豊田真由子の最新情報

豊田真由子 に関するニュース検索結果   160件

マツコ、福田財務次官のセクハラ疑惑で盛り上がるマスコミを批判「稚拙な感じがする」

マツコ、福田財務次官のセクハラ疑惑で盛り上がるマスコミを批判「稚拙な感じがする」

4月16日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、月曜コメンテーターのマツコ・デラックスが財務省の福田淳一事務次官による女性記者へのセクハラ疑惑で盛り上がるワイドショー番組に対し「なんか稚拙な感じがする」と批判した。 マツコ「.. 続きを読む

「このハゲー」音源でボロ儲け!今度は福田淳一事務次官のセクハラテープを公開した新潮の皮算用

「このハゲー」音源でボロ儲け!今度は福田淳一事務次官のセクハラテープを公開した新潮の皮算用

森友学園の決裁文書改ざん問題の渦中、財務省トップである福田淳一事務次官にセクハラ醜聞が飛び出した。12日発売の「週刊新潮」(新潮社)が報じた。福田氏は1982年に大蔵省(当時)に入省し、主計局長などを経て、昨年から事務次官を務.. 続きを読む

加藤綾子、不倫イクメン議員夫妻に感心「パートナーがいた方が…」

加藤綾子、不倫イクメン議員夫妻に感心「パートナーがいた方が…」

フリーアナウンサーの加藤綾子が、きょう31日(23:40~24:35)に放送される東海テレビ・フジテレビ系単発バラエティ番組『ご本人をさらに深掘り!ニュースな主役』で、お笑い芸人の小薮千豊とともにMCを担当する。この番組は、ニュースな主.. 続きを読む

“文春砲”に存亡の危機!? 音事協の圧力で「ワイドショーから週刊誌報道が消える」可能性

“文春砲”に存亡の危機!? 音事協の圧力で「ワイドショーから週刊誌報道が消える」可能性

小室哲哉の不倫報道が賛否両論の大反響を呼んだ「週刊文春」(文藝春秋)に、日本の芸能プロで構成される最大の業界団体、日本音楽事業者協会(音事協)が圧力を強めている。各テレビ局が、今後“文春砲”を取り扱わない可能性も出てきてい.. 続きを読む

東スポ映画大賞授賞式 大杉漣さんと共にアウトレイジ出演者8人が受賞

東スポ映画大賞授賞式 大杉漣さんと共にアウトレイジ出演者8人が受賞

『第27回東京スポーツ映画大賞』の授賞式が、2月25日に都内にて開催された。審査委員長を務めるビートたけしが「独断と偏見で決める」と断言するだけあって今回の受賞者の顔ぶれは、たけしの監督作『アウトレイジ 最終章』の出演者が中.. 続きを読む

「東スポ映画大賞」大杉漣さんらが助演男優賞! 松重豊、西田敏行らが天国へエール……

「東スポ映画大賞」大杉漣さんらが助演男優賞! 松重豊、西田敏行らが天国へエール……

2月25日、ビートたけしが審査委員長を務める「第27回東京スポーツ映画大賞」および「第18回ビートたけしのエンターテインメント賞」の授賞式が、港区のグランドプリンスホテル高輪で行われた。毎年恒例「たけしの独断と偏見」によってノ.. 続きを読む

坂上忍が運転手に傍若無人な態度を見せて炎上

坂上忍が運転手に傍若無人な態度を見せて炎上

(C)まいじつ2月22日放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)に坂上忍が出演した際に、専属の運転手に対して厳しい態度をとっていることが批判された。この日の放送で坂上は、『バイキング』(フジテレビ系)を始め、10番組以上にレギュラ.. 続きを読む

格闘技ナメすぎ!? 上西小百合、RIZIN参戦熱望も「加藤紗里と殴り合えば」の声

格闘技ナメすぎ!? 上西小百合、RIZIN参戦熱望も「加藤紗里と殴り合えば」の声

新たなジャンルへの挑戦を模索するも、世間からは厳しい声が集まっている。元衆院議員の上西小百合氏が2月9日、ツイッターを更新。総合格闘技RIZIN参戦に関心があることを明らかにした。上西は女優の真木よう子が総合格闘技の練習でジム.. 続きを読む

「キムタクに殴られた」「マネージャーいじめ」…有吉・マツコ、噂の真相激白に驚きの声

「キムタクに殴られた」「マネージャーいじめ」…有吉・マツコ、噂の真相激白に驚きの声

週刊誌やスポーツ新聞、ネットニュースなどで「有名人の噂」をはやし立てるが、中には根も葉もない報道も紛れている。31日深夜放送『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)で有吉弘行(43)とマツコ・デラックス(45)が、報じら.. 続きを読む

「このハゲーーー!」音声ファイルで3億円ゲット! 豊田真由子の暴言騒動で、週刊新潮はボロ儲け

「このハゲーーー!」音声ファイルで3億円ゲット! 豊田真由子の暴言騒動で、週刊新潮はボロ儲け

2017年もいろいろな珍事件があったが、中でも強烈なインパクトを残したのが豊田真由子氏による「このハゲーーー!」という暴言騒動。全国の薄毛男性を敵に回した豊田氏は、騒動で多くのものを失ったが、騒動を報じた「週刊新潮」(新潮社.. 続きを読む

アキラ100%・にゃんこスター・滝沢カレン・ひふみんへの期待度は? “今年活躍した有名人TOP10”

アキラ100%・にゃんこスター・滝沢カレン・ひふみんへの期待度は? “今年活躍した有名人TOP10”

2017年1月1日放送の『ぐるナイ!おもしろ荘 若手にチャンスを頂戴今年も誰か売れてSP』(日本テレビ系)に出演して人気に火がついたブルゾンちえみ、『R-1ぐらんぷり2017』で優勝したアキラ100%、『キングオブコント2017』決勝大会で2位.. 続きを読む

業界人に聞いた、テレビの重大事変2017! 「テレ朝自滅」「ネットの“テレビ批判”横行」

業界人に聞いた、テレビの重大事変2017! 「テレ朝自滅」「ネットの“テレビ批判”横行」

2017 年のテレビ業界も、さまざまな話題が上った。一体どんな年だったのか振り返る意味で、業界関係者に印象的な重大トピックスを聞き、ランキング形式で挙げてみた。1位:おじさんが大活躍CM起用社数ランキング(ニホンモニター調べ)で.. 続きを読む

たけし、鶴瓶のぶっちゃけトークに賞賛集まる 過激発言連発に「切りどころは任せた」

たけし、鶴瓶のぶっちゃけトークに賞賛集まる 過激発言連発に「切りどころは任せた」

2017年も大活躍したビートたけし(70)と笑福亭鶴瓶(66)が、28日深夜放送『チマタの噺』(テレビ東京系)で毎年恒例のスペシャルトークを披露。2017年の重大ニュースを2人の視点から斬りまくり、視聴者から賞賛が起きている。(画像は.. 続きを読む

飯島三智氏「逆襲劇」、小林麻央さん「強い共感」、伊藤詩織さん「実名告発」……2017年の“女”を斬る!

飯島三智氏「逆襲劇」、小林麻央さん「強い共感」、伊藤詩織さん「実名告発」……2017年の“女”を斬る!

「女性週刊誌ぶった斬り!」を連載中の、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク・神林広恵が、今年世間を騒がせた女たちを斬る!2017年、思えば女性の話題は多かった。江角マキコの不倫引退、豊田真由子の“ハゲー”パワハラ暴行、.. 続きを読む

「このハゲー!」「ユーチューバーなめんなよ」 2017年『名(迷)言暴言大賞』&『世間をザワつかせた流行語』

「このハゲー!」「ユーチューバーなめんなよ」 2017年『名(迷)言暴言大賞』&『世間をザワつかせた流行語』

12月1日に発表された『2017ユーキャン新語・流行語大賞』では「インスタ映え」と「忖度」が年間大賞に選ばれた。トップ10やノミネートしたワードの他にも今年の出来事を象徴する「言葉」はまだまだある。12月24日に2つの番組で2017年の『.. 続きを読む

“不満”で2017年を振り返ってみると 「プレミアムフライデー」「ヒアリ」「Jアラート」・・・

“不満”で2017年を振り返ってみると 「プレミアムフライデー」「ヒアリ」「Jアラート」・・・

2017年もいろいろなことがあったが、うれしいこと、悲しいこと、不満に思ったこと、何が一番印象に残っただろう? インターネットサイト「不満買取センター」を運営するInsight Tech(東京)は、2017年に多くの人が不満を感じた事柄に関.. 続きを読む

2017年TVニュースランキング やっぱりトップはあの国のこと・・・

2017年TVニュースランキング やっぱりトップはあの国のこと・・・

今年もいろいろなニュース、出来事があったが、テレビではどんなニュースの放送時間が長かったのだろう? テレビの放送内容をテキスト化した「TVメタデータ」を提供するエム・データ(東京)は、「2017年TVニュースランキング」を発表。.. 続きを読む

AbemaPrimeで発表された『ネット流行語大賞2017』 ネットユーザーの反応は?

AbemaPrimeで発表された『ネット流行語大賞2017』 ネットユーザーの反応は?

2007年から続く『ネット流行語大賞』。今年は『ガジェット通信 ネット流行語大賞2017 #アベプラ といっしょ』と題し、インターネットテレビ局「AbemaTV」のNewsチャンネルで平日毎日放送中の『AbemaPrime』(アベプラ)内で発表を行いま.. 続きを読む

HKT48中学生メンバーの“創価学会疑惑”と、芸能界を飛び交う怪文書「総選挙には組織票も?」

HKT48中学生メンバーの“創価学会疑惑”と、芸能界を飛び交う怪文書「総選挙には組織票も?」

アイドルグループHKT48の中学生メンバーである今村麻莉愛に、創価学会員ではないかとのウワサが浮上して、ファンを動揺させている。今村が11月28日の夜、Twitterに投稿した自宅画像のテーブルに、創価学会の機関紙である聖教新聞が映って.. 続きを読む

今年最もイメージダウンした出来事は? 強烈な印象を残したのはやっぱり「ハゲー!」

今年最もイメージダウンした出来事は? 強烈な印象を残したのはやっぱり「ハゲー!」

今年も早いもので、もう師走。この1年を振り返るといった企画が多い中で、広報・メディア対応の専門誌「広報会議」(宣伝会議/東京)は、2017年に発覚した企業・団体・個人の不祥事に関し、全国1,000人の男女(20~60代)を対象に「最も.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。