福建省の最新情報

福建省 に関するニュース検索結果   134件

春節に行ったら食べたい! 横浜中華街のあったかメニュー3選

春節に行ったら食べたい! 横浜中華街のあったかメニュー3選

2018年2月16日(金)から始まる「春節」でにぎわう横浜中華街。今回はこれまで「美食節」横濱中華街フードフェスティバルに登場したメニューや、この時季にうれしいあったかメニューをチェック。実力店の旨いものを味わおう! その中で今.. 続きを読む

まさに“チュー国”!? 成人男性が男児に、男児が女児に「ベロチュー」の嵐……

まさに“チュー国”!? 成人男性が男児に、男児が女児に「ベロチュー」の嵐……

1年ほど前、中国のとある会社が女性社員は毎朝社長とキスしなければならないというトンデモ社則を作って物議を醸したが(参考記事)、今年に入ってから、またしてもチューに関する事件が立て続けに2件起こった。中国東北部の都市ハルビン.. 続きを読む

中国人も驚いた“ブサイク建築”10選

中国人も驚いた“ブサイク建築”10選

奇抜なデザインで注目を集めることが多い中国の建築物。耐震性や強度では疑いの目が向けられているが、デザインに限って言えば、かなり尖っていて純粋に「面白い」と感じる人も多いかもしれない。そんな中国の特徴的な建築物の中から、20.. 続きを読む

中国でトラックが車両火災 近隣住民がアディダス新作シューズ5,000万円分を集団略奪!

中国でトラックが車両火災 近隣住民がアディダス新作シューズ5,000万円分を集団略奪!

中国由来の熟語に、趁火打劫(ちんかだこう)という言葉がある。意味は、敵の混乱に乗じて土地や民を奪うことである。現代の中国では、この単語が火事場泥棒を指す言葉として、たびたびニュースなどで使われている。今回は事故に遭ったト.. 続きを読む

肛門にタウナギ! 尿道には南京錠! 中国ヘンタイ男性の“異物挿入遊び”が止まらない!?

肛門にタウナギ! 尿道には南京錠! 中国ヘンタイ男性の“異物挿入遊び”が止まらない!?

本サイトでも、これまで幾度となく報じてきた中国人の異物挿入事件が、またしても起きてしまった。しかも、同時期に2例も……。業界紙「水産養殖網」(11月17日付)によると今月10日、40代の中年男性が腹痛を訴え、江西省の病院に緊急搬送.. 続きを読む

【謎】朝の病院に “自分のムスコの中に南京錠を入れた男” が現れる / 鍵は尿道の奥で発見! 医師「彼は日頃からムスコをもてあそぶ癖があった」

【謎】朝の病院に “自分のムスコの中に南京錠を入れた男” が現れる / 鍵は尿道の奥で発見! 医師「彼は日頃からムスコをもてあそぶ癖があった」

この世には、科学や一般常識では説明しきれない謎が数多く存在する。ピラミッドはどう作られたのか、ナスカの地上絵がどう描かれたのか。一体、誰が? どうやって??2017年11月、そんなミステリーに負けるとも劣らない奇妙な出来事が発生.. 続きを読む

「膀胱痛い」と訴える男性の尿道に南京錠

「膀胱痛い」と訴える男性の尿道に南京錠

人はなぜ、危険だとわかっていても探究心を止められないのだろうか。中国・福建省の病院に先日、31歳の男性が担ぎ込まれてきた。「膀胱が痛い」と訴える男性。彼のレントゲン写真には、なぜかくっきりと南京錠が写っていたという。尿道か.. 続きを読む

【倍率130倍】応募殺到の「帝国ホテルで楽しむ午後のティーパーティー」潜入レポート

【倍率130倍】応募殺到の「帝国ホテルで楽しむ午後のティーパーティー」潜入レポート

11月1日の「紅茶の日」にキリンビバレッジ主催で「帝国ホテルで楽しむ午後のティーパーティー」が開催されました。「午後の紅茶」のアドバイザーでもある、紅茶研究家の磯淵 猛先生を講師として招いた「紅茶の日」にふさわしい紅茶の楽し.. 続きを読む

【密室対談】覚醒、超音波、そして、MUTEK Japanについて

【密室対談】覚醒、超音波、そして、MUTEK Japanについて

2000年にカナダのモントリオールで開催されて以来、ブエノスアイレス、メキシコシティ、バルセロナ、そして、昨年から日本でも開催となった「MUTEK」。元々は、ケベック州が全面サポートの元に活動している団体で、映像と音楽の芸術祭と.. 続きを読む

NHK
【埼玉・加須】輝く黄金のスープ!修業先の名に恥じぬ淡麗塩ラーメン

【埼玉・加須】輝く黄金のスープ!修業先の名に恥じぬ淡麗塩ラーメン

サラリーマン時代によく通っていた茨城県の「麺堂 稲葉」へ弟子入りし、約4年の修業を経て独立。メニューは鶏素材と魚介素材を使った2種類の塩ラーメンのみで、その端正な味とビジュアルは修業先譲りの完成度。平日ランチタイムの水餃子.. 続きを読む

中国漁民が国家保護動物のシロイルカを解体販売! 「パンダ捕殺と同等」の蛮行に、死刑の可能性も……

中国漁民が国家保護動物のシロイルカを解体販売! 「パンダ捕殺と同等」の蛮行に、死刑の可能性も……

中国南方の沿岸部には、中華シロイルカという希少動物が生息しているが、乱獲や環境破壊などによって生息数が激減、すでに数千頭しか生息していないと推測されている。そのため、中国の国家一級重点保護野生動物に指定されており、捕殺す.. 続きを読む

中国の新ビジネス「共有彼女」サービスがヤバすぎた / “彼女” のシェアを当局が問題視! 開始1日で北京追放、中止に追い込まれる

中国の新ビジネス「共有彼女」サービスがヤバすぎた / “彼女” のシェアを当局が問題視! 開始1日で北京追放、中止に追い込まれる

レンタルサイクル、レンタルDVD、レンタル妹、レンタルおじさんにレンタル執事……何でもレンタルやシェアできちゃう今日このごろ、中国で「共有彼女」というビジネスが発表された。文字をそのまま理解すると、複数人で “彼女” を共有する.. 続きを読む

ついにシェアリング文化もここまで来た!? 斬新すぎる“ラブドールシェア”に警察が「待った!」

ついにシェアリング文化もここまで来た!? 斬新すぎる“ラブドールシェア”に警察が「待った!」

中国ではここ数年、日本以上にシェアリング文化が発展しており、特に街中での自転車のレンタル&乗り捨てができる自転車シェアなどは一大ブームとなっている。そんな中、新たなサービスが登場した。それは「共享女友」(ガールフレンドシ.. 続きを読む

新生児をビニール袋に入れ孤児院へ配送した鬼畜の母親(中国)

新生児をビニール袋に入れ孤児院へ配送した鬼畜の母親(中国)

このほど中国から産まれたばかりの我が子を物のように梱包し、宅配便で配送するという母親の話題が届いた。気温は37度という猛暑の中、赤ちゃんはまるで助けを求めるかのように精一杯泣き声をあげていたという。この時の動画が中国のSNS.. 続きを読む

中国のラグジュアリーホテルは盲点だった。

中国のラグジュアリーホテルは盲点だった。

もし日本に暮らす私たちが、ラグジュアリーホテルを楽しむとしたら──。その舞台としてポピュラーなのは、いつだって東南アジアだった。だからこそ、この「Tablet Hotels」のセレクトが、やけに新鮮さを伴って目に映った。実際に宿泊する.. 続きを読む

これは恥ずかしい… 閉店後の店で盗み取ろうとした中国人が“天罰”を受ける

これは恥ずかしい… 閉店後の店で盗み取ろうとした中国人が“天罰”を受ける

これは見事な晒し者! 中国・福建省中部の街、ホ田市にて、閉店後の店舗に侵入し、内部の物を盗み取ろうとした犯人が、入り口のシャッターに挟まれ身動きが取れなくなるという出来事が起こった。 コチラは、その現場を撮影した映像である.. 続きを読む

余罪数十件! プロ当たり屋「赤帽おじさん」が、ついに御用

余罪数十件! プロ当たり屋「赤帽おじさん」が、ついに御用

中国で「人肉撞車」という言葉が流行している。これは、いわゆる「当たり屋」を意味する新語だ。近年、当たり屋による偽装交通事故が多発しているのだ。「南方網」(8月13日付)によると、広東省深セン市で過去数十回にわたり、当たり屋.. 続きを読む

いよいよ8月7日開幕、「夏の甲子園」の意外な話

いよいよ8月7日開幕、「夏の甲子園」の意外な話

暑い日々が続き、夏真っ盛りという天気ですが、夏の天候に負けないほど熱い場所があります。いわずと知れた高校野球の聖地「阪神甲子園球場」でしょう。明日8月7日から、全国高等学校野球選手権大会が開催されます。いわゆる「夏の甲子園.. 続きを読む

防犯カメラに気づいた泥棒 オバケに扮して逃げるも逮捕(中国)<動画あり>

防犯カメラに気づいた泥棒 オバケに扮して逃げるも逮捕(中国)<動画あり>

中国・福建省のあるアパートに設置された防犯カメラに、白い布を身にまとった怪しい“オバケ”の姿が捉えられた。『Shanghaiist』など複数のメディアによるとこのオバケ、実は防犯カメラの存在を確認せず、アパートに侵入した間抜けな泥棒.. 続きを読む

【無駄にハイテク】中国の公衆トイレに顔認識システムが搭載される / 理由は「トイレットペーパーの取りすぎ」を防ぐため

【無駄にハイテク】中国の公衆トイレに顔認識システムが搭載される / 理由は「トイレットペーパーの取りすぎ」を防ぐため

顔認識システムは、警察が容疑者や犯人を特定する時に使われるイメージがあるが、FacebookなどのSNSにも使用され、我々の日常生活にも深く関わるテクノロジーだと言える。そんな最新技術が、中国の公衆トイレに搭載されて話題になってい.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。