自慰の最新情報

自慰 に関するニュース検索結果   320件

夢精したことがある男性は6割超えと判明 中には「20回以上」という猛者も

夢精したことがある男性は6割超えと判明 中には「20回以上」という猛者も

(TAGSTOCK1/iStock/Thinkstock)身体的な構造から、精子が日々つくられ続ける男性は、ときに自らの意思とは異なって射精してしまう場合がある。「夢精」生理現象も、そのひとつだ。■6割以上が夢精を経験睡眠中、勝手に射精してしまう.. 続きを読む

男性は疲れると下半身が元気に? 残業時間とひとりエッチの関係を調査してみたら…

男性は疲れると下半身が元気に? 残業時間とひとりエッチの関係を調査してみたら…

(©ニュースサイトしらべぇ)性行為やマスターベーションをするには、ある程度、時間の余裕が必要だと考える人もいるだろう。一方で、「ばてマラ」「疲れマラ」といった言葉もよく知られる。過度に疲労した状態では、子孫を残す本能が働.. 続きを読む

ひとりエッチ頻度が高い男性は家庭円満? 意外な調査結果が明らかに

ひとりエッチ頻度が高い男性は家庭円満? 意外な調査結果が明らかに

(©ニュースサイトしらべぇ)「ひとりよがり」という言葉は、本来「独善的なこと」を意味するが、その語感から自慰行為を連想してしまう人もいるだろう。自分だけが快楽を得て、周囲は気に留めないように見える自慰。しかし、TENGAヘルス.. 続きを読む

「光が一生差さない可能性もある」男性のレイプ被害者が訴え 性犯罪厳罰化でも残る課題

「光が一生差さない可能性もある」男性のレイプ被害者が訴え 性犯罪厳罰化でも残る課題

今年7月、110年ぶりに大きく改正された刑法。「強姦罪」が「強制性交等罪」に名称変更され、膣だけでなく肛門・口での性行為も構成要件となったほか、男性も対象となった。また、法定刑は「懲役3年以上」から「懲役5年以上」に引き上げら.. 続きを読む

「週2回以上セックスする男性」の特徴は? サッカー、ファッション以上の趣味が…

「週2回以上セックスする男性」の特徴は? サッカー、ファッション以上の趣味が…

(©ニュースサイトしらべぇ)日本人のセックス頻度は、「国際的に見ても少ない」とよく言われる。TENGAヘルスケア社が、全国15~64歳の自慰経験のある男性2,000名を対象に調査したところ、「週2回以上セックスする」と答えた人は5.4%だ.. 続きを読む

「週10回以上ひとりでする男性」ってどんな人? アニメ・ゲーム好き以上に意外な趣味が

「週10回以上ひとりでする男性」ってどんな人? アニメ・ゲーム好き以上に意外な趣味が

(©ニュースサイトしらべぇ)精子が日々つくられるという身体の構造もあって、男性の9割が経験している自慰行為。その回数や頻度には個人差があるが、TENGAヘルスケア社が自慰の経験がある全国15~64歳の男性2,000名に調査したところ、全.. 続きを読む

自宅以外で「ひとりエッチしたことがある場所」ランキング 1位は男性なら納得か

自宅以外で「ひとりエッチしたことがある場所」ランキング 1位は男性なら納得か

(©ニュースサイトしらべぇ)9割の男性が経験しているひとりエッチ。秘めごとゆえ、ほとんどの場合は自宅・自室で行なっている人が多いだろう。実際、TENGAヘルスケア社が、自慰行為をしたことがある15歳~64歳の男性2,000名を対象に調査.. 続きを読む

むけてる男性は3人に1人 男性の「包茎」に関する2千人調査の結果が明らかに

むけてる男性は3人に1人 男性の「包茎」に関する2千人調査の結果が明らかに

(©ニュースサイトしらべぇ)男性のペニスには、それを包む「包皮」がある。第二次性徴とともにペニスが成長すると、亀頭が露出した状態になるのが一般的だが、それでも包皮に包まれている状態の人は「包茎」と呼ばれる。美容外科などに.. 続きを読む

誰にも聞けない夫のアダルトビデオの疑問

誰にも聞けない夫のアダルトビデオの疑問

アダルトビデオ(AV)に関する質問にお答えします私の主宰している「恋人・夫婦仲相談所」には毎日多くの質問、相談が寄せられますが、その中にはパートナーの性癖や嗜好に関するものもかなりあります。女性から上がってくる質問の中で多.. 続きを読む

不倫相手の「本気度」は言葉じゃなく態度で見るべき!

不倫相手の「本気度」は言葉じゃなく態度で見るべき!

不倫の8割は結ばれずにお別れしてしまうでしょうが、2割のカップルは既婚だった側が離婚して正式に夫婦として結ばれるようです。これは都市伝説などではなく、筆者の周りでも実際にありましたが、確かに稀なケースかもしれません。そうな.. 続きを読む

ひとりエッチはどんな姿勢でするもの? 「仰向け」以上の多数派が存在した

ひとりエッチはどんな姿勢でするもの? 「仰向け」以上の多数派が存在した

(©ニュースサイトしらべぇ)2人で行う夜の営みは、基本的にはベッドや布団で、寝転がってする人がほとんどだろう。では、男性がひとりで自分を慰めるときは、どのような姿勢が一般的なのだろうか。TENGAヘルスケア社が、自慰経験のある.. 続きを読む

ひとりエッチでオカズにした知人ランキング 男性は意外にも「一途」という傾向も…

ひとりエッチでオカズにした知人ランキング 男性は意外にも「一途」という傾向も…

(©ニュースサイトしらべぇ)男性のマスターベーションといえば、AVなどエッチな創作物を見て性的興奮を得るのが一般的だ。しかし、時にはあえて知り合いのことを妄想して興奮を得た経験がある人もいるだろう。TENGAヘルスケア社は、全国.. 続きを読む

男性が最もよく「オカズ」を見ている機器は… 「本とテレビの凋落」が明らかに

男性が最もよく「オカズ」を見ている機器は… 「本とテレビの凋落」が明らかに

(©ニュースサイトしらべぇ)精子が日々つくられつづける男性にとっては、「日常の一部」といっても過言ではないひとりエッチ。性的興奮を得るためには、何らかのコンテンツを見ることが一般的だが、今の時代、人はどのような機器・デバ.. 続きを読む

日米の“ひとりH事情”が違いすぎてビックリ!その理由とは

日米の“ひとりH事情”が違いすぎてビックリ!その理由とは

TENGAが日本とアメリカでひとりHに関する意識調査を行ったところ、かなり興味深いことが判明したというので、同社の女性向けセルフプレジャーアイテムブランド「iroha」の広報・工藤まおりさんに話を聞きました。◆アメリカでは女性の42%.. 続きを読む

ひとりエッチの「オカズランキング」が判明 8割の男性が普段使っているのは…

ひとりエッチの「オカズランキング」が判明 8割の男性が普段使っているのは…

(©ニュースサイトしらべぇ)TENGAヘルスケア社が、全国15歳~64歳の男性5,279名を対象に調査し、その中から自慰行為をしたことがある2,000名に対して行なった大規模なアンケート。普段なかなか表に出てこない、男性の性にまつわる事実が.. 続きを読む

浮気男性へ警告! 妻が見ている“浮気バレ”する夫の特徴 ー後編ー

浮気男性へ警告! 妻が見ている“浮気バレ”する夫の特徴 ー後編ー

※前編はこちら http://getnews.jp/archives/1989135どうも~、フーリガンという言葉を聞くと、すぐに“不倫”を想像してしまう頭が病気ぎみのキャバクラ大好き!裏社会ライター・丸野裕行で~す!自分の夫や彼氏が、外で何をやっているのか.. 続きを読む

男性の9割が行うひとりエッチ 「2割が経験するやり方」には重大な健康リスクも

男性の9割が行うひとりエッチ 「2割が経験するやり方」には重大な健康リスクも

(©ニュースサイトしらべぇ)アメーバやクラゲなど一部の無性生殖を行う種類を除き、ほとんどの動物は雄と雌に分かれ、雄の精子と雌の卵子が受精して繁殖する。中でもヒトの雄には決められた発情期がなく、日々つくられ続ける精子と突発.. 続きを読む

「土俵以外で一切暴力ダメは無理がある」松本人志の元日馬富士擁護論に物議

「土俵以外で一切暴力ダメは無理がある」松本人志の元日馬富士擁護論に物議

(©ニュースサイトしらべぇ)3日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、松本人志が元日馬富士の暴力事件についてコメント。その内容が、物議を醸している。■「格闘技の暴力」について持論を展開松本は元日馬富士が貴ノ岩に対し暴.. 続きを読む

『性行為』を放送したTV番組 その目的に賛否両論

『性行為』を放送したTV番組 その目的に賛否両論

※写真はイメージネットの掲示板や個人のブログを見ていると、ときどきこんな内容の投稿を見かけることがあります。「AVから得たセックスの知識を、現実に持ち込まないでほしい」勘違いしてはいけないのが、決してAVそのものを否定してい.. 続きを読む

TAKE NO BREAK バンドの成長を感じた初ワンマンツアー「ただの呑み友達がようやくバンドになってきた」

TAKE NO BREAK バンドの成長を感じた初ワンマンツアー「ただの呑み友達がようやくバンドになってきた」

NIGHTMAREのYOMI(Vo)こと淳のソロプロジェクトとしてスタートしたTAKE NO BREAKが初のワンマンツアー『2017 Autumn Oneman Tour「Demonstration」』を開催。そのツアー最終日、11月11日(土)下北沢・CLUB251のオフィシャルレポートが到.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。