真中満の最新情報

真中満 に関するニュース検索結果   41件

アニメ「グラゼニ」、PR動画の最新作「グラゼニ野球盤対決編」を公開! 落合福嗣と真中満がガチンコ勝負

アニメ「グラゼニ」、PR動画の最新作「グラゼニ野球盤対決編」を公開! 落合福嗣と真中満がガチンコ勝負

2018年プロ野球開幕シーズン期に放送予定のTVアニメ「グラゼニ」より、PR動画の最新作「グラゼニ野球盤対決 前編」が公開となった。「グラゼニ」は、森高夕次さん(原作)、アダチケイジさん(漫画)が「モーニング」(講談社)で連載中.. 続きを読む

【プロ野球】天国と地獄!? 強打の2番を先取りでリーグ制覇!? ヤクルト・真中満監督をダイジェストで振り返る

【プロ野球】天国と地獄!? 強打の2番を先取りでリーグ制覇!? ヤクルト・真中満監督をダイジェストで振り返る

45勝96敗2分の借金51。歴史的大敗を喫した今シーズンのヤクルトは真中満監督が退任。小川淳司シニアデレクターの監督経復帰が発表されている。ここで、ユニフォームを脱ぐことになった真中監督のプロ野球人生をダイジェストで振り返って.. 続きを読む

【プロ野球】去りゆく飯原誉士、今浪隆博に粋な計らい。ヤクルト対巨人の最終戦は消化試合ではなかった!

【プロ野球】去りゆく飯原誉士、今浪隆博に粋な計らい。ヤクルト対巨人の最終戦は消化試合ではなかった!

ヤクルトは10月3日に行われた巨人戦で全日程を終了。試合終了後に真中満監督がスピーチを行い、日本シリーズ出場球団に比べると、およそ1カ月早いシーズン終了となった。同時に筆者がライフワークにしている神宮球場におけるプロ野球観戦.. 続きを読む

つば九郎のブログが涙なしでは見られない 退任した監督に向けた思い

つば九郎のブログが涙なしでは見られない 退任した監督に向けた思い

プロ野球球団『東京ヤクルトスワローズ』のマスコットキャラクター、つば九郎。見た目の可愛さとは裏腹に、自由奔放で腹黒い性格として知られています。また、政治や社会問題をはじめとした時事ネタを、面白おかしく皮肉るフリップ芸がた.. 続きを読む

【プロ野球】暗黒の1970年に見えた光明。リンクするあの年、歴史が繰り返すならばヤクルトに光は差す!

【プロ野球】暗黒の1970年に見えた光明。リンクするあの年、歴史が繰り返すならばヤクルトに光は差す!

今シーズン、開幕から投壊が続いたヤクルト。石川雅規が11連敗、小川泰弘、星知弥は疲労骨折、復帰を果たしたものの由規は無期限2軍調整。先発投手だけでも数え上げればキリがないほど、さまざまな悪夢が起こっている。勝ち頭に目を向け.. 続きを読む

熊切あさ美、神宮“ヤクルト最終戦”を観覧宣言「真中監督の試合観に行きたい」

熊切あさ美、神宮“ヤクルト最終戦”を観覧宣言「真中監督の試合観に行きたい」

タレントの熊切あさ美が9月25日、『熊切あさ美 asami_kumakiri Instagram』にて10月3日に神宮球場で開催予定のプロ野球セ・リーグ「ヤクルト―巨人」戦を観に行くと告知した。現在のところ、この日がヤクルトスワローズの今シーズン最終試.. 続きを読む

【プロ野球】石川雅規(ヤクルト)が56年ぶりの11連敗…。今、ヤクルトのベテラン投手陣はどうっている!?

【プロ野球】石川雅規(ヤクルト)が56年ぶりの11連敗…。今、ヤクルトのベテラン投手陣はどうっている!?

9月12日のヤクルト対中日の一戦で石川雅規(ヤクルト)が先発。今シーズン最短となる3回6失点でノックアウトされ14敗目(4勝)。自身11連敗とセ・リーグでは56年ぶりとなる不名誉な記録を作ってしまった。今シーズンのヤクルトはクライマ.. 続きを読む

阪神二軍監督“解任”の掛布雅之氏が「金本を潰す!」と、他球団に怒りの売り込み

阪神二軍監督“解任”の掛布雅之氏が「金本を潰す!」と、他球団に怒りの売り込み

球界に新たな「遺恨」が誕生したようだ。プロ野球・阪神タイガースは、9月10日に掛布雅之二軍監督の今季限りでの退任を発表。金本知憲監督も「一緒にやっていきましょうということで、2年間、支えてもらいました。若い選手もたくさん送り.. 続きを読む

【プロ野球】「真中監督のまんぷくかつ丼」も今シーズンで解任!? 神宮球場グルメの去就はどうなる?

【プロ野球】「真中監督のまんぷくかつ丼」も今シーズンで解任!? 神宮球場グルメの去就はどうなる?

今季のヤクルトは、残念ながらシーズン開幕から下位に低迷し、早々に優勝争いから脱落。クライマックスシリーズ進出争いにも顔を出すことができなかった。8月中旬には真中満監督の辞任を発表。シーズン終了までは休養することなく指揮を.. 続きを読む

【プロ野球】バレンティンは? 新監督は? 12球団トップの動員増? 夏が終わったヤクルトで気になる3つのこと

【プロ野球】バレンティンは? 新監督は? 12球団トップの動員増? 夏が終わったヤクルトで気になる3つのこと

今シーズン最後の神宮球場6連戦が8月27日の試合で終わった。夏休み恒例となっている打ち上げ花火も無事に終了。ヤクルトファンの筆者的には本格的に秋へ突入することになる。残念ではあるが、今シーズンは2015年のような上位争いには加わ.. 続きを読む

【プロ野球】二段モーション禁止で投手生命の危機を迎えた三浦大輔はいかにして克服したのか

【プロ野球】二段モーション禁止で投手生命の危機を迎えた三浦大輔はいかにして克服したのか

菊池雄星(西武)への判定以降、侃侃諤諤の議論が交わされている「二段モーション」。ヤクルトの真中満監督も「セットでの投球もあいまい。ウチの小川も怪しいとか言われるしね。審判団で話し合って、キャンプ中に注意してくれないと」「.. 続きを読む

【プロ野球】球界渡り鳥・ペーニャ(ロッテ)が帰ってきた! 4球団以上を渡り歩いた助っ人列伝

【プロ野球】球界渡り鳥・ペーニャ(ロッテ)が帰ってきた! 4球団以上を渡り歩いた助っ人列伝

得点力不足にあえぐロッテは、2015年まで楽天などNPBでプレーしていたウィリー・モー・ペーニャを獲得、6月10日に入団会見を行った。35歳となったペーニャが、かつてと同レベルのパワーを発揮できるかどうか注目だ。なお、ペーニャはソフ.. 続きを読む

【プロ野球】だから弱い! 今年も交流戦・指名打者に失敗したセ・リーグ。21人が9試合で4本塁打19打点……

【プロ野球】だから弱い! 今年も交流戦・指名打者に失敗したセ・リーグ。21人が9試合で4本塁打19打点……

セ・パ交流戦は半分を折り返し、終盤を迎えようとしている。毎年、パ・リーグが猛威を奮う交流戦だが、今年も巨人とヤクルトが見事にやらかしてしまい、パ・リーグの覇権は揺るがない展開だ。セ・リーグ全体で見れば、阪神、広島の奮闘も.. 続きを読む

【プロ野球】西口文也(元西武)のノーノー未遂。ロッテ「1イニング15点」の内訳など交流戦・珍場面総ざらい!

【プロ野球】西口文也(元西武)のノーノー未遂。ロッテ「1イニング15点」の内訳など交流戦・珍場面総ざらい!

野球太郎では『過去12年と今年の展望を総ざらい! プロ野球交流戦大特集!!』を連載。13年目を迎えた交流戦のアレコレを6回にわたって紹介したい。第5回となる今回は、過去12年間の交流戦で起こった珍プレー・珍場面を振り返ってみよう。.. 続きを読む

【プロ野球】捕手の座は中村悠平ががっちりつかんだ、のだが、ヤクルト野手陣で予期せぬ争いが発生!?

【プロ野球】捕手の座は中村悠平ががっちりつかんだ、のだが、ヤクルト野手陣で予期せぬ争いが発生!?

今シーズンの開幕前には、捕手と遊撃でレギュラー争いが起こると予想されていたヤクルト。しかし、いざ開幕してみるとポジション争いは無風状態だ。現在、レギュラー争いが起こるとみられていたポジションはどうなっているのだろうか。シ.. 続きを読む

【プロ野球】元パ・リーグの代打陣? 坂口智隆の代役? 不振・ヤクルトの「希望の光」となるのは誰だ!?

【プロ野球】元パ・リーグの代打陣? 坂口智隆の代役? 不振・ヤクルトの「希望の光」となるのは誰だ!?

開幕カードを2勝1敗と勝ち越し、「今年こそは」と思ったヤクルト。しかし、阪神、広島と2カード連続で負け越して、早くも暗雲が立ちこめている。そのなかで見えた「光と影」を追ってみたい。※野球の見方が変わるスマホマガジン『野球太郎.. 続きを読む

【プロ野球】ヤクルト・今季の骨格。開幕三連戦で「勝手に」受け取った真中満監督の所信表明

【プロ野球】ヤクルト・今季の骨格。開幕三連戦で「勝手に」受け取った真中満監督の所信表明

プロ野球が開幕し、早一週間が過ぎた。開幕から2カードを終え、読者の方々も贔屓チームが今シーズンを戦う上での「骨格」が見えたのではないだろうか。ここではヤクルトファンの筆者が神宮球場で見た「ヤクルトの骨格」を振り返ってみよ.. 続きを読む

【プロ野球】過去には最下位→優勝→最下位も。優勝から最下位に急降下 or 最下位から優勝に急上昇した球団は?

【プロ野球】過去には最下位→優勝→最下位も。優勝から最下位に急降下 or 最下位から優勝に急上昇した球団は?

「連覇の資格があるのは僕たちだけですから」前年にリーグ優勝した球団のチームリーダーが、開幕前に抱負を語るときに、よく出てくる言葉だ。実際、その通りなのだが、連覇というのは簡単ではない。それどころか、過去には優勝した翌年に.. 続きを読む

【プロ野球】新監督就任年の西武は強い!! 西武黄金期の「管理型DNA」を継ぐ辻ライオンズは優勝できるか?

【プロ野球】新監督就任年の西武は強い!! 西武黄金期の「管理型DNA」を継ぐ辻ライオンズは優勝できるか?

昨シーズンは、巨人の高橋由伸監督、阪神の金本知憲監督、DeNAのラミレス監督、オリックスの福良淳一監督(前年の監督代行からの正式就任)と、多くの新監督が誕生した年だった。しかし一転、今シーズンを新監督で迎えるチームは、森繁和.. 続きを読む

【プロ野球】巨人の「真顔の大型補強」に物申す! 8打者で231発。思い出したい2004年の史上最強打線!!

【プロ野球】巨人の「真顔の大型補強」に物申す! 8打者で231発。思い出したい2004年の史上最強打線!!

日本中が注目する2017WBCがあと1カ月あまりで開幕する。日本代表メンバーは1名を除いて発表され、12球団から選手が名を連ねた。また、NPBに所属する外国人選手も母国の代表チームに選ばれている。ヤクルトから今回のWBCに出場予定の選手.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。