自動化の最新情報

自動化 に関するニュース検索結果   563件

伊勢谷友介、影響を受けた人物は「吉田松陰」 森星との交際質問には笑顔

伊勢谷友介、影響を受けた人物は「吉田松陰」 森星との交際質問には笑顔

“RPAテクノロジーズ”CMキャラクター就任記者発表会が17日、東京都内で行われ、CMキャラクターに起用された俳優・映画監督・リバースプロジェクト代表の伊勢谷友介が登場した。同社は、ロボットにより単純な入力作業などを自動化できるソ.. 続きを読む

NHK
iPhoneはカメラアプリでWi-Fiに接続できるってホント? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

iPhoneはカメラアプリでWi-Fiに接続できるってホント? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は.. 続きを読む

触れずに清潔。自動で泡状ソープが出てくるikasusの「ソープディスペンサー」

触れずに清潔。自動で泡状ソープが出てくるikasusの「ソープディスペンサー」

自宅に1つはある、液体ソープ。外出先から帰ったときやご飯を食べる前など、手を洗うときに使いますよね。しかし、より衛生的に使うために、自動で泡状のソープが出てくるようにしてみませんか?たとえば、ikasusのソープディスペンサー.. 続きを読む

これはきづかない!AIが電話で美容院を予約 アドリブを聞かせたスムーズな会話に衝撃

これはきづかない!AIが電話で美容院を予約 アドリブを聞かせたスムーズな会話に衝撃

ニッポン放送で「タモリのオールナイトニッポン」などのディレクターなどを務め、現在はBayFMでITコメンテーターとしても出演中の土屋夏彦が、最近のIT・科学・経済のニュースを独自の目線で切り取ります。お店の予約もGoogleアシスタン.. 続きを読む

ロボット同士の戦い「バトルボット」が復活。ついに人工知能の時代へ

ロボット同士の戦い「バトルボット」が復活。ついに人工知能の時代へ

Photo: Adam Clark Estes/Gizmodo US AIなしでも相当激しかったんですけどね。知る人ぞ知る、ロボットたちの激しい戦い「バトルボット」が帰ってきました。アメリカで20年近く続いた番組の歴史のな.. 続きを読む

トヨタの向こうを張ったTeslaの赤字が止まらない

トヨタの向こうを張ったTeslaの赤字が止まらない

Image: Tesla via Statistica 昨年は最終損失が約20億ドル(2200億円)、今年1-3月期も7億ドル(760億円)の過去最大の赤字 Tesla(テスラ)のキャッシュバーンが止まりません。高い不良率の噂が後.. 続きを読む

クソロボットの女王、TEDに登壇。彼女が発明を続ける心に涙する

クソロボットの女王、TEDに登壇。彼女が発明を続ける心に涙する

Image: TED/YouTube 発明の裏にはこんなメッセージが。みなさん、彼女を覚えていますでしょうか? 忙しい朝のために、ボウルにシリアルを投入してミルクを注ぎ、スプーンですくって口に運ぶまでを.. 続きを読む

信頼に足る輝き。AIによるダイヤモンド鑑定、日本に初導入

信頼に足る輝き。AIによるダイヤモンド鑑定、日本に初導入

人間としてはちょっぴり悔しいけれど、いいサービスだな。そんな風に感じたのが、ジェエリーブランド「ケイウノ」が日本で初めて導入したAI(人工知能)によるダイヤモンド鑑定。 .. 続きを読む

イノベイティブな国 シンガポール事情【留学生ひさと シンガポール・ワクワク通信】

イノベイティブな国 シンガポール事情【留学生ひさと シンガポール・ワクワク通信】

シンガポールは、人口が約570万人(2017年推定値)で面積が719平方キロでの国。東京23区と面積がほぼ同じ大きさだが、WEF(世界経済フォーラム)によると、2017-2018年の競争力ランキング(総合部門)はスイス、米国についで世界第3位を.. 続きを読む

空前の最高益ラッシュのなか、赤字決算の企業リスト…中国事業という「鬼門」

空前の最高益ラッシュのなか、赤字決算の企業リスト…中国事業という「鬼門」

車の自動化、社会のIoT(モノのインターネット)化などを背景に半導体投資が活発化しており、電機業界は総じて好景気といわれる。実際に業界では最高業績を更新しているところも少なくない。しかし、そうしたなかにあって、業績悪化が続.. 続きを読む

Google I/O 2018で発表された、良かったもの・悪かったものを総まとめ #io18

Google I/O 2018で発表された、良かったもの・悪かったものを総まとめ #io18

Image: Google 期待したほどじゃなかったけど期待したい?開発者向けカンファレンスではあるものの、数々の新発表で毎年のように沸かせてくれるGoogle(グーグル)のイベント「Google I/O」。昨年.. 続きを読む

日本の絶滅危機になっている大工道具特集!!

日本の絶滅危機になっている大工道具特集!!

古来より木造建築の技術発展と共に歩んできた大工道具。丁寧に使い込まれた道具には職人の腕が反映されているようで、見るだけでわくわくしてしまう。そんな大工道具だが現代の自動化によって使い手が居なくなり姿を消している物もある。.. 続きを読む

AIに仕事を奪われて大量失業か。意外な救済策が、本気で検討されている

AIに仕事を奪われて大量失業か。意外な救済策が、本気で検討されている

“車いすの天才物理学者”として知られるスティーヴン・ホーキング博士が3月14日に亡くなった。博士は晩年、「人類に残された時間はあと100年」と、多くの“警告”を繰り返し発していた。そのメッセージの意味とは?◆日本の労働人口の半分がA.. 続きを読む

新卒こそベンチャー企業に行くべき理由

新卒こそベンチャー企業に行くべき理由

『新卒はベンチャー企業へ行きなさい AI共存時代の「稼ぐ力」の磨き方』(清水 宏著、幻冬舎)の著者は、本書の冒頭にこう記しています。 学生たちが就職したい企業ランキングを見ると、その上位を占める企業にはこの10年ほとんど変化が.. 続きを読む

コストをかけず手持ちの家電がIoTに。物理的にスイッチをポチッと押してくれるスマートホームデバイス【今日のライフハックツール】

コストをかけず手持ちの家電がIoTに。物理的にスイッチをポチッと押してくれるスマートホームデバイス【今日のライフハックツール】

便利で快適な生活を志す方なら、家電の制御を自動化したり遠隔でできるようにしたり、といったスマートホーム化を検討したことがあるでしょう。でも、いざスマートホームハブを導入しても、制御できる家電の種類は意外に限られていること.. 続きを読む

中国への入国時の指紋採取や自動化ゲートの利用で注意喚起

中国への入国時の指紋採取や自動化ゲートの利用で注意喚起

在中国日本国大使館は、外国人が中国に入国する際に、入国審査で指紋採取を全国的に開始しているとして留意するよう呼びかけている。2017年2月に中国公安部が発表し、複数の空港で試験的に導入していたものの、現在は北京や上海などの主.. 続きを読む

オービスが首都高渋滞の新たな原因に!? 首都高渋滞最新研究

オービスが首都高渋滞の新たな原因に!? 首都高渋滞最新研究

今年2月および3月に、首都高C2のボトルネックとなっていたJCT内が次々と拡幅されたのは既報の通り。2月25日には小菅-堀切JCT間内回りが、3月18日には板橋-熊野町JCT間の両方向が、それぞれ片側3車線から4車線への広がった。どちらも首都.. 続きを読む

あなたの「お金とキャリアの悩み」に答えます! 第5回 絶対に損をしない投資はある? フィンテック起業家に聞いてみた

あなたの「お金とキャリアの悩み」に答えます! 第5回 絶対に損をしない投資はある? フィンテック起業家に聞いてみた

財務省、MBA留学、マッキンゼーを経て、2015年にスタートアップ企業・ウェルスナビを立ち上げた柴山和久さん。お金にまつわる独自のキャリアを生かしながら、現在は、資産を自動運用するサービス、ロボアドバイザー「WealthNavi(ウェルス.. 続きを読む

残業のない職場のほうが成長できる3つの理由

残業のない職場のほうが成長できる3つの理由

「うちは残業多くて大変だけど、そのぶん成長につながるから頑張れ!」そんなセリフを上司や先輩から聞いたことのある皆さん、こんにちは。ニュージーランドで働くプログラマのはっしーです。僕も月の残業が100時間を超えるブラックな職.. 続きを読む

AI技術の最先端から、ビジネスと暮らしを豊かにする注目のサービス・モノをご紹介!「第2回AI・人工知能EXPO」体験レポート

AI技術の最先端から、ビジネスと暮らしを豊かにする注目のサービス・モノをご紹介!「第2回AI・人工知能EXPO」体験レポート

人工知能(AI)の目覚ましい発展が、私たちの暮らしを目に見えるかたちで変えつつあります。その変革の波は、感情認識ヒューマノイドロボットの『ペッパーくん』やスマートスピーカーなどといった、生活を便利で楽しくしてくれる「モノ」.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。