生前退位の最新情報

生前退位 に関するニュース検索結果   104件

「平成」を代表する日本の作家ランキング

「平成」を代表する日本の作家ランキング

天皇陛下の生前退位により、2019年5月頃に平成に代わる新元号が施行される予定が発表されました。約30年間続いた平成という時代。そんな平成に活躍した作家には、どのような人がいるのでしょうか。そこで今回は、平成を代表すると思う日.. 続きを読む

「12月23日の天皇誕生日」は来年で最後 平成が終わると知っている割合は意外にも…

「12月23日の天皇誕生日」は来年で最後 平成が終わると知っている割合は意外にも…

(Leonid Andronov/iStock/Thinkstock)12月23日は天皇誕生日。天皇陛下は昨年「高齢によって、象徴としての務めを果たすことが難しい」ことを理由に、生前退位の意向を表明。今年「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」が制定され、.. 続きを読む

12月23日祝日外しの動きは安倍の天皇敵視だ!「明治の日」で戦前回帰推進しながら護憲派天皇の足跡は抹消

12月23日祝日外しの動きは安倍の天皇敵視だ!「明治の日」で戦前回帰推進しながら護憲派天皇の足跡は抹消

2019年4月末日をもって天皇が退位することが決定したが、天皇誕生日を前に「12月23日を祝日(休日)ではなくす」という動きが表面化、国民の間から反発の声が上がっている。生前退位に関する特例法は、皇位継承後は皇太子の誕生日である2.. 続きを読む

【絶望】再来年から12月23日『天皇誕生日』が平日へ? 新キーワード「二重権威」に注目が集まる

【絶望】再来年から12月23日『天皇誕生日』が平日へ? 新キーワード「二重権威」に注目が集まる

とんでもなく絶望的なニュースが飛び込んできた。毎日新聞によると、政府は国民の祝日である天皇誕生日の「12月23日」を、天皇陛下が2019年4月30日に退位された後、当面は新たな祝日とせずに平日とする検討に入ったという。12月唯一の祝.. 続きを読む

宮内庁「週刊新潮」への猛抗議は天皇が"官邸のネガキャン"に激怒したから!? 天皇は「安倍首相に恨み骨髄」は事実

宮内庁「週刊新潮」への猛抗議は天皇が"官邸のネガキャン"に激怒したから!? 天皇は「安倍首相に恨み骨髄」は事実

今月頭の皇室会議で、今上天皇の退位と皇太子の即位の日程が正式に決定した。2019年4月30日をもって、平成は30年あまりで幕を閉じ、5月1日にあらたな元号を迎える。そんななか、宮内庁長官が14日の会見で、「週刊新潮」(新潮社)に対し.. 続きを読む

NHK
【2017年】Google検索ランキングが発表される / 急上昇ワード第1位は「小林麻央」さん

【2017年】Google検索ランキングが発表される / 急上昇ワード第1位は「小林麻央」さん

2017年も半ばに突入し、残すところあと3週間を切った。日本国内では天皇陛下の生前退位や衆議院総選挙、海外に目を向ければトランプ米大統領の就任や北朝鮮のミサイル問題……などなど、実に目まぐるしい1年だったと言えるだろう。2017年12.. 続きを読む

【19年問題】2019年がマジで「ヤバイ」かもしれないたった1つの理由

【19年問題】2019年がマジで「ヤバイ」かもしれないたった1つの理由

ヤバイヤバイヤバイ! 2019年がとてつもなくヤバイ!! これまで、ノストラダムスの大予言や2000年問題など、数々のヤバイ噂を乗り越えてきた我々だが今回は噂では済まないかもしれない。海外に行った方がいいかも……。・ゴールデンウィー.. 続きを読む

天皇陛下の譲位日が、『2019年4月30日』に決定 新元号に

天皇陛下の譲位日が、『2019年4月30日』に決定 新元号に

2017年12月1日、天皇陛下の譲位が、2019年4月30日に決定しました。それに伴って、翌日の5月1日に皇太子さまが新天皇に即位し、新しい元号になります。皇室会議で決定政府は、12月1日に宮内庁で開かれた『皇室会議』で、天皇陛下の譲位日.. 続きを読む

「めっちゃホリデーじゃん!」2019年のゴールデンウィークがヤバいことに

「めっちゃホリデーじゃん!」2019年のゴールデンウィークがヤバいことに

※写真はイメージ天皇陛下の生前退位の時期を決める皇室会議が2017年12月1日に迫る中、生前退位の日程によっては「2019年のゴールデンウィークがすごいことになるかも!」と話題になっています。2017年は5連休2017年のゴールデンウィーク.. 続きを読む

「少しでも早く決定してほしい」天皇陛下の『生前退位』は4月が有力か

「少しでも早く決定してほしい」天皇陛下の『生前退位』は4月が有力か

政府は、天皇陛下の生前退位の時期を決める皇室会議を2017年12月1日に行うと発表しました。産経ニュースによると、生前退位は国民の生活への影響を最小限にするために、当初は『2018年末に退位し、2019年の元日に改元する方向』で検討さ.. 続きを読む

佐藤二朗、昭和に関する息子の質問に傷心 「きょうりゅう、いた?」

佐藤二朗、昭和に関する息子の質問に傷心 「きょうりゅう、いた?」

(画像はTwitterのスクリーンショット)6月に天皇陛下の退位における特例法が成立し、約200年ぶりに生前退位が行われることになった。2018年末頃に皇太子さまへ正式に譲位され、元号も新しく変わる予定だ。「平成も過去のものになるのか….. 続きを読む

天皇陛下の『生前退位』が実現へ 退位特例法が可決

天皇陛下の『生前退位』が実現へ 退位特例法が可決

2017年6月9日、天皇陛下の『生前退位』を認める特例法が、参議院本会議で採決が行われ全会一致で可決、成立しました。天皇陛下は2016年8月、高齢によって公務などの継続が困難となっている現状を語られ、生前退位のお気持ちを表明してい.. 続きを読む

退位法成立も女性宮家問題は無視! 安倍首相"女性天皇反対"の背景に極右オカルト思想、首相ブレーンは「神武天皇のY染色体を...」と

退位法成立も女性宮家問題は無視! 安倍首相"女性天皇反対"の背景に極右オカルト思想、首相ブレーンは「神武天皇のY染色体を...」と

今上天皇の"一代限り"で「生前退位」を認める特例法案が、明日9日にも成立する見通しだ。政府は「基本的な考え方については将来の先例となりうる」としたが、一方で「例外的措置」ともしている。おそらく、恒久制度化を主張する民進党と.. 続きを読む

講演会が中止になった百田尚樹氏の「普段の発言内容」

講演会が中止になった百田尚樹氏の「普段の発言内容」

(C)Shutterstock『永遠の0』、『海賊と呼ばれた男』などの小説で知られる作家の百田尚樹氏の講演会が、一部団体の反対運動で中止になった。百田氏の講演会は東京都国立市にある一橋大学の学園祭で、6月10日に開催予定だった。中止が発.. 続きを読む

私的な食事で官邸批判したのが筒抜けでクビ! 釜山総領事更迭、前川前次官攻撃の裏に公安のドンが率いる官僚監視の秘密警察

私的な食事で官邸批判したのが筒抜けでクビ! 釜山総領事更迭、前川前次官攻撃の裏に公安のドンが率いる官僚監視の秘密警察

韓国・釜山の森本康敬総領事が事実上の電撃更迭されたことが波紋を広げている。森本氏は昨年5月に着任。通常の任期が2~3年であることを考えればわずか1年あまりでの退任は異例中の異例だ。昨年12月、慰安婦問題を象徴する少女像が釜山日.. 続きを読む

『朝生』初出演の百田尚樹があらゆるテーマで無知さらけ出し大恥! 改憲派学者からも「本当に右なのか」と

『朝生』初出演の百田尚樹があらゆるテーマで無知さらけ出し大恥! 改憲派学者からも「本当に右なのか」と

テレビ朝日『朝まで生テレビ!』といえば、今年で30年を迎えた田原総一朗司会の生討論番組。かつては大島渚や野坂昭如など骨太の文化人から、姜尚中や宮台真司らスター学者、政治家や運動家ときには麻原彰晃のような渦中の人物までが登場.. 続きを読む

「天皇が安倍政権の生前退位への対応に不満」報道はやはり事実だった! 宮内庁が毎日新聞に抗議できない理由

「天皇が安倍政権の生前退位への対応に不満」報道はやはり事実だった! 宮内庁が毎日新聞に抗議できない理由

今月19日、政府が「生前退位」を今上天皇の"一代限り"で認める特例法案を閣議決定してから、わずか2日後、毎日新聞朝刊が21日付1面で衝撃のスクープを報じた。「有識者会議での『祈るだけでよい』 陛下 公務否定に衝撃 『一代限り』に.. 続きを読む

眞子さまご婚約で、象徴天皇制の前提揺らぐ…皇位継承問題浮上、旧宮家の皇籍復帰か

眞子さまご婚約で、象徴天皇制の前提揺らぐ…皇位継承問題浮上、旧宮家の皇籍復帰か

16日、宮内庁は、秋篠宮眞子さまが国際基督教大学(ICU)在学時代の同級生、小室圭さんとの婚約の準備を進めていることを明らかにした。現在の皇室における眞子さま婚約の意味について、麗澤大学教授で憲法や法哲学が専門の八木秀次氏は.. 続きを読む

天皇陛下、18年中に退位へ 公務すべて新天皇に

天皇陛下、18年中に退位へ 公務すべて新天皇に

■なぜ天皇の生前退位が問題になったのか?天皇の生前退位を認める特例法案が政府により平成29年5月中にも提出されることとなり,この法案が成立すれば,平成30年中に生前退位が実現する見通しとなりました。そもそも天皇の生前退位はどう.. 続きを読む

リアル政治劇場…「森友学園問題」が長引く2つの理由

リアル政治劇場…「森友学園問題」が長引く2つの理由

森友学園の問題が国会を騒がせ続けている。北朝鮮問題や南スーダンの問題、テロ等準備罪や天皇陛下の生前退位など、審議すべき重要案件があるにも関わらず、連日国会でこの問題が審議されることに疑問を感じた人も多いのではないだろうか.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。