかになったもの。.. 続きを読む

「山口敬之レイプ疑惑」に新たな事実も!? 東京新聞・望月衣塑子記者が語る、報道の裏側

「山口敬之レイプ疑惑」に新たな事実も!? 東京新聞・望月衣塑子記者が語る、報道の裏側

現在、女性の新聞記者は増えてきたものの、その割合は全体の2~3割程度だという。男性ばかりの環境で、積極的に相手に食い込んで取材をしていると話題の東京新聞社会部記者、望月衣塑子さんに、今の政権やメディアの問題点を聞いた。(前.. 続きを読む

死刑確定、木嶋佳苗被告の「再審請求しない」発言の裏にあった母親との確執、そして裁判所への絶望

死刑確定、木嶋佳苗被告の「再審請求しない」発言の裏にあった母親との確執、そして裁判所への絶望

最高裁は14日、男性3人を殺害したとして起訴されていた木嶋佳苗被告(現姓・土井佳苗)の上告を棄却、これで佳苗被告の死刑が確定したことになる。マスコミ各社はこの死刑確定を大きく伝えているが、しかし、問題の本質を伝える報道はほ.. 続きを読む

鹿児島・強姦事件で逆転無罪! 冤罪生んだ警察の卑劣な証拠隠しと捏造、さらに冤罪増やす「DNA鑑定独占」画策中

鹿児島・強姦事件で逆転無罪! 冤罪生んだ警察の卑劣な証拠隠しと捏造、さらに冤罪増やす「DNA鑑定独占」画策中

福岡高裁は本日1月12日、2012年に鹿児島県で発生した当時17歳少女への暴行事件で罪に問われていた男性の控訴審判決で、懲役4年の実刑を下した一審判決を破棄し、逆転無罪を言い渡した。男性は、捜査段階から一貫して無罪を主張していた。.. 続きを読む

東住吉事件など相次ぐ冤罪にも反省なし! 警察が冤罪をさらに増やす「DNA鑑定独占」を画策中

東住吉事件など相次ぐ冤罪にも反省なし! 警察が冤罪をさらに増やす「DNA鑑定独占」を画策中

冤罪が相次いで明らかになっている。10月16日には、強姦罪で懲役12年が確定していた男性の無罪が確定。23日には、東住吉の自宅放火女児殺人事件について大阪高裁が再審請求を認め、殺人罪で無期懲役が確定していた母親と母親の内縁の夫が.. 続きを読む

女子挺身隊と慰安婦の混同も...慰安婦「誤報」の元祖は朝日新聞でなく産経新聞だった! 阿比留記者また赤っ恥

女子挺身隊と慰安婦の混同も...慰安婦「誤報」の元祖は朝日新聞でなく産経新聞だった! 阿比留記者また赤っ恥

産経新聞出版が出した『歴史戦 朝日新聞が世界にまいた「慰安婦」の嘘を討つ』という本がある。〈朝日新聞が世界にまいた「慰安婦」の嘘を討つ〉というサブタイトルからおわかりの通り、昨年8月の朝日新聞の慰安婦報道に関する検証・記.. 続きを読む

桶川ストーカー事件、足利事件の真相を突き止めた記者が語る「警察、司法発表に依存しない取材、報道」のススメ

桶川ストーカー事件、足利事件の真相を突き止めた記者が語る「警察、司法発表に依存しない取材、報道」のススメ

事件、事故、災害──。日々目まぐるしくお茶の間に流れるニュースの発信源をご存知だろうか。テレビ、新聞などマスメディアで流れる報道の多くは、官公庁や企業、警察等の記者会見などでの情報を元に作られている。ところが、しばしば誤報.. 続きを読む

「盗聴法」改正がヤバい! 盗聴対象の拡大であなたも警察に盗聴され弱みを握られる

「盗聴法」改正がヤバい! 盗聴対象の拡大であなたも警察に盗聴され弱みを握られる

大半の憲法学者が「違憲」と断じ、学生団体がデモを行うなど、いま最も注目を集める法案といえば安保関連法案だろう。しかし、その陰である危うい法案が国会に上程中なのをご存知だろうか。それはずばり、「盗聴法(通信傍受法)」の改正.. 続きを読む

萩原流行妻の警察批判は妄想ではない! 児童買春、覚せい剤...警察は不祥事隠しの常習犯だ

萩原流行妻の警察批判は妄想ではない! 児童買春、覚せい剤...警察は不祥事隠しの常習犯だ

「萩原流行の名誉の回復、着せられた汚名をすすぎたい」7月1日、故・萩原流行さんの妻・まゆ美さんが会見を行い、改めて警察への闘争を宣言した。今年4月22日萩原流行さんが死亡したバイク事故に関しては、警察の護送車が原因だったにも.. 続きを読む

萩原流行事件だけじゃない警察の不祥事隠蔽! 児童買春、覚せい剤、DV、裏金隠しも...

萩原流行事件だけじゃない警察の不祥事隠蔽! 児童買春、覚せい剤、DV、裏金隠しも...

俳優・萩原流行の突然のバイク事故死が未だに波紋を呼んでいる。萩原のバイク転倒に警察の護送車両が絡んでおり、しかも当初はその事実さえ警察により隠蔽されていたからだ。事故の詳細も未だ不透明であり、残された妻・まゆ美さんは警察.. 続きを読む

身内擁護に御用学者...法務省の審議会に参加した映画監督・周防正行がトンデモ実態暴露!

身内擁護に御用学者...法務省の審議会に参加した映画監督・周防正行がトンデモ実態暴露!

周防正行といえば、映画『Shall we ダンス?』や『シコふんじゃった。』で日本アカデミー賞を受賞した日本を代表する映画監督。バレリーナ・草刈民代の夫としても知られている。その周防が警察や検察の取り調べを改革するための法案作り.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。