空飛ぶクルマの最新情報

空飛ぶクルマ に関するニュース検索結果   23件

【ジュネーブモーターショー2018】都会の渋滞対策でアウディが「空飛ぶクルマ」の開発に参画

【ジュネーブモーターショー2018】都会の渋滞対策でアウディが「空飛ぶクルマ」の開発に参画

2030年までに世界的に交通渋滞が大幅増加すると予測される中、同問題を解決しようと、ジュネーブモーターショー2018で空飛ぶEVコンセプトモデル「Pop.up Next」が公開されました。仏エアバス社の構想をベースに、新たに独アウディAG、イ.. 続きを読む

空飛ぶクルマとでっかいライオン。ジュネーブモーターショー2018で見つけた面白い乗り物まとめ

空飛ぶクルマとでっかいライオン。ジュネーブモーターショー2018で見つけた面白い乗り物まとめ

空飛ぶモーターショー?ジュネーブモーターショー2018はEVからスーパーカーまでさまざまでしたけど、もはや自動車ではないものまでありましたよ(※今回の取材は日産さんにご招待していただきました)。たとえばこちらはAudi(アウディ).. 続きを読む

オランダ製の「空飛ぶクルマ」がジュネーブモーターショー2018で公開。気になるお値段は?

オランダ製の「空飛ぶクルマ」がジュネーブモーターショー2018で公開。気になるお値段は?

オランダに拠点を置く「PAL-V International」社が、3月にスイスで開催されるジュネーブモーターショー2018において、空飛ぶクルマ「PAL-V Liberty」の市販モデルをワールドプレミアすると発表しました。同社は航空機や自動車の開発など.. 続きを読む

トヨタの若手有志が開発する「空飛ぶクルマ」が2018年内にテスト飛行へ!

トヨタの若手有志が開発する「空飛ぶクルマ」が2018年内にテスト飛行へ!

海外では大手企業やベンチャー企業などが都心部の交通渋滞緩和や災害時の活用などを目的に、「空飛ぶクルマ」の開発に着手しています。そうしたなか、clicccarでもご紹介したトヨタ自動車などが支援する有志団体「カーティベーター」(CA.. 続きを読む

クルマ好きのハートを鷲掴みにする!? 新型「カムリ」はCMにも注目!

クルマ好きのハートを鷲掴みにする!? 新型「カムリ」はCMにも注目!

トヨタ自動車(以下トヨタ)が7月10日に発売した新型「カムリ」。「官能を揺さぶる上質セダン」をコンセプトに、プラットフォーム、ユニット、電子系など全ての部品をゼロから開発することにより、エモーショナルで美しいデザイン、意の.. 続きを読む

トヨタ出資の「空飛ぶクルマ」に世界のメディアが注目!

トヨタ出資の「空飛ぶクルマ」に世界のメディアが注目!

愛知県豊田市でトヨタ自動車(以下トヨタ)社内の有志団体であるトヨタ技術会と豊田市が共同で毎年秋に開催している恒例イベント「わくわくワールド」。当初は社員や家族を対象にした「アイデアコンテスト」でしたが、その後、回を重ねる.. 続きを読む

「朝から空飛ぶ生活?」Uberの通勤シェアは2023年に実現か

「朝から空飛ぶ生活?」Uberの通勤シェアは2023年に実現か

少し前にリリースされた「空飛ぶタクシーで時間をかけずに出勤できる!」なんていう、SFのようなニュース。アメリカの配車アプリを運営する「Uber」は、空飛ぶクルマをシェアして、通勤をお手頃にできる構想を10年以内に実現させたい、と.. 続きを読む

トヨタグループが「空飛ぶクルマ」の開発活動「CARTIVATOR(カーティベーター)」に約4200万円出資へ

トヨタグループが「空飛ぶクルマ」の開発活動「CARTIVATOR(カーティベーター)」に約4200万円出資へ

長い渋滞中に愛車が「空を飛べたらなぁ」と想像したことありませんか? 混雑する時間帯に延々と続く車列を眺めていると、そんなことを夢想してしまいます。そんな夢を実現しようと、動いている日本の若手技術者達がいます。トヨタを中心.. 続きを読む

高岩遼「Ryo Takaiwa 27th Birthday Live」Iinterview

高岩遼「Ryo Takaiwa 27th Birthday Live」Iinterview

「必ずスターになる」と豪語する平成の暴れん坊将軍、高岩遼。彼の27歳の誕生日をジャズライブで記念するバースデーライブが5月12日にMotion Blue YOKOHAMAにて開催される。8人編成ヒップホップチームである SANABAGUN.、NEW SAMURAI R&R.. 続きを読む

そういえば「空飛ぶ車」が今年登場するって話…どうなってる?

そういえば「空飛ぶ車」が今年登場するって話…どうなってる?

出る出る詐欺じゃなきゃいいんですが。AeroMobilの空飛ぶ車が2017年までに発売されたら太陽を食べてあげる、と米GizmodoのMatt Novakさんが宣言したのは2015年3月のこと。まあ一応、新型の空飛ぶ車が今月末に展示されるとの発表はありま.. 続きを読む

安全性に配慮した「ドローンレーサー」で超低空の爽快感を

安全性に配慮した「ドローンレーサー」で超低空の爽快感を

京商は、ホイールタイプの送信機を採用した「DRONE RACER」(ドローンレーサー)を発売した。「未来のクルマはタイヤがなくなっているんじゃないか?」、「未来のレースは超低空バトルが主流になるのではないか?」……。そんな発想から誕.. 続きを読む

【ドローンキーパーソンインタビューVol.5前編】誰でも楽しめるレーシングドローン「DRONE RACER」ができるまで

【ドローンキーパーソンインタビューVol.5前編】誰でも楽しめるレーシングドローン「DRONE RACER」ができるまで

第5回は、R/C(ラジコン)の老舗メーカー 京商株式会社のお三方にお話を伺う本日発売のレーシングドローン「DRONE RACER」。この製品が生まれたきっかけとは?コンセプトは「空飛ぶクルマ」。プロトタイプを見ながら開発経緯を振り返るDR.. 続きを読む

超低空でR/Cカーのように操る「DRONE RACER」

超低空でR/Cカーのように操る「DRONE RACER」

ラジコンなどを製造・販売する京商は11月25日、ホイールタイプの送信機を採用し、R/Cカーのように操れる「DRONE RACER」を発売した。ラインアップは、未来のクルマをイメージしてデザインした「G-ZERO(ジーゼロ)」と「ZEPHYR(ゼファー.. 続きを読む

地上では、ハイブリッドカーに変身!  空陸両用・オランダ発「空飛ぶ自動車」

地上では、ハイブリッドカーに変身! 空陸両用・オランダ発「空飛ぶ自動車」

■空陸両用・夢の乗り物飛行機で空が飛べるようになって以来、人びとはさらなる夢を追い続けてきた。その夢とは、飛行機と自動車、双方の機能が搭載された空陸両用の究極の乗り物を作り出すことだった。鳥のように自由に空を飛び、交通渋.. 続きを読む

GAZOO Racingの動画「ホバーカー(空飛ぶクルマ)86」がトヨタの戦略を示唆!?

GAZOO Racingの動画「ホバーカー(空飛ぶクルマ)86」がトヨタの戦略を示唆!?

トヨタ自動車がGAZOO Racingのサイト「THE WORLD IS ONE FUTURE」で、未来都市を浮揚しながら走行する「AE86」を登場させました。動画の解説には「クルマはひとの心を動かすもの」、「大きな進化をしようとしている今、思う」とのコメン.. 続きを読む

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」に学ぶ、事件のトリガーになるセリフ――人生を変えた映画の言葉

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」に学ぶ、事件のトリガーになるセリフ――人生を変えた映画の言葉

(C) 1989 Universal Studios. All Rights Reserved.たった一本の映画が人生を変えてしまうことがあります。そんな「運命の映画」には、必ず「刺さるセリフ」があるものです。映像、音楽、衣装など、総合芸術と呼ばれる映画にはたくさんの.. 続きを読む

人類は “バック・トゥ・ザ・フューチャーの日” を迎えたが、空飛ぶクルマはまだない

人類は “バック・トゥ・ザ・フューチャーの日” を迎えたが、空飛ぶクルマはまだない

10月21日(現地時間)、米ユニバーサル・ピクチャーズ・ホームエンターテイメントは、リンカーン・センターにて映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のレッドカーペットを主催する。デロリアンに乗った主人公マーティ・マクフライが、.. 続きを読む

トヨタの「空飛ぶクルマ」特許はハイブリッド開発の歴史に学ぶ!

トヨタの「空飛ぶクルマ」特許はハイブリッド開発の歴史に学ぶ!

トヨタの北米での開発・生産子会社である、トヨタモーターエンジニアリング&マニュファクチャリングノースアメリカ(TEMA)がアメリカで出願した2件目の「空飛ぶクルマ」特許の詳細を説明します。タイトルが「空飛ぶ自動車のための2.. 続きを読む

トヨタが出願した「空飛ぶ自動車のための折り畳み可能な翼」とは?

トヨタが出願した「空飛ぶ自動車のための折り畳み可能な翼」とは?

トヨタの北米での開発・生産子会社である、トヨタモーターエンジニアリング&マニュファクチャリングノースアメリカ(TEMA)がアメリカで出願したいわゆる「空飛ぶクルマ」特許の詳細をご説明します。(出典:米国特許商標局) タイトル.. 続きを読む

「空飛ぶクルマ」が実現!? 米トヨタが特許出願、未来はすぐそこに?

「空飛ぶクルマ」が実現!? 米トヨタが特許出願、未来はすぐそこに?

source:http://www.shutterstock.com/1769年に蒸気式自動車が発明され、1886年にダイムラー・ベンツがガソリン式の3輪自動車を開発して以降、既に130年近く経過したが、今も尚、クルマは車輪で地上を走っている。一方、映画の世界では19.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。