自動運転車の最新情報

自動運転車 に関するニュース検索結果   581件

ジャガー・ランドローバーが目指す「セルフ ドライビング タクシー」サービスとは?

ジャガー・ランドローバーが目指す「セルフ ドライビング タクシー」サービスとは?

ジャガー・ランドローバーが「セルフ ドライビング タクシー」の実用化に向け、同社の技術投資部門「InMotion Ventures」(インモーション・ベンチャーズ)を通じて米スタートアップ企業「Voyage」(ボヤージュ)に約3.3億円を出資したそ.. 続きを読む

ニュアンス・コミュニケーションズ 視線検出を統合し対話型AIを搭載した「ドラゴン・ドライブ」が登場

ニュアンス・コミュニケーションズ 視線検出を統合し対話型AIを搭載した「ドラゴン・ドライブ」が登場

2018年1月10日、ニュアンス・コミュニケーションズは、ラスベガスで開催された「CES 2018」で、同社が開発するコネクテットカー向けプラットフォーム「Dragon Drive(ドラゴン・ドライブ)」の人工知能(AI)を活用した新機能を発表した.. 続きを読む

「自動運転車」「EV」「カーシェアリング」時代の到来が自動車業界の収益構造を一変させる?

「自動運転車」「EV」「カーシェアリング」時代の到来が自動車業界の収益構造を一変させる?

政府・民間企業・非営利団体など、様々な業種・マーケットを対象に経営コンサルティングを手掛ける「BCG」(ボストン コンサルティング グループ)が1月11日、「自動運転車」や「EV」などの登場に伴う自動車業界の将来予測を発表しました.. 続きを読む

来年ってマジ? 「ハンドルもペダルもない完全自動運転車」の量産計画が発表される

来年ってマジ? 「ハンドルもペダルもない完全自動運転車」の量産計画が発表される

5年後とかの話じゃなく?自動運転技術の開発は、いまもっとも自動車業界でホットな話題でしょう。でも、どことなく、まるで空飛ぶ車と同じで、ずっとずっと将来の夢のように感じていませんか? いつかは実現するといいですねってレベルで.. 続きを読む

【オートモーティブワールド2018】搭載可能位置を拡げる横置き対応の電気二重層キャパシタの新たな使用方法とは?

【オートモーティブワールド2018】搭載可能位置を拡げる横置き対応の電気二重層キャパシタの新たな使用方法とは?

マツダの「i-ELOOP」や、ホンダ・フィットなどに搭載実績のある電気二重層キャパシタを製造する日本ケミコンが、2018年1月17日(水)~19日(金)の期間で東京ビッグサイトで開催されているオートモーティブワールド2018に出展し、新たな.. 続きを読む

【オートモーティブワールド2018】ラストワンマイル問題の解消なるか? レベル4の完全自動運転EV「Milee」

【オートモーティブワールド2018】ラストワンマイル問題の解消なるか? レベル4の完全自動運転EV「Milee」

2018年1月17日(水)~19日(金)、東京ビッグサイトで開催されているオートモーティブ ワールド2018。ワンマイル モビリティ「Milee(マイリー)」が「自動運転 EXPO」に登場しました。自宅と最寄りの公共交通機関の駅やバス停との「ラ.. 続きを読む

「ハンドルが無いクルマ」がついに実現!? GMが無人走行可能なクルマを販売するため、アメリカ運輸省と交渉中

「ハンドルが無いクルマ」がついに実現!? GMが無人走行可能なクルマを販売するため、アメリカ運輸省と交渉中

自動車業界における最新トレンドのひとつであり技術革新が進んでいる自動運転について、業界の巨人といえるゼネラルモーターズが金字塔を打ち立てることになりそうです。同社が発表したニューモデル「クルーズAV」のインテリア画像には、.. 続きを読む

急増する「生活苦老人」へ転落しないために、これだけは知っておくべき情報リスト

急増する「生活苦老人」へ転落しないために、これだけは知っておくべき情報リスト

今後、65歳を迎えて「NINJA」になる人が急増するといわれています。ここでいうNINJAとは「忍者」のことではなく、「No Income, No Job or Asset」、つまり収入も仕事も資産もないことを意味します。年金支給開始年齢も70歳引き上げ説が出.. 続きを読む

アウディが2018年に自動運転「レベル3」のA8を発売予定。日本での発売は?

アウディが2018年に自動運転「レベル3」のA8を発売予定。日本での発売は?

2017年は世界的に景気が良い中にあり、プレミアムブランドであるアウディの販売は世界的に好調だったそうです。日本では、輸入車の販売は20年ぶりに30万台を超えました。アウディジャパンでは販売台数では昨年をわずかに下回ったものの、.. 続きを読む

技術力の結集。ミニマムなセンサー類を装備したトヨタの自動運転車「Platform 3.0」

技術力の結集。ミニマムなセンサー類を装備したトヨタの自動運転車「Platform 3.0」

Image: トヨタグローバルニュースルーム / YouTube 機器類がゴツくならないデザインを目指しています。現在開催中のCES 2018にて、トヨタの子会社で人工知能等の研究開発を行なうToyota Research I.. 続きを読む

【クリッカーオブザイヤー2017】カーシェアが進むからこそ、あえて所有したい1台はコレ!

【クリッカーオブザイヤー2017】カーシェアが進むからこそ、あえて所有したい1台はコレ!

いよいよ「平成」も残すところあと1年と少し。思い返すと、「平成」におけるクルマは激動の中にありました。私が生まれた平成元年は、世界中で今も評判が高い「ロードスター」が誕生したほか、「スカイラインGT-R(R32)」が数々のレース.. 続きを読む

日産のクルマが売れない…不正で新車登録4割減の危機的状況、ゴーン会長は会見に出ず逃亡

日産のクルマが売れない…不正で新車登録4割減の危機的状況、ゴーン会長は会見に出ず逃亡

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が発表した11月の国内新車販売台数(軽自動車含む)によると、無資格検査の問題があった日産自動車は前年同月比27.4%減の3万4693万台と2カ月連続で減少した。同じ無資格検査が判明した.. 続きを読む

赤ちゃんみたいにゼロから学習できるAIロボット、誕生

赤ちゃんみたいにゼロから学習できるAIロボット、誕生

Image: UC Berkeley/YouTube 事前の知識をプログラムに入れなくても、勝手に学んでいく。赤ちゃんっていろんなものに興味を持って、触ってみたり押してみたりなめてみたり、いろんなことをします。.. 続きを読む

国産車の品質が悪化? 日本の自動車業界に何が起こっているのか

国産車の品質が悪化? 日本の自動車業界に何が起こっているのか

J.D. Powerが公開した2017年自動車耐久品質調査レポート。 本記事はBUSINESS INSIDER JAPANからの転載です。故障の少なさ=耐久性は長らく国産車が誇る美点の1つだ。しかし「国産車の耐久品質が悪.. 続きを読む

「国産車=故障が少ない」は本当なのか? 耐久品質が悪化しているという衝撃のレポート

「国産車=故障が少ない」は本当なのか? 耐久品質が悪化しているという衝撃のレポート

自動車の購入時に気をつけたいポイントはいくつかあります。そのなかでも、「長く使える、いい買い物なのか」を考えるにあたって、自動車の耐久品質は気にかけておきたいところ。いまや、スマホとの連携はもちろん、自動運転・運転支援技.. 続きを読む

埼工大が深谷市の公道で自動運転実証実験を開始!私大では唯一のSIP参加

埼工大が深谷市の公道で自動運転実証実験を開始!私大では唯一のSIP参加

内閣府が推進する「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)」の一つである「自動走行システムの大規模実証実験」開始のニュースが巷を賑わせている。自動走行システムの実証実験には、国内外の自動車メーカー、自動車部品メーカーを.. 続きを読む

ついに時代はここまで来た…! 自動運転と人間のカーレース!

ついに時代はここまで来た…! 自動運転と人間のカーレース!

ロボットと人間による将棋や囲碁の対決はもうお馴染みになってきたが、自動運転の技術が進歩して来た今、ついにAIによる自動運転 vs 人間の運転する車という対決が実現するまでになったのだ。     画像出典:YouTube(Roborace) こち.. 続きを読む

ボルボ スウェーデンの一般家庭が、自動運転化を目指すボルボの実証実験車で開発サポートを開始

ボルボ スウェーデンの一般家庭が、自動運転化を目指すボルボの実証実験車で開発サポートを開始

2017年12月14日、ボルボ・カーズ本社は同日からスウェーデンの一般家庭の協力による自動運転車の開発を開始すると発表した。モニター家族はイェーテボリ市内の公道で、自動運転車に試乗した感想をボルボ・カーズのエンジニアにフィードバ.. 続きを読む

自動運転の三輪自動車!? …ではなかった!(笑)

自動運転の三輪自動車!? …ではなかった!(笑)

いまや様々な自動車メーカーが自動運転自動車の開発にしのぎを削っている時代。自動運転の車が迎えに来てくれる、という未来もそう遠くはないだろう。 こちらの動画では、中東の国でよく乗られている三輪自動車が映っているのだが、ドラ.. 続きを読む

迫るAI時代! 10年後になくなる仕事、なくならない仕事。あなたの仕事は大丈夫?

迫るAI時代! 10年後になくなる仕事、なくならない仕事。あなたの仕事は大丈夫?

AIやロボットの社会進出によって、人間の仕事が奪われる2014年、オックスフォード大学准教授のマイケル・A・オズボーンとカール・ベネディクト・フライが発表した論文『雇用の未来』は、世界的な議論を巻き起こした。その理由は、スーパ.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。