脳性麻痺の最新情報

脳性麻痺 に関するニュース検索結果   76件

町工場に届いたメール「もう一度大好きな自転車に」そして1年後

町工場に届いたメール「もう一度大好きな自転車に」そして1年後

毎週月曜あさ5時~6時・火曜~金曜あさ4時30分~6時に放送しているニッポン放送『上柳昌彦 あさぼらけ』で放送中の朗読コーナー『あけの語りびと』。今回は、体が不自由な人たちのためにハンドバイクを作る職人の物語をご紹介します。ス.. 続きを読む

孫のために学校まで毎日4往復 車椅子を押して歩く76歳祖母(中国)<動画あり>

孫のために学校まで毎日4往復 車椅子を押して歩く76歳祖母(中国)<動画あり>

中国では、両親の離婚や親の出稼ぎが原因で祖父母が親代わりとなって孫の面倒を見ているという貧困家庭が少なくない。このほど広西チワン族自治区に暮らすある家族が中国メディア『環球時報』をはじめ『The Independent』『Oddity Centra.. 続きを読む

出生時に「余命1時間」と言われた男児、10歳誕生日を迎える(英)

出生時に「余命1時間」と言われた男児、10歳誕生日を迎える(英)

我が子の誕生を待ち望んでいる親にとって、医師に中絶を勧められることほど辛いものはない。英ウォリックシャー州に住むある母親は、妊娠中に双子のひとりが稀な病気であることを宣告され、医師から「生まれても命は持たない」と告げられ.. 続きを読む

KEIKOが患う『高次脳機能障害』 母を介護している女性の言葉に、考えさせられる

KEIKOが患う『高次脳機能障害』 母を介護している女性の言葉に、考えさせられる

※写真はイメージ2018年1月19日に引退を表明した、音楽プロデューサーの小室哲哉さん。小室さんは7年間、高次脳機能障害になった妻・KEIKOさんの介護をし、心身ともに疲れ切っていたと明かしました。【高次脳機能障害】頭部外傷や脳卒中、.. 続きを読む

【感動】脳性麻痺で歩けない少年が兵役から帰ったパパの目の前で起こした奇跡。

【感動】脳性麻痺で歩けない少年が兵役から帰ったパパの目の前で起こした奇跡。

脳性麻痺の少年が起こした奇跡のエピソードを紹介します。 動画の最初に登場する男性は兵士で海外に派兵されていました。 その男性には家族がおり、その息子さんは脳性麻痺で医師からは”歩くことはできない”と言われていました。 久しぶ.. 続きを読む

東京五輪・パラリンピックで密かに注目したい穴場競技「ボッチャ」とは?

東京五輪・パラリンピックで密かに注目したい穴場競技「ボッチャ」とは?

~今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪 第55回~フモフモ編集長と申します。僕は普段、スポーツ観戦記をつづった「スポーツ見るもの語る者~フモフモコラム」というブログを運営しているスポーツ好きブロガーです。2012年のロ.. 続きを読む

「コウノドリ」4話。綾野剛は星野源の気持ちを汲み取ったか。自然分娩にすがる母には自己肯定が必要だった

「コウノドリ」4話。綾野剛は星野源の気持ちを汲み取ったか。自然分娩にすがる母には自己肯定が必要だった

蓮「美奈、ごめんね。ママ、もう一回良いママになるからね。ママ、がんばるからね」美奈「ママがんばってる。ママ、がんばってる!」帝王切開で産んだせいで、自分は第一子を十分に愛せていないのではないか。悩む母親が、第二子を自然分.. 続きを読む

車イスでどこまでも行く。大切なのは、「方法を知っていること」。

車イスでどこまでも行く。大切なのは、「方法を知っていること」。

「多くの人は先入観を持っている。車イスは誰かを定義するものではなくて、モビリティ援助でしかないの」。そう語るのは、車イスで旅行をするための情報を集めた『Have wheelchair will travel』を運営するJulie Jonesさん。障害はハンデ.. 続きを読む

ハリウッド権力者の“セクハラ”事件にベン・アフレックの声明に「てめぇもだろセクハラ野郎」の声

ハリウッド権力者の“セクハラ”事件にベン・アフレックの声明に「てめぇもだろセクハラ野郎」の声

ハリウッドの権力者で名プロデューサーのハーベイ・ワインスタインが、過去30年間にわたって20代の女優や女性社員たちにセクハラしてきたと大手新聞が報道した。ハーベイが、弟と共に立ち上げた映画会社ワインスタイン・カンパニーを解雇.. 続きを読む

ドラマ「コウノドリ2」今夜から。ろうあ者もキャリアウーマンも母になってからが大変、この日本では

ドラマ「コウノドリ2」今夜から。ろうあ者もキャリアウーマンも母になってからが大変、この日本では

「出産は、奇跡だ」「だけど、奇跡のあとには、現実が続いている」今夜、10月13日(金)よる10時からスタートする金曜ドラマ『コウノドリ』(TBS系列)。2015年10月期に放送された同名ドラマの続編だ。新しいテーマとして「生まれ、そし.. 続きを読む

綾野剛×星野源『コウノドリ』新シリーズ直前に知っておきたい、2人の隠されたヒミツ

綾野剛×星野源『コウノドリ』新シリーズ直前に知っておきたい、2人の隠されたヒミツ

(C) 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.2015年に放送され大反響を呼んだ綾野剛主演ドラマ『コウノドリ』(TBS系)が、2年ぶりに帰ってくる! ペルソナ総合医療センターを舞台に、未受診妊.. 続きを読む

リリー・フランキーが主演映画で問いかける"障がい者の恋と性"「障がい者の恋や性欲を否定しないでほしい」

リリー・フランキーが主演映画で問いかける"障がい者の恋と性"「障がい者の恋や性欲を否定しないでほしい」

幼少期に脳性麻痺を患い車椅子生活を送る主人公クマをリリー・フランキーが演じた映画『パーフェクト・レボリューション』が話題だ。この作品は、リリー演じるクマが、清野菜名演じるミツと恋に落ちるも、結婚、出産、病気、介護といった.. 続きを読む

リリー・フランキーと清野菜名が挑んだ「日本の映画界にとってのレボリューション」

リリー・フランキーと清野菜名が挑んだ「日本の映画界にとってのレボリューション」

リリー・フランキーと清野菜名が、障がい者と風俗嬢が織りなす恋をポップに描く『パーフェクト・レボリューション』(公開中)で共演。原案・企画は、自身も脳性麻痺を抱えつつ、障がい者の性への理解を訴え続けてきた活動家・熊篠慶彦で、.. 続きを読む

障害者も健常者も関係ない! リリー・フランキーと清野菜名が不器用に愛を叫ぶ!!

障害者も健常者も関係ない! リリー・フランキーと清野菜名が不器用に愛を叫ぶ!!

9月29日より全国公開される映画『パーフェクト・レボリューション』は、幼いころに脳性麻痺を患い、手足を自由に動かすことができなくなったクマ(リリー・フランキー)と、人格障害を抱えた風俗嬢のミツ(清野菜名)が、互いの障害を乗.. 続きを読む

障がい者と風俗嬢の恋に挑んだリリー・フランキーと清野菜名。その想いに触れる

障がい者と風俗嬢の恋に挑んだリリー・フランキーと清野菜名。その想いに触れる

脳性麻痺の障がい者と破天荒な風俗嬢の恋を描く『パーフェクト・レボリューション』(9月29日公開)。世間から常に偏見や差別の目で見られるふたりは、愛を貫き通すことで“完全なる革命”を起こそうとする。この恋人たちを演じたリリー・フ.. 続きを読む

「壊れるほど抱いてほしい」 『クロ現』障害者の「恋と性」特集に大反響

「壊れるほど抱いてほしい」 『クロ現』障害者の「恋と性」特集に大反響

(amanaimagesRF/iStock/Thinkstock)人間は、自分と異なる境遇にいる人に対して、先入観や偏見を持ってしまう生き物だ。そして、ときにそれは、相手を大いに苦しめることにつながる。25日、『クローズアップ現代+』(NHK)で放送され.. 続きを読む

 【「不可能を可能にしろ」。自分自身にも、すごく響いた台詞。】VOL.36 清野菜名さん

【「不可能を可能にしろ」。自分自身にも、すごく響いた台詞。】VOL.36 清野菜名さん

障害者の性への理解を訴え続けている活動家の熊篠慶彦氏の、実話に基づく物語を映画化した『パーフェクト・レボリューション』。自身も脳性麻痺を抱える熊篠氏をモデルとした主人公クマを、氏の友人でもあるリリー・フランキーさんが演じ.. 続きを読む

清野菜名 リリー・フランキーと「恋人みたいな感覚でした」

清野菜名 リリー・フランキーと「恋人みたいな感覚でした」

本格的なアクションに、楽器もこなす多才さ、どんな役にも体当たりできる度胸の良さで、無二の存在感を放つ清野菜名さん。園子温さん、宮藤官九郎さんら奇才が愛するその素顔とは。清野菜名さんが現れた途端、場の空気が明るく和やかなも.. 続きを読む

心の障害をバリアフリー化するSEX革命の始まり。非感動ポルノ『パーフェクト・レボリューション』

心の障害をバリアフリー化するSEX革命の始まり。非感動ポルノ『パーフェクト・レボリューション』

乙武くんをマスメディアで見なくなって久しい。ベストセラー本を連発し、自身の原作小説の映画化『だいじょうぶ3組』(13)に出演するなど超売れっ子だった頃は、「障害があるのに下ネタが得意なんて、すごい!」ともてはやされたが、201.. 続きを読む

乳がんで両乳房切除した女性、素晴らしいアイデアのタトゥーを施す(英)

乳がんで両乳房切除した女性、素晴らしいアイデアのタトゥーを施す(英)

乳がんを患い、両乳房切除と再建手術を受けた3児の母親。彼女の胸に素晴らしいデザインのタトゥーが施された。これにより再び自信を取り戻した母親は、英メディア『Metro』に「乳がんを患う人たちへの励みになれば。自分の決断に誇りを持.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。