習近平の最新情報

習近平 に関するニュース検索結果   218件

金正恩が遵守する「金正日の遺言」全文公開(2)北のミサイル迎撃はできない

金正恩が遵守する「金正日の遺言」全文公開(2)北のミサイル迎撃はできない

さらに金正日の遺言は、不断の決意で臨め、とばかりにあらゆる事態でも核・ミサイルだけは手放さないよう、強く言い渡していたのだ。「『時には妨害が入ってきて、開発をやめるように見せかける必要が出てくるかもしれないが、絶対にやめ.. 続きを読む

中国とミャンマー「ロヒンギャ問題」の裏で結束強める

中国とミャンマー「ロヒンギャ問題」の裏で結束強める

(C)Shutterstockイギリスメディアによるミャンマーのアウンサンスーチー国家顧問への批判が凄まじい。ついこのあいだまで人権、民主のヒロインと持ち上げていたのに、イスラム教徒の少数民族『ロヒンギャ問題』では正反対の対応をとっ.. 続きを読む

米バスケ界の「名物親父」ラバー・ボール氏、トランプ大統領からの挑発にGIFアニメで応戦!

米バスケ界の「名物親父」ラバー・ボール氏、トランプ大統領からの挑発にGIFアニメで応戦!

ドナルド・トランプ大統領は、これまでGIFや動画を使って、ヒラリー・クリントンやCNNなどの"敵"をツイッターで威圧してきたが、その行いがついに自分に返って来たようだ。大胆な発言で米国のバスケットボール界を賑わせる、NBAロサンゼ.. 続きを読む

日韓とは連携したくない!?対北朝鮮で独自路線を示す中国の思惑とは

日韓とは連携したくない!?対北朝鮮で独自路線を示す中国の思惑とは

北朝鮮による火星15の発射を受け、アメリカのヘイリー国連大使は29日、国連本部で「今日全ての国が北朝鮮とのあらゆるつながりを断つことを求める」と述べた。トランプ大統領も北朝鮮との後ろ盾とも言える中国の習近平国家主席に電話をし.. 続きを読む

中国海洋覇権のターゲット「南シナ海」の次はリゾート地

中国海洋覇権のターゲット「南シナ海」の次はリゾート地

(C)Shutterstock南シナ海を支配下に入れた中国の次のターゲットは、インド洋と東アフリカの島嶼(とうしょ)国家に定まった。南インド洋に群礁を広く点在させるモルディブ共和国や、絶海の孤島から成るセーシェル共和国、そしてモーリ.. 続きを読む

Skypeもグレート・ファイヤーウォールに敗北。中国のApp Storeから削除される

Skypeもグレート・ファイヤーウォールに敗北。中国のApp Storeから削除される

Image: Castleski / Shutterstock.com Skypeが中国のアプリストアから姿を消し、「グレート・ファイヤーウォールの犠牲者がまた一つ」と話題になっています。ニューヨーク・タイムズの報道によると.. 続きを読む

【激動】中国ではいま「トイレ革命」が起こっている / 習近平が強力プッシュ! さようなら、ニーハオトイレ

【激動】中国ではいま「トイレ革命」が起こっている / 習近平が強力プッシュ! さようなら、ニーハオトイレ

我が国日本の隣国・中国。古くから交流があるものの、近年は何かと利害の不一致が目立ち、よく思っていない人も多いだろう。だがしかし……! この政策は応援したい。「中国トイレ革命」だ。文字通り「中国のトイレを本気でレボリューショ.. 続きを読む

米の“テロ支援国家”指定で、北朝鮮の反発は?

米の“テロ支援国家”指定で、北朝鮮の反発は?

中西哲生と高橋万里恵がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「クロノス」。11月21日(火)放送の「WAKEUP NEWS」のコーナーでは、北朝鮮専門ニュースサイト「デイリーNKジャパン」編集長の髙英起さん(※)に中国による特使の北朝鮮訪.. 続きを読む

宗男氏が激白「北方四島から聖火ランナーのスタートを!」

宗男氏が激白「北方四島から聖火ランナーのスタートを!」

新党大地代表の鈴木宗男氏、69歳。政界に足を踏み入れて、およそ35年が経つ。かつては自民党に所属し、北海道開発庁長官や党総務局長などの重要ポストを歴任した。その一方、"疑惑の総合商社"と糾弾され、2002年、北海道開発局発注の公共.. 続きを読む

橋下氏「権力を握る人には自分を客観的に見る能力が必要だ」

橋下氏「権力を握る人には自分を客観的に見る能力が必要だ」

橋下徹氏が、16日に放送された『橋下徹の即リプ!』で、自治体の首長になったときの感想明かした。  「なんでもできると感じてしまう。でも、僕は絶対そうなってはいけないというのを司法試験の勉強で学んだ。権力というのは本当に危.. 続きを読む

トランプと安倍が拒んだ「拉致被害者返還」の裏金外交(2)情報戦を仕掛けてきた北朝鮮

トランプと安倍が拒んだ「拉致被害者返還」の裏金外交(2)情報戦を仕掛けてきた北朝鮮

官邸関係者が続ける。「北朝鮮が拉致問題で『裏金外交』を持ちかけてきたのは、経済制裁でジワジワと首を絞められているから。本格的な冬を迎えれば石油の確保に苦しみ、『圧力』の影響がさらに大きくなると見られている。小泉訪朝時には.. 続きを読む

絵本からも見えてくる中国・習近平国家主席の権力集中への道のり

絵本からも見えてくる中国・習近平国家主席の権力集中への道のり

先日、トランプ大統領が中国を訪れ、その際に、日本円にして合わせて28兆円余りに上る商談が成立したことでも話題になりました。言うまでもございませんが、今や中国は世界が認める経済大国でございます。日本もたくさんの観光客のみなさ.. 続きを読む

トランプ大統領初来日は若者にどう映った? 「大統領って鯉に餌あげるんだ」「ちょっと親近感が湧いた」

トランプ大統領初来日は若者にどう映った? 「大統領って鯉に餌あげるんだ」「ちょっと親近感が湧いた」

安倍総理はアジア歴訪のトランプ大統領をゴルフや高級店での夕食会などでもてなし、日米首脳の親密さが見られる来日となった。トランプ大統領の初来日は日本の若者にどう映ったのか。『原宿アベニュー』(AbemaTV)では原宿でインタビュ.. 続きを読む

室井佑月「日本はポチ外交、中国はメンツの国」発言も習近平28兆円商談の赤っ恥

室井佑月「日本はポチ外交、中国はメンツの国」発言も習近平28兆円商談の赤っ恥

作家の室井佑月(47)が11月9日放送の『ひるおび!』(TBS系)で、安倍政権の対米外交の姿勢を「日本はポチ外交」と批判したことが、ネット世論で物議をかもしている。「室井はとにかく”安倍嫌い”で、安倍晋三首相(63)のやることなすこ.. 続きを読む

「対外戦争勝利なし」中国軍の過大評価で得するのは…

「対外戦争勝利なし」中国軍の過大評価で得するのは…

(C)Shutterstock中国は、対外戦争で一度も勝ったことがない国である。「中国共産党が、その暴力装置である人民解放軍や武装警察の増強に力を入れていることを捉え、『中国台頭論』、つまり、中国が経済発展とともに軍事力を強化し、や.. 続きを読む

【素朴な疑問】トランプ大統領は中国から Twitter を更新しまくってたけど中国的に違反じゃないの? 中国外交部はこう答えていた!

【素朴な疑問】トランプ大統領は中国から Twitter を更新しまくってたけど中国的に違反じゃないの? 中国外交部はこう答えていた!

アジアを歴訪中の米トランプ大統領。2017年11月5日の来日を皮切りに、8日~10日には中国を公式訪問した。そのなかで世界が注目したのは「Twitter禁止の中国で、トランプ大統領はツイートするのか」という点! 結果としてツイートしてい.. 続きを読む

「日本イチゴ」をマレーシアで現地栽培! 地の利を生かしてシンガポールでも通年販売

「日本イチゴ」をマレーシアで現地栽培! 地の利を生かしてシンガポールでも通年販売

マレーシアの“賢人”マハティール氏が首相当時に掲げた「ルックイースト」。バブル経済崩壊がまだ先の1980年代初頭、「日本に学べ!」と語る賢人の言葉は、経済成長に酔う当時の日本人の自尊心に快く響いた。あれからもう30年余りが過ぎ、.. 続きを読む

セクシー美女のライブ動画配信に2億円貢いだ! 中国で続発する巨額横領事件と“習近平政権”の影

セクシー美女のライブ動画配信に2億円貢いだ! 中国で続発する巨額横領事件と“習近平政権”の影

最近、中国では「打賞」という新語が流行している。その意味は、ネット上でライブ動画配信を行っている配信者に、視聴者がお金をプレゼントすることを指す。現地では、こうした視聴者からの打賞によって、1日で数千万円を稼ぐ動画配信者.. 続きを読む

中国で起きている「宗教弾圧」の真実

中国で起きている「宗教弾圧」の真実

(C)Shutterstock無神論の世界観を持ち、目に見えないものは存在しないと教えられている中国共産党員の多くが、実際は宗教を信じ、目に見えない世界に強い関心を持っていると、海外の中国反体制派メディア『The Epoch Times』が報じた。.. 続きを読む

北朝鮮で販売されている「金正恩名言集」の中身

北朝鮮で販売されている「金正恩名言集」の中身

(C)Shutterstock10月24日に閉幕した中国共産党大会で、習近平国家主席の名を冠した政治思想を盛り込んだ党規約の改正案が採択された。いわゆる“習思想”である。毛沢東語録、鄧小平理論に続いて、中国4000年の歴史のなかにおける“3大思.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。