石田衣良の最新情報

石田衣良 に関するニュース検索結果   164件

元宝塚・花組トップスター真飛聖、松坂桃李をボーイズクラブにスカウト! 映画『娼年』での演技が美しいと話題

元宝塚・花組トップスター真飛聖、松坂桃李をボーイズクラブにスカウト! 映画『娼年』での演技が美しいと話題

2001年の直木賞候補になり、シリーズ累計100万部を突破した石田衣良のベストセラー恋愛小説「娼年」が、2016年の舞台と同じ松坂桃李 × 三浦大輔のコンビで映画化され、4月6日(金)より全国公開、大ヒット上映中だ。原作は2001年の直木賞.. 続きを読む

松坂桃李、"娼夫"役で一皮むけた俳優に? 『娼年』に見る2つの根拠

松坂桃李、"娼夫"役で一皮むけた俳優に? 『娼年』に見る2つの根拠

松坂桃李の主演映画『娼年』(三浦大輔監督)は、女性に体を売る青年を描き直木賞を受賞した石田衣良の小説の映画化で、その設定が世間をざわつかせた。経済的な理由により女性が体を売る商売を行うことが問題視されたり、映画などで女性が.. 続きを読む

『娼年』松坂桃李が猪塚健太と演じた“男同士の濡れ場” 痛みでしか性的快感を得られない娼夫アズマの写真が公開

『娼年』松坂桃李が猪塚健太と演じた“男同士の濡れ場” 痛みでしか性的快感を得られない娼夫アズマの写真が公開

性の極限を描いたセンセーショナルな内容が話題を呼んだ石田衣良の恋愛小説『娼年』が、2016年の舞台と同じ松坂桃李と三浦大輔のコンビで映画化し、4月6日より全国公開されている。この度、娼夫リョウとNo.1を競うアズマの写真が公開され.. 続きを読む

R18で異例の反響「娼年」松坂桃李と交わる“男性”猪塚健太、8kg減の裸体…身を削って魅せた特殊な性的快感とは

R18で異例の反響「娼年」松坂桃李と交わる“男性”猪塚健太、8kg減の裸体…身を削って魅せた特殊な性的快感とは

【猪塚健太/モデルプレス=4月20日】石田衣良氏の恋愛小説を松坂桃李主演で映画化した『娼年』(R18+指定/公開中)より、猪塚健太演じる娼夫・アズマの写真が公開された。女性たちの欲望に向き合うことで変化を遂げていく主人公・リョ.. 続きを読む

猪塚健太、松坂桃李と男性同士の濡れ場「安心できた」 新場面写真公開

猪塚健太、松坂桃李と男性同士の濡れ場「安心できた」 新場面写真公開

俳優の松坂桃李が主演を務める映画『娼年』(公開中)の場面写真が20日、公開された。今回公開されたのは、猪塚健太演じる娼夫・アズマの場面写真。同作は石田衣良による同名小説を映画化。無気力な大学生・森中領(松坂)は会員制ボーイズク.. 続きを読む

松坂桃季、「お姉さん的な女性に責められたい」「今は広瀬すずが好き」……素顔は意外とチャラいドM男だった!?

松坂桃季、「お姉さん的な女性に責められたい」「今は広瀬すずが好き」……素顔は意外とチャラいドM男だった!?

作家・石田衣良の小説を演出家で映画監督の三浦大輔が映画化した『娼年』で、会員制ボーイズクラブで“娼夫”として働く若者・リョウを艷やかに演じ、大きな話題を呼んでいる松坂桃季。松坂の熱演の甲斐もあって、映画は大ヒット。いまや、.. 続きを読む

松坂桃李 長時間の濡れ場は「やるもんじゃない」と苦笑い!猪塚健太との演技で「信頼は大事」としみじみ

松坂桃李 長時間の濡れ場は「やるもんじゃない」と苦笑い!猪塚健太との演技で「信頼は大事」としみじみ

俳優・松坂桃李(29)が15日、東京・TOHOシネマズ日比谷で主演映画『娼年』(監督:三浦大輔/配給:ファントム・フィルム)大ヒット記念女性限定上映会に登壇した。作家・石田衣良氏の性の極限を描いた恋愛小説。2016年の松坂主演の舞台.. 続きを読む

松坂桃李、濡れ場撮りっぱなしの『娼年』でシャープな肉体に 『名探偵コナン』をライバル視も?

松坂桃李、濡れ場撮りっぱなしの『娼年』でシャープな肉体に 『名探偵コナン』をライバル視も?

4月15日(日)、 東京・TOHOシネマズ日比谷にて映画『娼年』の大ヒット記念・女性限定上映会が開催され、主演の松坂桃李が登壇した。映画『娼年』は、2001年の直木賞候補となった石田衣良原作の同名小説を映画化した作品。松坂演じる大.. 続きを読む

映画『娼年』大ヒット舞台挨拶 in名古屋 冨手麻妙&猪塚健太が登壇!

映画『娼年』大ヒット舞台挨拶 in名古屋 冨手麻妙&猪塚健太が登壇!

作家・石田衣良のベストセラー恋愛小説を映画化した『娼年』。4月6日より劇場公開され、女性を中心に大ヒットしている本作の舞台挨拶が4月14日、名古屋のセンチュリーシネマで行われ、出演の冨手麻妙、猪塚健太が登壇した。  前日の4.. 続きを読む

松坂桃李、長時間の濡れ場撮影で体力消耗を嘆く「本当に風邪ひくかと」

松坂桃李、長時間の濡れ場撮影で体力消耗を嘆く「本当に風邪ひくかと」

映画『娼年』のトークイベント付き女性限定上映会が4月15日、都内で開催され、主演の松坂桃李が登壇。同作で数多くの濡れ場シーンに挑んだ松坂が、撮影時の苦労を語った。  4月6日より全国公開中の映画『娼年』は、性の極限を描いたセ.. 続きを読む

松坂桃李 主演作R指定で宣伝できずも大ヒット「番宣ってなんなんだろうな」

松坂桃李 主演作R指定で宣伝できずも大ヒット「番宣ってなんなんだろうな」

俳優の松坂桃李(29)が15日、都内で行われた主演映画「娼年(しょうねん)」(監督三浦大輔)の女性限定上映会舞台あいさつに登壇した。 同作は、性の極限を描いたセンセーショナルな内容が話題を呼んだ石田衣良氏の同名恋愛小説を、16.. 続きを読む

松坂桃李の濡れ場がケモノ!痛いってば!笑えるR18映画『娼年』

松坂桃李の濡れ場がケモノ!痛いってば!笑えるR18映画『娼年』

ライター&少女漫画コンシェルジュの和久井香菜子です。松坂桃李くん(29)主演の映画『娼年』を観てきました。数年前に、原作(石田衣良の同名小説)を読んだんですが、めちゃくちゃ面白かったんですよね。松坂桃李くんもシュッとして美.. 続きを読む

松坂桃李「松坂桃李は世界を救う」コメントに「だーめだよ!」と言いつつ表情晴れやか!映画「娼年」へ真飛聖は「引き込まれてきて泣けてきた」

松坂桃李「松坂桃李は世界を救う」コメントに「だーめだよ!」と言いつつ表情晴れやか!映画「娼年」へ真飛聖は「引き込まれてきて泣けてきた」

俳優・松坂桃李(29)が7日、東京・TOHOシネマズ日比谷で主演映画『娼年』(監督:三浦大輔/配給:ファントム・フィルム)公開記念舞台あいさつを真飛聖(41)、冨手麻妙(24)、猪塚健太(31)、桜井ユキ(31)、馬渕英俚可(39)、三.. 続きを読む

馬渕英里何、自己紹介で「お漏らし女優」 観客衝撃のシーンに笑顔

馬渕英里何、自己紹介で「お漏らし女優」 観客衝撃のシーンに笑顔

女優の馬渕英里何が7日、東京・TOHOシネマズ日比谷で行われた主演映画『娼年』(2018年4月6日公開)の公開記念舞台挨拶に、松坂桃李、真飛聖、冨手麻妙、猪塚健太、桜井ユキ、三浦大輔監督とともに登場した。同作は石田衣良による同名小説.. 続きを読む

松坂桃李、激しい濡れ場作品に「服を着て前に立つのは一種のプレイ」

松坂桃李、激しい濡れ場作品に「服を着て前に立つのは一種のプレイ」

俳優の松坂桃李が7日、TOHOシネマズ日比谷で行なわれた映画『娼年』公開記念舞台挨拶に、真飛聖、冨手麻妙、猪塚健太、桜井ユキ、馬渕英里何、三浦大輔監督と共に登壇した。劇中、全裸で激しい濡れ場を何度も見せていた松坂は「上映後の.. 続きを読む

松坂桃李、“濡れ場”披露後に着衣で登場「ある種のプレイのよう」<娼年>

松坂桃李、“濡れ場”披露後に着衣で登場「ある種のプレイのよう」<娼年>

【松坂桃李/モデルプレス=4月7日】俳優の松坂桃李が7日、都内で行われた主演映画『娼年』の公開記念舞台挨拶に、共演の真飛聖、冨手麻妙、猪塚健太、桜井ユキ、馬渕英里何、三浦大輔監督と参加した。18禁指定の本作でハードな濡れ場に.. 続きを読む

松坂桃李「一種のプレイのよう」“激しい濡れ場”目撃した『娼年』観客を前に照れまくり!

松坂桃李「一種のプレイのよう」“激しい濡れ場”目撃した『娼年』観客を前に照れまくり!

石田衣良の同名小説を松坂桃李主演で映画化した『娼年』(公開中)の公開記念舞台挨拶が4月7日にTOHOシネマズ日比谷で開催され、松坂をはじめ、真飛聖、冨手麻妙、猪塚健太、桜井ユキ、馬渕英里何、三浦大輔監督が出席。上映後の舞台挨拶と.. 続きを読む

松坂桃李、全裸上映後の舞台挨拶に「何かのプレイ」 お尻のアドリブも

松坂桃李、全裸上映後の舞台挨拶に「何かのプレイ」 お尻のアドリブも

俳優の松坂桃李が12日、東京・TOHOシネマズ日比谷で行われた主演映画『娼年』(2018年4月6日公開)の公開記念舞台挨拶に、真飛聖、冨手麻妙、猪塚健太、桜井ユキ、馬渕英里何、三浦大輔監督とともに登場した。同作は石田衣良による同名小説.. 続きを読む

松坂桃李にとってセックスとは?18禁映画『娼年』で男娼を演じて知ったその力

松坂桃李にとってセックスとは?18禁映画『娼年』で男娼を演じて知ったその力

娼夫になった大学生リョウが、さまざまな女性たちとのセックスを通じて成長を遂げていく。石田衣良さんの恋愛小説を、2016年の舞台版に続き、三浦大輔監督(『愛の渦』『何者』)×松坂桃李さんの再タッグで映画化した『娼年』が公開。舞.. 続きを読む

猪塚健太、身も心も裸で挑む『娼年』 松坂桃李との絡みに役と一体化の嬉しさ

猪塚健太、身も心も裸で挑む『娼年』 松坂桃李との絡みに役と一体化の嬉しさ

●自分の一部になるくらい大切な役無気力な大学生・森中領が会員制ボーイズクラブ「パッション」で「娼夫」となり、女性の欲望を引き出していく……という衝撃的な内容が話題となった、石田衣良による小説『娼年』。2016年に松坂桃李主演、.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。