猟奇殺人の最新情報

猟奇殺人 に関するニュース検索結果   199件

『アンナチュラル』井浦新が、星野源・高橋一生に続く“アラフォー人気俳優”となる理由

『アンナチュラル』井浦新が、星野源・高橋一生に続く“アラフォー人気俳優”となる理由

1月クールのドラマが終了した。今クールの中で、多くのドラマファンの気持ちをわし掴みにしたのはTBSの金曜ドラマ(金曜午後10時~)で放送されていた『アンナチュラル』だろう。本作は、不自然死究明研究所ことUDI(unnatural death Inv.. 続きを読む

ザック・エフロンの頬ヒゲがすごいことに

ザック・エフロンの頬ヒゲがすごいことに

イケメンながらクールさに徹することなく、おどけた仕草やオチャメな素行でファンを楽しませることも多い人気俳優のザック・エフロン。このほどインスタグラムにアップされた写真がちょっとした話題になっている。大変な美形である彼の顔.. 続きを読む

フレディ・ハイモア、自閉症でサヴァン症候群の天才医師に挑む! 

フレディ・ハイモア、自閉症でサヴァン症候群の天才医師に挑む! 

フレディ・ハイモア主演の「グッド・ドクター 名医の条件」(毎週木曜夜11:00-0.00、WOWOWプライム)が、4月5日(木)から放送される。本作は、2013年に韓国で制作されたドラマ「グッド・ドクター」を、デイビッド・ショアと、ダニエル・デ.. 続きを読む

 「老人を大事にする意味がわかんねえ!」良心が試される問題作『老人の町』

「老人を大事にする意味がわかんねえ!」良心が試される問題作『老人の町』

『老人の町(1)』(著:明日乃 隆)超高齢化と過疎化が進み、65歳以上の高齢者の割合が町の人口の8割に達する町、裏山町。「老人の老人による老人のための町作り」をキャッチフレーズにした老人ばかりがエコヒイキされる町で無気力に生.. 続きを読む

『ホワイトカラー』マット・ボマー、『アメリカン・クライム・ストーリー』での監督デビューを振り返る

『ホワイトカラー』マット・ボマー、『アメリカン・クライム・ストーリー』での監督デビューを振り返る

ニューヨークを舞台に繰り広げられるスタイリッシュな犯罪ドラマ『ホワイトカラー』に主演していた俳優マット・ボマーが監督デビューを果たした『アメリカン・クライム・ストーリー』シリーズの最新エピソードが、本国アメリカで3月14日.. 続きを読む

真剣な眼差しにドキッ!岩田剛典、俳優としての実力を見せつける!

真剣な眼差しにドキッ!岩田剛典、俳優としての実力を見せつける!

EXILE / 三代目 J Soul Brothersのパフォーマーとして活躍のはもちろん、近年では俳優としての活躍も目覚ましい岩田剛典。2016年に初主演映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』で日本アカデミー賞新人賞を受賞するなど華々しいデビュ.. 続きを読む

岩田剛典、監督からのサプライズの手紙に涙 「役者として精いっぱい成長した姿を見せたい」

岩田剛典、監督からのサプライズの手紙に涙 「役者として精いっぱい成長した姿を見せたい」

映画『去年の冬、きみと別れ』の公開初日舞台あいさつが10日、東京都内で行われ、出演者の岩田剛典(三代目J Soul Brothers/EXILE)、山本美月、斎藤工、北村一輝、瀧本智行監督ほかが登場した。本作は、芥川賞作家・中村文則氏の原作を映.. 続きを読む

岩田剛典が男泣き!『去年の冬、きみと別れ』瀧本監督からの手紙に感動

岩田剛典が男泣き!『去年の冬、きみと別れ』瀧本監督からの手紙に感動

『教団X』の芥川賞作家・中村文則による小説を映像化した『去年の冬、きみと別れ』の初日舞台挨拶が、3月10日に丸の内ピカデリー1で開催。岩田剛典、山本美月、斎藤工、浅見れいな、土村芳(かほ)、北村一輝、瀧本智行監督が登壇した。サ.. 続きを読む

【インタビュー】『去年の冬、きみと別れ』山本美月「できるだけ予備知識なしで見て、だまされてくれたらうれしい」

【インタビュー】『去年の冬、きみと別れ』山本美月「できるだけ予備知識なしで見て、だまされてくれたらうれしい」

『教団X』で知られる芥川賞作家・中村文則氏の同名小説を映画化した『去年の冬、きみと別れ』が3月10日から全国公開される。猟奇殺人事件の真相を追う野心的な記者・耶雲恭介(岩田剛典)を中心に、見る者の予想をくつがえす物語が繰り広.. 続きを読む

岩田剛典が斎藤工の美しすぎる被写体に!『去年の冬、きみと別れ』撮影秘話

岩田剛典が斎藤工の美しすぎる被写体に!『去年の冬、きみと別れ』撮影秘話

「すべての人がこの罠にハマる。」「教団X」で知られる芥川賞作家・中村文則の同名ミステリー小説を映画化した『去年の冬、きみと別れ』(3月10日公開)は、その不敵なコピーに思わず身構えてしまう。主演を務めたのはEXILE/三代目J Soul B.. 続きを読む

『ホーム・アローン』ケビンが恐怖映画に登場していた? マコーレー・カルキン噂に言及<動画あり>

『ホーム・アローン』ケビンが恐怖映画に登場していた? マコーレー・カルキン噂に言及<動画あり>

映画『ホーム・アローン』の“ケビン・マカリスター”を演じた俳優マコーレー・カルキン(37)がこのほど人気番組に出演し、映画の“裏話”やマコーレー本人にまつわる不思議な噂、またサイコスリラー映画のメインキャストとの関わりがあるの.. 続きを読む

m-flo、EXILE/三代目J Soul Brothers・岩田剛典主演映画「去年の冬、きみと別れ」主題歌「never」MV解禁!!

m-flo、EXILE/三代目J Soul Brothers・岩田剛典主演映画「去年の冬、きみと別れ」主題歌「never」MV解禁!!

m-flo 公開MV内に未公開となる映画本編映像を一部使用!!3/7(水)発売 ニューシングル「the tripod e.p.2」収録曲“never”のMVが解禁となった。「never」は、3/10(土)に公開となる、EXILE/三代目J Soul Brothersのパフォーマー岩田剛典が.. 続きを読む

『アンナチュラル』が“いじめ問題”にメス 猟奇殺人事件から思わぬ展開に

『アンナチュラル』が“いじめ問題”にメス 猟奇殺人事件から思わぬ展開に

石原さとみ主演ドラマ『アンナチュラル』(TBS系)の第7話「殺人遊戯」が2月23日に放送された。主人公であるUDIラボの法医解剖医・三澄ミコト(石原)の義弟・三澄秋彦(小笠原海/超特急)が、講師を務める予備校に通う男子高校生から「.. 続きを読む

小室家、「元信者が猟奇殺人」宗教“信心過去”報道で破局へ急加速!?

小室家、「元信者が猟奇殺人」宗教“信心過去”報道で破局へ急加速!?

仲睦まじいお姿から一転。前代未聞の「結婚延期」となった眞子さまと小室圭さん。その真相を巡って様々な報道がなされている中、2月22日発売の「週刊新潮」が小室家にまつわる新興宗教の存在について報じている。「結婚延期の原因として.. 続きを読む

“記者”岩田剛典、共演者に取材を敢行! 北村一輝は「岩ちゃんとのデート」希望

“記者”岩田剛典、共演者に取材を敢行! 北村一輝は「岩ちゃんとのデート」希望

映画『去年の冬、きみと別れ』のジャパンプレミアが21日、東京都内で行われ、出演者の岩田剛典、山本美月、斎藤工、浅見れいな、北村一輝、瀧本智行監督ほかが登壇した。芥川賞作家・中村文則氏によるサスペンス小説を映画化。最愛の女性.. 続きを読む

『わろてんか』『不能犯』松坂桃李、生真面目青年からダークヒーロー魅せる幅

『わろてんか』『不能犯』松坂桃李、生真面目青年からダークヒーロー魅せる幅

「わろてんか」第十六週始まりましたねー。 そして、藤吉が倒れましたね。 いやはやどうなるのでしょうか。 この週も来週の話含め前編後編のような感じになっております。 お楽しみ。 pic.twitter.com/6OhXEWgNoe— 松坂桃李 (@MTorioffic.. 続きを読む

岩田剛典、難役に手応え「監督が夢に出てくるくらい没頭できた」

岩田剛典、難役に手応え「監督が夢に出てくるくらい没頭できた」

『教団X』の芥川賞作家・中村文則による小説を映像化した『去年の冬、きみと別れ』(3月10日公開)の完成披露試写会舞台挨拶が、1月25日に新宿ピカデリーで開催。岩田剛典、山本美月、瀧本智行監督、原作者の中村文則が登壇した。難役だっ.. 続きを読む

岩田剛典を斎藤工が翻弄!予測不能のサスペンス『去年の冬、きみと別れ』は予告編にも伏線が…?

岩田剛典を斎藤工が翻弄!予測不能のサスペンス『去年の冬、きみと別れ』は予告編にも伏線が…?

「悪と仮面のルール」などで知られる芥川賞作家・中村文則の同名小説を『犯人に告ぐ』(07)や『脳男』(13)、『グラスホッパー』(15)など、サスペンス文学の映画化を得意とする瀧本智行監督が映画化した『去年の冬、きみと別れ』が3月10日(.. 続きを読む

岩田剛典、妖しい容疑者・斎藤工に翻弄される!キスされ半裸で横たわる意味深シーンも 映画『去年の冬、きみと別れ』予告編を解禁

岩田剛典、妖しい容疑者・斎藤工に翻弄される!キスされ半裸で横たわる意味深シーンも 映画『去年の冬、きみと別れ』予告編を解禁

3月10日(土)公開の映画『去年の冬、きみと別れ』から予告編とポスタービジュアルが解禁された。『去年の冬、きみと別れ』は、芥川賞作家・中村文則氏の同名小説を映画化した作品。新進気鋭のルポライター耶雲恭介が、盲目の女性が巻き込.. 続きを読む

【スピリチュアル・ビートルズ】「ヘルター・スケルター」は悪魔的? 殺人カルトの指導者マンソンの死

【スピリチュアル・ビートルズ】「ヘルター・スケルター」は悪魔的? 殺人カルトの指導者マンソンの死

ビートルズの1968年の作品、通称『ホワイト・アルバム』に収められている「ヘルター・スケルター」という作品は、60年代末に米西海岸のカルトのリーダーであるチャールズ・マンソンに残虐な殺人を計画・命令するよう教唆(きょうさ)した.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。