犯罪加害者の最新情報

犯罪加害者 に関するニュース検索結果   16件

メディアによる実名報道が拡散!"ネット時代"にあるべき姿とは?

メディアによる実名報道が拡散!"ネット時代"にあるべき姿とは?

「罰を与えたい」」「恥をかかせて社会的制裁を与えたい」「むかつく店員がいたから、教育!」「あいつらを別れさせたい!」「表現の自由だ」…そんな理由から、インターネット上で他人を誹謗中傷したり、個人情報を晒したりする行為が後.. 続きを読む

北九州一家監禁殺害事件"犯人夫婦の息子"の告白! 9歳の子どもを襲ったセーフティネットなき日本社会の冷酷

北九州一家監禁殺害事件"犯人夫婦の息子"の告白! 9歳の子どもを襲ったセーフティネットなき日本社会の冷酷

北九州一家監禁殺害事件。2002年に発覚したこの事件は日本犯罪史でも類を見ない凄惨なものだ。主犯である松永太(2011年に死刑が確定)は内縁の妻である緒方純子(無期懲役)の親族らを相手の弱みにつけ込むなどして監禁、暴力や巧みなマ.. 続きを読む

教職員のわいせつ事件が多すぎる! 長野県の全教職員に、『コレ』で自覚を促す

教職員のわいせつ事件が多すぎる! 長野県の全教職員に、『コレ』で自覚を促す

※写真はイメージ教育環境を整えるため、柔軟な発想で改善を進める長野県教育委員会。2017年8月には、いじめや自殺などの相談をLINEで受け付ける『ひとりで悩まないで@長野』を試験的に運用し、目覚ましい成果を上げました。「LINEの活用.. 続きを読む

ラストは呆然…ストーカー事件を描いた『消えない月』

ラストは呆然…ストーカー事件を描いた『消えない月』

世の女性にぜひ読んでおいてほしい…と思わずにいられない畑野智美さんの『消えない月』。ストーカー事件を加害者と被害者の視点から緊張感たっぷりに書き切った力作だ。畑野さんにお話を聞いた。「『罪のあとさき』で犯罪事件を書き終え.. 続きを読む

『22年目の告白-私が殺人犯です-』入江悠監督インタビュー 100万人動員のヒット作をどう‟日本のメジャー映画”にリメイクしたのか?

『22年目の告白-私が殺人犯です-』入江悠監督インタビュー 100万人動員のヒット作をどう‟日本のメジャー映画”にリメイクしたのか?

6月10日(土)公開の『22年目の告白-私が殺人犯です-』は、藤原竜也と伊藤英明が初共演を果たしたサスペンスエンターテインメント大作だ。22年前に起きた連続殺人の犯人が時効を迎えてから姿を現し、事件の真相を綴った告白本「私が殺.. 続きを読む

性犯罪者は生きるために再犯するーー厳罰化で被害者は減るのか?

性犯罪者は生きるために再犯するーー厳罰化で被害者は減るのか?

明治時代から110年間、変わらずにきた刑法がようやく「性被害の実態に即していない」という理由で見直される。現在、刑法の性犯罪規定部分に対する改正案が国会で審議されるのを待っている状況だ。強姦が「強制性交等罪」と改められる、.. 続きを読む

麻原彰晃死刑囚の三女・麗華さんが居酒屋談義

麻原彰晃死刑囚の三女・麗華さんが居酒屋談義

オウム真理教・松本智津夫死刑囚の三女、松本麗華(ホーリーネーム:アーチャリー)さんが、5月15日と22日に放送されるニュース番組「AbemaPrime」(AbemaTV)に出演。ウーマンラッシュアワーの村本大輔、ジャーナリスト・堀潤らと共に、.. 続きを読む

急増する高齢ストーカー……その心理を精神科医が解説

急増する高齢ストーカー……その心理を精神科医が解説

近年、高齢者が起こすストーカー事件が目立つようになった。警察庁の発表によると、2015年のストーカー事案で、加害者のおよそ1割が60歳以上の高齢者。ストーカーというと若者の犯罪というイメージがあるが、なぜ高齢者によるストーカー.. 続きを読む

アラサー女子の心に染みる……おすすめ「泣ける」映画5選

アラサー女子の心に染みる……おすすめ「泣ける」映画5選

アラサーになると、泣くことってめっきり少なくなりませんか?前回は、疲れたときに元気になれる「おすすめ処方箋映画」をご紹介しましたが、時には思いっきり涙を流してストレス発散することも大切です。そこで今回は、涙活にぴったりな.. 続きを読む

犯罪者に男性が多い理由を心理カウンセラーが分析

犯罪者に男性が多い理由を心理カウンセラーが分析

法務省「犯罪白書」では、一般刑法犯(窃盗、殺人、強盗、詐欺など)検挙人数の男女別推移を公表している。平成26年の結果を見てみると、男性の一般刑法犯検挙人数は女性のおよそ4倍。「教えて!goo」にも「男性に犯罪者が多い理由」とい.. 続きを読む

高畑容疑者の強姦致傷事件を心理カウンセラーが分析

高畑容疑者の強姦致傷事件を心理カウンセラーが分析

騒動続きの芸能界に、またしても衝撃的なニュースが飛び込んできた。8月、女優・高畑淳子の長男で俳優の高畑裕太容疑者が、強姦致傷容疑で逮捕。連日ニュースを賑わせている。なかにはゴシップ的な報道も目立つが、事件の背景には一体何.. 続きを読む

痴漢はペニスだけの問題ではない 誤解している加害者の実態

痴漢はペニスだけの問題ではない 誤解している加害者の実態

「痴漢をする人にとって、その行為は“生きがい”です」対談は、精神保健福祉士・社会福祉士である斉藤章佳氏の一言から始まった。氏は、東京・榎本クリニックで10年前から、日本で初めて「地域トリートメント(社会内処遇)」という枠組み.. 続きを読む

三浦涼介×吉原光夫 ミュージカル『手紙』東京公演レポート!

三浦涼介×吉原光夫 ミュージカル『手紙』東京公演レポート!

東野圭吾の同名大ヒット小説をオリジナルミュージカル化した『手紙』。2016年1月25日に新国立劇場・小劇場(東京・初台)での開幕後、みるみる口コミが広がりチケットはすぐにソールドアウト。同作は2月10日(水)の枚方公演までツアーで.. 続きを読む

「絶歌」問題。犯罪加害者の出版は規制できない?

「絶歌」問題。犯罪加害者の出版は規制できない?

■米国では「サムの息子法」と呼ばれる法律が存在過去に重大犯罪を侵した人物が、事件に至る経緯や現在までの心境をつづった手記を出版したことで、近時議論がなされています。これについては、被害者遺族が犯罪加害者の出版を規制する法.. 続きを読む

池上彰の“サムの息子法”についての見解は?

池上彰の“サムの息子法”についての見解は?

7月4日(土)に放送される「池上彰のニュースそうだったのか!!2時間SP」(テレビ朝日系)では、元少年Aの本が出版されたことで話題の“サムの息子法”について池上彰が解説する。【サムの息子法】先月“元少年A”として知られる犯罪加害者による.. 続きを読む

酒鬼薔薇事件で注目「サムの息子法」は日本にも導入できるのか

酒鬼薔薇事件で注目「サムの息子法」は日本にも導入できるのか

酒鬼薔薇事件の加害者、通称「少年A」が現在の心境や、当時の精神状態などついてつづった手記が発売され、波紋を広げています。とくに注目されているのは、数千万円にもなる可能性があるといわれている印税の行方です。一部では慰謝料に.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。