清水健太郎の最新情報

清水健太郎 に関するニュース検索結果   24件

ヒルクライムDJが大麻所持容疑で逮捕 「今年の冬」を心配する声

ヒルクライムDJが大麻所持容疑で逮捕 「今年の冬」を心配する声

(OpenRangeStock/iStock/Thinkstock)相次ぐ芸能人の薬物事件。1日、大ヒット曲を持つあの2人組ヒップホップグループのメンバーの逮捕が報じられ、大きなニュースになっている。■大麻所持容疑で逮捕報道によると1日、逮捕されたのはヒ.. 続きを読む

甦る「アイドルグループ」黄金伝説(5)<直撃3>「アパッチ」亜湖

甦る「アイドルグループ」黄金伝説(5)<直撃3>「アパッチ」亜湖

不思議なグループだった。結成より先に曲があり、オリジナルのヒット曲はなかったが、コアな人気を誇った。それが3人組の「アパッチ」で、センターにいた亜子(59)=現在は亜湖=がアイドル時代を回顧する。──デビュー曲は「ソウルこれ.. 続きを読む

TBS
押尾学も再婚! 逮捕歴アリでも恋愛謳歌の男たち…逮捕8回+離婚2回で再再婚の猛者も

押尾学も再婚! 逮捕歴アリでも恋愛謳歌の男たち…逮捕8回+離婚2回で再再婚の猛者も

「中高生時代は不良がモテる」とはよく言うが、成人後もいわゆる「危険な男」の需要は一定数ある。モテモテかどうかはさておき、ジャンルとして「危険な男」にしか濡れない女というのが少数であっても確実にいるのだ。わかりやすいのが芸.. 続きを読む

『紅白』出場歌手“転落”の黒歴史! 殺人、強姦、薬物絡みの犯罪者まで

『紅白』出場歌手“転落”の黒歴史! 殺人、強姦、薬物絡みの犯罪者まで

11月16日、大みそか恒例の『NHK 紅白歌合戦』の出場歌手が発表された。今年は初出場の10組を含め、紅白合わせて46組が出場。しかし安室奈美恵、小沢健二、桑田佳祐など事前の報道で予想されていた歌手の名は入っておらず、例年にも増して.. 続きを読む

『サンジャポ』テリー伊藤が清水アキラに苦言 「これからが親の責任」

『サンジャポ』テリー伊藤が清水アキラに苦言 「これからが親の責任」

(画像はAmebaブログのスクリーンショット)15日に放送された、TBS系情報番組『サンデー・ジャポン』では、11日に覚醒剤取締法違反で逮捕された、清水良太郎をテーマにスタジオで議論。テリー伊藤が清水アキラに苦言を呈した。■これからが.. 続きを読む

清水アキラ三男・良太郎「薬物逮捕」に「清水健太郎のモノマネか!」の声

清水アキラ三男・良太郎「薬物逮捕」に「清水健太郎のモノマネか!」の声

モノマネ芸人の清水アキラの三男で、同じくモノマネ芸人の清水良太郎容疑者が、薬物使用の容疑で12日までに逮捕されていたことがわかった。清水容疑者は10月10日、西池袋のホテルで、派遣されたコンパニオンの女性と一緒にいたが、この女.. 続きを読む

清水良太郎容疑者の逮捕で「清水健太郎」が風評被害 トレンド入りする事態に

清水良太郎容疑者の逮捕で「清水健太郎」が風評被害 トレンド入りする事態に

(画像は公式ブログのスクリーンショット)警視庁目白署は11日、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、ものまねタレント・清水アキラ(63)の息子でタレントの清水良太郎容疑者(29)を逮捕した。■良太郎容疑者は容疑を否認報道によれば.. 続きを読む

ものまねタレント「清水良太郎」の逮捕報道を別人逮捕と勘違いする人続出! 間違われた人物とは!?

ものまねタレント「清水良太郎」の逮捕報道を別人逮捕と勘違いする人続出! 間違われた人物とは!?

芸能人の麻薬汚染が止まらない。ものまねタレントの清水アキラさんの三男で、同じくものまねタレント・俳優として活躍する清水良太郎容疑者が覚せい剤使用の疑いで逮捕された。このニュースに勘違いをしている人が続出しているようだ。逮.. 続きを読む

下着も生ぬるい日常も捨てて、映画へ出よう! 寺山修司原作のボクシング映画『あゝ、荒野』

下着も生ぬるい日常も捨てて、映画へ出よう! 寺山修司原作のボクシング映画『あゝ、荒野』

映画館の暗闇の中でただ待っていても、何も始まらないよ──。1970年代のカルチャーシーンにおいてカリスマ的存在だった寺山修司は、初監督作『書を捨てよ町へ出よう』(71)の冒頭、映画館へ足を運んできた観客たちをスクリーンの中から挑.. 続きを読む

田中聖が大麻で逮捕された件についてドラッグ事情通に話を聞いてみたら「まさかの新説」が浮上

田中聖が大麻で逮捕された件についてドラッグ事情通に話を聞いてみたら「まさかの新説」が浮上

2017年5月24日、かつてはジャニーズの人気アイドルグループ『KAT−TUN(カトゥーン)』に所属していた田中聖容疑者が大麻取締法違反の疑いで逮捕されたが、彼のキャラや素行を知っている多くの人たちは “そこまで意外ではない” と思ったに.. 続きを読む

清水アキラ三男だけじゃない?”闇カジノ”に入り浸る芸能人の面々

清水アキラ三男だけじゃない?”闇カジノ”に入り浸る芸能人の面々

2月10日発売の写真週刊誌『フライデー』(講談社)が、清水アキラ(62)の息子でタレントの清水良太郎(28)と、俳優・遠藤要(33)の違法賭博疑惑をスクープした。報道を受けて、清水良太郎の所属事務所は謝罪、遠藤要の事務所は当面の.. 続きを読む

【プロ野球】東大のエース・宮台康平がドラフト1位!? 神宮を沸かせた最高学府・東大の名選手たちを振り返る

【プロ野球】東大のエース・宮台康平がドラフト1位!? 神宮を沸かせた最高学府・東大の名選手たちを振り返る

今年のドラフトで注目を集める大学生左腕といえば宮台康平だ。“最速150キロのサウスポー”というだけでもドラフト上位候補間違いなしだが、ご存知の通り、宮台はなんと日本の最高学府・東京大に在籍。野球エリートが集う東京六大学リーグ.. 続きを読む

ツライ、苦しい…傷ついた心に響く「失恋ソング」ランキング発表!

ツライ、苦しい…傷ついた心に響く「失恋ソング」ランキング発表!

大好きな人との別れ…心が引き裂かれ、この世の終わりとまで感じてしまう「失恋」。みなさんは失恋した時に必ず聞く曲ってありますか? 付き合っていた時に一緒に聴いた曲や、失恋の悲しみに追い打ちをかけるような悲しみソングetc……いろ.. 続きを読む

【ランキング】傷ついた心に刺さる失恋ソング第1位は……

【ランキング】傷ついた心に刺さる失恋ソング第1位は……

株式会社KADOKAWAが発行する音楽情報誌「CD&DLでーた」は、2016年9月5日~6日の期間において、全国の10~30代の男女6082名(男性3429人、女性2653人)を対象に、失恋した時に聴きたい「失恋ソング」についてインターネット調査を実施し.. 続きを読む

あなたの好きな名曲は入っている? 傷ついた心に響く「失恋ソング」

あなたの好きな名曲は入っている? 傷ついた心に響く「失恋ソング」

あっという間に秋も深まり、冬が近づいてきた。肌寒くなり、何となく人恋しくなるこの季節に音楽情報マガジン『CD&DLでーた』は、全国の10~30代の男女6082人(男性3429人、女性2653人)にインターネットを通じて調査した「失恋ソング」ラ.. 続きを読む

高知東生の更生は不可能?芸能人”薬物事犯”の異常な再犯率

高知東生の更生は不可能?芸能人”薬物事犯”の異常な再犯率

元俳優の高知東生容疑者(51)が、覚せい剤取締法と大麻取締法の違反(所持)容疑で逮捕された。高知容疑者は2015年、妻で女優の高島礼子(51)の父親の介護を理由に芸能界を引退。久しぶりに名前を聞いたと思ったら、この逮捕劇である。.. 続きを読む

有名人の薬物事件に「愛人」の影…どうして彼らはモテるのか

有名人の薬物事件に「愛人」の影…どうして彼らはモテるのか

※画像はYouTubeのスクリーンショット麻薬使用で逮捕された著名人は数多い。彼らに共通して言えるのは「一人ではやっていない」点。必ず「使用仲間」が存在し、しかも該当の著名人が男性だった場合は高確率で愛人がいる。田代まさし、清水.. 続きを読む

歌のお兄さん逮捕で再燃?すべてを破壊する覚醒剤の恐怖

歌のお兄さん逮捕で再燃?すべてを破壊する覚醒剤の恐怖

Wavebreakmedia Ltd/iStock/Thinkstock元航空幕僚長・田母神俊雄容疑者の逮捕と熊本地震で、すっかり影に隠れてしまったニュースがある。NHKのテレビ番組『おかあさんといっしょ』で歌のお兄さんを務めた、杉田光央容疑者の逮捕だ。罪.. 続きを読む

清水健太郎が独占告白! 「4回逮捕された」からわかる、清原和博が覚せい剤と縁を切る方法

清水健太郎が独占告白! 「4回逮捕された」からわかる、清原和博が覚せい剤と縁を切る方法

元プロ野球選手の清原和博被告(48)が、覚せい剤取締法違反で逮捕されて2カ月がたった。保釈後は、糖尿病で緊急入院した千葉・松戸の総合病院を3日で転院し、リハビリ施設に移ったといわれている。保釈時、「持病の糖尿病等の検査治療の.. 続きを読む

プロレス、Vシネ俳優、仏門修行……保釈の清原和博被告、結審後はどこへ? 

プロレス、Vシネ俳優、仏門修行……保釈の清原和博被告、結審後はどこへ? 

覚せい剤取締法違反(所持、使用)の罪で起訴された、元プロ野球選手の清原和博被告が3月17日、保釈された。注目された身元引受人は、親族に落ち着いたという話もあるが、いずれにせよ広い交友関係の大半は蜘蛛の子を散らすように去って.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。