石井光太の最新情報

石井光太 に関するニュース検索結果   9件

 【石井光太 特別寄稿】新著『43回の殺意 川崎中1男子生徒殺害事件の深層』に寄せて

【石井光太 特別寄稿】新著『43回の殺意 川崎中1男子生徒殺害事件の深層』に寄せて

ノンフィクション作家・石井光太さん。アジアの貧困街の裏側を描いた『物乞う仏陀』(文藝春秋)、『神の棄てた裸体』(新潮社)、『レンタルチャイルド』(新潮社)や、東日本大震災をテーマに被災地の知られざる真実に迫った『遺体―震.. 続きを読む

上村遼太君は、なぜ殺されなければならなかったのか?『43回の殺意 川崎中1男子生徒殺害事件の深層』

上村遼太君は、なぜ殺されなければならなかったのか?『43回の殺意 川崎中1男子生徒殺害事件の深層』

2015年2月20日未明、神奈川県川崎市の多摩川河川敷で、当時、上村遼太君(享年13)の全裸遺体が発見された。1週間後、日本中が固唾を飲んで見守る中、逮捕されたのは、当時17歳と18歳の未成年3人だった。彼らは、1時間のうちに遼太君の全.. 続きを読む

ストリートチルドレン、難民、代理母出産……世界各地の過酷なお産を巡る旅『世界の産声に耳を澄ます』

ストリートチルドレン、難民、代理母出産……世界各地の過酷なお産を巡る旅『世界の産声に耳を澄ます』

日本では少子高齢化が著しいものの、世界に目を移してみると、1日に生まれる子どもの数はおよそ3.8万人にも及ぶ。この記事を読んでいるまさにこの瞬間にも、地球上のどこかで新しい生命が産声を上げているのだ。しかし、日本のように衛生.. 続きを読む

 混迷するイラクのリアルを伝える――作家・石井光太×フォトジャーナリスト・林典子

混迷するイラクのリアルを伝える――作家・石井光太×フォトジャーナリスト・林典子

1月15日(日)に、作家の石井光太さんとフォトジャーナリストの林典子さんがトークイベントを行った。2016年12月に著書『砂漠の影絵』を刊行したばかりの作家・石井光太さんは、ノンフィクション作品を中心に幅広いジャンルで活躍を続け.. 続きを読む

石原さとみ主演『校閲ガール』で話題!ドラマよりもすごい校閲達の神伝説!

石原さとみ主演『校閲ガール』で話題!ドラマよりもすごい校閲達の神伝説!

マガジンサミット編集部が、今、かなり気になっているドラマ【地味にすごい!校閲ガール河野悦子】が10月5日(水)22時よりNTVではじまります。出版業界からは「ついに校閲さんの話がドラマに!」「絶対面白いと思う!」など期待の声がよ.. 続きを読む

 作家・石井光太が暴く「子ども殺し」の全貌――親はなぜ、愛するわが子を殺してしまうのか?

作家・石井光太が暴く「子ども殺し」の全貌――親はなぜ、愛するわが子を殺してしまうのか?

2015年5月。神奈川県厚木市のアパートから、白骨化した幼児の遺体が見つかるというショッキングな事件が起こりました。殺人罪に問われたのは、被害にあった齋藤理玖君の父親、齋藤幸弘。家出をした母親の代わりに、育児と言うには程遠い.. 続きを読む

【ミスコン特集2016】あなたの一票は誰に? 個性豊かで才色兼備な美女に大注目!

【ミスコン特集2016】あなたの一票は誰に? 個性豊かで才色兼備な美女に大注目!

文・滝沢晴香【アンアン総研ニュース】vol. 73■ 2016年も各大学がミスコンテストを開催!容姿だけでなく、内面も兼ね備えた各大学のNo.1美女が決められるミスコンテスト。これまでに数多くのアナウンサーやタレントを輩出し、その道の登竜.. 続きを読む

ノンフィクション作家・石井光太が迫る、虐待家庭の闇『「鬼畜」の家~わが子を殺す親たち~』

ノンフィクション作家・石井光太が迫る、虐待家庭の闇『「鬼畜」の家~わが子を殺す親たち~』

2014年に発覚した「足立区ウサギ用ケージ監禁虐待死事件」を覚えているだろうか? この事件は、東京都足立区に住む、元ホストの皆川忍(当時30歳)と、元ホステスの朋美(27歳)夫婦が、3歳になる玲空斗君を長期にわたり、ウサギ用ケー.. 続きを読む

リブロ池袋本店、閉店に際して。ありがとうのツイート集まる

リブロ池袋本店、閉店に際して。ありがとうのツイート集まる

1975年9月にオープン、芸術、文学など先鋭的な良書を並べ80年代「セゾン文化」をあらわし、「ニューアカデミズムの聖地」と称されてきた書店『リブロ池袋本店』が7月20日をもって40年間の営業を終えた。 閉店の決定以来、店内地下1階のLI.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。