豊田真由子の最新情報

豊田真由子 に関するニュース検索結果   165件

豊田真由子の「プロデュース」にあの上西小百合の元秘書が名乗り

豊田真由子の「プロデュース」にあの上西小百合の元秘書が名乗り

17年6月発売の「週刊新潮」で、元秘書の男性への度重なる暴言・暴行を告発された豊田真由子前衆院議員(43)。「このハゲーッ!」こんな不適切発言で自民党離党を余儀なくされ、無所属で挑んだ17年10月の総選挙では、埼玉県第4区において.. 続きを読む

輝く!「有名人スキャンダル大賞」2017年下半期(5)長谷川豊はもう殿堂入り!

輝く!「有名人スキャンダル大賞」2017年下半期(5)長谷川豊はもう殿堂入り!

宇 籠池夫妻が長期勾留。キャラ的には相当な怪人ですよ。文科省の役人とのやり取りなんか、「これって時代劇?」と思わせた。水 しかし、この長期勾留はありえない異常事態だよ。吉 「SPA!」の「好きな男、嫌いな男」で、ボクがずっ.. 続きを読む

「このハゲーーー!」音声ファイルで3億円ゲット! 豊田真由子の暴言騒動で、週刊新潮はボロ儲け

「このハゲーーー!」音声ファイルで3億円ゲット! 豊田真由子の暴言騒動で、週刊新潮はボロ儲け

2017年もいろいろな珍事件があったが、中でも強烈なインパクトを残したのが豊田真由子氏による「このハゲーーー!」という暴言騒動。全国の薄毛男性を敵に回した豊田氏は、騒動で多くのものを失ったが、騒動を報じた「週刊新潮」(新潮社.. 続きを読む

アキラ100%・にゃんこスター・滝沢カレン・ひふみんへの期待度は? “今年活躍した有名人TOP10”

アキラ100%・にゃんこスター・滝沢カレン・ひふみんへの期待度は? “今年活躍した有名人TOP10”

2017年1月1日放送の『ぐるナイ!おもしろ荘 若手にチャンスを頂戴今年も誰か売れてSP』(日本テレビ系)に出演して人気に火がついたブルゾンちえみ、『R-1ぐらんぷり2017』で優勝したアキラ100%、『キングオブコント2017』決勝大会で2位.. 続きを読む

業界人に聞いた、テレビの重大事変2017! 「テレ朝自滅」「ネットの“テレビ批判”横行」

業界人に聞いた、テレビの重大事変2017! 「テレ朝自滅」「ネットの“テレビ批判”横行」

2017 年のテレビ業界も、さまざまな話題が上った。一体どんな年だったのか振り返る意味で、業界関係者に印象的な重大トピックスを聞き、ランキング形式で挙げてみた。1位:おじさんが大活躍CM起用社数ランキング(ニホンモニター調べ)で.. 続きを読む

豊田真由子、稲田朋美、今井絵里子etc. 2017年を賑わせた“女性議員”を若者が総括

豊田真由子、稲田朋美、今井絵里子etc. 2017年を賑わせた“女性議員”を若者が総括

いろいろな意味で女性議員の“活躍”が目立った2017年。『原宿アベニュー』(AbemaTV)では、今年を総括し原宿の若者に意見を聞いてみた。まず、秘書への暴行や暴言が話題となった豊田真由子氏。「私の周りでネタにしました。何かあるたび.. 続きを読む

たけし、鶴瓶のぶっちゃけトークに賞賛集まる 過激発言連発に「切りどころは任せた」

たけし、鶴瓶のぶっちゃけトークに賞賛集まる 過激発言連発に「切りどころは任せた」

2017年も大活躍したビートたけし(70)と笑福亭鶴瓶(66)が、28日深夜放送『チマタの噺』(テレビ東京系)で毎年恒例のスペシャルトークを披露。2017年の重大ニュースを2人の視点から斬りまくり、視聴者から賞賛が起きている。(画像は.. 続きを読む

「民衆の敵」の脚本はウーマン村本大輔の風刺漫才に惨敗していた!?

「民衆の敵」の脚本はウーマン村本大輔の風刺漫才に惨敗していた!?

12月25日に最終回を迎えたドラマ「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」(フジテレビ系)が、月9ドラマ史上でワーストとなる視聴率4.6%で幕を閉じた。市長役の篠原涼子や副市長役を務めた高橋一生による熱の入った演技も実を結.. 続きを読む

2017年に評判を下げた有名人ランキング!不倫勢に炎上常連…

2017年に評判を下げた有名人ランキング!不倫勢に炎上常連…

今年も、もうすぐ終わってしまいますね。2017年を振り返ってみると、例年以上にさまざまな騒動や事件が巻き起こっていました。芸能界的にも騒がしい一年だったのではないでしょうか。この一年ですっかり評判がガタ落ちになった芸能人もち.. 続きを読む

飯島三智氏「逆襲劇」、小林麻央さん「強い共感」、伊藤詩織さん「実名告発」……2017年の“女”を斬る!

飯島三智氏「逆襲劇」、小林麻央さん「強い共感」、伊藤詩織さん「実名告発」……2017年の“女”を斬る!

「女性週刊誌ぶった斬り!」を連載中の、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク・神林広恵が、今年世間を騒がせた女たちを斬る!2017年、思えば女性の話題は多かった。江角マキコの不倫引退、豊田真由子の“ハゲー”パワハラ暴行、.. 続きを読む

貴乃花の「秘策」、有村架純「意味深声明」…16有名人“裏ネタ”がバラされた!

貴乃花の「秘策」、有村架純「意味深声明」…16有名人“裏ネタ”がバラされた!

2017年も有名人の数々のスキャンダルやアクシデントが後を絶たなかった。ところがここに来て、そんなお騒がせ有名男女たちに次々と驚愕情報や仰天疑惑が浮上しているという。中でも年末ギリギリまで揉めに揉めた貴ノ岩への暴行騒動。横綱.. 続きを読む

福島瑞穂議員「第三者があんなにあげつらうのは違うと思う」 女性議員が振り返る政界不倫スキャンダル

福島瑞穂議員「第三者があんなにあげつらうのは違うと思う」 女性議員が振り返る政界不倫スキャンダル

2017年も、多くの国会議員が世の中を騒がせた。23日放送のAbemaTV『みのもんたのよるバズ!』では、女性議員を招き、今年一年を振り返った。イケメン市議と手をつないで眠る写真を撮られ"略奪不倫"と騒がれた自民党の今井絵理子参議院議.. 続きを読む

「このハゲー!」「ユーチューバーなめんなよ」 2017年『名(迷)言暴言大賞』&『世間をザワつかせた流行語』

「このハゲー!」「ユーチューバーなめんなよ」 2017年『名(迷)言暴言大賞』&『世間をザワつかせた流行語』

12月1日に発表された『2017ユーキャン新語・流行語大賞』では「インスタ映え」と「忖度」が年間大賞に選ばれた。トップ10やノミネートしたワードの他にも今年の出来事を象徴する「言葉」はまだまだある。12月24日に2つの番組で2017年の『.. 続きを読む

“不満”で2017年を振り返ってみると 「プレミアムフライデー」「ヒアリ」「Jアラート」・・・

“不満”で2017年を振り返ってみると 「プレミアムフライデー」「ヒアリ」「Jアラート」・・・

2017年もいろいろなことがあったが、うれしいこと、悲しいこと、不満に思ったこと、何が一番印象に残っただろう? インターネットサイト「不満買取センター」を運営するInsight Tech(東京)は、2017年に多くの人が不満を感じた事柄に関.. 続きを読む

2017年TVニュースランキング やっぱりトップはあの国のこと・・・

2017年TVニュースランキング やっぱりトップはあの国のこと・・・

今年もいろいろなニュース、出来事があったが、テレビではどんなニュースの放送時間が長かったのだろう? テレビの放送内容をテキスト化した「TVメタデータ」を提供するエム・データ(東京)は、「2017年TVニュースランキング」を発表。.. 続きを読む

AbemaPrimeで発表された『ネット流行語大賞2017』 ネットユーザーの反応は?

AbemaPrimeで発表された『ネット流行語大賞2017』 ネットユーザーの反応は?

2007年から続く『ネット流行語大賞』。今年は『ガジェット通信 ネット流行語大賞2017 #アベプラ といっしょ』と題し、インターネットテレビ局「AbemaTV」のNewsチャンネルで平日毎日放送中の『AbemaPrime』(アベプラ)内で発表を行いま.. 続きを読む

「現代用語の“黒”知識」2017裏流行語大賞(3)大賞受賞者・豊田真由子を直撃すると…

「現代用語の“黒”知識」2017裏流行語大賞(3)大賞受賞者・豊田真由子を直撃すると…

スポーツ部門では、韓国人美女ゴルファーのアン・シネ(26)の人気が大爆発。短いスカートからのぞく生足と推定Gカップの見事なボディから放たれるショット見たさにギャラリーはオヤジ軍団で鈴なり大行列となった。「ゴルファーとは思え.. 続きを読む

HKT48中学生メンバーの“創価学会疑惑”と、芸能界を飛び交う怪文書「総選挙には組織票も?」

HKT48中学生メンバーの“創価学会疑惑”と、芸能界を飛び交う怪文書「総選挙には組織票も?」

アイドルグループHKT48の中学生メンバーである今村麻莉愛に、創価学会員ではないかとのウワサが浮上して、ファンを動揺させている。今村が11月28日の夜、Twitterに投稿した自宅画像のテーブルに、創価学会の機関紙である聖教新聞が映って.. 続きを読む

「現代用語の“黒”知識」2017裏流行語大賞(1)小池百合子の希望の党はもはや「気泡の党」

「現代用語の“黒”知識」2017裏流行語大賞(1)小池百合子の希望の党はもはや「気泡の党」

今年の世相を表す流行語に選ばれたのはアウフヘーベン、インスタ映え‥‥とオジサンにはどうもピンとこない。編集部が忖度せずに選抜したのは、熟年芸能夫婦の罵詈雑言、イケメン俳優のあの事件、女性議員のホテル密会などなど。「本家」が.. 続きを読む

今年最もイメージダウンした出来事は? 強烈な印象を残したのはやっぱり「ハゲー!」

今年最もイメージダウンした出来事は? 強烈な印象を残したのはやっぱり「ハゲー!」

今年も早いもので、もう師走。この1年を振り返るといった企画が多い中で、広報・メディア対応の専門誌「広報会議」(宣伝会議/東京)は、2017年に発覚した企業・団体・個人の不祥事に関し、全国1,000人の男女(20~60代)を対象に「最も.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。