生活習慣病の最新情報

生活習慣病 に関するニュース検索結果   1086件

クロちゃんの“異常なメンタル”が研究対象に!? 「ウソつき」が社会の役に立つ日

クロちゃんの“異常なメンタル”が研究対象に!? 「ウソつき」が社会の役に立つ日

お笑いトリオ「安田大サーカス」のクロちゃんの強すぎるメンタルに、注目が集まっている。4月には元「℃-ute」のメンバーでタレントの岡井千聖に、彼女を口説いていたことをテレビ番組で暴露されたが、その後も懲りずに口説きを続行。岡井.. 続きを読む

カラオケvs飲み会、夜通しやると不健康なのはどっち?

カラオケvs飲み会、夜通しやると不健康なのはどっち?

書店に並ぶ健康法をテーマにした本は、しばしばベストセラーになる。だが、巷にあふれる健康法は、サラリーマンが実践するのは難しい。食事の予算はあるし、仕事は多忙を極める……そんなサラリーマンのために今日から絶対に実践したい“マ.. 続きを読む

寿命を縮める「危ない外食」最新版(5)“トランス死亡酸”を摂ると‥‥

寿命を縮める「危ない外食」最新版(5)“トランス死亡酸”を摂ると‥‥

食品衛生法第4条2項によれば、添加物とは〈食品の製造過程において、または食品の加工、もしくは保存の目的で、食品に添加、混和、浸潤、そのほかの方法によって使用するものをいう〉とあるが、小薮氏は、「私が考える添加物は、通常その.. 続きを読む

遅めの夕食・夜食が常態化! 危険すぎる夜食症候群

遅めの夕食・夜食が常態化! 危険すぎる夜食症候群

夜食症候群とは……遅めの夕食・夜食で肥満等のリスク増名前の通り、夜遅くに多くの量の食事をとってしまう「夜食症候群」。1日の摂取カロリーのうち、25%以上を夕食および夜食でとることを言います。さらに、夜食症候群の状態が悪化する.. 続きを読む

紫外線にさらされる初夏の肌を救うには? レジャー前後の栄養2選

紫外線にさらされる初夏の肌を救うには? レジャー前後の栄養2選

木々の木漏れ日もまぶしいこの季節。キャンプやピクニックなど、アウトドアのレジャーをするにはいちばんいい時期かもしれませんね。その一方で、紫外線が気になる人も多いと思います。ダメージは気づかないうちに積み重なり、シミはもち.. 続きを読む

医師に聞いた!顔や瞼のむくみをとる方法

医師に聞いた!顔や瞼のむくみをとる方法

皆さんは、朝起きたら顔や瞼がむくんでいて困った経験をしたことがないだろうか。顔や瞼のむくみにより、「朝の顔と夜の顔が違う」と、むくみに悩む女性が「教えて!goo」に相談していた。特にお酒を飲む人は、飲んだ日の翌日は顔や瞼が.. 続きを読む

二日酔いに一番効くのはシジミではない? オルチニンを含んだ食材

二日酔いに一番効くのはシジミではない? オルチニンを含んだ食材

シジミが二日酔いに効くのはオルチニンという栄養素が含まれているからだってご存知でしたか? 実はシジミ以上にオルチニンを含んだ食材もあるのだとか。今回は、管理栄養士の楠本睦実先生にオルチニンの効果と、賢い摂り方をお伺いしま.. 続きを読む

太りすぎは夜の営みにも悪影響。肥満とEDの深刻な関係とは?

太りすぎは夜の営みにも悪影響。肥満とEDの深刻な関係とは?

日本の40男、3人に1人以上が肥満。EDになるリスクが高い理由は?2016年の厚生労働省の国民健康・栄養調査によれば、40代男性の肥満率は34.6%で、およそ3人に1人が、適正体重をオーバーしている。肥満によってEDになるリスクも高まるとい.. 続きを読む

認知症や大腸がんなど、70歳以降にかかりやすい28の病気を専門医が解説

認知症や大腸がんなど、70歳以降にかかりやすい28の病気を専門医が解説

朝日新聞出版はこのほど、「差がつく70歳からの病気 サインと最新治療」(税込1,404円)を刊行した。2025年には、約800万人いるとされる団塊の世代が75歳以上の後期高齢者になり、介護・医療費などの社会保障費が急増すると懸念されている.. 続きを読む

そう、注目するべきは「玉ねぎの皮」のほう。

そう、注目するべきは「玉ねぎの皮」のほう。

生でサラダに入れたり、炒めたり煮込んだり、ジャンルを超えてあらゆる料理に幅広く活用できる玉ねぎ。血液がサラサラになるとも言われていますよね。その玉ねぎですが、「皮」にも栄養がたっぷり含まれているって知ってました?ゴミ箱行.. 続きを読む

「かきあげそばvs天ぷらうどん」不健康なランチはどっち?

「かきあげそばvs天ぷらうどん」不健康なランチはどっち?

書店に並ぶ健康法をテーマにした本は、しばしばベストセラーになる。だが、巷にあふれる健康法は、サラリーマンが実践するのは難しい。食事の予算はあるし、仕事は多忙を極める……そんなサラリーマンのために今日から絶対に実践したい“マ.. 続きを読む

寒いオフィス問題。今年はインド伝統食材が役に立ちそう

寒いオフィス問題。今年はインド伝統食材が役に立ちそう

「冷えは万病のもと」などと、昔からよくいいます。女性の間で冷えとりが流行っていますが、夏場のオフィスや移動時の電車の中はまだまだクーラーがしっかりきいていて、体が冷えやすい時期です。よいパフォーマンスをしていくためにも、.. 続きを読む

「眠れる森の美女タクシー」が期間限定運行!車内で美容ケアをしながら帰宅

「眠れる森の美女タクシー」が期間限定運行!車内で美容ケアをしながら帰宅

電車に乗ることさえもおっくうになるほど消耗した日。飲み会でいつになく酔っぱらってしまった夜。慌しい出張で宿泊先へ向かう時。そんなお疲れ女子にぴったりなのが、車内で美容ケアができる「眠れる森の美女タクシー」です。日本交通株.. 続きを読む

カレーvs牛丼vsラーメン、一番不健康な時短メシは?

カレーvs牛丼vsラーメン、一番不健康な時短メシは?

書店に並ぶ健康法をテーマにした本は、しばしばベストセラーになる。だが、巷にあふれる健康法は、サラリーマンが実践するのは難しい。食事の予算はあるし、仕事は多忙を極める……そんなサラリーマンのために今日から絶対に実践したい“マ.. 続きを読む

サラダ感覚の「玉ねぎヨーグルト」でラクにやせて健康になる!

サラダ感覚の「玉ねぎヨーグルト」でラクにやせて健康になる!

玉ねぎとヨーグルトがダイエットの最強コンビだって知っていましたか? このコンビを一緒に食べると、玉ねぎに含まれる「水溶性食物繊維」とヨーグルトに含まれる「ビフィズス菌」や「乳酸菌」とが腸内細菌と結びついて、「やせ酸」とも.. 続きを読む

坂口健太郎、自分の事を「ズル賢い」と評するワケとは?

坂口健太郎、自分の事を「ズル賢い」と評するワケとは?

モデル、俳優の坂口健太郎さんが、5月15日発売の雑誌「週刊朝日」に登場しました。坂口さんは東京都出身の現在26歳。2010年に雑誌「MEN'S NON-NO」でモデル活動を開始。その後は人気モデルとして活動しつつ、俳優としても活動。2017.. 続きを読む

生活習慣病や老化予防にも! イソフラボンだけじゃない豆乳の健康効果

生活習慣病や老化予防にも! イソフラボンだけじゃない豆乳の健康効果

日本豆乳協会によると、豆乳の生産量は7年連続過去最高を更新中。豆乳にはダイエットやがん予防、老化防止などさまざまな効能があるとして、女性を中心に人気を呼んでいます。そんな豆乳の健康効果について調べてみました。■ いろんな病.. 続きを読む

ドライフラワー女子は危険!失敗しない究極のダイエット法

ドライフラワー女子は危険!失敗しない究極のダイエット法

「野菜から先に食べる」「糖質制限」など、社会現象のように広がっている人気のダイエット法は本当に正しいのでしょうか? 応用生理学とスポーツ医学のスペシャリスト、京都大学名誉教授 森谷敏夫先生は「情報に踊らされるのは危険だ」と.. 続きを読む

和食の「だし」と肥満予防の関係性って?

和食の「だし」と肥満予防の関係性って?

お味噌汁、うどん、蕎麦、煮物など、和食に欠かせない調味料である「だし」。入っていないと何か物足りない味になってしまう、おいしさの大事な要素です。龍谷大学農学部 食品栄養学科教授 食の嗜好研究センター長 伏木亨先生によると、.. 続きを読む

クラウドファンディングでもいけるか!? 1億円ゲットで「ぼっちの多い料理店」を志す男

クラウドファンディングでもいけるか!? 1億円ゲットで「ぼっちの多い料理店」を志す男

AbemaTVで放送中の人生逆転リアリティーショウ「リアルカイジGP」で、賞金1億円を目指した人数、実に約3万5000人。参加動機は借金返済から投資、親孝行などさまざまだが、クラウドファンディングでも成立しそうな夢を掲げる男がいた。は.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。