竹笋生の最新情報

竹笋生 に関するニュース検索結果   7件

筍はもう食べましたか?今日は第二十一候「竹笋生」です

筍はもう食べましたか?今日は第二十一候「竹笋生」です

筍の季節です。筍といえば筍ごはんに若竹煮と、3月頃から出まわる春の味覚となっています。今日は立夏の末候「竹笋生(たけのこしょうず)」ですか、筍が店頭に並ぶのも終わりに近づいているようです。季節感と暦にズレはありますが、青々.. 続きを読む

二十四節気四立「立夏」。水田は多くの生命を育む豊饒のゆりかごです

二十四節気四立「立夏」。水田は多くの生命を育む豊饒のゆりかごです

5月5日より二十四節気・四立(しりゅう)の一つ、立夏。行く春を惜しむまもなく、暦では夏となります。豊葦原の瑞穂国という雅号さながら、日本各地の米どころでは田に水が湛えられ、水田地帯は一面水の国のような景色に変わります。薫風.. 続きを読む

「蚕起食桑」養蚕業の主、活動を始める|七十二候ダイアリー

「蚕起食桑」養蚕業の主、活動を始める|七十二候ダイアリー

桜が咲いて初々しい新社会人を街で見かけたら「春だなぁ」と、道すがら蚊取り線香の匂いがすると「夏だなぁ」と、なんとなく思うことがあるものの、僕らが日常生活の中で季節の変化を意識することはそんなに多くない。今から約150年以上.. 続きを読む

竹の花は120年にいちど咲く!?  七十二候<竹笋生(たけのこしょうず)>

竹の花は120年にいちど咲く!? 七十二候<竹笋生(たけのこしょうず)>

マダケ(真竹)など日本古来のタケノコが生えてくる時季です。竹ってその節を見れば誰でもすぐ「竹だ」とわかりますよね。なのに、木なのか草なのか、なぜすごい早さで成長してピタッと止まるのか、なぜ中身が空洞なのか…等々、じつは謎.. 続きを読む

「竹笋生」たけのこが、食卓に並び始める|七十二候ダイアリー

「竹笋生」たけのこが、食卓に並び始める|七十二候ダイアリー

桜が咲いて初々しい新社会人を街で見かけたら「春だなぁ」と、道すがら蚊取り線香の匂いがすると「夏だなぁ」と、なんとなく思うことがあるものの、僕らが日常生活の中で季節の変化を意識することはそんなに多くない。今から約150年以上.. 続きを読む

「蚯蚓出」アスファルトの上に干からびたミミズを目にする|七十二候ダイアリー

「蚯蚓出」アスファルトの上に干からびたミミズを目にする|七十二候ダイアリー

桜が咲いて初々しい新社会人を街で見かけたら「春だなぁ」と、道すがら蚊取り線香の匂いがすると「夏だなぁ」と、なんとなく思うことがあるものの、僕らが日常生活の中で季節の変化を意識することはそんなに多くない。今から約150年以上.. 続きを読む

もう初夏なのに?! 七十二候「竹笋生(たけのこしょうず)」。

もう初夏なのに?! 七十二候「竹笋生(たけのこしょうず)」。

今年も美味しかったですよね、タケノコ♪ と、すでに旬は過ぎてしまったような気がするのに、5月15日~20日頃は『竹笋生(たけのこしょうず)』。 実際の日本の季節感とはズレていることも多い「七十二候」ですが、それにしてももうすぐ夏。.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。