赤毛のアンの最新情報

赤毛のアン に関するニュース検索結果   127件

あらいぐまラスカルなど世界名作劇場の世界観が広がる、ファミリーにも人気のカフェ

あらいぐまラスカルなど世界名作劇場の世界観が広がる、ファミリーにも人気のカフェ

世界名作劇場といえば、1970年代からテレビで放映されていたアニメ。リアルタイムで知っている世代も、再放送世代も、キャラクターだけで認識している世代も、幅広く支持されている。その主な作品の世界観をたっぷり楽しめるのが、「アリ.. 続きを読む

「越路吹雪物語」大地真央のド迫力過ぎ「愛の賛歌」でいきなり泣いた。朝ドラっぽさ全開帯ドラマ劇場第1週

「越路吹雪物語」大地真央のド迫力過ぎ「愛の賛歌」でいきなり泣いた。朝ドラっぽさ全開帯ドラマ劇場第1週

『やすらぎの郷』『トットちゃん!』という濃い枠を引き継いではじまった帯ドラマ劇場・第3弾『越路吹雪物語』(テレビ朝日・月~金曜12:30~)。今も現役で活躍している黒柳徹子と比べると、「伝説の」感の強い今回の越路吹雪。昭和の歌.. 続きを読む

『ガキ使』で起きた人種問題の背景「ミンストレル・ショー」とは

『ガキ使』で起きた人種問題の背景「ミンストレル・ショー」とは

(C)Shutterstock昨年の大みそかに放送された『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 大晦日年越しSP絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!』の第1部の視聴率が、関東地区で17.3%、関西地区で21.2%だったことが発表され.. 続きを読む

早見沙織、梶 裕貴、櫻井孝宏が原作者からの2,200字の手紙に感激 『はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~』初日舞台あいさつ

早見沙織、梶 裕貴、櫻井孝宏が原作者からの2,200字の手紙に感激 『はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~』初日舞台あいさつ

11月11日(土) 東京・新宿ピカデリーにて『はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~』の初日舞台あいさつが行われた。イベントには、早見沙織、梶 裕貴、櫻井孝宏らキャストが登壇している。『はいからさんが通る』は、1975年から197.. 続きを読む

2年連続「赤毛のアン」出演のAKB48・岩立沙穂『普段見せない表情を見てもらえたら』

2年連続「赤毛のアン」出演のAKB48・岩立沙穂『普段見せない表情を見てもらえたら』

11月17日(金)から19日(日)に東京国際フォーラムで上演される音楽劇「赤毛のアン」。ルーシー・モンゴメリの名作を劇場公演用の音楽劇に橋本真理子が書き下ろした同作では、11~20歳のアンの姿が描かれる。今回は、昨年に引き続きアンの“.. 続きを読む

世界の人気作品でつくる「ワールド文学マップ」

世界の人気作品でつくる「ワールド文学マップ」

文学作品は世界各国の言語や文化、美意識や歴史が反映されたその国の「鏡」のようなもの。どんな作品が好まれているのかを知ることは、その国を知るための重要な手がかり。各国で愛されている文学作品を世界地図にあてはめたアートワーク.. 続きを読む

「花子とアン」吉高由里子、鈴木亮平らが“同窓会”を開催!

「花子とアン」吉高由里子、鈴木亮平らが“同窓会”を開催!

2014年度上半期に放送され、全156回の平均視聴率が22.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好評のうちに終了した連続テレビ小説「花子とアン」(NHK総合ほか)。同番組の再放送が、9月25日(月)朝7時15分よりNHK BSプレミアムにてスタートす.. 続きを読む

加藤一二三、反省「もう少し歯切れよく、短いセンテンスで話した方が良い」

加藤一二三、反省「もう少し歯切れよく、短いセンテンスで話した方が良い」

テリー伊藤と磯山さやかが、“ド派手”な人生を歩む傾奇者(かぶきもの)をゲストに迎え、トークを繰り広げる「テリー伊藤の今夜も傾奇流!」(毎月1回水曜夜1:00-1:30 BSフジ)。9月20日(水)の放送では加藤一二三が登場し、加藤の将棋人生を振.. 続きを読む

ミーガン・フォローズ主演の3部作も完全版で!10月8日(日)に『赤毛のアン』シリーズ一挙放送

ミーガン・フォローズ主演の3部作も完全版で!10月8日(日)に『赤毛のアン』シリーズ一挙放送

1908年の出版以来、100年以上にわたり世界中で愛されてきた小説「赤毛のアン」の映像作品がスターチャンネルにて10月8日(日)に一挙放送される。今年5月に日本で封切られロングランヒットを記録した映画『赤毛のアン』のほか、1980年代.. 続きを読む

『ビッグバン★セオリー』ジム・パーソンズ、米FOXでメディカルドラマを製作

『ビッグバン★セオリー』ジム・パーソンズ、米FOXでメディカルドラマを製作

大人気オタクコメディ『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』で シェルドンを演じるジム・パーソンズが、米FOXにて医療ドラマを製作することが明らかになった。米Deadlineらが報じている。『The Family Gene(原題)』とタイ.. 続きを読む

美山加恋、初主演を務めるミュージカル『赤毛のアン』 東京公演開催 今後のミュージカルにも意欲

美山加恋、初主演を務めるミュージカル『赤毛のアン』 東京公演開催 今後のミュージカルにも意欲

女優で声優としても活躍中の美山加恋が初主演を務めるミュージカル『赤毛のアン』の東京公演が16日、新宿文化センターで開催された。札幌・仙台・埼玉を経て折り返し地点となる東京公演では、ツアーズミュージカル15周年記念公演として、.. 続きを読む

美山加恋、「アンはピュアな心の持ち主。私が11歳の時のとは全然違う」

美山加恋、「アンはピュアな心の持ち主。私が11歳の時のとは全然違う」

女優で声優の美山加恋(20)と演歌歌手・さくらまや(19)が16日、東京・新宿文化センターで行われた“2万人の鼓動 TOURSミュージカル「赤毛のアン」”東京公演を前に、記者会見に応じた。主人公のアン・シャーリー役を演じる美山は、「こ.. 続きを読む

20歳の美山加恋、11歳のアンを演じる 「私もアンのようでいたかった」

20歳の美山加恋、11歳のアンを演じる 「私もアンのようでいたかった」

“2万人の鼓動 TOURSミュージカル「赤毛のアン」”東京公演前囲み取材が16日、東京都内で行われ、出演者の美山加恋、さくらまやが出席した。TOURSミュージカルは、1人でも多くの人にミュージカルの楽しさや素晴らしさを伝えていきたいとい.. 続きを読む

苦境に陥る「おんな城主直虎」高橋一生出番終了で更なるピンチに

苦境に陥る「おんな城主直虎」高橋一生出番終了で更なるピンチに

lingmu / PIXTA(ピクスタ)柴咲コウ主演の大河ドラマ『おんな城主直虎』(NHK)の放送が折り返しを迎えた。視聴率が下落の一途をたどっていることを心配する声が出ている。同ドラマは初回の視聴率こそ16.9%(ビデオリサーチ調べ=関東地.. 続きを読む

Netflix『アンという名の少女』シーズン2へ更新

Netflix『アンという名の少女』シーズン2へ更新

時代と国を超えて愛され続けているL・M・モンゴメリの不朽の名作小説「赤毛のアン」。カナダのCBC局とNetflixが共同製作したドラマシリーズ『アンという名の少女』が、シーズン2へ更新されることが分かった。米Deadlineが報じている。身.. 続きを読む

スペシャリティストア福島屋のF-PROJECTで、NO.1に選ばれた菜種油

スペシャリティストア福島屋のF-PROJECTで、NO.1に選ばれた菜種油

「この油は何からできてるの?」今まで体験したことのない味わい。ナッツを思わせるけれど、それよりもコクが深い、ゴマのような香りもあるけれど、後味にはほのかな酸味もある…。それが「菜種油」であると知った時は、心底驚きました。.. 続きを読む

【THE MUSICAL LOVERS】ミュージカル『アニー』【第14回】ウォーバックスの財力と華麗なる元カノ遍歴

【THE MUSICAL LOVERS】ミュージカル『アニー』【第14回】ウォーバックスの財力と華麗なる元カノ遍歴

【THE MUSICAL LOVERS】 Season 2 ミュージカル『アニー』 【第14回】ウォーバックスの財力と華麗なる元カノ遍歴 前回はこちらアニーになりたい筆者 としては、“ダディ”ウォーバックスについて、もっと語らずにはいられない。ローズベ.. 続きを読む

【美しい島プリンスエドワード島】3 PEIのおすすめグッズや宿

【美しい島プリンスエドワード島】3 PEIのおすすめグッズや宿

最終回の今回は、“赤毛のアンのふるさと”ともいわれる、カナダ・プリンスエドワード島(PEI)のおすすめグッズや店を案内したい。旅行では、行く場所と並んで大事なのが、やっぱり食事。四方を海に囲まれているPEIは、なんといっても魚介.. 続きを読む

【全国】海外にいるような気分になれるテーマパーク26選!インスタ映えするスポット満載♪

【全国】海外にいるような気分になれるテーマパーク26選!インスタ映えするスポット満載♪

「海外旅行に行きたいけど時間がない」「子供が小さくて海外はムリ」そんな方におすすめ!外国をテーマにしたスポットをまとめてご紹介!「ここはほんとに日本?」と思ってしまう、異国情緒あふれる素敵な街並みやパレード・ショーなど、.. 続きを読む

【美しい島プリンスエドワード島】2 魅力はアンの家だけじゃない!

【美しい島プリンスエドワード島】2 魅力はアンの家だけじゃない!

カナダの東端に位置するプリンスエドワード島。小説『赤毛のアン』の主人公であるアンの家「グリーン・ゲーブルズ」があることで有名だが、この美しい島の価値はアンの家のみにとどまらない。作者のルーシー・モード・モンゴメリが生涯に.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。