淋病の最新情報

淋病 に関するニュース検索結果   105件

骨盤の痛みの、驚くべき6つの理由

骨盤の痛みの、驚くべき6つの理由

もしも下腹部や骨盤に痛みが現れて、おしっこやセックスのときに痛みを感じてしまうとしたら、医学的問題が考えられます。膣や骨盤の痛みにはいろいろな原因が考えられ、消えない不快感があるなら詳しく調べるべき。そうしないとより痛み.. 続きを読む

女性に性感染症の検査を勧める理由

女性に性感染症の検査を勧める理由

性感染症の検査経験がある女性の割合はまだ低いある日のこと。「性感染症の検査って、受けた方がいいのかな?」と同い年の友人に相談されました。彼女はひどい月経痛に悩まされ、大学1年生の頃からずっと低用量ピルを内服していました。.. 続きを読む

女医が教える性感染症の基礎知識。不妊の原因にも

女医が教える性感染症の基礎知識。不妊の原因にも

「もしかして性感染症にかかってしまったかも…」いつもと違う不快感や違和感が続いているけれど、恥ずかしくて病院に行けないという悩みを感じたことはありませんか。ラブリサーチが独自に行ったアンケート『性感染症(性病)で理解して.. 続きを読む

避妊に失敗…緊急避妊薬だけでは安心できない!?

避妊に失敗…緊急避妊薬だけでは安心できない!?

モーニングアフターピル・緊急避妊薬とはある朝のこと。友人から「避妊に失敗してしまったのだけど、どうすればいいかな」との連絡を受けました。「そんな時に飲むピルがあると聞いたことはあるけれど、どこでもらえるのか分からない」と.. 続きを読む

キスだけでうつることも!コンドームでも防げない性感染症の数々

キスだけでうつることも!コンドームでも防げない性感染症の数々

コンドームをしているのに、性感染症が防げない理由避妊目的だけでなく、性感染症を防ぐためにコンドームが必須であることはわかっていても、実は「コンドームをしていれば大丈夫、ということはない」ことをご存じでしょうか?「性感染症.. 続きを読む

性病かも?女医が教える性感染症の基礎知識

性病かも?女医が教える性感染症の基礎知識

  「もしかして性感染症にかかってしまったかも…」いつもと違う不快感や違和感が続いているけれど、恥ずかしくて病院に行けないという悩みを感じたことはありませんか。 ラブリサーチが独自に行ったアンケート『性感染症(性病)で理解し.. 続きを読む

潜入取材で見た!風俗で出会ったおかしな女の子たち

潜入取材で見た!風俗で出会ったおかしな女の子たち

どうもどうも、特殊犯罪アナリスト&裏社会ライターの丸野裕行です!この『ガジェット通信』でもたびたびご紹介している風俗のお話ですが、僕はモノを書くときに必ずバイトでも何でもいいから、その仕事を経験してみることにしています。.. 続きを読む

コンドームは必須!自覚症状が出にくい性病、クラミジアと淋病とは

コンドームは必須!自覚症状が出にくい性病、クラミジアと淋病とは

コンドームをしない=性病にかかるリスクがあることを忘れずにパートナー同士で性交渉を持つ際には、相手のためにも、自分のためにもコンドームをつけること。でも、そんな常識が守られていないことも多々あります。アヴェニューウィメン.. 続きを読む

近年、梅毒が急増中!性交渉がある全員が気をつけたい、性の病気

近年、梅毒が急増中!性交渉がある全員が気をつけたい、性の病気

性の病気、かかったことがないからと安心していませんか?性の病気にかかったことがないと、つい「今まで大丈夫だったから」と安心しがちです。また、「コンドームを使っている」「信頼できるパートナーとだけ付き合っている」「最近、性.. 続きを読む

【恋愛心理学】アメリカの大学教授が教える!男女とお酒の関係とは

【恋愛心理学】アメリカの大学教授が教える!男女とお酒の関係とは

「ビールなんて何が美味しいの?」「酔っぱらって人に迷惑かけたくない…」などなど、お酒を飲まない女性は多くいますが、お酒は飲めたほうが良いかもしれません。イースタン・コネチカット州立大学で社会心理学を教えているMadeleine A F.. 続きを読む

男の幻滅体験談!「もう2度とHしたくない」と思った女の特徴3つ

男の幻滅体験談!「もう2度とHしたくない」と思った女の特徴3つ

「体の関係になった直後に、男性から連絡が途絶えた」なんて話はよく聞きますよね。それは、エッチに男性が幻滅してしまったから、という可能性も。男性に「もうこの子とは二度としたくない……」とまで思わせてしまう、悲惨なエッチとはど.. 続きを読む

クラミジアはどんな病気?原因、症状、治療法、予防法を分かりやすく解説します

クラミジアはどんな病気?原因、症状、治療法、予防法を分かりやすく解説します

1.クラミジアとは?クラミジアは最も多い性感染症クラミジアは、日本で最も感染者数が多い性感染症です。厚生労働省 性感染症報告数特に10~20代の若い世代での感染が多く、16~25歳男女の5~6%がクラミジアに感染していると言われてい.. 続きを読む

デリケートゾーンが常に痒い!どの科を受診すればいい?

デリケートゾーンが常に痒い!どの科を受診すればいい?

デリケートゾーンの痒みは、辛く非常に気になります。デリケートゾーンに常に痒みがあることに悩む女性からの相談に、専門家はどのように答えているでしょうか。デリケートゾーンの痒みに関する相談:「デリケートゾーンの痒みは、どの科.. 続きを読む

精液がゼリー状になる原因は? 自分や相手への影響や予防法

精液がゼリー状になる原因は? 自分や相手への影響や予防法

射精した時、精液に異常があるとゾッとしてしまいますよね。精液がゼリー状になった経験はありますか? なぜ精液はゼリー状になってしまうのでしょうか。そして、性病などの問題が起こっているのでしょうか。自分やパートナー、将来の子.. 続きを読む

泌尿器科ってどんな病気でお世話になる?どんな治療をしているの?

泌尿器科ってどんな病気でお世話になる?どんな治療をしているの?

下半身にまつわる治療のイメージがあるためか、泌尿器科の受診をためらう人は多い。「教えて!goo」にも「尿もれなんだけど 泌尿器科に行くの恥ずかしい」などの相談が寄せられている。泌尿器科とはそんなに恥ずかしいところなのだろうか.. 続きを読む

子どもによく見られる結膜炎は感染力も強い

子どもによく見られる結膜炎は感染力も強い

結膜炎にはウイルス性とアレルギー性があります。ウイルス性結膜炎は感染力が非常に強いため、登校が禁止されます。子どもに結膜炎の症状がみられた場合は医療機関を受診し、ウイルス性結膜炎と診断された場合は二次感染を予防する対策を.. 続きを読む

キスしただけでうつる性感染症は意外とたくさんある

キスしただけでうつる性感染症は意外とたくさんある

主に性行為で感染すると言われている性感染症ですが、キスで感染するものもあることをご存じでしたか? 病院での治療で治るものや、命に関わる危険なものまで、キスで感染する性感染症の種類は様々です。今回はキスによってうつる性感染.. 続きを読む

エッチ後の喉の痛みは性病かも!感染を引き起こす3つのNG行為

エッチ後の喉の痛みは性病かも!感染を引き起こす3つのNG行為

性行為をした後、風邪でもないのに原因不明の喉の痛みが続く…という経験をしたことはありませんか?性行為はパートナーとの関係を育むためにもとても大事な行為ですが、気をつけなければ性病を引き起こす可能性があります。今回は、性行.. 続きを読む

知っておきたい!オーラルセックスでもうつる性感染症

知っておきたい!オーラルセックスでもうつる性感染症

大人の恋人同士ならお付き合いが始まって定期的なセックスがあるのは自然なことですが、避妊のためにセックスのときにはコンドームを使用しても、その前のオーラルセックス(口腔性交)の段階ではコンドームを付けない人は多いもの。しか.. 続きを読む

オーラルセックスで感染する病気5選

オーラルセックスで感染する病気5選

初めてのセックスパートナーを相手にする時は病気のことなど考えていない人が多いでしょう。しかし、オーラルセックスだけであっても感染する性病は多くあります。誤った知識を持っていると性病にかかってから後悔することになりかねませ.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。