自動運転の最新情報

自動運転 に関するニュース検索結果   2091件

AIの進化が止まらない!! “AIを活用した第三のジム”が来月、首都圏にやってくる!!

AIの進化が止まらない!! “AIを活用した第三のジム”が来月、首都圏にやってくる!!

昨今の最重要トレンドワード「AI(人工知能)」。恋愛相談から服選び、自動車の自動運転まで…、「AI」は日進月歩の進化を遂げているようだ。そんな中、アメリカ・シカゴで誕生し、昨年8月に大阪心斎橋に上陸を果たしたAI主導のパーソナル.. 続きを読む

【人とくるまのテクノロジー展2018】お尻に敷くだけで居眠り運転を防止できる「ドライバーモニタリングシステム」とは?

【人とくるまのテクノロジー展2018】お尻に敷くだけで居眠り運転を防止できる「ドライバーモニタリングシステム」とは?

5月23日に開幕した「人とくるまのテクノロジー展2018 横浜」に、居眠り運転防止に有効な開発品「ドライバーモニタリングシステム」を出展した住友理工。愛知県名古屋市を拠点に、自動車用内装部品や遮音材、エンジンマウントなどの開発を.. 続きを読む

イギリス政府機関「イノベートUK」が自動車ベンチャーを率いて「人とくるまのテクノロジー展2018横浜」に出展

イギリス政府機関「イノベートUK」が自動車ベンチャーを率いて「人とくるまのテクノロジー展2018横浜」に出展

2018年5月22日、イノベーティブな企業に研究開発費などの助成をする英国の政府機関「イノベートUK」は、イギリスで今最も有望な自動車関連事業のイノベーター、技術者、起業家を日本市場へ橋渡しするために各社トップレベルの代表団を結.. 続きを読む

デンソー「人とくるまのテクノロジー展2018」で電動化技術、運転支援システム技術を出展

デンソー「人とくるまのテクノロジー展2018」で電動化技術、運転支援システム技術を出展

2018年5月18日、デンソーは5月23日~25日にパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2018 横浜」、7月に名古屋で開催される「人とくるまのテクノロジー展2018 名古屋」に出展すると発表した。今回はデンソーが取り組む「.. 続きを読む

クーペボディにチェンジ。ルノー「ルーテシア」次期型、メルセデスと共同開発の新エンジン搭載

クーペボディにチェンジ。ルノー「ルーテシア」次期型、メルセデスと共同開発の新エンジン搭載

ルノーのBセグメント・ハッチバック「クリオ」(日本名 ルーテシア)次期型プロトタイプをカメラが捉えました。6年振りのフルモデルチェンジで、ボディスタイルが大きく進化するようです。新型には、ルノー日産の最新世代プラットフォー.. 続きを読む

これからどうなる? 軍用ヘリコプターも自動運転に

これからどうなる? 軍用ヘリコプターも自動運転に

Image: Aurora Flight Sciences もう止められないんですねぇ。ボーイング傘下のAurora Flight Sciencesという企業が開発している自動運転ヘリコプターが、米海兵隊の実戦訓練に初めて参加しました.. 続きを読む

ホンダ「人とくるまのテクノロジー展2018」にフレーム技術・ホンダ センシングなどを出展

ホンダ「人とくるまのテクノロジー展2018」にフレーム技術・ホンダ センシングなどを出展

ホンダは神奈川県のパシフィコ横浜で2018年5月23日~25日に、愛知県のポートメッセなごやで2018年7月11日~13日に、公益社団法人自動車技術会の主催で開催される「人とくるまのテクノロジー展2018」にて、人々の「移動」と「暮らし」の可.. 続きを読む

         国産車にはないボディサイズ! 中国製バス「オノエンスター」は新たな選択肢となるか?

国産車にはないボディサイズ! 中国製バス「オノエンスター」は新たな選択肢となるか?

国産バスが選択肢を減らす中、外国製のバスが相次いで登場している。今回ご紹介する中国製の中型観光バス・オノエンスターも、国産バスにはない新ジャンルで市場を開拓しようとする新たなスターである。オノエンスターは東京・八王子で自.. 続きを読む

京セラとGLM、自動運転や先進運転支援を見据えた「実走可能」なコンセプトカーを出展【人とくるまのテクノロジー展2018】

京セラとGLM、自動運転や先進運転支援を見据えた「実走可能」なコンセプトカーを出展【人とくるまのテクノロジー展2018】

5月23日から開催される25日まで開催される「人とくるまのテクノロジー展2018 横浜」に先駆けて、前日の22日に京セラとGLMの協業によるコンセプトカーがプレス発表されました。京セラ、GLMともに京都に本拠を構えていて、京セラからGLMに.. 続きを読む

600馬力超え!メルセデス・ベンツ最強SUV、GLS 63 AMG次期型をスクープ

600馬力超え!メルセデス・ベンツ最強SUV、GLS 63 AMG次期型をスクープ

メルセデス・ベンツの旗艦クロスオーバーSUV「GLS」のハイパフォーマンスモデル、「GLS 63AMG」次期型プロトタイプを初めてカメラが捉えました。次期型では最新の「MHA」プラットフォームを採用し、現行モデル比100kg程度の軽量化が図ら.. 続きを読む

サイバーセキュリティ技術に注力、コネクテッド化から自動運転までを包括的にサポートするコンチネンタル・オートモーティブ【人とくるまのテクノロジー展2018】

サイバーセキュリティ技術に注力、コネクテッド化から自動運転までを包括的にサポートするコンチネンタル・オートモーティブ【人とくるまのテクノロジー展2018】

自動運転化にともないよりいっそう要求の高まるインフォテインメントシステムに加え、自動運転を支えるクラウド情報の取得や、車載用ソフトウェアシステムの大型化複雑化により必要となってくる無線(OTA:Over The Air)アップデート機能.. 続きを読む

2018年3月期の純利益2.5兆円(前年比36%増)のトヨタ自動車。今期は一転、15%の利益減に?

2018年3月期の純利益2.5兆円(前年比36%増)のトヨタ自動車。今期は一転、15%の利益減に?

トヨタ自動車が月初に発表した2018年3月期の連結決算では、円安や米国の法人税減税が追い風となり、最終利益が2.5兆円(先期比+36.2%)と、2年ぶりに過去最高を更新しました。ところが今期(2019年3月期)については北朝鮮情勢や米中貿易.. 続きを読む

嵐・二宮和也『ブラックペアン』マンネリ感と粗い肉付け「でも面白い」という凄み

嵐・二宮和也『ブラックペアン』マンネリ感と粗い肉付け「でも面白い」という凄み

今週もニノちゃまこと嵐・二宮和也がすこぶる愛らしかった日曜劇場『ブラックペアン』(TBS系)も第5話。視聴率は13.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、ほぼ横ばいです。最終回でようやく15%に届くかどうか、という感じですかね。.. 続きを読む

自動運転が実用化されたら…みんなの本音は?

自動運転が実用化されたら…みんなの本音は?

クルマが自動運転で走っていたり、ロボットが人間の代わりに働いてくれる映画の世界がすぐそこまでやってきています。もし、すべてのクルマが自動運転に切り替わると、人的要因による交通事故は大幅に減少し安全なクルマ社会になっていく.. 続きを読む

室内犬の冷房……。気温が高くなるこれから、どうしたらいい?

室内犬の冷房……。気温が高くなるこれから、どうしたらいい?

季節を先取りした30度以上の真夏日や、梅雨を思わせるぐずついた天気など、変わりやすい空模様となっています。でも、ワンちゃんを飼っている方であれば、天気がよくても雨が降っていても愛犬との散歩は欠かせませんね。でも、この時季は.. 続きを読む

完全無人の自動運転車がドライブする様子。未来は着実にやってきてる

完全無人の自動運転車がドライブする様子。未来は着実にやってきてる

Image: Drive.ai 僕らは未来を生きている。大手の自動車メーカーだけでなくGoogle(グーグル)、Apple(アップル)、Tesla(テスラ)など、さまざまな企業が開発を進めている「自動運転技術」。同.. 続きを読む

熟成された後期型──新型メルセデス・ベンツCクラス

熟成された後期型──新型メルセデス・ベンツCクラス

メルセデス・ベンツのマイナーチェンジは単なる「販売のテコ入れ」ではないそれまでにないコンパクトなボディサイズのメルセデス・ベンツとして、1982年に登場した『190E』の系譜を受け継ぐのが『Cクラス』だ。ボディはコンパクトながら.. 続きを読む

日産自動車が「プロパイロット」搭載モデルの拡大を宣言。自動運転の普及を目指す

日産自動車が「プロパイロット」搭載モデルの拡大を宣言。自動運転の普及を目指す

日産がセレナに搭載して話題を集め、オーナーにとっては長距離移動や渋滞中の運転においては欠かせなくなっている運転支援システム「プロパイロット」。搭載車種を20車種に広げ、20の市場に投入する計画を日産が発表しました。将来的な自.. 続きを読む

ボッシュ「人とくるまのテクノロジー展2018」で世界初の次世代車載カメラを展示

ボッシュ「人とくるまのテクノロジー展2018」で世界初の次世代車載カメラを展示

2018年5月17日、ボッシュは5月23日からパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2018」で、世界初出展となる次世代車載カメラや、衛星と車載センサーを用いた自動運転向けの包括的な自車位置推定技術などの最新技術を展示.. 続きを読む

2030年代に「完全自動運転」社会へ。欧州委員会が実現に向けた工程表を発表

2030年代に「完全自動運転」社会へ。欧州委員会が実現に向けた工程表を発表

EU(欧州連合)の欧州委員会が5月17日、2030年代に「完全自動運転社会」を実現するための工程表を発表しました。自動運転社会により、2025年までに8,000億ユーロ(約105兆円)を超える市場がEUの自動車産業や電機業界に生まれると試算し.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。