税務調査の最新情報

税務調査 に関するニュース検索結果   317件

譲渡所得から控除される譲渡費用とは?最高裁判例も交えた最近のトレンド

譲渡所得から控除される譲渡費用とは?最高裁判例も交えた最近のトレンド

個人が資産を売却した場合に課される譲渡所得については、経費として譲渡に要した費用である譲渡費用を控除することができるとされています。譲渡に要した費用というと、かなり広い範囲の費用がこれに該当すると考えるかもしれませんが、.. 続きを読む

元国税芸人さんきゅう倉田の「役に立ちそうで立たない少し役に立つ金知識」 第54回 安く手に入るくすり「ジェネリック」

元国税芸人さんきゅう倉田の「役に立ちそうで立たない少し役に立つ金知識」 第54回 安く手に入るくすり「ジェネリック」

元国税局職員 さんきゅう倉田です。好きな芥川賞受賞作は「限りなく透明に近い青色申告」です。○「ジェネリック」ってなに?薬局に行くと「ジェネリックを希望されますか?」と聞かれます。ジェネリック医薬品とはなんなのでしょうか。新.. 続きを読む

不動産の譲渡所得から控除できる取得費の計算方法とその注意点を解説

不動産の譲渡所得から控除できる取得費の計算方法とその注意点を解説

土地や建物を個人が売った場合には、譲渡所得の対象になりますが、譲渡所得の計算上、譲渡収入から譲渡費用(譲渡に必要な費用)と譲渡資産の取得費(譲渡した資産の取得に要した金額)を控除することができます。このうち、取得費の計算.. 続きを読む

海外での所得はどの国で課税される?短期滞在者免税の183日ルールとは?

海外での所得はどの国で課税される?短期滞在者免税の183日ルールとは?

国際課税においては、稼いだ所得をどの国で課税するかが問題になります。日本の居住者であれば、全世界の所得に対して日本で課税されますが、その反面、例えば海外のA国の会社からもらう配当金に関しては、A国の会社のビジネスから生じた.. 続きを読む

大手パチンコ40グループ、総額1千億円の申告漏れ&巨額租税回避!元税理士が指南

大手パチンコ40グループ、総額1千億円の申告漏れ&巨額租税回避!元税理士が指南

元国税局職員さんきゅう倉田です。好きな経営方式は「三店方式」です。不正の多い業種として、パチンコがよく挙げられます。パチンコ業に不正が多くなるのは、「現金商売であること」「“たまたま”納税意識の低い方が集まる」といったこと.. 続きを読む

元国税芸人さんきゅう倉田の「役に立ちそうで立たない少し役に立つ金知識」 第53回 国税局への道

元国税芸人さんきゅう倉田の「役に立ちそうで立たない少し役に立つ金知識」 第53回 国税局への道

元国税局職員さんきゅう倉田です。好きな公務員は「村役場」です。今週日曜日、国税局に入るための試験『国税専門官試験』の一次試験が行われました。受験料は無料です。今から様々な欲望と戦って勉強すれば、来年の試験に間に合います。.. 続きを読む

副業が会社バレする落とし穴4つ

副業が会社バレする落とし穴4つ

プラナ / PIXTA(ピクスタ)メルカリやヤフオクなど、インターネットを利用した副業や在宅ワークなどで、本業とは別の収入を得ている人が増えている。しかし、会社に副業していることを隠したいという人は多いだろう。副業が発覚してしまう.. 続きを読む

所得税課税における居住者と非居住者の違いや区分について税理士が解説

所得税課税における居住者と非居住者の違いや区分について税理士が解説

所得税においては、居住者と非居住者の区分が重要になります。居住者であれば全世界の所得に対して課税される反面、非居住者については国内源泉所得と言われる所得についてのみ課税されます。両者の区分ですが、原則として国内に住所があ.. 続きを読む

元国税芸人さんきゅう倉田の「役に立ちそうで立たない少し役に立つ金知識」 第52回 たったの1,000円でアルバイトを働かせる罪「無期懲役」

元国税芸人さんきゅう倉田の「役に立ちそうで立たない少し役に立つ金知識」 第52回 たったの1,000円でアルバイトを働かせる罪「無期懲役」

元国税局職員さんきゅう倉田です。好きなアルバイトは『確定申告期間の税務署』です。「同一労働同一賃金」という、同じ仕事をしていれば、正社員も派遣社員も契約社員もアルバイトも同じ給与を支払うというルールが浸透してきました。正.. 続きを読む

「受取配当益金不算入制度」の概要と有効な活用方法を税理士が解説!

「受取配当益金不算入制度」の概要と有効な活用方法を税理士が解説!

法人税の非課税として、受取配当益金不算入制度というものがあります。文字通り、受取配当金について法人税の収益を意味する益金に含めないという制度です。益金に含まれないのであれば、法人税の対象にはなりません。法人税において、な.. 続きを読む

出向社員の給料を出向先と出向元のどちらがどれだけ負担するかで発生する税務

出向社員の給料を出向先と出向元のどちらがどれだけ負担するかで発生する税務

経営上、自社の従業員を関係会社や取引先に出向させることがよくあります。従業員を出向させる会社を出向元、出向社員を受け入れる会社を出向先といいますが、出向に関しては税務上、寄附金課税の問題がついて回ります。■出向と寄付金課.. 続きを読む

元国税芸人さんきゅう倉田の「役に立ちそうで立たない少し役に立つ金知識」 第51回 いやだなあ、なんだか怖いなあ - 逆選択とモラルハザード (1)

元国税芸人さんきゅう倉田の「役に立ちそうで立たない少し役に立つ金知識」 第51回 いやだなあ、なんだか怖いなあ - 逆選択とモラルハザード (1)

元国税局職員 さんきゅう倉田です。好きな所得は『一時所得』です。元国税局という肩書のためか、アルバイト先との労働問題やマンションの敷金の返還、仮想通貨の動向について、質問を受けることがあります。それらは、ぼくがのうのうと.. 続きを読む

家族を従業員にして得られる専従者控除と扶養控除の比較と注意点

家族を従業員にして得られる専従者控除と扶養控除の比較と注意点

所得税において、事業専従者や青色事業専従者という取扱いが設けられています。事業専従者とは、個人事業主の従業員として働く生計一親族をいいます。生計一親族は同じ財布で生活する家族を意味しますので、本来従業員としてお金を払うと.. 続きを読む

闇金業者に国税局が敗北!「違法な未収利息は収入に計上しなくていい」異例の判決

闇金業者に国税局が敗北!「違法な未収利息は収入に計上しなくていい」異例の判決

元国税局職員、さんきゅう倉田です。生まれ変わったらなりたいものは「連帯保証人」です。確定申告をする人のなかには、それはそれはたくさんの職業の方がいます。犯罪を収入の基礎としている人もいますし、犯罪すれすれの、限りなく漆黒.. 続きを読む

不動産販売業者は消費税の取り扱いに気をつけなければならない

不動産販売業者は消費税の取り扱いに気をつけなければならない

最近大きな問題になっている消費税の税務の一つに、不動産販売会社に対する消費税の問題が挙げられます。不動産販売会社は、原則として建物を仕入れて転売する事業を営みますが、この場合に仕入れる建物がすでに入居者が存する居住用マン.. 続きを読む

国税OB税理士にしかわからない鉄板ギャグ

国税OB税理士にしかわからない鉄板ギャグ

私が以前勤めていた税理士法人のOB税理士が言っていたことですが、現職時代、税務署の会計業務を担当していた際、裏金を作っていたということでした。具体的には、税務署の福利厚生を目的として、税務署の上級機関である国税局から観劇な.. 続きを読む

空室割合と空室期間で変化する賃貸アパート評価額。期間とは具体的にどれ位?

空室割合と空室期間で変化する賃貸アパート評価額。期間とは具体的にどれ位?

相続税の計算上、土地を評価する場合、その土地の利用形態が問題になります。土地を他人に貸していれば、その土地の利用が制限されるという点で借地権の控除が認められますし、自分でアパートなどを建てていれば、その入居者のため100%.. 続きを読む

「自分で申告するので源泉徴収(天引き)しないでください」は間違っている

「自分で申告するので源泉徴収(天引き)しないでください」は間違っている

お給料や税理士への報酬を支払う際、会社は所得税を天引きする必要があります。この天引きを源泉徴収といいますが、源泉徴収に関して多くの企業が誤解しているのは、源泉徴収を失念して支払った場合の取扱いです。源泉徴収はあくまでも支.. 続きを読む

【使用貸借】親の土地を無償で借りて不動産所得が生じた場合の注意点を解説!

【使用貸借】親の土地を無償で借りて不動産所得が生じた場合の注意点を解説!

借主が無償で貸主から資産を借り受ける取引を使用貸借といいます。親子間で土地を貸すような場合にこの使用貸借がなされますが、使用貸借について押さえておくべきは使用貸借に関連する経費が発生したとしても、その経費を不動産所得の経.. 続きを読む

国内居住者が海外取引所の仮想通貨で含み益が出た場合の国外財産調書

国内居住者が海外取引所の仮想通貨で含み益が出た場合の国外財産調書

日本の居住者のうち、5000万円をこえる国外財産を保有している方は、その国外財産の数量や価額などを記載する国外財産調書を確定申告期限までに提出しなければなりません。この国外財産調書ですが、仮に国外財産の記載がもれているような.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。