花子とアンの最新情報

花子とアン に関するニュース検索結果   340件

鈴木亮平“スマイル”絶賛に気引き締め「社会的要請みたいなもの感じる」

鈴木亮平“スマイル”絶賛に気引き締め「社会的要請みたいなもの感じる」

俳優の鈴木亮平(34)主演で放送中のNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」の追加キャスト発表会見が14日、東京・渋谷の同局で行われ、3月からの江戸篇などに出演する徳川慶喜役の松田翔太(32)、桂小五郎役の玉山鉄二(37)、13代将軍・家.. 続きを読む

鈴木亮平「一人泣きそうになっている」 座長の“スマイル”を一同絶賛<西郷どん>

鈴木亮平「一人泣きそうになっている」 座長の“スマイル”を一同絶賛<西郷どん>

【鈴木亮平/モデルプレス=2月14日】俳優の鈴木亮平が14日、東京・渋谷のNHKで行われた2018年NHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」(毎週日曜よる8時~)の新キャスト発表会見に出席。共演者たちより人柄を賞賛された。この日、新たに出演.. 続きを読む

NHK
近藤春菜「西郷どんじゃねーよ!」大河初出演に「本当に幸せ」

近藤春菜「西郷どんじゃねーよ!」大河初出演に「本当に幸せ」

お笑いコンビ「ハリセンボン」の近藤春菜(34)が、俳優の鈴木亮平(34)主演で放送中のNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」で大河ドラマに初出演することが14日、同局から発表された。近藤は「いままで『西郷どんじゃねーよ!』と言わせ.. 続きを読む

NHK
「西郷どん」地元・鹿児島の熱狂冷めず!第6話も32・3% 調査発表分すべて30%超え

「西郷どん」地元・鹿児島の熱狂冷めず!第6話も32・3% 調査発表分すべて30%超え

俳優の鈴木亮平(34)が主演を務めるNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」(日曜後8・00)の第6話が11日に放送され、物語の舞台となっている地元・鹿児島地区の平均視聴率は32・3%(ビデオリサーチ調べ)だったことが13日、分かった。30%.. 続きを読む

「西郷どん」第6話は15・1% 謎の漂流者の正体にネット沸騰

「西郷どん」第6話は15・1% 謎の漂流者の正体にネット沸騰

俳優の鈴木亮平(34)が主演を務めるNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」(日曜後8・00)の第6話が11日に放送され、平均視聴率は15・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが13日、分かった。 第1話=15・4%、第2話=15・4%、.. 続きを読む

純愛劇『シラノ・ド・ベルジュラック』に挑む吉田鋼太郎を直撃インタビュー

純愛劇『シラノ・ド・ベルジュラック』に挑む吉田鋼太郎を直撃インタビュー

17世紀のフランスに実在した剣豪にして詩人のシラノ・ド・ベルジュラックを主人公にした、エドモン・ロスタンによる戯曲『シラノ・ド・ベルジュラック』。映画版、ミュージカル版などさまざまな形で、世界各国で今も語り継がれているこの.. 続きを読む

木村拓哉・長瀬智也・松本潤・二宮和也…“日曜劇場”のジャニーズ起用が増加 ヒット作を数々生み出した名門枠

木村拓哉・長瀬智也・松本潤・二宮和也…“日曜劇場”のジャニーズ起用が増加 ヒット作を数々生み出した名門枠

【ジャニーズ・日曜劇場/モデルプレス=2月2日】嵐の二宮和也が、4月スタートの日曜劇場「ブラックペアン」(TBS系、毎週日曜よる9時)にて主演を務めることが2日、発表された。二宮が日曜劇場で主演を務めるのは今回が初。同枠では2017.. 続きを読む

吉高由里子が新ドラマで「検事役」騒然とする関係者も

吉高由里子が新ドラマで「検事役」騒然とする関係者も

(C)まいじつ女優の吉高由里子が、日本テレビ系列で4月から放送される連続ドラマで主演することが決定した。タイトルは『正義のセ』で、エッセイストの阿川佐和子氏の同名小説が原作だ。吉高は新米の検事を演じる。吉高は昨年1~3月期に.. 続きを読む

美輪明宏がエディット・ピアフに扮し、その凄絶な生涯と“無償の愛”を名曲と共に綴る舞台『愛の讃歌』

美輪明宏がエディット・ピアフに扮し、その凄絶な生涯と“無償の愛”を名曲と共に綴る舞台『愛の讃歌』

波乱万丈の人生を送ったことでも知られるフランスのシャンソン歌手、エディット・ピアフ。その半生をドラマティックに描いた舞台『愛の讃歌~エディット・ピアフ物語~』が、美輪明宏の作・演出・美術・衣裳・主演で4年ぶりに上演される.. 続きを読む

高梨臨と槙野智章、“恋多き問題児”同士の結婚!? キューピットは「前田敦子」だった!

高梨臨と槙野智章、“恋多き問題児”同士の結婚!? キューピットは「前田敦子」だった!

1月20日、女優・高梨臨とプロサッカー選手・槙野智章が、各々のSNS上で結婚を発表した。2016年に出会った2人は、その後交際が報じられ、昨年末に槙野からプロポーズ。来月には入籍すると伝えられているが、一部の業界関係者の間では「問.. 続きを読む

吉高由里子が4月期に日テレ「水10」ドラマで主演! 絶対にコケられないワケとは……

吉高由里子が4月期に日テレ「水10」ドラマで主演! 絶対にコケられないワケとは……

  久しくテレビから遠ざかっていた吉高由里子が、4月期に日本テレビ系「水10」枠で放送される連続ドラマ『正義のセ』で主演を務めることがわかった。吉高のドラマ出演は昨年1月期に同枠でオンエアされた『東京タラレバ娘』以来、1年3カ.. 続きを読む

「西郷どん」原作者・林真理子「直木賞作家」で「大河作家」の語る理想の国家、政治家の本分

「西郷どん」原作者・林真理子「直木賞作家」で「大河作家」の語る理想の国家、政治家の本分

大河ドラマ「西郷どん」(原作:林真理子 脚本:中園ミホ/毎週日曜 総合テレビ午後8時 BSプレミアム 午後6時)第2回「立派なお侍」1月14日放送  演出:野田雄介1月20日放送の「土曜スタジオパーク」で、林真理子先生は「直木賞作.. 続きを読む

鈴木亮平、ふきとの感動シーンの裏で「刀が鞘ごと2回も折れた」撮影エピソード明かす

鈴木亮平、ふきとの感動シーンの裏で「刀が鞘ごと2回も折れた」撮影エピソード明かす

鈴木亮平主演で西郷隆盛の生涯を“笑いと愛と波乱”の視点から描く大河ドラマ「西郷どん」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)。14日に放送された第2回では、初回で好演した子役・渡邉蒼のバトンを引き継ぎ、ついに鈴木が登場した。第2.. 続きを読む

「西郷さんを支えながら子どもを育てる糸の強さを見せられるように」黒木華(岩山糸)【「西郷どん」インタビュー】

「西郷さんを支えながら子どもを育てる糸の強さを見せられるように」黒木華(岩山糸)【「西郷どん」インタビュー】

生涯に三度結婚した西郷隆盛(鈴木亮平)の三番目の妻となり、明治維新に向かって突き進む西郷を支えた岩山糸。本作では、幼い頃から西郷に思いを寄せ、紆余(うよ)曲折の末に結ばれる運命の女性として登場する。演じるのは「真田丸」(.. 続きを読む

TBS
憧れの存在には、いつまでも輝き続けてほしい。哀歓系コメディ『ピンカートンに会いにいく』

憧れの存在には、いつまでも輝き続けてほしい。哀歓系コメディ『ピンカートンに会いにいく』

自分がブレイクできずにいるのは、事務所の営業努力のなさやプロデューサーたちに見る目がないからだ。映画『ピンカートンに会いにいく』の主人公・優子(内田慈)はそう思い込むことで、芸能界の片隅で辛うじてこれまで生きてきた。オー.. 続きを読む

NHK
吉高由里子 主演映画の不入りで「サボリ病」発症

吉高由里子 主演映画の不入りで「サボリ病」発症

18年夏に、木村拓哉、二宮和也と共演する映画「検察側の罪人」(東宝)の公開を控えている吉高由里子(29)。プライベートでは、破局がささやかれていた関ジャニ∞・大倉忠義(32)との寿司デートが報じられるなど、熱愛も継続中だ。とこ.. 続きを読む

『西郷どん』第1話に大反響!『ドクターX』中園ミホ脚本に「めちゃくちゃハマった」

『西郷どん』第1話に大反響!『ドクターX』中園ミホ脚本に「めちゃくちゃハマった」

NHK大河ドラマ『西郷どん』(せごどん)の第1話が7日、ついに始まった。『やまとなでしこ』(フジテレビ系)、『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)、連続テレビ小説『花子とアン』(NHK)など話題作を手がけてきたヒッ.. 続きを読む

『西郷どん』今夜初回 手堅い布陣の中で主演・鈴木亮平は躍動できるか

『西郷どん』今夜初回 手堅い布陣の中で主演・鈴木亮平は躍動できるか

(kororokerokero/iStock/Thinkstock)今夜20時から、NHK大河ドラマ『西郷どん(せごどん)』がスタートする。誰もが知る英雄がどのように生まれ変わるのか。この記事ではドラマ全体と初回の見どころを見ていこう。■ストーリーを紡ぐの.. 続きを読む

「西郷どん」鈴木亮平の肉体美が堪能できる黒歴史的作品とは?

「西郷どん」鈴木亮平の肉体美が堪能できる黒歴史的作品とは?

いよいよ7日からスタートするNHK大河ドラマ「西郷どん」。NHK連続テレビ小説「花子とアン」でブレイクした鈴木亮平が演じる・主人公の西郷隆盛や、初の大河ドラマ出演となる北川景子にも大いに注目が集まっている。そんな中、世の亮平フ.. 続きを読む

「西郷は追い掛ければ追い掛けるほど、その奥にもっと大きなものがある人物」中園ミホ(脚本)【「西郷どん」インタビュー】

「西郷は追い掛ければ追い掛けるほど、その奥にもっと大きなものがある人物」中園ミホ(脚本)【「西郷どん」インタビュー】

2018年の大河ドラマ「西郷(せご)どん」の脚本を手掛けるのは、連続テレビ小説「花子とアン」(14)、「トットてれび」(16)などを送り出してきた中園ミホ氏。林真理子氏の小説を原作に、日本人なら誰もが知る西郷隆盛という人物を1年.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。