産後うつの最新情報

産後うつ に関するニュース検索結果   231件

「もう消えたい…」産後うつで精神科に入院したママの、壮絶な3年間

「もう消えたい…」産後うつで精神科に入院したママの、壮絶な3年間

現在4歳になる娘さんがいる、イラストレーターの藤田あみいさん(32)。出産直後に深刻なうつと強迫性障害になり、「娘は発達障害ではないか?」という強迫観念に取りつかれてしまったのです。その体験を記した『懺悔日記』(マガジンハ.. 続きを読む

【産後うつ】「まさか自分が…」を回避!子育て支援施設に学ぶ、夫婦が乗り越えるべき“ある期間”

【産後うつ】「まさか自分が…」を回避!子育て支援施設に学ぶ、夫婦が乗り越えるべき“ある期間”

産後には、思ってもみない「落とし穴」があります。産後うつや産後クライシスがそれにあたるわけですが、まさか自分が、という人も多いのではないでしょうか。特に産後クライシスは、早めに対処しないと、離婚の危機にも直結する問題です.. 続きを読む

「娘は発達障害かも」。ネット情報でそう思い込んだママの苦悩

「娘は発達障害かも」。ネット情報でそう思い込んだママの苦悩

「産後うつ」という言葉がよく知られるようになった昨今。イラストレーターの藤田あみいさん(32)は、現在4歳になる娘さんの出産後、うつと強迫性障害という病になってしまいました。ネット情報に惑わされ、「娘は発達障害ではないか?.. 続きを読む

【おっぱいの悩み】母乳が足りない? 実は違うのかも

【おっぱいの悩み】母乳が足りない? 実は違うのかも

source:http://www.shutterstock.com/母乳の出が良くないと悩んでいるママは少なくありません。「母乳でおなかいっぱいにしてあげたい」のは、母親として当然の願いです。筆者が今まで8,000人以上の母乳育児相談に関わってきました。そ.. 続きを読む

『イクメンブルー』が増加中!育児に積極的なパパほどリスク大!?

『イクメンブルー』が増加中!育児に積極的なパパほどリスク大!?

近年、積極的に育児に参加する『イクメン』が増えて、“夫婦で協力して育児をする理想的な男性”として、パパのイメージも急上昇していますね。しかしその反面、育児にプレッシャーや疲れを感じて『イクメンブルー』に陥るパパも増えている.. 続きを読む

子どもに手をあげる妻と育児プレッシャーに襲われる夫…それでも離婚しないボロボロ夫婦

子どもに手をあげる妻と育児プレッシャーに襲われる夫…それでも離婚しないボロボロ夫婦

結婚して家庭を築いた人たちは、独身という自由を捨てた代償に幸せを手に入れたのだろうか? 30~45歳のサラリーマン300人を対象にSPA!編集部でアンケートを実施すると、6割以上の男性が「離婚したいと思ったことがある」という結果に.. 続きを読む

帝王切開後に傷口が開き…出産で死にかけた元テニス女王へ、夫がサプライズ

帝王切開後に傷口が開き…出産で死にかけた元テニス女王へ、夫がサプライズ

出産で死にかけた――。そんな壮絶な出産体験とその後の体調不良を乗り越え、実戦に復帰する妻を応援するために夫が企てた、素敵なサプライズとは?シングルス・ダブルス共に過去数回もの世界ランキング1位を達成し、4大大会を制覇したテニ.. 続きを読む

【心と体に効く香り】フィトテラピーでオリジナル香水を作る!~イヴルルド遙華のハピネスナビゲート

【心と体に効く香り】フィトテラピーでオリジナル香水を作る!~イヴルルド遙華のハピネスナビゲート

みなさん、『フィトテラピー』ってご存知ですか?アロマテラピーはよく耳にすると思いますが、『フィトテラピー』は香りを楽しむだけでなく、病気の予防やケアもできる植物療法なんです。今回の【ハピネスナビゲート】は、イヴルルド遙華.. 続きを読む

産後うつだった私を救った、保健師さんの言葉【崖っぷち主婦の赤裸々ダイアリー 第9話】

産後うつだった私を救った、保健師さんの言葉【崖っぷち主婦の赤裸々ダイアリー 第9話】

前回、産後うつの症状について記事にしましたが、今回は、産後うつの時に救いになったことについてです。うつの時は本当にたくさんの人に助けてもらいました…!!では、どうぞ~。支援センターには保健師さんが常駐していて、時々面談の時.. 続きを読む

育児ノイローゼからの産後うつを経験! 私が発症した原因と、実際の症状【崖っぷち主婦の赤裸々ダイアリー 第8話】

育児ノイローゼからの産後うつを経験! 私が発症した原因と、実際の症状【崖っぷち主婦の赤裸々ダイアリー 第8話】

ブログなどでは書いているのですが、わたしは第一子出産後に育児ノイローゼからの産後うつを経験しました。産後うつは、うつの症状もつらいのですが、そこに待ったなしの育児がのしかかってきます。その時のことを漫画にしてみました。で.. 続きを読む

1位作品に“いつの時代も変わらないなぁ”としみじみ 「冬ドラマ満足度ベスト10」橋爪ヨウコ編

1位作品に“いつの時代も変わらないなぁ”としみじみ 「冬ドラマ満足度ベスト10」橋爪ヨウコ編

話題作ぞろいの1月クールの連続ドラマで、本当に満足度が高いのはどの作品なのか? テレビ好き芸人・橋爪ヨウコに採点を依頼、ベストテン(※)をコメントと共にカウントダウン形式で発表する。対象作品=2018年1月期の地上波ドラマで、1月1.. 続きを読む

【産後うつ】これで孤独育児から脱出!リアル&ネットで頼れる助言者を探す方法

【産後うつ】これで孤独育児から脱出!リアル&ネットで頼れる助言者を探す方法

■育児で疲れたり、気分がすぐれないならメンター(助言者)を探すべし待望の赤ちゃんを授かって喜びでいっぱい。でも、生後半年くらいまでは、3時間おきの授乳や、夜泣きの世話、おむつの交換などで体力勝負な時間が続きがちです。男性も.. 続きを読む

セリーナ・ウィリアムズ、愛娘と『VOGUE』誌表紙に登場 産後うつなど赤裸々に告白

セリーナ・ウィリアムズ、愛娘と『VOGUE』誌表紙に登場 産後うつなど赤裸々に告白

テニス界の女王セリーナ・ウィリアムズ(36)がこのほど、愛娘のアレクシスちゃん(生後4か月)とともに米版『VOGUE』誌2月号の表紙に登場、本誌インタビューでは産後の合併症やうつ症状などについて赤裸々に告白した。昨年9月、自身にと.. 続きを読む

パパの発言がママを追い詰めてしまう?【マンガ新米ママのトリセツ】#10

パパの発言がママを追い詰めてしまう?【マンガ新米ママのトリセツ】#10

(c)ながさわゆみ初めての妊娠・出産って戸惑ってしまいますよね。いつもは気にしない、夫のささいな言動にイライラしてしまうことも……。もっと夫婦で妊娠・出産や育児の負担、そしてストレスもシェアできれば、子育てもぐっと楽になり.. 続きを読む

最終話「コウノドリ」先天性疾患、医師たちの決断、四宮の笑顔、そしてインティライミ。ああ、優しかった

最終話「コウノドリ」先天性疾患、医師たちの決断、四宮の笑顔、そしてインティライミ。ああ、優しかった

荻島「『急いで行きたいなら、1人で行きなよ。遠くへ行きたいなら、みんなで行きなよ』。アフリカの言葉、俺の先輩が言ってたよ」「1人じゃない」「そばにいる」「いつでもここにいる」さまざまな登場人物の口から、人に寄り添う言葉が何.. 続きを読む

「1人の人間として見てくれた」 レジでもたつく母親を救った男性の行動に、温かい涙

「1人の人間として見てくれた」 レジでもたつく母親を救った男性の行動に、温かい涙

※写真はイメージアメリカのバージニア州で暮らす、専業主婦のエリン・ベネットさん。エリンさんの身に起きた優しい出来事に、多くの人が心動かされています。母親の心を救ったのは『産後うつ』に苦しむ、4児の母親であるエリンさん。産後.. 続きを読む

産後うつの母親を救った出来事。「私にアロマキャンドルを買ってくれた、名も知らぬあなたへ」

産後うつの母親を救った出来事。「私にアロマキャンドルを買ってくれた、名も知らぬあなたへ」

我が子ってとってもかわいいけど、子育て中の両親はどうしても自分の時間を持つことが難しくなって、精神的に追い詰められてしまうことも。バージニア州に住むErin Bennettさんもそんなママの一人。4児の母であるErinさんは、産後うつに.. 続きを読む

「全日本おっぱいサミット」ルポ!赤ちゃんの授乳がなぜ炎上?新常識も盛りだくさん【特集:公共の場での授乳問題(16)】

「全日本おっぱいサミット」ルポ!赤ちゃんの授乳がなぜ炎上?新常識も盛りだくさん【特集:公共の場での授乳問題(16)】

「全日本おっぱいサミット」が2017年11月3日、東京ウィメンズプラザで開催されました。「公共の場での授乳」問題炎上とは?男性のエロティシズムとは?ママと赤ちゃんの身体で何が起こっている?“おっぱい”スペシャリストが来場者たちと.. 続きを読む

【2017年】最も面白い「ドラマ」ランキング

【2017年】最も面白い「ドラマ」ランキング

早いもので10月スタートの秋ドラマも終盤に入り、見逃せない展開を迎えています。今年も多くのテレビドラマが放送され、話題を集めていました。では、今年放送されたテレビドラマの中で特に面白かったのはどの作品なのでしょうか。そこで.. 続きを読む

【福原愛さんも利用】産後ケアセンターのサービス内容と選ぶポイント

【福原愛さんも利用】産後ケアセンターのサービス内容と選ぶポイント

福原愛さんが出産後に台湾の「産後ケアセンター」を利用し、11月中旬に無事退院されたことをブログで報告されました。(参考)お母さんや赤ちゃんのフォローをしてくれる様々なサービスが受けられるようですが、「産後ケアセンター」とはど.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。