相撲の最新情報

相撲 に関するニュース検索結果   2164件

ゆるキャラブームは終わらない! 高円寺の『サイケ・デリーさん』がジワる

ゆるキャラブームは終わらない! 高円寺の『サイケ・デリーさん』がジワる

「高円寺といえば?」と聞かれて思い付くものは何でしょうか。古着、阿波おどり、カレー、ライブハウス…。いろいろありますが、老若男女問わず楽しめるのが高円寺の魅力です。その高円寺でひときわ異彩を放っているのが、このキャラクタ.. 続きを読む

間違い連発・榎並アナに坂上激怒、視聴者も「失礼すぎる」

間違い連発・榎並アナに坂上激怒、視聴者も「失礼すぎる」

2月15日に放送された『バイキング』(フジテレビ系)で、榎並大二郎アナ(32)がフィギュアスケート選手の名前を間違えてしまった。MCの坂上忍(50)から厳しくツッコミを受けたが、ネット上でも視聴者を「選手に失礼だ」とあきれさせて.. 続きを読む

貴乃花親方「擁護」のために露出してくる関係者たち

貴乃花親方「擁護」のために露出してくる関係者たち

画/彩賀ゆう (C)まいじつ大相撲の元関脇の貴闘力が、2月18日に読売テレビの『そこまで言って委員会NP』に出演し、貴乃花親方について語った。貴闘力は、かつて貴乃花親方が自身の付き人を務めていたことを明かし、「同じ二子山部屋で5.. 続きを読む

男性がデート中に思わずゲンナリしてしまう女性の行動

男性がデート中に思わずゲンナリしてしまう女性の行動

気になる男性からデートのお誘いが…。千歳一隅のチャンスを逃すまいと気合の入る女性もいらっしゃると思いますが、ちょっと待って! その行動が裏目にでちゃうかも…。■ 荷物は最小限に!最高のデートを成功させるために、お化粧直しや身.. 続きを読む

「恐ろしい本でした」相撲界の暴露本『貴の乱』に坂上忍が危惧

「恐ろしい本でした」相撲界の暴露本『貴の乱』に坂上忍が危惧

2018年2月20日に放送された、トークバラエティ番組『バイキング』(フジテレビ系)で、相撲界の暴露本について言及。MCの坂上忍さんが、対立の激化などを危惧していました。下手に売れると…番組では、2018年2月22日に宝島社から発売され.. 続きを読む

「言葉は悩みながら選んでる」ひらがなブログが癒されると話題の元大関琴欧洲・鳴戸親方にインタビュー BLOG of the year 2017

「言葉は悩みながら選んでる」ひらがなブログが癒されると話題の元大関琴欧洲・鳴戸親方にインタビュー BLOG of the year 2017

鳴戸親方(元大関琴欧洲)が、昨年もっとも注目されたブログをAmebaが表彰する「BLOG of the year 2017」のオフィシャル部門で優秀賞を受賞した。「BLOG of the year 2017」は、著名人から一般人まで、株式会社サイバーエージェントが運.. 続きを読む

“貴の乱”実態に迫る一冊、議事録を極秘入手

“貴の乱”実態に迫る一冊、議事録を極秘入手

宝島社は2月22日、書籍「貴の乱」を発売する。本書は、元横綱・日馬富士暴行事件の後、暴力根絶と角界改革を掲げる“改革者の貴乃花”と、“悪の組織”相撲協会という対立構造を180度覆すスクープを掲載したノンフィクションだ。「貴の乱」に.. 続きを読む

相撲協会「消えた1億円」泥沼裁判舞台裏

相撲協会「消えた1億円」泥沼裁判舞台裏

〈大相撲は誰のものか?〉 2月1日、自身のホームページで、こう訴えた貴乃花親方。その一方で、不都合な真実が生じている。「相撲協会が小林慶彦元協会顧問と、小林氏が代表を務める会社を相手取り、約1億6515万円の損害賠償請求訴訟を.. 続きを読む

玉木正之のスポーツ内憂内患「暴行『隠蔽』親方が新理事に承認でいいのか!」

玉木正之のスポーツ内憂内患「暴行『隠蔽』親方が新理事に承認でいいのか!」

前回の本欄の末尾に、私はこう書いた。〈もはや相撲協会を信頼している人など誰もいない。その信頼を取り戻すことが急務だと、「新理事」たちはわかっているのだろうか?〉ところが、のれんに腕押し。ぬかに釘。親方衆による理事候補選挙.. 続きを読む

【中山記念】臨機応変に対応するアエロリット「阿部幸太郎 オレの美味予想」

【中山記念】臨機応変に対応するアエロリット「阿部幸太郎 オレの美味予想」

今年の春から小学校の制服がアルマーニになるそうです。校長が独断で決定とか。これが社会的に物議となっています。銀座にある伝統ある泰明小学校の話です。この小学校は、公立。「銀座という地域と、ビジュアルアイデンティティから服育.. 続きを読む

次の狙いは貴乃花部屋潰し? 相撲協会に批判殺到

次の狙いは貴乃花部屋潰し? 相撲協会に批判殺到

「隠蔽体質バレバレ!」 ネット上で批判の声が殺到しているのが、相撲協会理事選の投票方法。「候補者名を書く記名方式なので、筆跡で誰がどの親方に投票したかが丸わかり。貴乃花親方シンパの親方も、一門の意思に背くことができず、造.. 続きを読む

元力士・把瑠都のTwitterが癒し度120%! 疲れている人はすぐに見て

元力士・把瑠都のTwitterが癒し度120%! 疲れている人はすぐに見て

エストニア出身の力士として日本相撲界で活躍後、現在はタレントとしてバラエティ番組にも進出している把瑠都(ばると)さん。TVで見せる優しい笑顔と天然キャラで人気を博し、2018年3月放送予定のドラマ『弟の夫』(NHK)に出演すること.. 続きを読む

NHK
評価の分かれる「日焼けをしている異性」 世間はどう考えている?

評価の分かれる「日焼けをしている異性」 世間はどう考えている?

(Jupiterimages/iStock/Thinkstock)『情報ライブミヤネ屋』(日本テレビ系)や『直撃LIVEグッデイ!』(フジテレビ系)など、各局の情報番組に出演し、相撲界を評論する元十両・維新力浩司氏。現役時代、体重100キロにも満たない小兵.. 続きを読む

あの“下町ボブスレー”のマンガ版『黒鉄ボブスレー』で読み解く「国産ボブスレー」の苦悩とは?

あの“下町ボブスレー”のマンガ版『黒鉄ボブスレー』で読み解く「国産ボブスレー」の苦悩とは?

現在、絶賛開催中の平昌冬季オリンピック。男子フィギュアで羽生結弦くんが金メダルを獲ってプーさんまみれになるなど、おめでたいニュースでにぎわう中、残念なニュースもありました。いわゆる“下町ボブスレー”騒動です。「下町ボブスレ.. 続きを読む

『西郷どん』家族が3人も死んだのに薄味? 「重く感じられない」の声相次ぐ

『西郷どん』家族が3人も死んだのに薄味? 「重く感じられない」の声相次ぐ

『西郷どん』18日、鈴木亮平主演大河ドラマ『西郷どん』(NHK)の第7話が放送された。■これまでの『西郷どん』薩摩の武士・西郷吉之助(鈴木)は年貢の徴収を行う役人の補佐役をつとめていた。しかし、農民たちの生活は苦しく、年貢が払.. 続きを読む

芸人のタブーを犯したウエストランド 罰ゲームで「面白くないと思う先輩芸人3人」を実名暴露

芸人のタブーを犯したウエストランド 罰ゲームで「面白くないと思う先輩芸人3人」を実名暴露

ウエストランドが、ゆにばーすとのゲーム対決に敗れ、芸人ではタブーとされる「面白くないと思う先輩芸人」3人の実名暴露を強いられた。容赦ない罰ゲームに視線を泳がせながら挙げた名前は……。  ウエストランドは2月16日に放送された.. 続きを読む

瀬戸康史も太鼓判!?インスタ映え間違いなし「サプライズスイーツ」とは?

瀬戸康史も太鼓判!?インスタ映え間違いなし「サプライズスイーツ」とは?

2月19日の『グレーテルのかまど second season』(Eテレ、毎週月曜22:00)は、「あけてびっくり! サプライズスイーツ」と題して放送。同番組では、瀬戸康史がナビゲーターの15代ヘンゼルとして、スイーツにまつわる不思議な物語を届け.. 続きを読む

テレビ解説者・木村隆志の週刊テレ贔屓 第7回 『すイエんサー』"予定調和なんてクソくらえ"民放Dのヒントにも

テレビ解説者・木村隆志の週刊テレ贔屓 第7回 『すイエんサー』"予定調和なんてクソくらえ"民放Dのヒントにも

テレビ解説者の木村隆志が、今週注目した"贔屓"のテレビ番組を紹介する「週刊テレ贔屓(びいき)」。第7回は、13日に放送された『すイエんサー』(NHK Eテレ、毎週火曜19:25~)をピックアップする。同番組は、「日常生活の中で抱くちょっと.. 続きを読む

劇団「地蔵中毒」主宰・大谷皿屋敷、初インタビュー! ~罪の意識、人生の支柱、そして現在の仲間

劇団「地蔵中毒」主宰・大谷皿屋敷、初インタビュー! ~罪の意識、人生の支柱、そして現在の仲間

いま東京の尖鋭的な小劇場マニアが最も注目しているとされる劇団「地蔵中毒」は、作・演出の大谷皿屋敷が2014年に旗揚げした劇団だ。「無教訓意味なし演劇」と冠する作品を発表し続け、恐る恐る足を運ぶ演劇ファンの心に尾をひくものを残.. 続きを読む

鈴木亮平、橋本愛演じる妻・須賀との関係性「複雑…」『西郷どん』第7話

鈴木亮平、橋本愛演じる妻・須賀との関係性「複雑…」『西郷どん』第7話

俳優・鈴木亮平が主演を務めるNHK大河ドラマ『西郷どん』(毎週日曜 NHK総合20:00~20:45 BSプレミアム18:00~18:45)の第7話「背中の母」が18日に放送される。先週の第6話では、藩主・島津斉彬(渡辺謙)を御前相撲で投げ飛ばして投獄された.. 続きを読む

NHK
前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。