純米酒の最新情報

純米酒 に関するニュース検索結果   278件

酒米の名産地・和島で地元に愛される酒蔵 哲学者の名にちなむ『和楽互尊』の歴史

酒米の名産地・和島で地元に愛される酒蔵 哲学者の名にちなむ『和楽互尊』の歴史

(©ニュースサイトしらべぇ)山並みに入り込んでいくように山深い地。しかし、道はほぼ平らで決して広い土地ではないが、その傍らにはどこまでも田んぼが続く。旧和島。ここは、新潟でも知られた酒米の産地だ。■銘柄に思いを込めれば発信.. 続きを読む

<福岡酒場放浪記>今宵はカウンターでまったり呑み!オトナが酔える隠れ家店5選

<福岡酒場放浪記>今宵はカウンターでまったり呑み!オトナが酔える隠れ家店5選

■ 隠れ家スタンディングで最高の日本酒とワインを「酒場 みんなの黄ちゃん」警固の裏通りにあるマンションの1室でひっそりと営業する「酒場 みんなの黄ちゃん」(福岡市中央区)。外からは中のようすはうかがい知れず、金庫のようなドアノ.. 続きを読む

レトロでかわいいお店で地酒を!女性に人気の日本酒をそろえるお店4選

レトロでかわいいお店で地酒を!女性に人気の日本酒をそろえるお店4選

京町家やレトロかわいいお店など、日本酒が豊富にあり、女性同士でも入りやすい雰囲気のお店が続々オープン!日本酒デビューに最適なお店をご紹介!<※情報は関西ウォーカー(2018年2月6日発売号)より>■ こだわりの日本酒とアテをビアホ.. 続きを読む

200年の伝統ある蔵と優れた技術力のある蔵が融合 阿賀野市『越つかの酒造』のDNA

200年の伝統ある蔵と優れた技術力のある蔵が融合 阿賀野市『越つかの酒造』のDNA

(©ニュースサイトしらべぇ)越つかの酒造があるのは、新潟市の東隣に位置する阿賀野市。県内屈指の登山者数を誇る五頭山(ごずさん)や、白鳥の渡来地である瓢湖(ひょうこ)、竹久夢二をはじめ多くの文化人が滞在した五頭温泉郷などで.. 続きを読む

寒い日の晩酌に!日本酒の熱燗デビューはいかが?

寒い日の晩酌に!日本酒の熱燗デビューはいかが?

寒い季節、晩酌に日本酒の熱燗を飲むのも、乙なものです。とはいえ、日本酒には吟醸、大吟醸、純米など種類がたくさんあり、どこがどう違うのか分からないという人も多いのでは? そこで、日本酒の種類を簡単におさらいしてみよう。まず.. 続きを読む

今よりも未来を見据える「米百俵」の精神で 奥ゆかしくも新潟プライドを守る栃倉酒造

今よりも未来を見据える「米百俵」の精神で 奥ゆかしくも新潟プライドを守る栃倉酒造

(©ニュースサイトしらべぇ)「ん、おいしい。このカテゴリーのお酒にしてはきれいすぎる」。そう思ってスペックを確認するときっと驚く。「57%磨きの本醸造」や「五百万石100%の普通酒」。長岡市郊外の大積地区にある栃倉酒造の常務取.. 続きを読む

今週末の予定はコレで決まり!週末イベント5選・福岡県編[2018年2月16日(金)~18日(日)]

今週末の予定はコレで決まり!週末イベント5選・福岡県編[2018年2月16日(金)~18日(日)]

■ 第24回城島酒蔵びらき/ 2月17日(土) 、18日(日)酒どころとして知られる久留米市城島で開催される恒例の酒蔵びらきイベント。城島の8つの蔵元が参加し、普通酒から本醸造酒クラス、純米酒クラス、吟醸酒から大吟醸酒クラスの個性あふれ.. 続きを読む

列島酔わせた暁斗に贈る 大“銀”醸「水尾」銀ラベルでコラボを

列島酔わせた暁斗に贈る 大“銀”醸「水尾」銀ラベルでコラボを

平昌冬季五輪のノルディックスキー複合個人ノーマルヒルで14日、銀メダルを獲得した渡部暁斗(29=北野建設)に故郷から祝福だ。渡部が愛飲している長野県の日本酒の蔵元からは「銀色のラベルのついたお酒を造りたい」という声が上がった.. 続きを読む

飲んでにこにこ「えびす顔」になる『福顔』 三条市唯一の酒蔵で超軟水を活かして

飲んでにこにこ「えびす顔」になる『福顔』 三条市唯一の酒蔵で超軟水を活かして

(©ニュースサイトしらべぇ)新潟県のほぼ中央に位置する三条市は「ものづくりのまち」。鍛冶の伝統を受け継ぎ、金属加工を中心に多様な加工技術が集積している。■清流・五十嵐川の恩恵を受けてそもそもの起こりは、江戸時代の初め頃、五.. 続きを読む

人と風土のチームワークが酒を育てる 地元に愛される旨味のある辛口『松乃井』

人と風土のチームワークが酒を育てる 地元に愛される旨味のある辛口『松乃井』

(©ニュースサイトしらべぇ)松の井酒造場の古澤実社長は、開口一番、「私や杜氏の方から指示したわけではないのです。蔵人の方から自発的に提案が出てきたんですね」と、 驚きと喜びを隠しきれない様子で話し始めた。■人と風土が酒を育.. 続きを読む

和は良酒を醸し良酒は和を醸す 伝統の技で新潟淡麗の美酒をつくる『雪の幻』の蔵

和は良酒を醸し良酒は和を醸す 伝統の技で新潟淡麗の美酒をつくる『雪の幻』の蔵

(©ニュースサイトしらべぇ)酒造りの基本は「和醸良酒」。蔵人の和をもって良酒を醸すことが、愛される新潟の酒造りに通じる。そのためには蔵人が幸せに働ける環境、体制作りが必要と蔵元は語る。■雪国の風情を名に新潟市の西南、信濃川.. 続きを読む

次期蔵元が手がける新ブランド『K』シリーズが快走 江戸時代から続く千代の光酒造

次期蔵元が手がける新ブランド『K』シリーズが快走 江戸時代から続く千代の光酒造

(©ニュースサイトしらべぇ)四季折々に美しく趣を変える頸城連峰に見守られて、銘酒『千代の光』は育まれてきた。ここは夏は涼しいが、冬ともなれば日本有数の豪雪地だ。■雪が育てるすっと消えていくような喉越し 「藏が雪で覆われる最.. 続きを読む

アユが泳ぐようにスイスイと飲める『鮎正宗』 湧水仕込みを受け継ぐ品質一途の酒蔵から

アユが泳ぐようにスイスイと飲める『鮎正宗』 湧水仕込みを受け継ぐ品質一途の酒蔵から

(©ニュースサイトしらべぇ)越後富士とも呼ばれる秀麗な妙高山。残雪がその山腹に跳ね馬の影を描く頃になると、あちこちで田起こしの作業が始まる。そんな妙高山の四季折々の姿を望める妙高市は、スキーと温泉で知られる高原リゾートで.. 続きを読む

小説にも登場する野積杜氏の里で 少数精鋭のチームで造る『越乃八豊』の蔵

小説にも登場する野積杜氏の里で 少数精鋭のチームで造る『越乃八豊』の蔵

(©ニュースサイトしらべぇ)越後杜氏は新潟県内の地域ごとに、三島(さんとう)杜氏、刈羽(かりわ)杜氏、頸城(くびき)杜氏の3流派に、または、三島杜氏を越路杜氏と野積(のづみ)杜氏の2つに分けて4流派とする考え方がある。■宮尾.. 続きを読む

古くは北海道や中国大陸にも進出 『越後長岡藩』『群亀』を造る関原酒造

古くは北海道や中国大陸にも進出 『越後長岡藩』『群亀』を造る関原酒造

(©ニュースサイトしらべぇ)そもそもは長岡街道の街道筋に常陸国小山の庄屋が居を構え、年貢米を使って酒造りを始めたのが出発点。屋号は「常陸屋」だった。  ■健やかに長生きしてほしいとの願いを込めて長岡街道は、長岡から妙法寺峠を.. 続きを読む

梅田のバルチカで昼も夜も行列!「魚屋スタンドふじ子」潜入調査で、業界大注目の理由がわかった

梅田のバルチカで昼も夜も行列!「魚屋スタンドふじ子」潜入調査で、業界大注目の理由がわかった

大阪駅隣接の商業施設「ルクア大阪」(大阪市)の地下に、今業界大注目の海鮮と日本酒の店がある。連日、昼夜問わず行列ができている大人気店の秘密に迫った!ルクア大阪のバルチカに、「海鮮が安いだけの店」という看板を店内に掲げる海鮮.. 続きを読む

 『姫の井』といえば「もち米四段仕込み」 一徹に寒造りにこだわる女性蔵元

 『姫の井』といえば「もち米四段仕込み」 一徹に寒造りにこだわる女性蔵元

(©ニュースサイトしらべぇ)『姫の井』の石塚酒造は柏崎市街を離れた山間の高柳地区にある。雪深い高柳は、かやぶき屋根の集落で町おこしをしていることでも知られ、また特産品である門出(かどいで)和紙は、新潟の人気酒のラベルに用.. 続きを読む

消費者や時代に柔軟に対応 日本酒ファンを増やした『上善如水』の開発秘話

消費者や時代に柔軟に対応 日本酒ファンを増やした『上善如水』の開発秘話

越後湯沢は、新潟県有数の温泉街であり、川端康成の小説『雪国』の舞台ともなった地であり、冬には多くのスキー客で賑わう観光の街。この地に安政2年(1855年)、湊屋藤助が豪雪地域ならではの豊富な湧水を使って酒造りを思いついた。こ.. 続きを読む

美味しい酒の次に重要になるブランディング 情報過多の時代にイメージを守る『緑川』

美味しい酒の次に重要になるブランディング 情報過多の時代にイメージを守る『緑川』

(©ニュースサイトしらべぇ)鮎が泳ぐ清冽な川が流れる米どころ。魚沼市の旧小出町にある緑川酒蔵は、ホームページなし、通信販売をせず、外回りの営業もいない。信頼の置ける特約店にだけ商品を託している。その特約店もホームページを.. 続きを読む

地元上越で絶大な人気を誇る『能鷹』 酒飲みに愛される秘密を田中酒造に探る

地元上越で絶大な人気を誇る『能鷹』 酒飲みに愛される秘密を田中酒造に探る

(©ニュースサイトしらべぇ)直江津は日本海に面した港町。森鴎外の『山椒大夫』の舞台として知られる。1971年、高田市と合併して上越市となった。 田中酒造の蔵は、直江津の中心部より車で10分、日本海に沿って走る旧北国街道沿いにある.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。