湖北省の最新情報

湖北省 に関するニュース検索結果   121件

工場でザリガニ合戦勃発、従業員が投げ合い大混乱

工場でザリガニ合戦勃発、従業員が投げ合い大混乱

5月9日、中国のザリガニ加工工場で従業員同士の“いざこざ”が発生し、ザリガニを投げ合うなど現場が騒然とする出来事があったという。地元メディアの報道によると、騒動が起きたのは湖北省ケイ門市にあるザリガニ加工工場。“いざこざ”の原.. 続きを読む

【実食レビュー】『日清焼そばU.F.O.』の「四川火鍋味」を食べてみた  →  絶妙最強の辛ウマさ! 今すぐ全国発売してくださいよ、日清さん!!

【実食レビュー】『日清焼そばU.F.O.』の「四川火鍋味」を食べてみた → 絶妙最強の辛ウマさ! 今すぐ全国発売してくださいよ、日清さん!!

この世に「カップ焼きそば」と呼ばれる即席めんは数多くあれど、『日清焼そばU.F.O.』の名を知らぬ者はいないだろう。そのウマさは日本を飛び出し、世界レベル。最近、ペヤングが何かと話題になりがちだが、世界規模で見ると日本のカップ.. 続きを読む

中国、信号無視する歩行者に水を噴射するポールを設置

中国、信号無視する歩行者に水を噴射するポールを設置

Image: Sixth Tone/Twitter お仕置きは水!中華人民共和国湖北省にある大冶市という都市で、ある変わったテクノロジーが導入されました。それは、信号を無視して横断歩道を渡ろうとする歩行者に水.. 続きを読む

桜の木に登り「花吹雪写真」を撮る 大ヒンシュクを買う花見客たち(中国)

桜の木に登り「花吹雪写真」を撮る 大ヒンシュクを買う花見客たち(中国)

長い冬が終わりを告げ、川沿い、学校、公園、寺社仏閣など桜の開花に本格的な春の到来を感じる清々しさは格別なものである。美しくもそれははかない桜の花を愛でる花見の文化。その木の命を縮める心無い行為があとを絶たないことから注意.. 続きを読む

中国の公衆トイレ事情、大改革なるか「男女比25:75で女子トイレの長蛇の列をなくせ」

中国の公衆トイレ事情、大改革なるか「男女比25:75で女子トイレの長蛇の列をなくせ」

今や世界中を家族で旅する中国の人々。ところが幼い子を中心にところかまわず排泄し、大ヒンシュクを買うことがある。非常に不快な彼らのこの習慣については過去にもたくさんの事例を紹介してきた。もちろん中国政府もそれに頭を悩ませて.. 続きを読む

【無慈悲】中国で駐車違反をしたらこうなったって映像がマジ無情 / 車体を屋根の上に吊り上げるの “刑”! どうやって降ろすんだよコレ!!

【無慈悲】中国で駐車違反をしたらこうなったって映像がマジ無情 / 車体を屋根の上に吊り上げるの “刑”! どうやって降ろすんだよコレ!!

「ちょっとくらいならいいかな」「5分だけ」……その判断がとんでもない結果を引き起こすことがある。たとえば駐車違反。ちょっと離れた間に、取り締まられてしまった経験がある人もいるのではないだろうか?そんなチョットのつもりが大変.. 続きを読む

乳児の形をした根野菜に歓喜する人々 「人工的に作った」と唱える専門家も(中国)

乳児の形をした根野菜に歓喜する人々 「人工的に作った」と唱える専門家も(中国)

大根や人参などが何らかの偶然により変形した状態で成長することがあるが、なかにはまるで人の姿や顔に見えることもしばしばある。このほど中国から、乳児のような形をした根野菜が発見され人々を驚かせている。『South China Morning Po.. 続きを読む

死者500人の惨劇も……中国で後を絶たないロケット墜落事故と、被害拡大を招く報道規制の闇

死者500人の惨劇も……中国で後を絶たないロケット墜落事故と、被害拡大を招く報道規制の闇

中国で1月11日に打ち上げられたロケット「長征3号B」の一部が地上に落下するという事件が発生したようだ。発射地点の四川省西昌市から西へ約700キロ離れたの山間部で住民によって撮影された映像には、白い物体が上空から自由落下し、地上.. 続きを読む

トヨタやマツダ等、日本の自動車各社が中国にEV(小型SUV)を一斉投入へ

トヨタやマツダ等、日本の自動車各社が中国にEV(小型SUV)を一斉投入へ

2019年にスタートする中国の環境規制では、自動車メーカーにEVなどの一定数の製造・販売を義務付ける方針で、購入補助金なども活用してNEV(新エネルギー車)へのシフトを加速させる考えのようです。これに伴い、トヨタやホンダ、マツダ.. 続きを読む

不潔な枕カバー5年使用 開かない瞼の原因は100匹超のまつ毛ダニ(中国)

不潔な枕カバー5年使用 開かない瞼の原因は100匹超のまつ毛ダニ(中国)

汗とフケ、空気中を舞うほこりが大量に付着している髪の毛。横を向いて寝れば耳の汚れもこめかみの汗もこすりつけることになり、女性ならお手入れ後の化粧品もたっぷりと付着している。長時間にわたってそのすべてを受け止めているのが枕.. 続きを読む

【怖すぎ】枕カバー洗ってる!? 5年間洗わなかった女性、目に100匹のダニが寄生していた…

【怖すぎ】枕カバー洗ってる!? 5年間洗わなかった女性、目に100匹のダニが寄生していた…

多くの人が使っている枕カバー。皆さんは、どれくらいの頻度で取り換える? 毎日換える? 1週間に1回程度? 1カ月? まさか年単位だとか……。枕カバーをしばらく洗っていない人なら、今すぐ取り換えたくなるニュースが世界で注目され.. 続きを読む

息子への注射の対応に激怒した母親、妊娠中の看護師の腹部を蹴る(中国)<動画あり>

息子への注射の対応に激怒した母親、妊娠中の看護師の腹部を蹴る(中国)<動画あり>

いくら口論の末であろうと妊婦のお腹を蹴るなどもってのほかである。このほど中国の病院で4歳の息子を連れた女が、対応した妊娠中の看護師のお腹を蹴り、流産の危険に晒した。『South China Morning Post』『The Star Online』などが伝え.. 続きを読む

電線にかかった異物をファイアー! 中国で活躍する火炎放射ドローン

電線にかかった異物をファイアー! 中国で活躍する火炎放射ドローン

Image: TomoNews US/YouTube えー? 電線は燃えないの?はるか上空から美しいフェスの夜景を撮ったり、Alexaで操作して室内をパトロールしたりと、芸術にも生活にも密着しているドローン。一方中国.. 続きを読む

2歳児が円形脱毛症に……中国“毒親”が生み出す「小児ストレス地獄」がヤバすぎる!?

2歳児が円形脱毛症に……中国“毒親”が生み出す「小児ストレス地獄」がヤバすぎる!?

中国では毎年6月、全国統一大学入学試験(日本のセンター試験に相当)が行われる。約1,000万人の受験生が試験を受け、その成績順に希望する大学からの合格通知を手にするのだ。日本より熾烈だといわれる学歴社会の中国では、幼少期の子ど.. 続きを読む

セクシー美女のライブ動画配信に2億円貢いだ! 中国で続発する巨額横領事件と“習近平政権”の影

セクシー美女のライブ動画配信に2億円貢いだ! 中国で続発する巨額横領事件と“習近平政権”の影

最近、中国では「打賞」という新語が流行している。その意味は、ネット上でライブ動画配信を行っている配信者に、視聴者がお金をプレゼントすることを指す。現地では、こうした視聴者からの打賞によって、1日で数千万円を稼ぐ動画配信者.. 続きを読む

アフリカ人を動物と並べて展示 中国の博物館で「人種差別」と物議<動画あり>

アフリカ人を動物と並べて展示 中国の博物館で「人種差別」と物議<動画あり>

中国の博物館で展示された写真が「人種差別では」とネット上で物議を醸した。アフリカ人の子供の顔とチンパンジーの威嚇した顔が同じフレームに並べられているが、このことを知った多くのアフリカ人が怒りを露わにした。『Shanghaiist』.. 続きを読む

ついに大学が「性教育」に乗り出した 中国・湖北省で若年層エイズ急増を受けて

ついに大学が「性教育」に乗り出した 中国・湖北省で若年層エイズ急増を受けて

中国の若年層でエイズ患者が増加していることをご存じであろうか。すべては正しい性の知識、教育が不足しているからである。やや遅いと言わざるを得ないものがあるが、このほど中国・湖北省のある大学が性教育に真剣に取り組み始めたもよ.. 続きを読む

悪性腫瘍と闘う2歳の我が子を捨てた母親、治療費を持ち逃げ(中国)

悪性腫瘍と闘う2歳の我が子を捨てた母親、治療費を持ち逃げ(中国)

幼い我が子が病に侵されているとあっては、どんなことをしても救ってやりたいと思うのが親ではないだろうか。しかし中国湖北省宜城市のある母親は我が子の治療費となるべき金を持ち逃げし、病と闘う息子を捨てた。あまりにも非情なこの母.. 続きを読む

ナスDもビックリ! タトゥーの染料が体内に浸透し、肝臓が青色に変色しちゃった!?

ナスDもビックリ! タトゥーの染料が体内に浸透し、肝臓が青色に変色しちゃった!?

人気深夜番組『陸海空 こんな時間に地球征服するなんて』(テレビ朝日系)の名物ディレクター“ナスD”こと友寄隆英氏といえば、タトゥーに使う染料を顔や体に塗ってしまい、全身がナスのように真っ黒になってしまったが、最近の研究では.. 続きを読む

中国で“火炎放射器付き”のドローンが登場! その用途はゴミ除去用

中国で“火炎放射器付き”のドローンが登場! その用途はゴミ除去用

これでもう、高所での危険な作業は必要なし! 高圧電線等に引っかかったゴミなどを排除するするため、“火炎放射器”を装備する。 そんな驚きのドローンが今年、中国で登場した。     この映像は、中国・湖北省で撮影されたものである。.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。