筒香嘉智の最新情報

筒香嘉智 に関するニュース検索結果   186件

DeNA・今永&桑原が球団ドキュメンタリーの舞台挨拶でチームとキャプテン・筒香を語る

DeNA・今永&桑原が球団ドキュメンタリーの舞台挨拶でチームとキャプテン・筒香を語る

横浜DeNAベイスターズの球団公式ドキュメンタリー映像作品「FOR REAL-必ず戻ると誓った、あの舞台へ。-」の初日舞台挨拶が2017年12月9日に横浜ブルク13で行われ、今永昇太投手と桑原将志選手が登壇。劇場には約400人のファンが集まり、.. 続きを読む

横浜DeNAの“真実”の姿を映し出す ドキュメンタリー映像作品のDVD発売と劇場公開が決定

横浜DeNAの“真実”の姿を映し出す ドキュメンタリー映像作品のDVD発売と劇場公開が決定

横浜DeNAベイスターズの2017年シーズンを振り返る公式ドキュメンタリー映像作品、『FOR REAL-必ず戻ると誓った、あの舞台へ。-』のDVDとBlu-rayの発売、および劇場公開が決定した。19年ぶりとなる日本シリーズ進出を果たした2017年シー.. 続きを読む

フジ・久慈暁子アナ「スポーツ担当」決定!加藤綾子は…

フジ・久慈暁子アナ「スポーツ担当」決定!加藤綾子は…

画/彩賀ゆう (C)まいじつフジテレビの久慈暁子アナウンサーが11月から局のスポーツ担当になることが正式に決定した。現在、久慈アナは朝の情報番組『めざましテレビ』にレギュラー出演中で、店舗の紹介や、飲食店のレポートなどを担当.. 続きを読む

清宮幸太郎を待ち受ける「未知なるプロの洗礼」(1)栗山監督は清宮パパに心酔

清宮幸太郎を待ち受ける「未知なるプロの洗礼」(1)栗山監督は清宮パパに心酔

「7球団競合」でドラフトの話題を独占した早実・清宮。6球団から指名された、かつてのスーパースター・清原和博をしのぐ各球団の熱烈歓待ぶりだったが、高校通算本塁打111本を記録した怪物には、未知の「プロの洗礼」が待ち受けている!.. 続きを読む

フジ「加藤綾子は独身野球選手の取材禁止」通達か

フジ「加藤綾子は独身野球選手の取材禁止」通達か

(C)まいじつフジテレビのスポーツ番組『スポーツLIFE HERO’S』のMCを担当するフリーアナウンサーの加藤綾子に関して、思いも寄らない情報が伝わってきた。今オフにも、独身野球選手への取材禁止が、フジテレビから命令に近い形で言い渡.. 続きを読む

早実・清宮幸太郎の北海道日本ハム入りで、再燃! 中田翔は、やっぱり阪神に……

早実・清宮幸太郎の北海道日本ハム入りで、再燃! 中田翔は、やっぱり阪神に……

ドラフトの最注目選手だった清宮幸太郎の交渉権を北海道日本ハムファイターズが獲得したことで、一度は消えたかと思われた中田翔の“阪神移籍説”が再燃。侍ジャパンの4番も打った大物選手の流出が、現実味を帯びてきた。中田は、大阪桐蔭.. 続きを読む

【プロ野球】今だからこそ思い出したい1998年「マシンガン打線」。DeNA打線から漂う復活の匂い

【プロ野球】今だからこそ思い出したい1998年「マシンガン打線」。DeNA打線から漂う復活の匂い

勢いに乗る広島をまさかの4連勝で下し、劇的な日本シリーズ進出を決めたDeNA。本稿が公開される頃にはソフトバンクと激戦を繰り広げているころだろう。DeNAにとっては横浜時代の1998年以来の日本シリーズ進出。この1998年の横浜は「マシ.. 続きを読む

日本シリーズで一喜一憂の加藤綾子に嫉妬する某タレント

日本シリーズで一喜一憂の加藤綾子に嫉妬する某タレント

(C)まいじつフリーアナウンサーの加藤綾子が、複雑な仕事状況になっているという。加藤は昨年4月よりフジテレビのスポーツ番組『スポーツLIFE HERO’S』のMCを担当しており、同年5月に最初に取材した現役のプロ野球選手が横浜DeNAベイス.. 続きを読む

【プロ野球】年俸3億超選手で勝手にコスパレース! 今季のコスパキングに輝いたのは筒香嘉智(DeNA)だ!

【プロ野球】年俸3億超選手で勝手にコスパレース! 今季のコスパキングに輝いたのは筒香嘉智(DeNA)だ!

「推定年俸3億円」(ベース給)を突破している超高額年俸選手たちを“コスパ”の観点で勝手にレースさせる本企画。その活躍ぶりをポイント化し、年俸に対しての1ポイントあたりの「お値段」を算出。スーパースターの活躍を「コスパ」でラン.. 続きを読む

【プロ野球】投手打撃10傑! 3本塁打の“広島キラー”ウィーランド(DeNA)が三冠を独占!

【プロ野球】投手打撃10傑! 3本塁打の“広島キラー”ウィーランド(DeNA)が三冠を独占!

激戦の続くクライマックスシリーズ。セ・リーグではDeNAと広島がファイナルステージで激突したが、マニアが注目したのはウィーランド(DeNA)だ。ウィーランドは今季のDeNAの「8番・投手」の基点になった打力の持ち主。特に広島戦は相性.. 続きを読む

清宮幸太郎「密室面談」で中日・ロッテにグラリ?(2)日ハムと清宮家は相思相愛

清宮幸太郎「密室面談」で中日・ロッテにグラリ?(2)日ハムと清宮家は相思相愛

面談後、各チーム内は「指名」か「回避」かで大きく揺れた。在阪スポーツ紙デスクが内情を明かす。「すでに1位獲りを狙って真っ先に名乗りを上げている阪神は間違いなく指名します。甲子園のスターとして縁があるばかりか、そもそも本人.. 続きを読む

ハマスタにレジェンドが集結! 谷繁やハマの番長らが参戦

ハマスタにレジェンドが集結! 谷繁やハマの番長らが参戦

横浜DeNAベイスターズは、横浜スタジアムの改修を記念した特別試合『ハマスタレジェンドマッチ』を11月23日(祝・木)に開催する。この特別試合は、「TEAM YOKOHAMA」と「TEAM 1998」の2つのチームに分かれて行われる。「TEAM YOKOHAMA」.. 続きを読む

ハマの番長&大魔神と筒香が対決!? 横浜DeNAベイスターズ「ハマスタレジェンドマッチ」11月23日(祝)開催

ハマの番長&大魔神と筒香が対決!? 横浜DeNAベイスターズ「ハマスタレジェンドマッチ」11月23日(祝)開催

横浜DeNAベイスターズは、横浜スタジアムの改修を記念した特別試合「ハマスタレジェンドマッチ」を2017年11月23日(祝)に開催する。今年初の企画で、これまでに横浜スタジアムを本拠地とした「横浜大洋ホエールズ」「横浜ベイスターズ」「.. 続きを読む

【プロ野球】好不調の予兆が見えた!? 今だからこそ思い出したい今季の開幕オーダー(セ・リーグ編)

【プロ野球】好不調の予兆が見えた!? 今だからこそ思い出したい今季の開幕オーダー(セ・リーグ編)

広島が2年連続の独走優勝を遂げ、DeNAと巨人がCS争いを繰り広げるセ・リーグ。各球団のファンにとっては喜びアリ、悲しみアリ、怒りアリのシーズンだったが、春先の時点ではそれぞれ希望を抱いていたはずだ。シーズンの大勢が決した今だ.. 続きを読む

横浜DeNAが球団初のLINEスタンプを発売! 監督や選手、球団マスコットなど全40種

横浜DeNAが球団初のLINEスタンプを発売! 監督や選手、球団マスコットなど全40種

横浜DeNAベイスターズは9月29日(金)、球団初の公式LINEスタンプを発売した。お披露目されたスタンプは全40種類。ラミレス監督や主砲の筒香嘉智、マスコットのDB.スターマンなど、多彩なラインナップとなっている。野球ファン同士だけで.. 続きを読む

有名人の珍しい名字ランキングが発表される → 30位「安室」19位「剛力」2位「筒香」そして第1位は……!

有名人の珍しい名字ランキングが発表される → 30位「安室」19位「剛力」2位「筒香」そして第1位は……!

世界的に見ても名字の種類がメチャメチャ多いことで知られる日本。何十年と人生を重ねた人でも「なんとお読みするんでしょう……?」と戸惑う名字も多いに違いない。ちなみについ最近、記者が遭遇した珍しい名字は「御園生(みそのう)」さ.. 続きを読む

【プロ野球】昨季のCSファイナルを振り返って検証。広島は今季も日本シリーズに進出できるか!?

【プロ野球】昨季のCSファイナルを振り返って検証。広島は今季も日本シリーズに進出できるか!?

リーグ優勝を決め、日本シリーズに向けてあとはCSファイナルステージでの勝利を祈るのみになった広島。昨季のCSはどうだったのかを振り返り、今季のCSを予想してみたい。※野球の見方が変わるスマホマガジン『野球太郎Pocket』と『週刊野.. 続きを読む

【プロ野球】ついに目覚めた山川穂高(西武)が急上昇ワード!? 今シーズンの月間MVPを振り返る

【プロ野球】ついに目覚めた山川穂高(西武)が急上昇ワード!? 今シーズンの月間MVPを振り返る

9月7日、山川穂高(西武)が一時、Twitterの急上昇ワードにランクインした。一瞬、何かあったのか……!? と思ってしまったが、実はこの日は8月度月間MVPの発表があり、西武の救世主となっている山川が初受賞を果たしたのだった。7月8日に1.. 続きを読む

清宮幸太郎のプロ入りを阻もうとする「超大物」

清宮幸太郎のプロ入りを阻もうとする「超大物」

スムース / PIXTA(ピクスタ)カナダのサンダーベイで9月1日から野球のU-18(18歳以下)大会『WBSC U-18ベースボールワールドカップ』が開催される。注目は高校通算歴代最多本塁打記録を更新した早稲田実業高校の清宮幸太郎と、夏の甲子園.. 続きを読む

【プロ野球】二段モーション禁止で投手生命の危機を迎えた三浦大輔はいかにして克服したのか

【プロ野球】二段モーション禁止で投手生命の危機を迎えた三浦大輔はいかにして克服したのか

菊池雄星(西武)への判定以降、侃侃諤諤の議論が交わされている「二段モーション」。ヤクルトの真中満監督も「セットでの投球もあいまい。ウチの小川も怪しいとか言われるしね。審判団で話し合って、キャンプ中に注意してくれないと」「.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。