石原慎太郎の最新情報

石原慎太郎 に関するニュース検索結果   214件

天才テリー伊藤対談「音喜多 駿」(1)イエスマンだけを小池知事は欲しい

天才テリー伊藤対談「音喜多 駿」(1)イエスマンだけを小池知事は欲しい

●ゲスト:音喜多 駿(おときた・しゅん) 1983年、東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ入社。化粧品ブランド「ゲラン」で営業・マーケティングに携わる。2013年、東京都議会議員選挙に.. 続きを読む

貴乃花・特番ですら触れない「白鵬の八百長疑惑報道」…テレビと新聞は封殺

貴乃花・特番ですら触れない「白鵬の八百長疑惑報道」…テレビと新聞は封殺

「相撲界では日常茶飯事のように、毎場所半分以上の取り組みが八百長で土俵を賑わせている。それを放送しているNHKのスタッフは、当然相撲界の『八百長』の実態を知っているはずだ。NHKが仮に『相撲はそんなに真剣なものではない。日本の.. 続きを読む

石原良純&長嶋一茂に「コンビなの?」『徹子の部屋』2日連続登場

石原良純&長嶋一茂に「コンビなの?」『徹子の部屋』2日連続登場

俳優の石原良純とタレントの長嶋一茂が、テレビ朝日系トーク番組『徹子の部屋』(毎週月~金曜12:00~)に、12・13日の2日連続で登場する。超大物の二世の2人だが、最近は一緒になって番組に出演することも多く、黒柳徹子が「コンビなの?」.. 続きを読む

『広辞苑』10年ぶりの改訂で「みうらじゅん」の名も登場。思うままに拾い読んでみたら凄さの本質が見えた

『広辞苑』10年ぶりの改訂で「みうらじゅん」の名も登場。思うままに拾い読んでみたら凄さの本質が見えた

今月12日、岩波書店の『広辞苑』の第7版が発売された。1955年に新村出(しんむらいずる)編の『辞苑』を下敷きとして第1版が出てから60年あまり、1976年の第2版補訂版も含めると8回目の改訂ということになる。『広辞苑』は、国語辞典と百.. 続きを読む

小池百合子の“天敵”ジャーナリスト・横田一が注目する2018年問題「日本人にとって“知らない”では済まされない」

小池百合子の“天敵”ジャーナリスト・横田一が注目する2018年問題「日本人にとって“知らない”では済まされない」

衆院選直前の会見で、小池百合子希望の党代表(当時)の「排除」発言を引き出した注目のジャーナリスト、横田一氏にインタビュー。「2018年の日本人にとって、憲法改正と危機管理が重要なテーマになる。“知らない”では済まされない」と横.. 続きを読む

ビートたけしよ、お前もか! 安倍首相に一切突っ込まず接待状態に...「出てくれてありがたい」「安倍さんの話は最高だった」

ビートたけしよ、お前もか! 安倍首相に一切突っ込まず接待状態に...「出てくれてありがたい」「安倍さんの話は最高だった」

たけしよ、お前もか......。昨晩、安倍首相が出演した特番『ビートたけしの私が嫉妬したスゴイ人』(フジテレビ)を見ていて、そう呟かずにはいられなかった。番組は、アスリートや俳優など10人の「一流」の著名人が、各々に「嫉妬した」.. 続きを読む

玉木正之のスポーツ内憂内患「国ぐるみのドーピングをなくす“2つの方法”」

玉木正之のスポーツ内憂内患「国ぐるみのドーピングをなくす“2つの方法”」

IOC(国際オリンピック委員会)は、ロシア選手団を、来年2月に開催される平昌冬季五輪から締め出すことを決定した。これは当然の処置と言える。何しろWADA(世界反ドーピング機構)の調査によると、前回のソチ冬季五輪のときにロシアの全.. 続きを読む

室井佑月と立憲民主党・辻元清美が闘争宣言!「リベラルはお花畑なんかじゃない」「フェイクニュースに立ち向かえ」

室井佑月と立憲民主党・辻元清美が闘争宣言!「リベラルはお花畑なんかじゃない」「フェイクニュースに立ち向かえ」

"辻元おたく"ムロイが期待の大きさゆえにいろんな注文を出し「枝野さんは信用できるのか」問題まで語った前編。後編は一転して、頻繁に"フェイクニュース攻撃"を受けている辻元とネトウヨからディスられているムロイが、フェイク批判で意.. 続きを読む

2017年に売れた電子書籍は? 「進撃の巨人」の人気続く

2017年に売れた電子書籍は? 「進撃の巨人」の人気続く

年々、利用する人が増える電子書籍。今年は何が売れたかというと・・・。ブックリスタ(東京)が電子書籍ストアの販売実績から集計した「ブックリスタ年間ランキング2017」によると、2017年の年間ランキング総合1位は「進撃の巨人」22巻.. 続きを読む

天才テリー伊藤対談「舛添要一」(2)小池さんってまた国政を狙いますか

天才テリー伊藤対談「舛添要一」(2)小池さんってまた国政を狙いますか

テリー 元都知事の目線から、小池(百合子)さんが「希望の党」代表を辞任されたことについて、どう考えていますか?舛添 やはり、叩かれて国政と都政の二足のわらじはダメだ、と言われたことが大きいのでしょうね。私も都知事をやり、.. 続きを読む

小池都知事、ゼネコンにも完全屈服…豊洲で入札改革中止、軒並み落札率99%

小池都知事、ゼネコンにも完全屈服…豊洲で入札改革中止、軒並み落札率99%

東京都が11日に開札した豊洲市場追加工事は、これまで落札業者が決まらず不調だったのに、4工事とも落札された。不調だったのは、ゼネコンなど業者サイドが「反小池(百合子都知事)」で意思統一していたため。今回、小池氏は「入札改革.. 続きを読む

石原慎太郎のツイッター「日馬富士事件」に粘着言及する理由

石原慎太郎のツイッター「日馬富士事件」に粘着言及する理由

(C)まいじつ元東京都知事で作家の石原慎太郎氏が12月4日にツイッターを更新し、日馬富士の暴行事件について持論を展開した。これはあくまで作家としての憶測だが日馬富士事件の真相は千秋楽の挨拶で見せた白鵬の僭越驕りからして彼が弟.. 続きを読む

「現代用語の“黒”知識」2017裏流行語大賞(1)小池百合子の希望の党はもはや「気泡の党」

「現代用語の“黒”知識」2017裏流行語大賞(1)小池百合子の希望の党はもはや「気泡の党」

今年の世相を表す流行語に選ばれたのはアウフヘーベン、インスタ映え‥‥とオジサンにはどうもピンとこない。編集部が忖度せずに選抜したのは、熟年芸能夫婦の罵詈雑言、イケメン俳優のあの事件、女性議員のホテル密会などなど。「本家」が.. 続きを読む

日馬富士暴行事件が白鵬・モンゴル力士バッシングへ! 相撲ファンとメディアを蝕む日本礼賛とヘイト

日馬富士暴行事件が白鵬・モンゴル力士バッシングへ! 相撲ファンとメディアを蝕む日本礼賛とヘイト

日本相撲協会公式サイトより引退発表後も一向に報道が鳴り止まない横綱・日馬富士の暴行事件。事件発覚当初は、被害者である貴ノ岩や親方の貴乃花バッシングが繰り広げられていたが、ここにきて一転。日馬富士からモンゴル力士、白鵬バッ.. 続きを読む

小池百合子、破れなかった天井とは【新・オンナの生きざま♯1】

小池百合子、破れなかった天井とは【新・オンナの生きざま♯1】

OTONASALONE読者の皆さま、はじめまして。ライターの仁科友里と申します。ある時は芸能人の自意識を深読みするコラムを書き、ある時は婚活のハウツー本を書くことを生業としています。私自身がアラフォーたけなわということで、同世代、.. 続きを読む

小池百合子「橋下徹と合体新党」(2)橋下氏を「改革の同志」に

小池百合子「橋下徹と合体新党」(2)橋下氏を「改革の同志」に

はたして、小池劇場はこのまま閉幕してしまうのか。小池氏に近い政治部記者は「すでに再起を期して動き始めているようですよ」と明かしたうえで、今後の展望について続ける。「『ポスト安倍』を狙って返り討ちにあった彼女ですが、今は『.. 続きを読む

元東京都知事・石原慎太郎「貴乃花親方は常識的」擁護発言で炎上

元東京都知事・石原慎太郎「貴乃花親方は常識的」擁護発言で炎上

(C)まいじつ元東京都知事の石原慎太郎氏が11月27日にツイッターを更新し、日馬富士の暴行事件についてコメントした。立場の上の人間に金物で殴られて怪我をした子分を保護者の親方が被害者としてまず警察に訴えるのは世間では当たり前.. 続きを読む

ミニストップの「排除」で近づく“エロ本絶滅の危機”廃業して無職になる編集者たちの嘆き

ミニストップの「排除」で近づく“エロ本絶滅の危機”廃業して無職になる編集者たちの嘆き

コンビニのミニストップが、来年1月から国内全店約2,200店で成人向け雑誌の販売を中止すると発表した。これには、いわゆる「エロ雑誌」を作る側の業界から「絶滅に近づいた」との悲鳴も聞かれる。あるエロ雑誌をひとりで制作している56歳.. 続きを読む

中国に進出する外国企業に義務付けられた「新規制」

中国に進出する外国企業に義務付けられた「新規制」

(C)Shutterstockアメリカのドナルド・トランプ大統領がアジア諸国の歴訪を終えた。訪韓した折には、トランプ大統領を迎えた国賓晩さん会で『独島(ドクト=日本名:竹島)エビ』料理が出され、日韓合意を見たはずの元従軍慰安婦が出席.. 続きを読む

 「クウデタア」が一人の人間の内部で起きることーーーー戦後文学者と少年テロリストたち/『クウデタア』原作者・大塚英志さんインタビュー(後半)

「クウデタア」が一人の人間の内部で起きることーーーー戦後文学者と少年テロリストたち/『クウデタア』原作者・大塚英志さんインタビュー(後半)

まんが原作者・批評家である大塚英志さんの最新作である『クウデタア 完全版』(KADOKAWA)が発売になりました。舞台は敗戦の開放感と新時代への不安が入り混じる1950年後半と1960年前半、三島由紀夫、大江健三郎、石原慎太郎、江藤淳と.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。